Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月04日

かぼちゃの育て方|プランターを使った栽培のコツ

「かぼちゃを育てたいけど、どうやって育てればいいのだろう?」そう思う方のために、今回の記事ではプランターを使った育て方について紹介していきます。かぼちゃは野菜の中でも比較的作りやすい野菜です。かぼちゃの種蒔きからかぼちゃの収穫まで紹介していきます。

かぼちゃの育て方|プランターを使った栽培のコツ

カボチャをプランターや露地栽培で育てよう

「かぼちゃを育てたいけど、プランターで自宅で育てられるのかな?」と思う方がいらっしゃるのではないでしょうか?

かぼちゃは害虫や病気にも強く、手間もかけずに作れるので、野菜の中でも比較的簡単な作り方の野菜です。家庭菜園で人気の野菜です。

なので、露地栽培やプランターで簡単に作ることができます。是非、試してみましょう。

名前分類原産地野菜の種類
かぼちゃウリ科南米アメリカ大陸緑黄色野菜

かぼちゃのおすすめの品種

かぼちゃは、手軽に作れる野菜であることがわかっていただけたかと思います。では、かぼちゃにはどんな種類があるのでしょうか?おすすめの種類を紹介していきます。

ここで紹介するかぼちゃの種類は、全部で6種類あります。それぞれで、大きさ、味などが変わってきます。

是非、自分の育てたいかぼちゃをここで見つけましょう。

かぼちゃのおすすめの品種1:そうめんかぼちゃ

「そうめんかぼちゃって?」、「そうめんみたいなかぼちゃってこと?」という疑問が多いかと思います。いったい「「そうめんかぼちゃ」とはどんなものなのだろうか?」、「そうめん」とは一体どんな特徴をとらえているのでしょうか?

「そうめんかぼちゃ」は、加熱すると、果肉の繊維がほぐれ、糸状になります。なので、「そうめん」という名前がついています。通常、麺状にして調理されることが多いです。

かぼちゃのおすすめの品種2:えびす

黒皮が濃い緑色が特徴的で、淡緑色の班が入っています。えびすかぼちゃは、西洋かぼちゃの一種で、1㎏程度の大きさで、横幅のある丸形、果肉は濃い黄色をしています。肉質は、粘着性のある粉質でホクホクした食感が印象的です

えびすかぼちゃは、かぼちゃの中でも育てやすい種類です。スーパーでもよく見かけるかぼちゃなので、育てやすく、食べやすいです。

かぼちゃのおすすめの品種3:ダークホース

かぼちゃ「ダークホース」はほくほくした食感と、強い甘みが印象的なかぼちゃです。かぼちゃが脅威とする病気の一種でもある「うどん粉病」に対しても強いです。果実は、濃い黒緑色で、ハート型をしています。

ふかすことで甘みを生かして、食べることができます。スムージーなどにしても、甘みがいかせて、おいしいかもしれません。

生産地は気にせずに育てられるので、育てやすいです。しかし、低温には弱いので、気をつけましょう。

かぼちゃのおすすめの品種4:プッチーニ

プッチーニは、手のひらサイズのかわいいかぼちゃです。独特の甘みがあります。見た目がおもちゃみたいに見えますが、しっかり食べられるかぼちゃです。

基本的には、一般的なかぼちゃと同じように食べられますが、せっかくのかわいい見た目なので、その形を生かして食べたいですよね?

