Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

ファスナーが壊れた時の修理方法・スライダー交換方法・代用

ファスナーが壊れた時は、お直し屋さんに持ち込んで修理をしてもらうのが定番ですが、実は道具がそろえばある程度の範囲まで自分で修理する事ができます。そこで、裁縫道具と工具があれば自分でできるファスナーの修理方法を紹介します。

ファスナーが壊れた時の修理方法・スライダー交換方法・代用

ファスナーが壊れた時の修理方法

普段なら難なくできるはずなのに、急いでいる時に限って失敗するものの1つに、ファスナーの開け閉めというのがあります。ファスナーの開け閉めに失敗する原因は、スライダーが生地を噛んでしまった事なので、噛んだ生地を引っ張ってスライダーを戻せば即解消することができます。

しかし、ファスナーと言うのは色々なものに使用されているので、ファスナーでの失敗というのはこれだけに留まりません。バックでは荷物を無理やり入れようとして、ファスナーと生地の縫い目がはがれるのがよくある失敗の原因になります。

これ以外にも、スライダーがエレメントに噛んで何が何でも動かない、スライダーが壊れた、そもそも開け閉め自体ができないなど、急いでいる時に限ってファスナーと言うのは失敗の多いものになります。

そこで今回は、色々な壊れたファスナーの交換方法を紹介します。

リュック

リュックには色々な素材がありますが、ファスナーが壊れた時は、このリュック自体の素材や状況で自分で直せるかどうかが決まってきます。大きく分けると、皮製とビニール製のリュックか、それ以外の素材かに分かれますが、時間と根気さえあれば、裁縫道具とラジオペンチである程度の範囲を自分で直す事ができます。

どうしても自分で直すのに自信がない時は、お直し屋さんに持ち込むのが最適です。リュックのファスナー修理はどの位までDIYでできるのかを一覧にしましたので、参考にしてください。

ファスナーが壊れた状況布製リュックだった場合の修理方法革製、ビニール製リュックだった場合の修理方法
リュックとファスナーの縫い目の糸が切れてはがれた。普通布用針と60番程度の糸を使用して縫い直します。はがれた部分から前後1cmを余分に縫うのがポイントです。バックと靴のお直し屋さんに持ち込んで修理を依頼します。
スライダーが取れてしまった・壊れた。エレメントが閉まらなくなった。1番上のストッパーを外し、新しいスライダーを交換すると直せます。布製リュックの場合と同様に1番上のストッパーを外して新しいスライダーと交換をすると直ります。

スーツケース

スーツケースのファスナーが壊れた場合は、そもそもファスナーの取り付け方そのものが、ソーイングの技術でできるようなものではないので、最寄りにあるバックと靴のお直しさ屋さんを調べ、スーツケースのファスナー修理をしてもらえるかどうかを聞いてから持ち込み、修理を依頼します。

布団カバー

布団カバーもファスナーが壊れやすい商品の1つになります。布団カバーの場合、ファスナー
壊れたら交換用の布団用ファスナーが購入でき、ソーイングセットさえあれば自分で壊れたファスナーと交換します。

交換の方法はとても簡単です。まず、布団カバーをひっくり返します。次に、糸切りバサミで壊れたファスナーを布団カバーの生地から切り離し、新しいファスナーを同じ位置に縫い付けます。布団カバーはとても長いので、この時、まち針を使用してきちんと縫えるように待機させておきます。

ファスナーの具体的な縫い方は、上の動画で確認してください。動画は幼稚園などで使用する子供用お昼寝布団につける布団カバーになりますが、大人用と子供用縫う長さが違うだけで、同じ方法で縫うことができますので、ぜひ縫い方の参考にしてみてください。

寝具用/シーツ用ファスナー190cm

次に、布団カバー用のファスナーを紹介します。こちらの商品は190cmあるので、ダブル用の布団カバーまで対応することができます。こちらの布団カバー用ファスナーがあれば、いつでも布団カバーのファスナーを交換することができるようになります。

