Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月17日

おすすめコーヒーミル23選|コーヒーミルを選ぶポイント3つ

コーヒー好きの人であれば、自宅でおいしいコーヒーを飲みたいと思うはず!今回はおいしいコーヒーを飲みたいという人におすすめしたいコーヒーミルについて紹介していきます。おすすめのコーヒーミルのリンクを飛ばしていますので、気になるものがあれば即購入して下さい。

おすすめコーヒーミル23選|コーヒーミルを選ぶポイント3つ

コーヒーミルの種類

コーヒーミルにはハンドルを自分で回すことでコーヒー豆を挽いていく手動タイプ、スイッチを押して自動的にコーヒー豆を挽いてくれる電動タイプとがあります。手動タイプ、電動タイプについてそれぞれメリットやデメリットを交えながら紹介していきます。

電動タイプ

時間が無くてゆっくりコーヒー豆を挽く時間はないけれど、おいしいコーヒーを飲みたいという方におすすめしたいのが電動タイプのコーヒーミルとなります。電動タイプのコーヒーミルの最大のメリットは手間がかからない、いつでも均一に豆を挽くことができるということです。いつでも安定した味のコーヒーを楽しむことができます。

デメリットはコードタイプのコーヒーミルは持ち運びに向いていないということ、また料金が高めです。

手動タイプ

コーヒー豆をゆっくりと挽く時間を楽しみたい方におすすめしたいのが手動タイプのコーヒーミルです。自分でゆっくりと挽いていくからこそ楽しい、だんだんと香ってくるコーヒーの香りがたまりません。

手動タイプのコーヒーミルの最大のメリットは、優雅な時間を楽しむことができるということでしょう。持ち運びできるものが多いというのもポイントです。

デメリットは時間がかかるため忙しい人には向かないということでしょう。

コーヒーミルのおすすめ23選

自宅でおいしいコーヒーを飲みたいという方におすすめしたいのがコーヒーミルです。コーヒーミルが欲しいけれど、どのコーヒーミルを購入すればいいのか分からないという方のために、おすすめのコーヒーミルをなんと23選紹介していきます。

電動タイプ、手動タイプ、メーカー問わずおすすめしたいコーヒーミルを紹介していますので、コーヒーミル選びの参考にして下さい。

第23位:HAOCOO手挽きコーヒーミル

スタイリッシュなデザインが人気のコーヒーミルです。セラミック刃を採用しており、挽く熱を発生しないため本来のコーヒーの味わいを楽しむことが可能です。挽くことのできるコーヒー豆の粗さを調整することが可能、お好みの味を好きなときに楽しむことができます。

約265gと軽量、サイズはコンパクトであるため持ち運びしやすくアウトドアでも活躍してくれることでしょう。女性だけでなく男性人気も高いコーヒーミルです。

粗さを調整できるので豆や飲み方に合わせて調整できるのはグットポイントです。
大きさもコンパクトながら必要な分の豆は入るのでちょうどいい!

出典: https://www.amazon.co.jp/HAOCOO%E6%89%8B%E6%8C%BD%E3%81%8... |

第22位:ハリオ 手挽きコーヒーミル

手挽きコーヒーミルには欠かせないハンドルですが、収納時に邪魔になるのが難点です。しかしこちらのコーヒーミルは本体内部に収納することができるため収納しやすいというのがポイントとなります。箱型のコーヒーミルであるため安定感抜群、女性でもらくらくコーヒー豆を挽くことが可能です。

スケルトンであるため、どのくらい挽くことができているのかが一目瞭然、自分の挽いたコーヒー豆の工程を楽しむことができます。

デザインと収納性にひかれて購入しました。驚いたのは、テーブルに固定した時の安定性です。テーブルに固定できるだけでもすごいと思いましたが、実際、固定すると支えなしでもレバーを回して豆を引けちゃう程です!

