Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

【男女別】一人暮らしにおすすめのインテリア|1K/シンプル

1K、1LDKなどの一人暮らしの部屋は、狭いのでオシャレなインテリアを多く置くことができません。しかし、背の低い家具などのインテリアとインテリアのレイアウトを工夫すれば、狭い一人暮らしの部屋もオシャレな空間にすることができます。そのための情報をお届けします。

【男女別】一人暮らしにおすすめのインテリア|1K/シンプル

一人暮らしの部屋をおしゃれにするインテリア

一人暮らしをはじめた人の喜びでもある部屋のイメージを変えるインテリアについて説明します。一人暮らしの部屋は、陰気くさい・寒々しい・味気ないなど殺風景になりやすくなります。その殺風景の部屋を明るく、オシャレに変身させてくれるのがインテリアです。

オシャレなインテリアの配置によって、一人暮らしのライフスタイルも変えるほどインテリアは大事です。今回は男女別また、1LDK、1Kなど部屋の広さ別で見た一人暮らしにおすすめのインテリアを紹介していきます。

男性の一人暮らしの部屋のインテリアと女性の一人暮らしの部屋のインテリアではかなり違ってきます。また、配置するインテリアもワンルームなのか、1K、1LDKでは違ってきます。どんなインテリアをどのように配置すれば一人暮らしの部屋がオシャレになるのかなどの情報も合わせて説明してきます。

一人暮らしの部屋をインテリアでオシャレにするコツとは

一人暮らしの部屋をインテリアでオシャレにしたいと考えている人は、自分の中にはイメージされていますが、いざどんなインテリアを選んだらよいのか悩んでしまいます。そこで、一人暮らしの部屋をインテリアでオシャレにするコツについて説明します。

一人暮らしの部屋をインテリアでオシャレにするポイントは、まず、部屋全体のイメージが大事になるので、オシャレなレストランやカフェなどでよく見かけるオシャレなスポットライトなどの照明器具選びと配置がポイントになります。

次に大事なのが、部屋に入った瞬間にその部屋のイメージが伝わる黒基調にするのか白基調にするのかといった部屋全体のベースになる色合いを決めることです。この色合いによって部屋のイメージが大きく変わるので慎重に考える必要があります。

部屋のイメージを大きく変えるアイテム1

また、部屋のイメージを大きく変えるアイテムとしては、大きなゴムの木や存在感のあるまた、癒し効果もある観葉植物など部屋に緑を配置することでオシャレにも、また、あたたかさを感じられる部屋になります。

さらに部屋全体の雰囲気を変えるアイテムとして、生地と柄、色合いなどでイメージが変わるカーテンです。目に付きやすいカーテンの生地や柄、色を変えるだけで、部屋の雰囲気が大きく変わります。また、カーテンは手軽に部屋のイメージを変える事ができるアイテムとも言えます。

また、クッション・ソファ・テーブルなどのカバーやラグ・敷物などのカラーを変えるだけで部屋のイメージがだいぶ変わります。

可愛らしい柄とピンクなどのカラーのカーテンと可愛らしいインテリアを配置すれば部屋全体が可愛いイメージにすることができます。カーテンと同じように目に付きやすいラグを変えるだけでかなり部屋イメージが変わります。

部屋のイメージを大きく変えるアイテム2

部屋のイメージを大きく変えるアイテムのカーテン・クッション・ソファ・テーブルなどのカバーやラグ・敷物などをオシャレにまた、可愛らしくしても、食器や調味料などが散らかったキッチンや小物が散らかったリビングにしたら折角オシャレにまた、可愛らしい部屋にしてもそれが台なしになってしまいます。

そのため、食器や調味料などがきちんと整理される収納グッズが必要になります。目の前にきれいに整理整頓された食器や調味料が置かれていると、それだけでも部屋の雰囲気が変わります。

また、100円ショップなどで仕入れたお気に入りのアクセサリーや小物などを壁などに飾ることも安く簡単に部屋のイメージを大きく変えることができます。

色を使った一人暮らしの部屋作り

ここでは、色のコーディネートでオシャレな一人暮らしの部屋作りについて紹介します。まずホワイトと基調としたインテリアのレイアウトは、部屋全体に清潔感が生まれます。また、ブラックを基調にしたインテリアを選択するとスタイリッシュな雰囲気になります。