おすすめの食べ方は、電子レンジで加熱して食べる食べ方です。花落ち部を上にして3分、果柄部を上にして3分加熱すると身が崩れにくく食べることができます。

かぼちゃのおすすめの品種5:雪化粧

雪化粧とは、名前の通り、化粧をしたような白い色が印象的なかぼちゃです。身は、ごく強い粉質で甘みがあり、食味はとても優れています。

甘みはあるのですが、ほかのかぼちゃに比べたら、甘みが少し劣るかもしれません。

おすすめの調理法は、じっくりと時間をかけて、焼き上げて作ることです。160度ほどのオーブンでじっくり焼き上げるとほくほくした食感で、とても甘く仕上がります。

かぼちゃのおすすめの品種6:おばけかぼちゃ

ハロウィンといえば、何を思い浮かべますか?「お化けかぼちゃ」を人は多いのではないでしょう?ハロウィンといえば、かぼちゃです。

お化けかぼちゃは食べることはできますが、表皮は固く、食べるのが困難です。しかし、種子がおいしいため、肉料理やサラダなどに用いられます。

また、育て方はほかのかぼちゃと比べて、簡単ではありません。時間をかけて作り上げていく必要があります。

プランターを使ってかぼちゃを育てる時期

では、様々な種類があるかぼちゃですが、いつ育てるのがベストなのでしょうか?ここでは、種まきのタイミングや、定植のタイミング、収穫のタイミングを紹介していきます。

かぼちゃの植え付け時期は、4月上旬~6月下旬、収穫時期は6月中旬~9月下旬といわれています。是非、かぼちゃの適した栽培のタイミングを知り、素敵なかぼちゃを作りましょう。

種まき定植収穫
3月から4月4月から5月7月から8月

かぼちゃを育てる時期1:種まきは3月から4月に

かぼちゃの種まきは、3月から4月にやりましょう。かぼちゃは寒さに弱く、10以下になると生育が停まり霜が当たると枯れてしまいます。なので、温かい時期になってから、かぼちゃを育てるのがいいです。

種まきを3月から4月にとは言っていますが、寒い場所によっては、3月から4月でも霜が張る場所はあるので、寒くない時期を選びましょう。

かぼちゃを育てる時期2:定植は4月から5月に

3月から4月に種まきをした場合、かぼちゃの定植は、4月から5月になります。4月から5月になると、どんな地域でも温かくなる場所が多いので、かぼちゃにとっては、いい生育環境になります。

定植は、かぼちゃの収穫を決める重要な作業になるので、育てる時期が寒い時期ではないか、霜ができないかどうかを確認して、決めましょう。

かぼちゃを育てる時期3:収穫は7月から8月に

かぼちゃの種まきを3月から4月に行った場合、かぼちゃの収穫は、7月から8月に行います。7月から8月になると、ほとんどの地域の気温が10度以上になり、かぼちゃが育つ環境が用意されてきます。

収穫時期も見越して、種まきの時期を考えましょう。かぼちゃの収穫を成功させるために、適切な時期をしっかり選びましょう。

プランターを使ったかぼちゃの栽培の準備

先ほどは、かぼちゃの育成に関して、適切な時期を紹介してきました。では、プランターを使ったかぼちゃの育成の準備では、どんな準備が必要なのでしょうか?

大きく必要な準備は、2つあります。1つ目は、「土を用意する」ということです。2つ目は、「プランターを用意する」ということです。

この2つについて、紹介していきたいと思います。

プランターを使ったかぼちゃの栽培の準備1:土を用意しよう

カボチャの栽培用土は市販の培養土を利用するのが簡単です。

自分で作る時は、
赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1
それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり10gを混ぜ合わせます。

定植の1,2週間前には土作りを終わらせておきましょう。

プランターに入れる用度の量は、プランターの8割ほどにしておきましょう。

プランターを使ったかぼちゃの栽培の準備2:プランターを用意しよう

プランター使ったかぼちゃ栽培の準備の2つ目は、「プランターを用意する」ということです。プランターは、かぼちゃの大きさによって変えるのがいいのですが、標準サイズのかぼちゃであれば、60センチ以上のプランターを使いましょう。

大型かぼちゃの場合は、1株ごとに1つのプランターを利用して育てるようにしましょう。1つのプランターにかぼちゃを複数栽培すると、栄養が十分にいきわたりません。

プランターを使ったかぼちゃの育て方1:種から育てる

ここでは、プランターを使ったかぼちゃの育て方について、紹介していきます。まず一つ目の育て方ですが、「種から育てる」ということです。

種から育てると育てるかぼちゃに対する愛情が何倍にもなります。かぼちゃを育てるのは、栽培初心者にとって初めてのことだらけかもしれませんが、是非、種から育てて、満足のいくかぼちゃを作ってみてください。