スーツ・スラックス

スーツとスラックスがファスナーが壊れた場合は、まず壊れたファスナーがどの種類のファスナーか、と言うのを確認しましょう。スーツやスラックスの場合、「コンシールファスナー」と言う柔らかくハサミできる事ができるファスナーと、普通のファスナーとに分かれます。

ファスナーの場合なら、エレメントが壊れない限りリュックの時に紹介したのと同じ方法で修理ができるのですが、コンシールファスナーの場合は、スライダーが壊れたらすぐに全面的に交換するしかなくなってしまいます。

コンシールファスナーの交換方法

コンシールファスナーの縫い方は上の動画で紹介していますが、このようにとても簡単に取り付けができるファスナーなので、作業に慣れてくるとジッパーよりも簡単に縫う事ができるようになります。

そして、先に紹介したとおりコンシールファスナーはハサミで切れるファスナーなので、長い場合に限り調整をする事ができます。調整方法は動画を見ていただくとわかりますが、銀色のストッパーよりも上になります。

もしうっかり下をカットしてしまっても、全体的に「コ」の形になるように縫えば、その塗った部分がストッパーになりますので、うっかり下を切ってしまっても慌てず、まずは修正をしましょう。

コンシールファスナー 22cm

ちなみに、そのハサミで切れる柔らかいファスナーであるコンシールファスナーがこちらになります。画像をよーくみていただくと分かりますが、エレメントの部分がほとんど見えないくらい小さいです。

元々コンシールファスナーというのは、スカートやズボンなどに取り付けるのを目的としていて、ファスナーが付いているのを目立たないようにしたい時に使用するファスナーなので、このようにエレメントの部分がとても小さいファスナーです。

セット売りでお安いので心配でしたが、使用できるものがきちんと届きました。たくさん購入したので、すべてを確認したわけではないですが、ファスナーの開閉も問題無さそうです。色も画像の通りのものが均等に入っていました。

出典: https://www.amazon.co.jp/Hommy-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B... |

ズボン

ズボンのファスナーが壊れた場合も、先にスーツ・スラックスの項目で紹介したように、付いているのがジッパーかコンシールファスナーかで変わります。コンシールファスナーだった場合は、スライダーが壊れた時点で取り替えをし、ジッパーの場合はエレメントが壊れるまで交換する必要はありません。

ただ、ジッパーの付け方次第ではスライダーを再びはめる事が困難になります。なので、もしスライダーを自分ではめる事が不可能に見えるのなら、ジッパーごと交換すると早いです。

ワンピース

ワンピースの場合も、コンシールファスナーかジッパーかでファスナーの取り扱いが変わります。コンシールファスナーなら、スライダーが壊れたら即交換です。ジッパーの場合はエレメントが壊れた状態になるまで全面的な取り替えは必要ありません。

しかし、ワンピース、特にフォーマルワンピースになればなるほど使うファスナーはコンシールファスナーになるので、実際には、ワンピースの全面的な取り替えが必要になります。その上、フォーマルワンピースの大半は裏地付きなので、裏地付きの服に対応したコンシールファスナーの縫い方が必要になります。

文章よりも動画で説明をした方がわかりやすいので、この裏地付きワンピースへのコンシールファスナーの縫い方は上の動画で説明していますが、見た目に影響する事なので、もし自信のない人はお直し屋さんに持ち込むのをおすすめします。

ファスナーが壊れた時のスライダーの交換方法

ファスナーが壊れた時の修理方法・スライダー交換方法・代用

ファスナーのスライダーが壊れてしまった時は、まず壊れたスライダーの裏を見ましょう。スライダーは番号でサイズが表記されていて、前回使用していたのと同じスライダーでないと使えません。なので、壊れたスライダーの裏側を見て、必ず同じ番号のスライダーを購入しましょう。

そして、ラジオペンチと精密用ドライバーのマイナスを用意します。ファスナーの1番上にあるストッパーを外すのですが、この時マイナスドライバーを布とストッパーの間に差し込みます。しっかりはさまっているのでなかなか取れませんが、根気良く差し込んでいると必ず取れます。

