Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

ソファを購入したいと思っても何を基準に選んだら良いのかわからないことはありませんか。頻繁に買い替えない、大きな家具なので失敗のないように選びたいところです。必需品ではないですが、雰囲気が良くなり暮らしが豊かになります。自分に合ったソファの選び方をご紹介します。

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

家族構成別ソファーの選び方

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

ソファの選び方は、家族構成を基準にスタートします。ライフスタイルによって、どんな注意点があるのか見ていきましょう。

一人暮らし

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

一人暮らしの選び方は、1Rか1Kの部屋が基準です。生活必需品を置いただけでスペースが一杯のため、ソファが生活に必要かという所から考えていきます。

なくても良いのは、床に座る生活が心地よい方です。来客の時だけ使い、自分は荷物置きにしていることもありえます。必要なのは床に座る生活が嫌いな方です。ソファがあれば、リラックスできてお部屋の雰囲気も良くなります。種類の選び方は、「来客の有無」「どう使うか」「家に居るのがどれ位の時間か」で考えます。

食事・勉強・仕事の時は、硬さのある座面で背もたれが立っているものが良いです。来客がない生活であれば1人掛けで間に合います。友人や恋人を呼ぶ場合は、2人掛けがあった方が良いでしょう。日中は学校や仕事などで外出し、夜寝るだけの生活ならソファに座る機会がほとんどありません。家に居る時間が長い方は、ある程度予算をかけて選ぶことも考えましょう。

新婚

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

新婚の選び方で注意なのが、安易に2人掛けを選ばないことです。1人分のスペースが狭く、足を伸ばしたり寝転んだりできず窮屈になるでしょう。

予算やお部屋の広さが許すなら、将来の赤ちゃんの誕生も想定した選び方をすることが必要です。子供と一緒にリラックスできる大きさの2.5人掛けか3人掛けをおすすめします。

赤ちゃん

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

赤ちゃんの選び方としては、寝返りしたり落下して事故にならないように座面の低いローソファが良いでしょう。ぶつかると危険な、木の肘掛けなどを使用したものも避けた方が好ましいです。

赤ちゃんから乳児までの間は、嘔吐やおしっこ、落書きや飲食物をこぼして汚れます。素材は、お手入れや掃除のしやすさで合成皮革か、布でもカバーリングを外して洗濯できるものが良いです。濡れた雑巾で拭ける合成皮革の方が便利でしょう。

同じ理由で、低価格のものを選ぶのがおすすめです。高価格帯は、耐久性がありますが汚されるたびに叱ることになります。低価格品なら、汚されても数年位で買い替えれば良いと気楽に構えることができ、のびのび育てやすいといえます。

子供

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

小さい子供のうちは、赤ちゃんの場合と選び方は全て同じです。成長につれて、友達を自宅に呼んで遊んだり、運動量が増えて来ます。

子供が良くやるのが、トランポリン代わりに跳ねることです。友達と一緒に跳ねられたら、座面がダメになってしまいます。コイルやバネが強いものを選ぶのがおすすめです。重くなるため、置き場所を決めておきましょう。

サイズ別ソファーの選び方

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

家族構成の次には、部屋に入るサイズか重要になります。サイズから見た選び方を紹介します。

最初に、搬入経路、ソファを置く場所のサイズを測っておくと失敗がありません。動線も忘れずに考えます。選び方の注意は、お店の「2人掛け」「3人掛け」という数字を鵜呑みにしないようにしましょう。メーカーや商品により、2人でぴったり座れるのか、ゆったりか2人掛けの意味合いが異なります。

幅からの選び方としては、1人当りに必要なスペース「60cm前後」を基準にお店で実際に座ってみることが大切です。2人で座る場合は、「2人の肩幅+10cm」の座面幅が目安になります。体格により前後するので、自分達の最適なサイズを確認の上探しましょう。ネット通販で購入する場合も、このサイズを基準に探します。

狭い部屋

全ての動線に、余裕をみることが難しいのが狭い部屋です。ドアや窓・収納家具の引出しや扉の開閉、椅子をひいて座るスペースを最低限確保しましょう。あまり通らない通路は、多少狭くなっても割り切ることも必要です。

背の低いローソファなら、部屋の中央に置いても圧迫感がありません。肘や脚の細いものにすると軽さが出て、肘なしにすれば省スペースにもなります。選び方のコツとしては、全体的に背の低い家具で統一すると天井が高く感じてゆとりのある空間になるでしょう。

ラグサイズ

ラグサイズの選び方は、ソファの幅とのバランスが大切です。以下の最適なサイズを参考にしてラグを選んでみましょう。

・幅130cm前後の標準的な2人掛けソファ:幅140×奥行100cm
・幅165cm前後の2.5人掛けソファ:幅180×奥行120cm
・幅180cm前後の標準的な3人掛けソファ:幅200×奥行140cm

座り心地でみるソファーの選び方

硬さ

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

硬さ:柔らかめが良い場合

メリットは、包まれているような座り心地でリラックス感が大きいということです。デメリットは、起き上がりにくいことと、へたりやすく型崩れしやすい点です。TVを観たり、寝転んだりする時に寛げます。腰痛持ちの方は避けた方が良いでしょう。