種から育てる1:こまめな水やり

種から育てるときは、種のとがったほうを下にして、2,3粒蒔いて1センチ程度土をかぶせましょう。そのあと、水をたっぷり上げ、土が乾かないようにしましょう。

土が乾いているのは、「かぼちゃの栄養分が足りていない」、「まだまだ、水を吸える」というかぼちゃからのメッセージです。

なので、水やりは欠かさずに行いましょう。

種から育てる2:保温をする

種から育てる際のポイントの二つ目が、「保温をする」ということです。先ほども述べたように、かぼちゃは寒さに弱いです。特に、4月でも寒いという地域は、注意しなければなりません。

例えば、外気温が発芽温度に達しないので、種が隠れる程度に土をかぶせ、水を与え、ビニールなどで保温すると1~2週間ほどで発芽させることが可能です。

プランターを使ったかぼちゃの育て方2:苗の植え付け

プランターを使ったかぼちゃの育て方の2つ目は、「苗の植え付け」です。植え付けとは、苗をある程度育てた後に、畑などに植え付けることを言います。

この植え付けでは、具体的には、どんなことをするのでしょうか?

「苗の植え付け」では、大きく2つのことをします。「植え付け」と「土を選ぶ」ことをします。これらについて、紹介していきます。

苗の植え付け1:植え付けはしっかりと

苗の植え付けで注意することの1つ目は、「植え付けをしっかり行う」ことです。

かぼちゃは種を蒔いてから1か月ほどで、本葉が3枚まで成長します。

植え付けの際には、表面の根が見えるように植えて、植え付け後は株元を軽く押さえて根を土にうまく馴染むようにしてやります。

霜が発生する地域は、霜の発生がなくなってから植え付けましょう。

苗の植え付け2:排水のいい土を選ぼう

「苗の植え付け」の2つ目のポイントは、「排水のいい土を選ぶ」ことです。

なぜ、排水がいいほうがいいのでしょうか?それは、土が乾きやすく、新鮮な水をどんどん与えることができ、かぼちゃにとって潤沢な栄養を与えることができるからです。

かぼちゃを育てる上での準備で紹介したように、苗を植え付けた後の土の状態は、かぼちゃの成長に大きく関係してきます。

土の状態を気にするようにしましょう。

プランターを使ったかぼちゃの育て方3:かぼちゃの弦の摘み取り

プランターを使ったかぼちゃの育て方の3つ目が、「かぼちゃの弦の摘み取り」です。かぼちゃは、育てていくと、よく弦が伸びます。本来かぼちゃを作ってほしい分に栄養を使ってほしいのですが、放置をすると、無駄に栄養を使ってしまいます。

是非、ここで「かぼちゃの弦の摘み取り」で何をするのか押さえておきましょう。

かぼちゃの弦の摘み取り1:勢いのある弦だけ残す

「かぼちゃの弦の摘み取り」で気を付けるべきことは、「勢いのある弦だけ残すと」いうことです。

というのも、西洋カボチャは親弦に実がよくつきます。なので、子弦は2~3本勢いのある弦を残して後はすべて摘み取ったほうがいいです。

栄養が偏ってしまい、実をつけることに栄養が足らなくなるのを防ぎましょう。

プランターを使ったかぼちゃの育て方4:支柱を立てる

プランターを使ったかぼちゃの育て方の4つ目は、「支柱を立てる」ということです。先ほど、かぼちゃを育てていくと、弦がどんどん伸びてくると紹介しました。弦をそのままにしておくと、スペースをとり、伸ばしたい弦を伸ばすことができます。

親弦を伸ばして、しっかりと生育したかぼちゃを作りましょう。

支柱を立てる1:勢いのない弦は切ろう

支柱を立てる上で、注意すべき1つ目は、「勢いのない弦は切ろう」というところです。

先ほどの「弦の摘み取り」でも紹介しましたが、かぼちゃは育てていく中で、弦が伸びることが多々あります。なので、支柱を立てて、かぼちゃの弦が伸び放題になってしまうので、勢いのない弦は切りましょう。

