Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

毎日使うキッチンはどうしても汚れやすい場所です。ヌルヌル、ベタベタ汚れに困っていませんか。だからこそキッチンはこまめな掃除をすることが大切です。毎日少しでも簡単にできるおすすめの掃除方法やおすすめの洗剤や掃除グッズを紹介します。

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

キッチンは毎日掃除しないといけないの?

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

キッチンを綺麗に掃除できていますか。キッチンは毎日使う場所なので、すぐに汚れてしまい綺麗な状態をキープするのが難しい場所です。ついついその汚れを年末の大掃除まで溜め込んでいる方多いのではないでしょうか。

しかし場所にあわせて掃除頻度を変えたり、ちょっとした掃除のコツと習慣を覚えるだけでグッとキッチン掃除のハードルが下がります。また定期的に掃除することで年末の大掃除も楽になるでしょう。

毎日掃除がおすすです

キッチン掃除の基本は毎日することです。特に水回りは油汚れ、水アカなど汚れがつきやすい場所です。食器洗いのついでに、シンクや三角コーナーを洗ったりと「ついで洗い」をすると楽です。コンロ周りも使ったらしっかり掃除しましょう。油汚れが残っているとそこに誇りがたまりやすくなります。キッチンは毎日こまめに掃除することで汚れが溜まりにく、また汚れも落としやすくなるのでおすすめです。

週に1度〜月に1度

排水溝の洗浄は週に1度するといいでしょう。つまり予防になります。また換気扇のフィルターは週に1度〜月に1度は掃除をしましょう。換気扇の中の汚れは見えにくい場所ですが、掃除をしないと吸い込みが悪くなってきます。よく揚げ物をする人は週に1度、あまり自炊をしない人は月に1度など使用頻度に合わせるといいでしょう。

3ヶ月に1度〜半年に1度

換気扇のファンなど分解が必要な部分の掃除は3ヶ月に1度を目安に掃除しましょう。フィルターをこまめに掃除していれば、ファンの汚れも簡単に落ちます。

そして頑固な汚れがある箇所や普段の掃除で手の届かない場所、食器棚の中など時間がかかる場所も半年に1度は集中して掃除しましょう。この時に保存食品の賞味期限の確認や使っていないキッチングッズを断捨離するとスペースもでき掃除しやすくなります。

キッチン掃除におすすめのグッズ

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

キッチンは材質が異なる部分が多く、その場所に適した掃除方法と掃除グッズがあります。また汚れの度合いにあわせてアイテムを変えることで汚れもおちやすくなります。おすすめの掃除グッズを紹介します。100円ショップなどでも揃えられるものばかりなので上手く活用しましょう。

スポンジ、たわし

スポンジは食器洗いとは別にシンク用のスポンジを用意しましょう。傷つきにくいやわらかいスポンジがいいででしょう。またシンクなどの水アカ掃除にはメラミンスポンジがおすすめです。100円ショップやホームセンターでも売られています。ハサミで切るこが可能なので場所にあわせてカットして使いましょう。

布巾や雑巾などなんでも大丈夫です。また着なくなった衣類や使い古したタオルなどの「ウエス」を再利用するのもいいでしょう。ウエスはボロ布の事で、掃除をしてそのまま捨てることで、雑巾のように洗う手間が省けるのでおすすめです。またウエスに使う素材は水を吸い取りやすい綿、リネンなどが適しています。

洗剤

洗剤は食器用洗剤、クレンザー、重曹、クエン酸などいろいろな種類があります。掃除場所に合わせて洗剤を変えましょう。

ゴム手袋

洗剤を使ったり、油汚れで手がベタベタになってしまうので、ゴム手袋を使うといいでしょう。

ブラシ

歯ブラシなどの小さなブラシがあるといいでしょう。スポンジでは落としにくい細かい部分の汚れを落とす際にとても便利です。

割り箸、竹串

ブラシなどでは傷ついてしまう素材などは木製の割り箸や竹串を使うといいでしょう。隙間掃除に便利です。

新聞紙

換気扇掃除をする際にキッチンの上に敷いて上から落ちてくる埃や汚れをガードしたり、揚げ物をしたあとの油の拭き取りに新聞紙を使うといいでしょう。また新聞紙で蛇口をふくとピカピカになります。

キッチンペーパー、ラップ

汚れを拭き取るだけでなく、頑固な汚れにはキッチンペーパーに洗剤を染み込ませて湿布するといいでしょう。またその上からラップをすると効果的です。

霧吹きスプレー容器

洗剤や重曹などを水で薄めたりしてスプレーを作っておくと便利です。容器は100円ショップでも売っています。また最近はキッチンにそのまま置いておいてもお洒落な容器が多く、気になった時にシュッと吹きかけて掃除ができて便利なので、お掃除スプレーを手作りする人が増えています。