柔らかめの選び方は、座面や背もたれに羽毛(フェザー)を使っているものを選ぶと良いです。体型に合わせて変形する性質があるため、包まれているような座り心地になります。柔らかさとコシのある座り心地の両方を叶えたい場合、羽毛の下にウレタンを使用しているものがおすすめです。

硬さ:硬めが良い場合

メリットは、沈み込みが少ないため立ち座りが楽ということです。体重をしっかり支えるので、長時間座っても疲れにくいと言えます。デメリットは、まっすぐ座ることになり、寛ぎ感が少ないということです。勉強や仕事をしたり、食事をするのに向いています。

硬めのソファを探す時は、クッション部が高密度ウレタンのものを選ぶと良いでしょう。コシのある硬さで安定感があります。座面に、Sバネが入ったものは座った時の衝撃を吸収して、ゆっくり身体を受け止める感覚です。

コイル

耐久性の選び方としては、へたりやすい座面の構造から考えていくと良いでしょう。低価格帯やデザイン性重視のものは、座面のウレタンの下にコイルスプリングなどの衝撃吸収材を全く使っていないものがあります。ウレタンのみですと、へたりやすくなります。

衝撃吸収材は、ウェービングテープ、Sバネ(波形スプリング)、コイルスプリングの3種類です。1番耐久性が良い選び方は、コイルスプリングを選ぶと良いでしょう。その中でも、ポケットコイルスプリングは1つずつコイルが独立して、体重を分散して支え身体にフィットした座り心地になります。

背もたれ

座り心地にこだわった選び方としては、背もたれの高いハイバックソファがおすすめです。メリットは、上半身を支えるため長時間座っても疲れません。背もたれがクッションタイプのものは、首まで支えるので頭を動かさない長時間のDVD鑑賞などに向いています。

デメリットは、背もたれが高くなる分部屋の中央に配置すると圧迫感が出てしまいます。壁際の方に置くようにしましょう。

生地別ソファの選び方

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

本革

ソファに使われている、大部分の天然皮革は牛革です。他の素材より耐久性が1番優れており、質感がしっとりしています。布よりホコリやダニがつきにくいです。耐熱性・吸湿性・通気性に優れて蒸れにくくなります。伸縮性と柔軟性がほど良くあり、身体に馴染んで温かくなります。高級感があり、使うほどこなれて深い味わいが出るのが魅力です。

ただし、水分や湿気、乾燥・紫外線に弱いです。こまめにお手入れが必要になります。定期的に革専用のクリーナーを塗る必要があり、面倒に感じる方にはおすすめできません。布や合成皮革よりも高価で、革の厚みや質などの種類により金額が上がります。

合成皮革

フェイクレザーとも呼ばれ、革に似せてつくられた素材です。「PU」や「PVC」と表示され、塩化ビニールなどが使われています。レザーソファと書かれていても、数万円の安いものは本革ではなく合成皮革の可能性が高いので確認が必要です。

本革に比べて、安いのが魅力で価格帯は3万円~6万円台になります。人工的な素材で、本革にはない色を再現できるため、豊富な色から選ぶことができます。

メリットは、撥水性があり汚れに強いということです。水ぶきできて、中性洗剤でふき取れるので簡単にお手入れできます。デメリットは、本革と違い長期使用で劣化することです。通気性や吸湿性に劣り、蒸れやすくなります。選び方として、低価格帯は安っぽく見えて短期間でダメになるため、少し高くても上質のものがおすすめです。

布は、優しい風合いでカジュアルから上質な雰囲気まで幅広いイメージにできるのが特徴です。メリットとしては、色・柄・質感の種類が豊富なため、お部屋に合った生地が選べます。カバーリングタイプは、外してクリーニングできるので便利です。低価格帯からあり、若い世代から購入しやすいといえます。

デメリットは、ゴミやホコリがたまりやすいことです。汚れやにおいも染みつきやすいため、早めに処置することが必要です。家庭の洗濯機で洗うと、縮む可能性があるためドライクリーニングに出しましょう。

色別ソファーの選び方

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

風水

インテリアを、風水から考える場合は家族が1番長い時間集まるリビングに取り入れることが大切です。リビングのメインとなる、ソファの色の選び方も風水では重要になります。最初に、ソファを置く部屋の方位を調べましょう。そして、その方位の持つ意味に合った色のソファを選んでいきます。

風水の基本は、各方位が持つ運気の性質と色の相性です。方位の意味を理解して、プラスになるものは足す、マイナスになるようなら引くという足し算引き算の考え方になります。色だけでなく、素材やデザインが与える影響も考えることが大切です。

ソファは暮らしを豊かにするパートナー

ソファーの選び方|色別/サイズ別/家族構成で選ぶポイント

いろいろな視点からの選び方をご紹介しましたが、全ての条件は満たさなくても構いません。素材にこだわりたい、座り心地を重視したいなど、自分の優先順位を基準に選ぶことが大切です。カタログやネット通販で安易に決めてしまうのではなく、複数の家具店をまわり実際に座り心地を比べてから選ぶことをおすすめします。

ソファは、なくても生活できますがあれば家で寛ぐ時間がもっと豊かになります。暮らしに寄り添うパートナーとして、自分に合ったソファの選び方をじっくり考えましょう。

Related