出典: https://www.amazon.co.jp/HARIO-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A... |

第21位:ハリオ セラミックコーヒーミル

セラミック製ホッパーに、オリーブウッドの粉受けを組み合わせて作られたナチュラルテイストのコーヒーミルとなります。握りやすい形状でハンドルが長いため挽きやすいです。

調整つまみが搭載されているため好みの粗さに調整することができ、おいしい自分好みのコーヒーを淹れることができます。

大変お洒落で気に入っています。
切れ味も他メーカーより良いと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/HARIO-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A... |

第20位:カリタ 手挽きコーヒーミル

丸みのあるウッディなコーヒーミルで、デザインにこだわる人におすすめです。硬質鋳鉄製臼歯を採用しているため切れ味が良く、コーヒーの風味を格段にアップさせてくれます。

ハンドルが長いため挽きやすく、ごりごりとコーヒー豆をゆっくり挽く時間は至福の時間となるでしょう。プレゼントとして贈ると喜ばれること間違いなしです。

挽きめの調整に 手間取りましたが、充分な仕上がりに挽くきとが出来たので満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

第19位:カリタ セラミックミル

場所を取らないコンパクトサイズの電動コーヒーミルです。臼歯はダイヤモンドに次ぐ硬さを誇ると言われているファインセラミックを採用、切れ味が良くコーヒーの風味を格段にアップさせることができます。

粗さを調整できるダイヤルを搭載、9段階選ぶことができ、ボタン一つで挽き具合を調整することも可能です。

スケルトンであるため、コーヒーの挽き具合が一目瞭然という点もポイントとなります。

挽いてみると、豆のいい香りが周りが広がり、飲むのまでの楽しみがあります。
そして、臼歯のためか、均一の粗さになります。
個人的には、一度使用すると粉の状態で買うのが嫌になるくらいの価値があると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/Kalita-%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%... |

第18位:カリタ イージーカットミル

コンパクトサイズのコーヒーミルで、コーヒーミルを持った手でスイッチボタンを押すことが可能、片手のみで操作可能です。

蓋がスケルトンであるためどのくらいの量挽き終わったのかなどが一目瞭然となります。挽き終わった後にすぐドリッパーに移し替えることができる手軽さもおすすめポイントです。

容器の底にリプがあり、リプを立てることでコーヒー豆が拡散、メッシュを均一にすることができます。

なんちゅうても安い! それなのに立派な性能♪

出典: https://www.amazon.co.jp/Kalita-%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%... |

第17位:CHULUX 電動コーヒーミル

コーヒーや緑茶など乾燥した香料を扱うグラインダーカップ、野菜や果物など水分を含むものを扱うチョッパーカップの2つが付いており、1台でさまざまな用途に使用することが可能です。電動コーヒーミルであるためムラなく豆を挽くことが可能となっています。

1年保証のコーヒーミルが多いのに対し、こちらのコーヒーミルは安心の2年保証であるということもポイントです。

取り外しも簡単で、お手入れが便利になり助かっています。
カップも大きいので1度に沢山の豆をグラインドできるので便利!

出典: https://www.amazon.co.jp/CHULUX-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%... |

第16位:カリタ コーヒーミル ナイスカットG

お店に置かれてることの多い業務用のコーヒーミルをそのまま小型化したコーヒーミルです。レトロでシックなデザインはキッチンにもリビングにも馴染むでしょう。切れ味が鋭く耐久性に優れたカッティングタイプの刃を採用、コーヒー豆への過熱を防ぐ効果があります。

粉受けがステンレス製であるため挽いた粉をそのまま移し替えることができ、水洗い可能であるためお手入れしやすいという点でもおすすめとなっています。

カット音が低温でサクサクしてて気持ちがイイ。
粉粒度のバラツキも少ないと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

第15位:カリタ 電動コーヒーミル

無駄のないデザイン、高さ約20㎝、重さ約750gとコンパクトサイズであるため、電動式コーヒーミルを持ち歩きたいという方におすすめしたいコーヒーミルです。

スピーディーに豆を挽くことができるのもポイントで、プロペラ式カッターを採用、50gのコーヒー豆をわずか15秒で中挽きすることが可能となります。

時間に追われ、ゆっくり豆を挽いてコーヒーを飲む暇がないという人におすすめしたいです。

第14位:パール金属 コーヒーミル

約219gと軽量、スリムなボディで持ち運びに便利なコーヒーミルです。コンパクトなサイズでありながらハンドルが長いためコーヒー豆を挽きやすく、金属臭がないためコーヒー本来の味を損なう心配はありません。