キッチン掃除おすすめ洗剤

キッチンの掃除グッズを紹介しましたが、キッチンは水汚れや、油汚れなど汚れの種類も違うのが特徴です。そこで場所によって洗剤を使い分けて掃除することが効果的に汚れを落とすコツです。おすすめの洗剤と特徴を紹介します。いったいどの洗剤を選べばいいのかわからない方は参考にしてみてください。また手作りもできる洗剤も紹介します。

中性洗剤

中性洗剤は酸性とアルカリ性の中間での洗剤で食器用洗剤のほとんどがこの中性洗剤です。中性洗剤は手肌に優しく、素材を傷めず軽い汚れを落とせる特徴があります。そのため普段の掃除は中性洗剤でも十分汚れが落ちます。

除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 本体 190mL

除菌ができる食器用洗剤です。日常の汚れなら中性洗剤で落とせます。またこちらは少量で汚れが落ちるのでコストパフォーマンスもよく人気です。

食器洗いはもちろん・油汚れ落ちも良く・香りも良く・まな板・スポンジ・ふきん等を徹底除菌が可能。ほんの少量で使用でき十分に長持ちのする洗剤です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1E3ZEMBXE11... |

重曹

重曹は肌にも環境にもお財布にも優しい万能アイテムです。「炭酸水素ナトリウム」、「重炭酸ソーダ」とも呼ばれる自然素材のため安心して使えて、掃除から食材の下ごしらえなどにも使えます。また最近は100円ショップや薬局などどこでも買え、安いので経済的にも助かります。

重曹は弱アルカリ性で研磨剤がはいっているため、焦げた鍋やコンロ周りのこげつきの掃除に適しています。また消臭効果もあるので、排水口掃除にも便利です。ふりかけたり、スプレーにしたり、ペーストにしたりと場所と汚れの度合いで使い方を分けると効果的です。

重曹スプレーの作り方

重曹スプレーは水100mlに重曹小さじ1をスプレー容器にいれてよく混ぜるだけで完成です。重曹スプレーはキッチン扉や壁などに吹きかけ、キッチンペーパーや布でふき取り軽い汚れを落とす時に便利です。

重曹ペーストの作り方

重曹ペーストは水と重曹を1:2の割合で混ぜるだけで完成です。重曹ペーストは頑固な汚れを落とすときに便利です。

カネヨ石鹸 マルチクリーナー 重曹ちゃん 粉末 1kg 計量スプーン付

1kgと大容量の重曹です。計量カップ付きで使いやすいのがこの商品の特徴です。

チャック付きの袋+使いやすい大きなスプーンの付属でとても使いやすいです。移し替える容器やスプーンの用意を気にすること無く、この商品を一つ購入すればすぐに実用可能です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2ITOP91AONJ... |

クエン酸

クエン酸は酸性でシンクの水垢やアルカリ性の汚れ落とし適しています。クエン酸も100円ショップや薬局、ホームセンター、スーパーなどどこでも買えますし、粉状で管理もしやすいので持っていると便利でしょう。

そしてお酢も同じように掃除に使えます。穀物酢、ホワイトビネガーが掃除に適したお酢です。しかしお酢は臭いが残るデメリットがあります。

クエン酸スプレーの作り方

クエン酸スプレーは水100mlとクエン酸小さじ1/2をスプレーボトルにいれてよく混ぜるだけで完成です。クエン酸スプレーはシンクの水アカなどに吹きかけスポンジで軽くこするだけでシンクがピカピカになります。

クエン酸ペーストの作り方

クエン酸ペーストは水とクエン酸を1:2で混ぜるだけで完成です。クエン酸ぺーストはしつこい水アカ汚れに効果的です。

暮らしのクエン酸 330g

ジッパーつきで保存もしやすくおすすめです。

排水溝の掃除に利用してます。
毎日使ってるので排水溝ツルツルです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R34WGB6A6C3K... |

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは重曹と同じアルカリ性ですが、重曹よりも強いアルカリ性のためひどい油汚れ掃除に適しています。しかしアルカリ性が強いためゴム手袋をしてから掃除しましょう。

セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方

セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方は水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1をスプレー容器に入れよく混ぜるだけで完成です。セスキ炭酸ソーダスプレーは換気扇やガスコンロ、五徳などの油汚れ落としに適しています。