ストッパーが外れたら、次に新しく購入したスライダーをエレメントに入れ、ストッパーの合った部分を手で押さえ、ちゃんとエレメントがしみあるかどうかの確認をします。エレメントがちゃんと閉まり、動きの安定も確認したら、再びエレメントの最上にストッパーを取り付けて終了です。

ニッケル・アンチックゴールド

ファスナー修理の情報を集めていると言う事は、すなわち今すぐファスナー修理が必要になると言う事です。なので、今すぐ購入できる範囲でスライダーを購入する事ができるのは、やはりインターネットになります。

こちらは、現在アマゾンで購入する事ができるスライダーの中で1番評判の良いスライダーになります。ごくごく一般的なスライダーになりますが、海外からの製品でも対応できた安心の一品です。

スライダーが壊れたので交換用に購入! もとのスライダーがYKKでは無いのでダメ元で買ってみたらバッチリ合ったのでビックリ(笑)

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%8... |

ファスナーが壊れた時のエレメントの修理方法

バックのファスナーで良くある事ですが、ある日突然エレメントが閉じなくなる時があります。この不具合が起きる原因は、大体スライダーが擦れてしまい、エレメントを閉じる事ができなくなったからです。

この不具合を解消する1番早い方法は、スライダーの横部分、すなわちエレメントに乗っている部分をレジオペンチで挟み、間隔を狭くする事で調整する方法です。大体のエレメント不具合はこれで直りますが、もしこれでもダメなら本格的にスライダーが擦り切れている証拠なので、スライダーを交換します。

ファスナーが壊れた時のおすすめの応急処置方法

ファスナーが壊れた瞬間というのは、いつ起きるかわかりません。ファスナーが壊れた時、もし外出先だったらどう対応したら良いのでしょうか。外出先でファスナーが壊れた時、真っ先に駆け込みたい所と、ファスナーの代用品になるものについて紹介します。

外出先でファスナー修理に駆け込みたい所

ごく当たり前の話になりますが、ファスナーが壊れた時真っ先に駆け込みたいのは洋服かバックと靴のお直し屋さんです。バックと靴のお直し屋さんは、都心部だとターミナル駅の構内で営業をしていますが、駅構内以外にも有名デパートやショッピングモールの中で営業しています。

洋服のお直し屋さんは、デパートやショッピングモールで営業をしているのが多いですが、商店街の片隅で営業している事もあるので、ファスナーが壊れた時は、とりあえず現在地周辺でいずれかのお直し屋さんがあるかどうかをネットで調べてみましょう。

お直し屋さんがない場合、ファスナーの修理に必要なものが揃っている可能性のある手芸店か100均をネットで探し問い合わせてみましょう。スライダーが販売している可能性は保証できませんが、コンシールファスナー、ラジオペンチ、ソーイングセット、精密ドライバーが手に入ります。

代用

外出先でファスナーが壊れた時、代用品が必要な場合に関して紹介します。まず、ファスナーは左右にあるエレメントを開閉させる事で、「開閉する」と言う事を成立させているので、代用品で開閉する事を満たせるかどうかが重要になります。

こう考えると代用品になるものは必然的に限定され、見た目が悪くなるのに構わないのであれば、安全ピンで留めると言う方法を使います。後、もしこのままに家に帰るだけならば、閉じる事だけを考え、ホチキスで留めておくと言う事もできます。

壊れたファスナーは修理に出そう!

ファスナーが壊れた時の治し方や応急処置方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ファスナーと言うのは、急いでいる時に限って生地を噛んだり壊れたりしますが、落ち着いて対応すれば大体解消させる事ができます。

ファスナーが壊れた時はとてもがっかりしますが、道具さえあれば必ず直せるので、そのまま捨てず、しっかり修理をしてまた使いましょう。ファスナーが壊れたと嘆くのではなく、落ち着いて修理することが大切です。

Related