Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月14日

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

料理を作る際、フライパンを使わないという人はほとんどいないのではないでしょうか。野菜を炒めたり目玉焼きやオムレツを作るのにフライパンは欠かせません。しかし、フライパンは丸い形状をしていますので、収納に困るという人もいます。どのように収納すれば良いのでしょうか。

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

フライパンを収納するコツ

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

フライパンはいろいろな調理に使用できますので、使う機会が多い調理器具です。しかし、その形状や取っ手の長さから収納しずらい調理器具でもあります。では、実際にフライパンを収納するにはどのようにすれば良いのでしょうか。こちらでは、フライパンを収納する際のコツについて説明します。

持っているフライパンのサイズを確認

例えば一辺が5cmの立法体の箱に、半径8センチの球体の物を入れようとしてもはみ出してしまいます。下が箱で上が円というオブジェを作りたいのなら別ですが、収納にはなりません。

同じように、収納する場所以上の大きさのフライパンは折り曲げでもしない限り入りませんし、折り曲げてしまえばフライパンの機能がなくなります。持っているフライパンがどのくらいの大きさで、どこに収納するのかを確認しておきましょう。

フライパンの種類ごとに分ける

同じ大きさのフライパンをホームセンターなどで販売しているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか。同じ種類のフライパンは、重ねることができるようになっています。レストランで使うフライパンも、同じ大きさのものを綺麗に重ねている場合もあります。

しかし、家庭で使うフライパンは同じ大きさのものはほぼ使いません。フライパンをうまく収納するコツは、フライパンの種類や大きさに合わせて分けておきましょう。

フライパンの使用頻度

人数が多いホームパーティーを行う際に、大きなフライパンを使用することもありますが、一人暮らしで大きなフライパンを使う人は、かなりの大食いの人くらいではないでしょうか。

普通の生活をしている人の場合、それなりの大きさのフライパンをよく使います。逆に言えば大きなフライパンはめったに使いません。日常的に使うフライパンをすぐ使える場所に収納し、あまり使わないフライパンをそうでない場所に収納するのがコツです。

フライパンの収納方法10選

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

フライパンの収納のコツについてご紹介しましたが、実際にはどのようにについて収納すればよいのでしょうか。こちらでは、フライパンを収納する具体的な方法を10個ご紹介します。自分に合った収納方法を見つけてみましょう。

1:ファイルスタンドを活用

フライパンを収納する方法の1つ目は、ファイルスタンドを活用します。

ファイルスタンドとは、100円ショップなどで販売されている書類やファイルを立てて置けるようにしている商品です。この大きさに合うフライパンを使用することが前提条件ですが、ファイルスタンドは縦でも横でも使用できますので、フライパンを置く場所によって状態を変えることができます。

2:突っ張り棒を活用

フライパンを収納する方法の2つ目は、突っ張り棒を活用します。突っ張り棒とは、壁と壁の間をストッパーで突っ張ることで棒が落ちないようにします。天井と床に突っ張るタイプのものもあります。この突っ張り棒にフックをつけて、フライパンの取っ手の部分に空いている穴に入れて吊るします。

突っ張り棒は突っ張る状態で支えていますので、あまりたくさんかけると落ちてしまいますので気を付けましょう。

3:有孔ボードを活用

有孔ボードとは、穴の開いている板上のものでその穴に合わせて収納する棚やフックなどを付けることができます。突っ張り棒を縦に2本使用した場合に、合わせて使用することが多いアイテムです。

フライパンを収納する方法の3つ目は、有孔ボードを使用します。有孔ボードにフックをつけてフライパンをかけます。突っ張りボードと同じく、重さが決まっていますのでフライパンをかけすぎないようにしましょう。

4:引き出しに縦に並べる

ちょっとおしゃれなキッチンは、収納の引き出しが大きなものもあります。フライパンを収納する方法の4つ目は、引き出しに縦に並べます。引き出しによっては、重ねてフライパンを収納できるタイプもありますが、縦にすることで有効スペースが増えます。そのまま置けば円ですが、縦に置くことで線になります。

5:収納ボックスを使う

衣類などを収納するのに便利な収納ボックスですが、フライパンを収納するのにも役立ちます。フライパンを収納する方法の5つ目は、収納ボックスを使います。収納ボックスはファイルスタンドよりも大きなものも多いので、フライパンを重ねて収納する際や、あまり使わないフライパンをまとめる際に便利です。

6:シンク下に収納する

台所のデットスペースの1つにシンク下があります。こちらは排水溝などもあり、他の収納場所にくらべて狭いイメージがあります。フライパンを収納する方法の6つ目は、シンク下を使います。