セスキの 激落ちくん セスキ炭酸ソーダ 500g

激落ちくんシリーズのセスキ炭酸ソーダです。500mlのスプレーボトル100本分作れる大容量です。

システムキッチンの木目調の汚れ、色々な洗剤や重曹水で試しましたが、拭いた直後は綺麗!と思って数分後、アレ?この水垢?油?取れてない。。何やってもダメで、諦めかけてましたが、セスキ水を作って駄目元でやってみたら取れましたーーー‼︎数日経ってますが、戻る気配ありません。
コレは良いかも‼︎と思い、旦那さんが車のガラスの水垢汚れがワイパーしても邪魔な位取れなくて悩んでたので、またまたセスキ水の出番。
取れたーーー‼︎旦那さんも大喜びでした!
セスキ水ありがとう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2ROJDJP7MO1... |

オキシクリーン

最近SNSでも話題のオキシクリーンは酵素系漂白剤です。酵素の力で洗浄するので、安全に使え、色落ちの心配もなく、消臭力も強いのが特徴です。オキシクリーンはコンロ周りや、シンク周りの拭き掃除や、鍋の焦げ落としや、食器の茶渋などのつけ置き洗いに適しています。

オキシクリーンの使い方

オキシクリーンは重曹やクエン酸とは違いふりかけただけでは洗浄効果はありません。オキシクリーンはお湯で溶かしてあわ立て使いましょう。泡立てたオキシクリーンで付近やスポンジをしたし、絞ってから拭き掃除につかったり、焦げ付いた鍋をつけ置きしてから洗うといいでしょう。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98k

こちらはアメリカ製のオキシクリーンです。アメリカ製はとにかく大容量で、界面活性剤入りで泡立ちがよく、強い洗浄力が特徴です。オキシクリーンはキッチンだけでなく、家中の掃除や洗濯にも使える万能アイテムです。

我慢できずに買ってしまいましたが、これがまたとってもとっても大活躍してくれています!
洗濯、お掃除が楽しくなって台所の油汚れからはじまり、コンロ周り、お風呂、壁、床、窓、サッシ、ひと通り大掃除してしまいました。
油汚れもつるんと落ちるし、上靴も消しゴムで消すように白くなりました。
たっぷりあるのでお友達にも小分けしておススメしています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1HFIE85O841... |

オキシクリーン 1500g

こちらは日本製のオキシクリーンです。アメリカ製との違いは無香料で1500gとコンパクトサイズで収納場所もとりません。また界面活性剤がはいっていないため、泡立ちがあまりせず、水切れがよく、自然にも優しいのが特徴です。

コストコのオキシクリーンとは界面活性剤が入ってるか入ってないかの違いのようです。
こちらは入っていないので泡立ちが少ないです。が、きれいになります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3T47T3FNC4J... |

シート

最近は洗剤を染み込ませたキッチンシートが売っています。さっと拭き取ることができるのであまり時間のかけられない毎日の掃除に便利でしょう。100円ショップでも「キッチンクリーナー」が40枚入りくらいで売られています。コンロや電子レンジ掃除におすすめです。

レック セスキ の 激落ちくんシート キッチン用

激落ちくんシリーズのウェットシートです。レンジ周りの油汚れの掃除に便利なシートです。

たった1枚でも、キッチン周りの汚れが十分綺麗になります。
コンロ周りの油汚れも、すっきり落ちます。
袋の表面のシールもしっかりしているので、保存にも乾燥が防げてちゃんと使えます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2DL8Z3UCYWR... |

スプレー

キッチン用スプレーも種類が豊富です。100円ショップ、薬局やホームセンター、スーパーなどで買うことができます。アルコールが入ったものはシンク周りやキッチン棚、キッチンカウンターの除菌に便利です。またコンロ周りや魚焼きグリルに使えるスプレーもあります。用途に合わせて選ぶといいでしょう。

また重曹やクエン酸を水で薄めるだけで簡単にスプレーが手作りできます。経済的にも手作りスプレーがおすすめです。100円ショップでは可愛いお洒落なスプレー容器が売っていて、オリジナルラベルを貼ったり手作りスプレー作りを楽しんでる方が増えています。

フマキラー キッチン用 アルコール除菌スプレー 400ml

こちらは100%天然素材なので安心してキッチンでも使えます。

油のはねやキッチン周りの汚れが気になっておりました。
料理後毎回吹くようにしたらだいぶ綺麗になります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3MDM48LVAFO... |

