Search

検索したいワードを入力してください

コーヒーミル23選|コーヒーミルを選ぶポイント3つ

初回公開日:2018年12月17日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年12月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コーヒー好きの人であれば、自宅でおいしいコーヒーを飲みたいと思うはず!今回はおいしいコーヒーを飲みたいという人にしたいコーヒーミルについて紹介していきます。コーヒーミルのリンクを飛ばしていますので、気になるものがあれば即購入して下さい。

コーヒーミル23選|コーヒーミルを選ぶポイント3つ

コーヒーミルの種類

コーヒーミル23選|コーヒーミルを選ぶポイント3つ
※画像はイメージです

コーヒーミルにはハンドルを自分で回すことでコーヒー豆を挽いていく手動タイプ、スイッチを押して自動的にコーヒー豆を挽いてくれる電動タイプとがあります。手動タイプ、電動タイプについてそれぞれメリットやデメリットを交えながら紹介していきます。

電動タイプ

時間が無くてゆっくりコーヒー豆を挽く時間はないけれど、おいしいコーヒーを飲みたいという方にしたいのが電動タイプのコーヒーミルとなります。電動タイプのコーヒーミルの最大のメリットは手間がかからない、いつでも均一に豆を挽くことができるということです。いつでも安定した味のコーヒーを楽しむことができます。

デメリットはコードタイプのコーヒーミルは持ち運びに向いていないということ、また料金が高めです。

手動タイプ

コーヒー豆をゆっくりと挽く時間を楽しみたい方にしたいのが手動タイプのコーヒーミルです。自分でゆっくりと挽いていくからこそ楽しい、だんだんと香ってくるコーヒーの香りがたまりません。

手動タイプのコーヒーミルの最大のメリットは、優雅な時間を楽しむことができるということでしょう。持ち運びできるものが多いというのもポイントです。

デメリットは時間がかかるため忙しい人には向かないということでしょう。

コーヒーミルの23選

コーヒーミル23選|コーヒーミルを選ぶポイント3つ
※画像はイメージです

自宅でおいしいコーヒーを飲みたいという方にしたいのがコーヒーミルです。コーヒーミルが欲しいけれど、どのコーヒーミルを購入すればいいのか分からないという方のために、コーヒーミルをなんと23選紹介していきます。

電動タイプ、手動タイプ、メーカー問わずしたいコーヒーミルを紹介していますので、コーヒーミル選びの参考にして下さい。

第23位:HAOCOO手挽きコーヒーミル

スタイリッシュなデザインがのコーヒーミルです。セラミック刃を採用しており、挽く熱を発生しないため本来のコーヒーの味わいを楽しむことが可能です。挽くことのできるコーヒー豆の粗さを調整することが可能、お好みの味を好きなときに楽しむことができます。

約265gと軽量、サイズはコンパクトであるため持ち運びしやすくアウトドアでも活躍してくれることでしょう。女性だけでなく男性も高いコーヒーミルです。

粗さを調整できるので豆や飲み方に合わせて調整できるのはグットポイントです。
大きさもコンパクトながら必要な分の豆は入るのでちょうどいい!

出典: https://www.amazon.co.jp/HAOCOO%E6%89%8B%E6%8C%BD%E3%81%8... |

第22位:ハリオ 手挽きコーヒーミル

手挽きコーヒーミルには欠かせないハンドルですが、収納時に邪魔になるのが難点です。しかしこちらのコーヒーミルは本体内部に収納することができるため収納しやすいというのがポイントとなります。箱型のコーヒーミルであるため安定感抜群、女性でもらくらくコーヒー豆を挽くことが可能です。

スケルトンであるため、どのくらい挽くことができているのかが一目瞭然、自分の挽いたコーヒー豆の工程を楽しむことができます。

デザインと収納性にひかれて購入しました。驚いたのは、テーブルに固定した時の安定性です。テーブルに固定できるだけでもすごいと思いましたが、実際、固定すると支えなしでもレバーを回して豆を引けちゃう程です!

出典: https://www.amazon.co.jp/HARIO-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A... |

第21位:ハリオ セラミックコーヒーミル

セラミック製ホッパーに、オリーブウッドの粉受けを組み合わせて作られたナチュラルテイストのコーヒーミルとなります。握りやすい形状でハンドルが長いため挽きやすいです。

調整つまみが搭載されているため好みの粗さに調整することができ、おいしい自分好みのコーヒーを淹れることができます。

Related