インテリアの配置によって部屋の雰囲気を変えるには

インテリアの配置によって部屋の雰囲気が悪くなりまた、良くもなります。それだけインテリアの配置は部屋作りには大事です。スペースが限られた一人暮らしの部屋では、高い家具などを配置すると部屋が狭くなります。また、圧迫感のあるなど部屋の雰囲気が悪くなります。

一人暮らしの部屋では、背の低いインテリアの配置をすることで、すっきりと整理整頓された部屋になります。高い家具を置くのであれば、部屋の隅などがおすすめです。

使い勝手のいい一人暮らしの部屋にするには

使い勝手のいい一人暮らしの部屋にするには、すきまに利用するさまざま機能を持ったラックやキャスターがついた可動式家具などのグッズを多く使用するこで使い勝手のいいまた、整理整頓された雰囲気を持つ部屋にできます。

また、足をつければ下のスペースを収納に使える「すのこタイプのベッド」などもすきまを利用したおすすめのインテリアです。

照明を活用した一人暮らしの部屋

ここでは、照明を活用した一人暮らしの部屋について説明します。部屋の雰囲気をオシャレにするなど大きく変えるアイテムが照明です。間接照明の色や形を変えるだけで部屋がオシャレにもなりまた、暗いイメージになります。

アンティーク調の照明やヴィンテージ風ペンダントライトを使用すれば、レトロ感のある優しい雰囲気の部屋に変えることができます。竹のシェードがかぶった照明にすればシンプルであたたかみもある部屋になります。

壁紙の活用による一人暮らしの部屋作り

壁紙を変えることで一人暮らしの部屋を変えることができます。壁紙選びは、柄・デザインだけでなく、汚れが染みこみにくい安心性や気分を明るくしてくれる快適性などの素材や機能性も重要なポイントになります。

ホワイトを基調としたシンプルな一人暮らしの部屋壁に、繊細な花柄の壁紙を張ることでり、女性らしさと大人っぽさもある空間に生まれ変わります。また、トイレなどの狭い空間もモダンなトーンの壁紙を使用することでスタイリッシュな空間になります。

一人暮らしの部屋をモダンな和室にするには

ここからは、モダンな和室・カフェ風・西洋風など特徴別の部屋にするポイントについて説明します。まずは、一人暮らしの部屋をモダンな和室にするポイントについて説明します。モダンな和室と言えば今流行の古民家を改装したカフェなどが頭に浮かびます。

一人暮らしの部屋をそこまでにするのは手間とお金がかかります。一人暮らしの部屋を簡単にしかも、安くモダンな和室にするポイントは、畳の床とイスやテーブルなどのインテリアの組み合わせの工夫です。

例えば、畳の床にシックで落ち着いたラグなどを敷き、そのラグと同じようなカーテンで統一すればモダンな和室になります。また、和室に観葉植物を置くのもモダンな雰囲気を作り出すことができます。

一人暮らし部屋をカフェ風にするには

ここでは、一人暮らしの部屋をカフェ風にするポイントについて説明します。一人暮らしの部屋をカフェ風にするポイントは、オシャレなカフェをイメージするとレンガの壁やメルヘンチックなカーテンなどとウッド調のインテリアで纏めればシックなイメージがわきます。

一人暮らしの部屋をどんなイメージのあるカフェ風にするかによってインテリアの選びもインテリアの配置も変わってきます。明るいグリーンなどの原色を使ったライトなどのインテリアと明るいブラウンやイエローなどの壁で纏めれば、一人暮らしの部屋がさわやかさのあるカフェ風の変ります。

また、一人暮らしの部屋をレトロなカフェ風にしたいのであれば、ホワイトとブラックを基調にしたインテリアを選ぶことです。特に、キッチンをホワイトとブラックでデザインされたフラッグチェック柄の床とシックなブラウン系のインテリアを配置すればよりレトロな雰囲気が作れます。

一人暮らしの部屋を北欧風にするには

ここでは、一人暮らしの部屋を北欧風にするポイントについて説明します。一人暮らしの部屋を北欧風にするポイントは、北欧風と言えば木目のあるインテリアや、ソファ、レトロ感のあるライト、あたたかみを感じる木目のフローリングがイメージされます。

北欧風インテリアにするには、壁・床・天井・カーテン・ラグ・ソファ・クッション・置物など部屋に使われるインテリアの色彩のバランスが大事になります。賃貸などの一人暮らしの部屋は壁・床・天井などの改善ができないこともあります。