かぼちゃの実をつけるために重要なことです。

支柱を立てる2:支柱はしっかりとしたものを選ぼう

支柱を立てる上で、注意すべき2つ目は、「支柱にしっかりとしたものを選ぶ」ということです。

かぼちゃの実は思ったよりも重いです。なので、それを支えることができるくらいの支柱を用意する必要があります。支柱は、しっかりとした「あんどん型」の支柱化か、オベリスクがおすすめです。

かぼちゃの実を確実につけれるように、支柱を準備しておきましょう。

プランターを使ったかぼちゃの育て方5:人工授粉

プランターを使ったかぼちゃの育て方の5つ目は、「人工授粉」です。人工授粉とは、通常自然発生的に行われる受粉を、人工的に受粉させることです。

かぼちゃを受粉させる理由ですが、かぼちゃの果実は受粉をしなければ、大きくならないからです。自然受粉も可能なのですが、偶発的なものなので、人工授粉が手っ取り早いです。

人工授粉1:雄蕊と雌蕊を見分けよう

人工授粉で注意すべき点の一つ目は、「雌蕊と雄蕊を見分ける」ということです。人工授粉では、雄蕊の先端を雌蕊の先端にこすりつけることをします。なので、雌蕊と雄蕊の違いを知っておく必要があります。

かぼちゃの雄花と雌花の見分け方は、雌花の花弁の下部はぷっくりと膨らんでいるのに対し、雄花の下部は全く膨らんでいないところです。

雄蕊と雌蕊の違いを見分けて、立派な実を作りましょう。

人工授粉2:受粉のやり方を押さえよう

では、人工授粉は具体的にどうやってやるのでしょうか?

人工授粉の2つ目の注意点は、「受粉のやり方をおさえる」です。これをおさえていきましょう。

先ほどを説明しましたが、人工受粉は、「下部がぷっくりしている雌蕊」に「下部がふくらんでいない雄蕊の柱頭」をこすりつけることで、人工授粉を行うことができます。その際に別の株の雄蕊と雌蕊で受粉させるようにしましょう。

プランターを使ったかぼちゃの育て方6:追肥

プランターを使ったかぼちゃの育て方の6つ目が、「追肥」です。

かぼちゃを大きくするためには、「追肥」がすごく重要です。

追肥をする目的は、実のつき方をよくするためです。栄養を含んだ肥料を「追肥」することで、実に与える栄養を増やします。

そんな追肥の注意点を紹介していきます。

追肥1:苗の生育状態によって追肥の量を変えよう

かぼちゃを大きくするための「追肥」ですが、常に追肥をしていればいいのでしょうか?答えはNOです。必ずしも、ずっと「追肥」をしていればいいということではありません。では、いつ追肥をすればいいのでしょうか?