セラミック製で作られたコーヒーミルであるため取り外し後水洗いが可能、お手入れがしやすいというのもおすすめしたいポイントとなります。

安心の日本製。さすがに製品の精度が違いますね〜 それぞれのパーツの合いがピッタリです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%8... |

第13位:プジョー コーヒーミルアンティーク

デザイン性を重視する方に、アンティーク加工されたコーヒーミルをおすすめします。プジョーとはフランスの自動車メーカーなのですが、こちらの商品のようにコーヒーメーカーも販売しています。フランス製らしい気品あふれるデザインのコーヒーミルです。

デザイン性ばかりに重視しがちですが、機能性にも優れています。二重螺旋臼式を採用しており豆をしっかりと挽くことができ、粒が揃った仕上がりも完璧です。

第12位:貝印 コーヒーミル&ドリッパー

コーヒー豆を挽くコーヒーミルとコーヒーを淹れるドリッパーが一体になっている便利なタイプです。挽いたコーヒー粉を移し替える手間を省くことができます。

貝印の新技術、FIXグラインド機構が採用されており、ブレずにコーヒー豆を挽きやすくまた雑味の原因となる微粉を軽減させる効果もあります。

コンパクトサイズであるため持ち歩きやすく、これ1つあればいつでもおいしいコーヒーを堪能することができます。

洗い物は多いとも言えますが、全部品外れ、フィルタも隅まできちんと洗えるので、清潔で良いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%B2%9D%E5%8D%B0-%E3%82%B3%E3%... |

第11位:プジョー 手挽きコーヒーミル

1840年からコーヒーミルの生産を続けるプジョーから販売されているコーヒーミルです。精度の高い二枚の刃を採用、コーヒー豆を均一に挽くことができます。コーヒー豆を均一に挽くことで、コーヒーの香りを最大限に挽きたてることが可能となります。

下部が箱型になっているため安定感抜群、コーヒー豆を力強くごりごりと挽くことができます。

しっかりした構造と精密な作り、そして何よりあのよい音は高いだけありますね。お気に入りです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%8... |

第10位:ハリオ 手挽きコーヒーミル

丸っこいフォルムがかわいらしく、無駄のないスケルトンデザインが魅力のコーヒーミルです。高さ約23cm、重さ0.48㎏とコンパクトで持ち運びしやすく、また滑り止めが施されているため安定感抜群、アウトドアでも活躍してくれるでしょう。

水洗い可能なステンレス刃、耐熱ガラスを採用しているためお手入れしやすいという点でも、アウトドアにぴったりなコーヒーミルであると言えるでしょう。

挽きの調節が自分で出来るというのも大きなポイントだと思います。
お値段以上のもので、買って良かったと思える商品です。

出典: https://www.amazon.co.jp/HARIO-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A... |

第9位:カリタ  ダイヤミルN

コーヒー豆を自分で挽くのにこだわりたいという方におすすめしたいコーヒーミルです。横に大きなハンドルが付いており、大きく回すことでコーヒー豆を挽いていきます。ごりごりという音が聞こえると、まさに今挽いているということを実感することができるでしょう。

ハンドルの逆側にあるナットを右に回すと細かくなり、左に回すと粗くなるという仕組みです。硬質鋳鉄製臼歯を使用しているため丈夫で長持ちします。

コレより高性能なミルは山ほどある
でもコレより可愛いミルはそうは無い

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

第8位:カリタ セラミックスリム

スリムなボディ、折り畳み可能なハンドルと持ち運びしやすく、アウトドア用としておすすめしたいコーヒーミルです。魅力は持ち運びのしやすさだけではありません。セラミック製のカッターを使用しており、コーヒーの風味を損なうことなくコーヒー豆を挽くことができます。