そのため、カーテンや家具などのインテリアと小物の色彩と配置で一人暮らしの部屋を北欧風にしましょう。特に、小物の形や色を統一することでレイアウトが美しく見えることに加えて、一人暮らしの部屋を北欧風に近づけることができます。

一人暮らしの部屋をアジアン風にするには

ここでは、一人暮らしの部屋をアジアン風にするには、竹の素材を使った照明や麻を編んだカバーなどを付けた照明などを使用すれば、異国情緒もあるアジアン風になります。また、ベッド・ソファー・テーブルなどにかける布のデザインを民族衣装風にしたり、また、淡いオレンジ色や茶色のカバーをかけるだけで、アジアンテイストの雰囲気になります。

また、カーテンはシンプルな無地よりも民族衣装のような柄の入ったものを選び、ブラウン系のブラインドなどを使用するだけで一人暮らしの部屋がアジアン風に変身します。さらにアジアンテイストと言えばヤシ系の観葉植物を置くことも欠かせません。

男女別一人暮らしにおすすめのインテリア

ここまでは、一人暮らしの部屋をインテリアでオシャレにするコツや一人暮らしの部屋を北欧風、一人暮らしの部屋をカフェ風、一人暮らしの部屋をモダンな和室にするインテリアの色と配置について説明してきました。

ここでは、男女別に見た一人暮らしにおすすめのインテリアをいくつか紹介します。

男性におすすめのオシャレなインテリア

ここでは、男性におすすめのおしゃれなインテリアについて説明します。まず男性に限らず、部屋のインテリアを考える時に、何を基準にして考えますか。収納性・機能性・使い勝手などのインテリアを選びます。また、できればオシャレさもあるといいと考えます。

しかし、中にはオシャレさだけを求めてインテリアを選び人もいます。これは女性に限ったことではないのですが、収納性・機能性・使い勝手などはほどほどにしてオシャレさやカフェ風など個性のあるインテリアにしたい男性が多くいます。

男性におすすめのインテリアを考えた時にまずは、ビジネススーツや普段着などの洋服を収納するクローゼットなどの収納するアイテムが頭に浮かびます。クローゼットは一人暮らしの部屋が洋服で散らかないばかりか、色や形にこだわればオシャレなインテリアとなります。

クローゼットの使い方

さらにクローゼットは、洋服のみの収納に限らず、小物やバックといった部屋にそのまま放置すると目立つまた、部屋の雰囲気が悪くなるなどを防いでくれるアイテムでもあります。クローゼットは形と色を部屋の雰囲気とマッチするようなものを選びましょう。

女性におすすめのオシャレなインテリア

ここでは、女性におすすめのオシャレなインテリアについて説明します。女性の場合は、男性より多くの洋服をはじめ、アクセサリー、メイク道具など部屋にかけたり、放置したりしたら部屋の雰囲気が悪くなるアイテムが多くあります。

そのため、それをしっかりと収納できるクローゼットは必須のアイテムとも言えます。また、クローゼットに入りきれないバックやアクセサリーなどはオリジナリティのあふれる籠やオシャレなバスケットなどに収納するのも一人暮らし部屋をオシャレにする方法にもなります。

また、1Kなどの部屋では、キッチンなどはよく目立ちます。なのでキッチンには、収納が便利でオシャレさのある調味料入れやカラフルでオシャレさのあるコーヒーカップや毎日使うグラスなどが飾れるインテリアボックスを使うことをおすすめします。

レイアウト別一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、ワンルームや1LDK、1DK、1Kといったレイアウト別で見た一人暮らしにおすすめのインテリアについて説明します。ひとつの個室とダイニングとキッチンの間取りの1DKはワンルームの部屋とは違い、食事のための料理を作る場所のキッチンエリアと食事やコーヒータイムで過ごすダイニングエリアが分かれています。

そのためにエリアごとに好きなインテリアを置くことができます。しかし、1LDKのようにリビングスペースがない1DKでは持ち物を収納するインテリアに苦労します。また、1DKは収納インテリアボックスも大事ですが、もっとの大事なのが、使いやすくするインテリアの配置です。

インテリアの配置が大事

また、1DKはドアを開けたらすぐに目に飛び込んでくるのが、ダイニングキッチンです。ダイニングテーブルなどが置けないダイニングキッチンもあります。キッチンにカウンターがある場合はテーブルかわりとして使うことをおすすめです。

また、狭いスペースのダイニングキッチンなら折り畳みテーブルと折り畳みチェアなどを活用するようにしましょう。また、目立つダイニングキッチンは、サイズ、素材やデザインを考えたインテリアの配置が大事になります。