追肥は、苗の生育状態によって追肥の量を変えます。追肥の一回目は、1番果が子供の握りこぶし程度の大きさになった時、2回目は、2~3番果の着果後に与えます。

また、注意点として、1番果の着果を確認しても果実が小さいままでは、肥料を与えないしましょう。

プランターを使ったかぼちゃの育て方7:玉直し

プランターを使ったかぼちゃの育て方の7つ目は、「玉直し」です。「玉直し」って何?そう思う方が多いかと思います。

というのも、「玉直し」は、かぼちゃの生育管理にはありますが他の野菜にはない作業だからです。

「玉直し」とは、果実が大きくなる途中で、カボチャの形を整える為に向きを変える作業のことです。ここでは、「玉直し」について紹介していきます。

玉直し1:果実が大きくなる前に玉直し

「玉直し」の1つ目のポイントは、果実が大きくなる途中で、玉直しをすることです。

そもそも、玉直しの目的ですが、バランス良くどの面にも日光をあてて、かぼちゃ全体の色付きさせることです。

かぼちゃが育つ過程で、かぼちゃは日光を受けて成長するので、果実が大きくなる途中に、玉直しをする必要があります。

玉直し2:プランターならバランス良く日光が当たるようにしよう

「かぼちゃの玉直し」での2つ目のポイントが、プランターならバランス良く日光を当てるようにしようということです。

そもそも玉直しの目的が、かぼちゃの様々な面に日光を当てて、色付きを浴することなので、プランターでも同様に玉直しをする必要があります。

プランターの場合は、プランターを回して、果実全体にバランスよく日光が当たるようにすると、十分に日光を当てられます。

プランターを使ったかぼちゃの育て方8:収穫

プランターを使ったかぼちゃの育て方の8つ目ですが、「収穫」について紹介していきます。

待ちに待った収穫で、「かぼちゃを早く収穫したい!」と思うかもしれませんが、かぼちゃを収穫する際にどんなことに注意すべきかをここで押さえておきましょう。

「収穫」では、大きく2つのポイントがあります。「収穫の時期を見極めよう」と「収穫後は寝かせよう」です。2つ紹介していきます。

収穫1:収穫の時期を見極めよう

「収穫」の際の一つ目のポイントが、「収穫の時期を見極めよう」です。収穫したいと思っていても、いったいいつ収穫すればいいのかわかりませんよね?

「収穫」の適切な時期は、果実と実を繋いでいるいわゆる「へた」の部分が白くなり亀裂が入ってコルク状になった時です。

果実の表面がつるっとしているものは未成熟なので、深い溝がある表面の艶が消えたかぼちゃを選んで、収穫しましょう。

収穫2:収穫後は寝かせよう

収穫の2つ目のポイントは、「収穫後は寝かせる」ということです。

収穫する際に、はさみで果こう(へた)を切り取り、収穫後は、日陰に1週間ほどおいて切り口を乾燥させましょう。

では、なぜ収穫後に寝かせるのでしょうか?それは、収穫後に寝かせることで、かぼちゃの甘みが強くなり、おいしくなるからです。

「収穫後に寝かせる」ことで、おいしいかぼちゃを作りましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点

これまでは、プランターを使ったかぼちゃの育て方について紹介していきました。

しかし、「プランターを使ってかぼちゃを育てる際に注意すべき点て何だろう?」と思う方が多いかと思います。

ここでは、プランターを使ったかぼちゃを育てる際の注意点について紹介していきたいと思います。育てる際の注意点を押さえて、立派なかぼちゃを作りましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点1:生育適温は17~20℃

プランターを使ったかぼちゃを育てるときの注意点の1つ目が、「生育適温は17~20℃」にすることです。

「生育適温は、17~20℃」ですが、なぜ、この温度なのでしょうか?というのも、かぼちゃは寒さに弱く、10 ℃以下で生育が停まり霜が当たると枯るからです。

10℃以下にならないようにかぼちゃを管理する温度には注意しましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点2:連作が可能

かぼちゃを育てるときの注意点の2つ目は、「連作が可能」であることです。連作とは、同じ場所で、同じ作物を毎年続けて作ることです。

では、なぜ、連作が可能なのでしょう?それは、かぼちゃは病害虫に強く、頑丈なためです。手間もかからず、家庭菜園にはぴったりな作物なのです。

なので、かぼちゃを栽培するときは、連作ができることを生かして、かぼちゃを作りましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点3:肥料は窒素が少ないものを利用しよう

プランターでかぼちゃを育てるときの注意点の3つ目は、窒素が少ない肥料を使うということです。

なぜ、窒素が少ない肥料を使うのでしょうか?それは、窒素が多い肥料を使うと、弦ぼけをするからです。弦ぼけとは、弦や葉が生い茂りすぎて、開花や着果が妨げられる状態のことを言います。

弦ぼけ状態にならないように、窒素が少ない肥料を使いましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点4:親弦を残そう

プランターを使ってかぼちゃを育てる際の注意点の4つ目は、親弦を残すということです。

かぼちゃは成長していく過程で、弦が増えていきます。弦が伸びてから、実ができるので、なぜ他の弦を切ってしまうのか?と思う方が多いかと思います。

ですが、弦が無駄増えて、伸びてしまうと、栄養を実に集中することができません。

なので、一番力を入れたい親弦だけを残しましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点5:定期的にプランターを回そう