内部にダイヤルが搭載されており細挽き、中挽き、粗挽きと挽き具合を手動で変更可能、お好みのコーヒーの味を楽しむことができます。

ネジ一つで臼の調節ができ荒いものから細かいものまでOK、勝手に変わることもないので決まった大きさ維持をできます

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

第7位:カリタ クラシックミル

デザイン性を重視する方に、クラシックデザインのコーヒーミルはおすすめです。手挽きタイプのコーヒーミルでハンドルが長いため使用しやすい、また硬質鋳鉄製臼歯を使用しているため切れ味抜群、ごりごりと豆を挽く音を楽しむことができます。

下部が箱型になっているため、手でしっかり下部を抑えて豆を挽くことができるという点が魅力です。重さもあるため初心者の方でも豆を挽きやすいコーヒーミルとなります。

ドーム型のため豆も飛び散らないため満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

第6位:ハリオ 手挽きコーヒーミル

約250gと軽量、サイズもコンパクトであるため持ち運びしやすく、握りやすいスリムなボディが特徴のコーヒーミルとなります。粉受け部がスケルトンであるため、挽いた粉の量を簡単に確認することができ使い勝手は抜群です。

臼の部分が取り外し可能、水洗い可能なセラミック素材であるたお手入れしやすいという点でもおすすめしたいです。

つまみを回すだけで挽き具合を簡単に調整可能、好みの味のコーヒーを楽しめます。

分解して水洗い出来るところが決め手です。
それに豆を適当に図っても受けの印で一人分〜二人分わかるのでそこも嬉しいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/HARIO-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A... |

第5位:XProject 電動コーヒーミル

スイッチをずっと押し続ける必要がある電動タイプではなく、ワンタッチ機能であるため他の作業をしながらコーヒー豆が挽けるのを待つことが可能です。朝の限られた時間を有効に使いたい方におすすめしたいです。杯数、粗さをすべてダイヤルにて調整することが可能、自分好みのコーヒーを堪能できるでしょう。

ステンレス素材を採用しているため錆びに強く、お手入れしやすいという点でもおすすめのコーヒーミルとなります。

杯数目盛ダイヤルと粗さ調節ダイヤルが付いているので自分好みのコーヒーを作ることができます。ふたの上部が透明なので、上から見れますし、コードも底に巻き取れます。

出典: https://www.amazon.co.jp/XProject-%E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%8... |

第4位:KYG 電動コーヒーミル 3503

コンパクトサイズでありながらパワー力のあるコーヒーミルで、独自設計の強力モーター、強靭な刃により他の電動コーヒーミルでは難しかった均一なカッティングを可能としています。女性好みのカーブを描いたコーヒーミルで、手に馴染む持ちやすさも魅力です。

グラインディングボウルには衛生的なステンレス素材を採用、耐食性、溶接性など機能面でも優れており、リーズナブルな価格で非常にコスパが高いコーヒーミルとなります。

構造は単純なので、操作も簡単ですボタンを押すだけ、押す長さで豆の挽き具合が調整できるし蓋が透明で弾き具合を確認しながら使えるのがgood

出典: https://www.amazon.co.jp/KYG-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%... |

第3位:メリタ 電動コーヒーミル CG-5B

忙しくゆっくりコーヒーを挽く時間はないがおいしいコーヒーを飲みたいという方に電動タイプのコーヒーミルはおすすめです。粗挽きからエスプレッソ用の細挽きまでスイッチ一つでスピーディーにすりつぶすことが可能となります。いつでも安定しておいしいコーヒーを飲めるのが電動タイプの魅力です。

スイッチ一つで大量のコーヒー粉を作ることが可能で、こちらは最大12杯分のコーヒーを引くことができる優れものとなります。

豆を入れられる量も受け皿の大きさも十分で指定できる量やサイズも豊富。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

第2位:homgeek 電動コーヒーミル

ワンタッチで操作可能な電動タイプのコーヒーミルとなっており、忙しく朝の時間を有効に使いたい方におすすめしたいコーヒーミルです。ホッパーとフタがしっかり閉まっていなければ作動しない安全機能付きであるため小さい子供のいる家庭におすすめしたいです。