また、ダイニングキッチンに窓があるなら太陽が感じられるレイアウトにすることを考えましょう。

1LDKの一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、リビング・ダイニングキッチンルームと洋室か和室の部屋が仕切られているタイプの部屋の1LDKの一人暮らしにおすすめのインテリアを紹介します。1LDKは、一人暮らしするには、十分なスペースがあります。

また、リビングのエリアに収納棚などのインテリアを置くレイアウトや、リビングのエリアには大きなインテリアは置かないでのびのび過ごす空間にするなどさまざまなレイアウトをすることができます。

1Kや1DKなどの狭いタイプだと置くインテリアも小さなものを選ぶことになりますが、1LDKでは、あまりスペースにこだわりを持つことなく自由にレイアウトを楽しむことができます。また、モダンな和室・カフェ風・西洋風などにするといったインテリアに凝ることも可能になるのが1LDKタイプの部屋です。

1Kの一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、洋室か和室などの部屋と4.5帖ほどのキッチンのあるタイプの1Kの一人暮らしにおすすめのインテリアを紹介します。キッチンスペースが広い1LDKに比べて4.5帖ほどのキッチンスペースのため、食事の時に使う調味料や食器に毎日使うコーヒーカップなどを収納するインテリアに工夫する必要があります。

しかし、狭い1Kタイプの部屋もレイアウト次第ではオシャレなインテリアを置くこともできます。1Kタイプの部屋は、高さのあるインテリアは選んでしまうと、部屋に圧迫感が生まれるのでなるべく低いタイプのインテリアを選ぶことが重要です。

その低いタイプのインテリアにより狭い1Kタイプの部屋を広く見せることができます。また、家具などの大きなインテリアでも明るいカラーを選ぶことで圧迫感や狭いといった雰囲気を低減させることができます。

特徴別一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、ナチュラル・シンプル・アジアン・ヨーロピアンなど特徴別で見た一人暮らしにおすすめのインテリアを紹介します。

ナチュラルにする一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、一人暮らしの部屋をナチュラルする一人暮らしにおすすめのインテリアを紹介します。一人暮らしの部屋をナチュラルするには、木材を使用したインテリアを選ぶことでナチュラル感とあたたかさが伝わりる部屋になります。

また、小物入れやカップ置きなどの棚も木目調のものを選ぶことでナチュラルテイストにオシャレさが加わります。さらに壁などの飾り物もウッドラックやマガジンラックなどを使用することで強いナチュラル感のある部屋になります。

さらに100円ショップなどに売っている竹で編んだ籠など重ねた収納棚を作ればナチュラルでほっとできる空間になります。また、ナチュラル感のある一人暮らしの部屋にするには、観葉植物やドライフラワーなどのレイアウトも欠かせません。

リメイクシートなど使用してキッチンなどにナチュラル感を出すのもおすすめです。部屋全体に影響する照明器具もナチュラル感を出す大事なアイテムです。

シンプルにする一人暮らしにおすすめのインテリア

シンプルな一人暮らしの部屋にするポイントは、まずは壁の色をホワイトかベイジュ系を基調にすることです。そしてイス・テーブルなどのインテリアも一人暮らしにふさわしいサイズとベイジュ系などのカラーを選ぶことでシンプルな一人暮らしの部屋になります。

また、壁の色をホワイトにしたのであれば、その部屋に置くさまざまなインテリアやラグをブラック系にすることで部屋全体に統一感が生まれシンプルな一人暮らしの部屋になります。ホワイトブラックを使ったモノトーンの部屋となりシンプルで落ち着いた空間になります。

また、木目調のフローリングと木の素材を使用したイスなどのレイアウトもシンプルであたたかみのある部屋にすることができます。さらにシンプルな一人暮らしの部屋には、ゴムの木などの観葉植物がよく似合います。

アジアン風にする一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、一人暮らしの部屋をアジアン風にするおすすめのインテリアついて紹介します。一人暮らしの部屋をアジアン風の部屋にするには、アンティークな家具などのインテリアを選ぶことがとても大事です。

また、一人暮らしの部屋をアジアン風の部屋にするには、アジアの風を感じる素材として人気のウォーターヒヤシンスを使用したベッドやソファーを選択することにより南国の贅沢なリゾート気分が味わえて一人暮らしの部屋をアジアン風に変えることができます。