プランターを使ってかぼちゃを育てる際の注意点の6つ目が、「定期的にプランターを回す」ということです。

かぼちゃを育てるときに、かぼちゃが成長するには、太陽光を必要とします。その太陽光をできるだけ、かぼちゃの色々な面に充てるために、プランターを回す必要があります。

プランターを回して、大きなかぼちゃを作りましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点6:人工授粉をしよう

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点の6つ目は、「人工授粉をしよう」ということです。

「人工授粉」はなぜ必要なのでしょうか?それは、受粉をすることで、かぼちゃの実はおおきくなります。自然発生的に受粉を待つのもいいですが、効率的にかぼちゃの実を大きくするために、「人工授粉」は重要です。

「人工授粉」をして、かぼちゃを大きくしましょう。

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点7:実が付きにくい時はカリ肥料を追肥

プランターを使ってかぼちゃを育てるときの注意点の7つ目は、「実が付きにくい時はカリ肥料を追肥」です。

先ほど説明したときは、窒素の多い肥料を使うと、弦が伸びすぎてしまうため良くないことを紹介しました。

実が付きにくい場合は、カリ肥料を使って追肥するといいです。

追肥する肥料を自分なりにアレンジするのもいいかもしれません。

かぼちゃが弱ってしまったときの対処方法

ここまで、かぼちゃを育てるときの注意点を紹介してきました。

野菜を育てるときは、花を育てるときと比べて、トラブルがつきものです。例えば、かぼちゃが弱ってしまった場合です。

では、かぼちゃが弱ってしまった時の対処方法にはどういったものがあるのでしょうか?ここでは、2つほど対処法を考えていきます。

かぼちゃが弱ってしまったときの対処方法1:病気かどうか確認する

かぼちゃが弱ってしまったときの対処法の一つ目は、病気かどうかを確認することです。

かぼちゃが弱っているのは、「水が足りていないからか?」、「日光が当たる場所でないか?」などを考えるかと思います。しかし、かぼちゃにも人間と同様に病気があります。

原因が水や、日光の不足であれば、解決するかもしれませんが、病気であれば、適切な処置をする必要があります。

病気かどうか、そして、どんな病気かどうか確認するようにしましょう。

かぼちゃが弱ってしまったときの対処方法2:感染するなら早めに対処する

では、かぼちゃが弱っている原因が病気であるとわかった場合は、どういった対処をすればいいのでしょうか?

かぼちゃがかかっている病気がわかった場合、直ちに処理することが何よりも大事です。なぜなら、かぼちゃがかかる病気の中には、空気感染をするものもあり、最悪の場合、根ごと焼かなければいけなくなります。

直ちに対処することは、覚えておきましょう。

初心者がかぼちゃを育てるときにやりがちな失敗

先ほどは、かぼちゃが弱ってしまった時の対処法について紹介していきました。

かぼちゃの育成や、作物の育成が初めてな初心者にとって、かぼちゃの育成は分からないことだらけですよね?

でも、初心者がかぼちゃを育てるときにやりがちな失敗がわかれば、安心してかぼちゃを作ることができますよね?

ここでは、初心者が陥りがちな失敗を紹介していきます。

初心者がかぼちゃを育てるときにやりがちな失敗1:弦を残してしまう

初心者がやりがちな失敗の一つ目は、「弦を残してしまう」です。では、弦を残してしまうのは何がいけないのでしょうか?

弦を残してしまうと、栄養が大きくすべき実に行かず、分散してしまいます。初心者はどの弦を切ればいいかわからずに、先延ばしにしてしまう傾向があります。

しかし、そのまま放置すると、栄養が分散してしまうので、弦は成長しているもの以外は切ってしまいましょう。

初心者がかぼちゃを育てるときにやりがちな失敗2:かぼちゃの管理をおざなりにしてしまう

初心者がやりがちな失敗の2つ目は、「かぼちゃの管理をおざなりにしてしまう」です。かぼちゃの育成は、野菜の中でも比較的簡単なのですが、それでも初心者にとって、毎日管理することは大変なものです。