304ステンレス製素材を採用しており、耐食性、溶接性、機械的性質に優れています。付属のブラシが付いているためお手入れしやすいという点でもおすすめです。

粉の粗さを調節出来るとの20〜30秒ぐらいでとても豆が細かくなるので、美味しくコーヒーを飲んでる。

出典: https://www.amazon.co.jp/homgeek-%E9%9D%A9%E6%96%B0%E7%9A... |

第1位:Kalita KH-5

アンティークテイストなデザインが特徴的なコーヒーミルです。ハンドルが長いため力がなくてもコーヒー豆を挽きやすい、下部が円柱型であるため持ちやすいという点で女性におすすめのコーヒーミルとなります。

硬質鋳鉄製臼歯を使用しているためしっかりコーヒー豆を挽くことが可能です。セパレートタイプであるためできたコーヒー粉を移し替えやすく、またメンテナンスしやすいという点でもおすすめとなります。

ミルの見た目も高級感があり、何よりコーヒーの知識がない私でもすぐに使用できた点が高評価でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

定期的にお手入れしよう!

コーヒーミルは定期的にお手入れをする必要があります。ステンレス製であれば水洗いできますが、水洗いができないタイプのコーヒーミルの場合、ブラシによるお手入れが必要不可欠となります。しっかりお手入れしていくためにも、専用ブラシの購入をおすすめします。

こちらのブラシは穂が長く、狭く奥の方にも届いてありがたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BF-%E3%... |

コーヒーミルを選ぶポイント3選

コーヒーミルと一言で言っても、電動タイプや手動タイプとがあります。また多くのメーカーからさまざまなコーヒーミルが販売されているため、どれを選べばいいのか悩んでいるという方は少なくありません。特に初めてコーヒーミルを購入するという方はなおさらでしょう。

コーヒーミルを選ぶときに重視して欲しい3つのポイントを紹介していきますので、コーヒーミルを購入する前にぜひチェックして下さい。

1:デザイン性

コーヒーミルだけに限ったことではありませんが、商品を購入するときにまず重視するのがデザイン性です。毎日使うものだからこそデザインにこだわり、使うたびに楽しい気分になるようにする必要があると言えるでしょう。

また、サイズ感も選ぶときには重視する必要があるポイントとなります。自宅でのみ使うのであれば大きめ、電動でもいいですが、持ち運ぶことを想定しているのであれば小さめの手動式を選ぶようにしましょう。

2:メンテナンス

コーヒーミルは使っていくにつれ、どうしてもコーヒーの粉がミル本体や刃に付着してしまいます。

ミル本体や刃に付着したコーヒーの粉を放置してしまうと、コーヒーの粉が酸化し、新しいコーヒー粉を使用しても酸化したコーヒー粉が付着し味に影響を与えてしまうためメンテナンスが必要となります。

一般的にコーヒーミルの水洗いは厳禁ですが、ステンレス製の刃であれば水洗い可能であるためメンテナンスしやすくおすすめです。

3:機能性

コーヒーミルを選ぶときには、機能性も重視する必要があります。コーヒーミルであればどのような素材で作られた刃であるのか、コーヒー豆を挽いたときの粗さは選ぶことができるのかなどです。毎日使うものであるならば、機能性は重視する必要があると言えるでしょう。

生活スタイルに合ったコーヒーミルを選ぼう

コーヒーミルについて紹介していきました。電動タイプか手動タイプかをまず選び、選び方のポイントを参考にしながら、おすすめのコーヒーミルを選ぶようにして下さい。コーヒーを飲むという至福の時間を楽しむサポートができるようなコーヒーミルを選んで行きましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

コーヒーミルがあってもコーヒー豆がなければコーヒーは飲めません。コーヒー好きなあなたにおすすめしたいコーヒー豆を関連記事として紹介していますので、確認するようにして下さい。

今回紹介する記事を読んで、あなたのブレイクタイムが素敵な時間になることを願っています。

Related