また、部屋全体に影響する床もラグとの組み合わせでアジアン風にすることができます。

広さ別で見た一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、6畳、8畳といった広さ別で見た一人暮らしにおすすめのインテリアについて紹介します。

6畳の一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、6畳といった広さが限定されている一人暮らしの部屋におすすめのインテリアについて紹介します。1Kなどの所でもお話しましたが、狭い部屋に大きな家具や背の高い家具などを置いてしますと部屋全体が狭く感じられることに加えて部屋に異様な圧迫感が生まれるのでそのようなインテリアは避けましょう。

6畳といった広さが限定されていると十分な収納ができなくなる可能性があります。そんな時にはベッドの下などの空間を利用して収納スペースにすることができます。また、冷蔵庫などの上や横なども料理などで使用する調味料などの収納スペースとして利用できます。

8畳の一人暮らしにおすすめのインテリア

ここでは、8畳といった広さが限定されている一人暮らしの部屋におすすめのインテリアについて紹介します。8畳となるとある程度家具などのインテリアを置いても余裕が生まれます。8畳のスペースをそのまま広々とした空間として使う方法と間仕切り板やボードなどを使ったスペースを分けて使う方法があります。

また、間仕切り板やボードを使って完全に仕切ったスペースではなく、オシャレなカーテンなどを使った仕切りスペースにするとちょっと変わった空間にすることができます。また、壁などに等間隔に穴が開けられた、有孔ボードなどを使うことで部屋全体を広く使えるようになります。

また、有孔ボードに観葉植物などを飾ると8畳の一人暮らしの部屋が明るくなるなど有孔ボードの活用が8畳、6畳に限らずおすすめのアイテムです。

一人暮らしの部屋を決める手順とは

ここでは、一人暮らしの部屋を決める手順について説明します。一人暮らしの部屋としては、キッチン含めて部屋がひとつのみで、比較的安い家賃で入れるワンルーム、キッチンと部屋がひとつあってワンルーム比べて家賃が高い1K、キッチンとダイニングルームに部屋がひとつある1DKなどの間取りがあります。

まず、一人暮らしをするためには、どんな間取りにするのかを決めることがスタートです。部屋の間取りが決まれば、次に、ナチュラル・シンプル・ホップ・カフェ風・シックなどどんな雰囲気の部屋にするかを決めます。

部屋の雰囲気が決まれば後はその雰囲気にあったインテリアを選ぶだけです。次項では、ナチュラル・シンプル・ホップ・カフェ風・シックなどの部屋にマッチしたインテリアをいくつか紹介します。

ナチュラルにマッチしたインテリア

グリーン EJ-2107

ナチュラルにマッチしたインテリアの「グリーン EJ-2107 」は、木造りのナチュラルなテイストのテーブルなどと深みのあるグリーンがマッチして自然に安らぐことができる部屋になります。

タイムセールで買いました。結構安く買う事が出来て、その差額でクッションやソフアーのカバーを購入できました。組み立ても簡単にできしっかりした作りで、一番の良かった点はリビングが狭いのでコンパクトな造りなのでイス周りのスペースが広くなりおちつきました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%8... |

シンプルにマッチしたインテリア

スリムレンジボード ホワイト

シンプルにマッチしたインテリアの「スリムレンジボードホワイト」は、形も色もシンプルですが、すっきりと収納することができるおすすめの商品です。

ホップにマッチしたインテリア

パッチワークソファ ラビスタ

ホップにマッチしたインテリアの「パッチワークソファ ラビスタ」は、パッチワーク風明るいオレンジ色のソファを置くだけでカラフルな部屋になります。あたたかみのあるオレンジ色が心を明るくしてくれる空間を生み出しています。また、カフェ風の部屋にもマッチするインテリアです。

色違いの現物を見ていたので、サイズは想像通り。色だけが問題でしたが、濃いブルーの彩色に違いを少々感じただけでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E8%B2%BF%E6%9... |

楽しい一人暮らしの部屋にしましょう!

男女別で見た一人暮らしにおすすめのインテリアを1K・1LDKなどのレイアウト別でおすすめのインテリアを紹介、またシンプル・アジアン風・北欧風など部屋の雰囲気にマッチしたインテリアも紹介してきました。

さらに6畳、8畳などの広さが限定されている部屋におすすめのインテリアも紹介しました。今回紹介した一人暮らしにおすすめのインテリアや一人暮らしに関する情報を参考にして、楽しい一人暮らしの部屋にしましょう。

Related