その結果、「かぼちゃの管理をおざなりにしてしまう」ことで、病気になっていたり、弱っていたりすることに気づくのが遅れてしまいます。

是非、少しずつでも管理することに慣れましょう。

初心者がかぼちゃの栽培を成功させるコツ

先ほどは、かぼちゃを育てるときにやりがちな失敗を紹介してきました。

では、逆に、初心者がかぼちゃの栽培を成功させるコツにはいったいどんなものがあるでしょうか?かぼちゃの栽培を成功させるコツがわかれば、かぼちゃを完成させる成功確率があがるはずです。

ここでは、2つ紹介していきます。かぼちゃのスケジュール管理と、定期的なチェックです。

初心者がかぼちゃの栽培を成功させるコツ1:かぼちゃ育成のスケジュール管理をしよう

作物を育てる際の大変なところにはなりますが、スケジュール表を立てて、かぼちゃの育成で何をすべきかをまとめるのが重要です。

かぼちゃでは、種まきから始まり、収穫に至るまで様々な作業が必要になります。それらを時系列に沿ってこなしていくのに頭の中だけで管理するのは大変です。

なので、スケジュールをたてて、かぼちゃを育てていきましょう。

初心者がかぼちゃの栽培を成功させるコツ1:かぼちゃを定期的にチェックしよう

初心者がかぼちゃの栽培を成功させるコツの二つ目は、「かぼちゃを定期的にチェックしよう」です。

かぼちゃの状態を定期的に確認することは、初心者がなかなかできないことです。しかし、かぼちゃの状態を確認していないと、病気などを逃してしまうかもしれません。

なので、かぼちゃの状態を定期的に確認しましょう。

かぼちゃの病気と対策

先ほどは、かぼちゃを栽培するコツについて、紹介してきました。かぼちゃを栽培するコツについて知っておくと、かぼちゃを育成に成功する確率が高くなることがわかったかと思います。

先ほども説明しましたが、人間と同様に、かぼちゃも病気にかかることがあります。そこで、どうやって対処したらいいのかわからないですよね?

ここでは、かぼちゃがかかる病気と、対処法を紹介していきます。

ひまわりの病気と対策1:つる枯病

カボチャのつる枯病は近年、果実での被害が増加しています。特に北海道では長期間貯蔵してから出荷する場合が多く、貯蔵後の被害が増加しています。

特徴としては、発病が、果実の表面にやや窪んだ小さな病斑が現れ、しばしばここからオレンジ色の胞子が吹き出します

対処としては、開花後20日目、30日目に薬剤を散布することで効果が高くなります。基本的には、薬剤で対処します。

ひまわりの病気と対策2:うどん粉病

葉や、茎に円形の白いカビが円形に生える症状です。病気が進むと、植物体全体が汚白色のかびで覆われ、ついには枯れ上がります。

対処としては、多発する前に、薬剤を散布し防除を徹底するということがあげられます。うどん粉病が多発すると、防除が難しくなります。

早め早めに対処しましょう。

ひまわりの病気と対策3:モザイク病

「モザイク病」はウイルスによる病害です。

葉の症状としては、大きく2種類あります。1つが、新葉に黄色斑点が現れ、後に濃、淡緑色のモザイク症状となります。2つ目が、葉脈に沿った濃緑帯あるいは退緑帯と葉や果実の奇形が現れます。

対処法は、発病株は直ちに除去して処分したり、ウイルスを保有したアブラムシを処分するため、殺虫剤による防除を行います。

ひまわりの病気と対策4:疫病

症状は、葉・茎・果実に発生します。葉では、暗色から水浸状でやや円形の水浸状斑点を生じて、乾燥して褐色の病斑となります。果実では、白色で粉上のカビができ、ビロード状で、ちぎりにくい塊になります。

対処法は、発生時期を見計らって、薬剤を予防散布したり、防除薬剤を散布したりします。

かぼちゃの栽培で発生する害虫と駆除方法

先ほどは、かぼちゃがかかりうる病気と、その対処方法について、紹介してきました。では、かぼちゃが被害にあう害虫は一体どんな種類で、対処法はどんなものがあるでしょうか?