シンク下は、前述のとおり排水溝があります。逆に言えば、排水溝以外は収納スペースとして使えます。さらに排水溝がちょうど真ん中にある場合もありますので、その左右にファイルスタンドなどを置けばちょうどいい収納げできます。

7:収納棚を作る

フライパンを収納する方法の7つ目は、収納棚を作ります。収納棚と言えば、日曜大工よろしく丈夫な棚を作る人もいます。もちろんそれも良いですが、100円ショップなどで重ねるだけで棚になる簡易棚もあります。また、最初に紹介したファイルケースや収納ボックスも重ねれば棚になります。


また、突っ張り棒を利用した棚もつくれますので、それぞれ使うフライパンの重さや棚の強度に合わせて使い分けましょう。

8:フックを取り付ける

フライパンを収納する方法の8つ目は、フックを取りつけます。これまでに紹介した突っ張りボードや有孔ボードなどにフックを取り付けるのも良いですが、しっかりとした壁にネジや接着剤でしっかりと固定させるのも収納方法の1つです。

9:取っ手が取れるタイプのフライパンを購入する

フライパンで一番収納しずらくしているのは、取っ手です。本体が収納できたのに、取っ手がはみ出してしまうので別の場所にしなければいけないという場合もあります。

フライパンを収納する方法の9つ目は、取っ手が邪魔なら取れるものを最初から購入してみましょう。ただし、取っ手が取れるものは通常より高いものもありますので、安く購入できる方法を探してみましょう。

10:コンロにそのまま置いておく

フライパンを収納する方法の最後は、コンロにそのまま置いておきます。フライパンは調理で使用する頻度が高いアイテムです。それならばいっそのことコンロにそのまま置いておき、生活感のあるコンロというオブジェにしてしまいます。

収納しやすい商品はこれ!

収納しやすいフライパンと言えば、取っ手が外れるタイプです。こちらの商品は、大きさの違うフライパンですが、取っ手を付け替えることでどちらも使用することができます。また、温度がわかるお知らせヒーターもついていますので、フライパンがどれくらい温まっているかもわかります。

引っ越してガスコンロだったのが IHになりました。
高いフライパン買って失敗したら嫌だなと思い
安いフライパンを色々試したけど ひっつく 真ん中だけ焦げる 失敗とストレスばかり…
妹に相談したらティファールのセットを使っていて不便を感じた事が無いと言うので調べたら
値段もお手頃
特にこちらの商品はお値打ちでした。
到着してすぐ使いましたが 凄く良い
あのストレスは何だったのでしょうか
最初からティファールにしとけば良かった
料理が楽しくて品数も増えてます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%8... |

フライパンのさびをとる方法

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

フライパンは鉄でできているものやテフロン加工されているものももありますが、調理をしていくうちにだんだんと錆びてきます。錆びてきたフライパンは、金だわしでこするのが良いですが、メッキの場合は錆びではなく剥げてしまっている場合もありますので、気を付けましょう。

錆びつかないように使用するのが一番ですが、フライパンは消耗品です。あまりにひどい錆が出てしまった場合には買い替えましょう。

フライパンの捨て時は?

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

フライパンの捨て時は、錆がひどくなった時やテフロン加工などが剥げてきた時です。また、落として曲がってしまった場合や大きな傷がついてしまった時も、使えそうでしたら問題ありませんが、好みで買い替えても大丈夫です。

長持ちする方法は?

フライパンを長持ちさせるためには、調理する際に丁寧に扱いましょう。フライパンで調理して汚れたら洗い、鉄製のものであれば火にかけて水分を飛ばし軽く油をぬっておくだけでも寿命が延びます。テフロン加工やダイアモンドコートのものは、説明書の注意書きをしっかりと把握しておくことが長持ちする方法になります。

フライパンを上手に収納しよう!

フライパンを収納するコツ|フライパンの収納アイデア10選

フライパンは調理するのに使い勝手が良い調理器具です。収納場所を台所の状態に合わせて、上手に収納しましょう。収納はアイデア次第でいくつもの方法があります。今回の記事の内容以外にも、自分なりの収納方法を考えてみませんか。

この記事に関連する情報をチェックしよう

一人暮らしをしていると、なかなか自炊しない人もいます。自炊すれば食費が安く抑えらえます。では実際に調理するにはどのような調理器具が必要なのでしょうか。また、今回紹介したフライパンですが、選ぶ際にはどのように判断すれば良いのでしょうか。

こちらでは、関連記事として一人暮らしにおすすめの調理器具とフライパンの選び方について紹介しています。調理器具を選ぶ参考にしてください。

Related