害虫は、かぼちゃの葉や実を食べたりするだけでなく、病気を持ってくる場合もあります。

害虫の種類とそれぞれの対処法について紹介していきます。

かぼちゃの栽培で発生する害虫と駆除方法1:アブラムシ

アブラムシは、セミやウンカの仲間です。アブラムシの成虫・幼虫が食害します。主にワタアブラムシが食害します。

被害としては、成虫・幼虫が葉や茎の汁を吸うため、株が弱ります。また、ワタアブラムシが新葉で増えると、葉が内側に巻いて丸くなります。また、汁を吸う時にウイルス病を媒介するので注意が必要です。

防止としては、サンサンネットを張るなどします。対処としては、薬剤を散布します。

かぼちゃの栽培で発生する害虫と駆除方法2:ハムシ

ハムシはカブトムシの仲間です。成虫が葉と果実、幼虫が根を食害します。

被害としては、直径1~2センチの円を描いて葉を食べられます。また、果実にも円形の傷がつきます。

家庭菜園で、発生が少ない場合は、成虫を捕殺する程度で防除不要です。しかし、そうでない場合は、薬剤を散布することで対処します。

かぼちゃの栽培で発生する害虫と駆除方法3:アザミウマ

アザミウマの名前の由来は、ギリシャ語の「木の虫」に由来するとされています。

下位葉への寄生が多く、葉裏の葉脈間が食害され、被害部は褐色に変わります。ひどいときには葉全体が黄化します。通常、露地では梅雨明け後から8、9月にかけて増えていきます。

数が多くなったら、薬剤を散布することで対処します。

かぼちゃの栽培におすすめのガーデニンググッズ

先ほどは、かぼちゃの脅威になる病気や、害虫について紹介していきました。以下に、前もって病気や害虫に注意すべきかどうかがわかったかと思います。

最後に、かぼちゃの栽培におすすめのガーデニンググッズを紹介していきたいと思います。ガーデニングッズは利便性で選ぶのはもちろんのこと、デザインも豊富で選べるので、自分に合ったものを是非、選びましょう。

かぼちゃの栽培におすすめのガーデニンググッズ1:かぼちゃ 種 【 アトランチック・ジャイアント 】 種子 小袋

ハロウィンといえば、お化けかぼちゃですよね?育てたいと思いませんか?この種があれば、大きなお化けかぼちゃを育てることができます。

全国各地で行われる秋の農業祭などで、ビックリするぐらいの大きさと重さを競うカボチャのコンテストがよく催されます。そのコンテストに登場するジャンボ南瓜が本種で、肥料を十分に施して上手に作れば50kgから100kgに至る巨大果になります。

かぼちゃの栽培におすすめのガーデニンググッズ2:不織布ポット プランター フェルト 植え袋 1-20ガロン ガーデン 園芸

こちらの商品は、厚手の不織布と裏地からできていて、通気性や浸透性が優れています。植物育成に大活躍です。また頑丈なため、長持ちができ、何回も繰り返して利用できます。

通気性・ろ過性・保温性が優れているので、水と栄養素が自然に浸透させ、植物の発育に役立つこと間違いなしです。

また、土の流出を防いで床を汚さないので、ベランダやテラスでも気軽に家庭菜園を楽しめます。

かぼちゃの栽培におすすめのガーデニンググッズ2:住友化学園芸 ベニカXスプレー

「自分の育てているかぼちゃに害虫がつかないかどうか心配でしようがない」という方には必見の商品です。

害虫に対しては、素早く効果が効き、長い効果の持続力が強みの商品です。また、病気の防止もできて、病気を防除することができます。

きになる害虫や病気はこの商品で防止しましょう。

プランターでのかぼちゃの栽培を楽しもう

先ほどは、ガーデニンググッズを紹介してきました。ガーデニンググッズをそろえることができれば、かぼちゃ栽培に役立てられるということがわかったかと思います。

これまで、かぼちゃ栽培について紹介してきましたが、一番重要なのは、栽培し続けることです。そのためには、楽しんで栽培する必要があります。

是非、楽しんで栽培してみてください。

Related