掃除をする前にしっかり下準備をしましょう

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

キッチン掃除をする際は洗剤を使うことが多いです。ゴム手袋を着用しましょう。また油汚れや水はねするのでエプロンを着用するといいでしょう。ガスコンロを掃除する時はガス栓を閉めたり、IHコンロを掃除するときや換気扇を掃除する際は必ず電源を切って行いましょう。

また換気扇を分解する際はネジなど細かいパーツの落下防止にコンロ上に新聞紙を敷くといいでしょう。コンロを汚れから守ることもできます。そして塩素系洗剤を使う際は部屋の換気をしっかりしながら行いましょう。こうした下準備をしっかりすることで機械の故障を防ぎ、また安全に掃除することができます。

キッチンの場所別掃除

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

キッチン掃除におすすめのグッズや洗剤を紹介しましたが、それらを上手く活用したキッチンの場所別の掃除法を紹介します。

コンロ

コンロの汚れは調理中の油はね、吹きこぼれて焦げつきいたりと油汚れと焦げ付きが目立つでしょう。この汚れを放置すると、さらに汚れやすく、また汚れがこびりついてしまい落としにくくなります。だからこそしっかり毎日掃除することが大事です。

普段の掃除はスプレーで

コンロはアルコール除菌スプレーや重曹スプレーやセスキ炭酸ソーダスプレーを使いスプレーしてから拭き掃除をするといいでしょう。IHクッキングヒーターはフラットなので拭き掃除も楽にできます。ガスコンロの場合は五徳を拭き掃除しましょう。また拭き掃除には洗剤が染み込んだキッチンクリーナーを使うと便利でしょう。

頑固な汚れはペーストでパック

頑固な五徳の焦げ付きには重曹やオキシクリーンでつけ置き洗いをするといいでしょう。取り外せないコンロの上の汚れは重曹スプレー+キッチンペーパーで重曹スプレーパックをしてみましょう。それでも落ちない汚れは重曹ペーストをぬり、ラップをして重曹ペーストパックをするといいでしょう。

1時間ほど放置したあとに、キッチンペーパーや布でしっかり拭き取って完成です。細かいパーツの溝などの汚れは汚れは割り箸など削り取るといいでしょう。

シンク

シンクは毎日の食器洗いの際に、シンク用のスポンジを使い中性洗剤でさっと洗いましょう。普段からシンクを洗うことで水アカがこびりつくことなく掃除も簡単にできます。もし水アカがこびりついてしまった場合はクエン酸スプレーを吹きかけメラミンスポンジで軽くこするといいでしょう。魔法のようにピカピカになります。

そしてシンク掃除は仕上げも大事です。濡れたままにしておくと水アカが残りやすくその上にさらに埃やアカが溜まってしまう原因になるので、ウエスや布でしっかり拭きましょう。もし拭きあげる時間がない場合は水きれのよい洗剤を使って掃除するといいでしょう。

排水口

排水口もシンク洗いと一緒に毎日掃除するといいでしょう。排水口にはカバーを外すとゴミ受けの皿がついています。そこに生ゴミが溜まるのでしっかり取り除きましょう。そしてそのゴミ受け皿は中性洗剤を使って歯ブラシやスポンジでこすって汚れを落としましょう。

しかし汚れがたまってしまった時、ヌルヌルした汚れを触りたくない時もあるでしょう。そんな時は重曹とクエン酸を使って洗浄しましょう。またオキシクリーンでつけ置き洗いするのもいいでしょう。時間がない時は軽い汚れであれば、キッチン泡ハイターをふきつけ30秒ほどつけ置きをして水で流すだけで綺麗になります。

三角コーナー

三角コーナーはシンクと排水口と同じように毎日こまめに洗うことが大事です。中性洗剤を使ってスポンジやブラシで洗いましょう。排水口と同じように重曹+クエン酸で洗浄するか、オキシクリーンでつけおき洗いするのがおすすめです。

そして三角コーナーを置かないという選択肢もあります。最近は使い捨ての三角コーナーが100円ショップなどでも売っています。また新聞紙や広告用紙などで三角コーナーを作っても良いでしょう。使い捨てにすることで衛生的に使えて、掃除する手間も省けます。また三角コーナーがなくなるとシンクの掃除も楽になりおすすめです。

ネクスタ シンク用水切りゴミ袋 ごみっこポイ スタンドタイプ30枚

こちらシンクに置くだけの使い捨て水切り袋です。縦18cm×横25cm×マチ12cmで、グリーンの葉っぱ柄で生ゴミが見えにくくなっていてデザイン性もよく人気です。使い捨てなので嫌な生ゴミの匂いもせず、ヌメリ掃除ともおさらばです。

シンクに三角コーナーを置けないので、自立するこれは助かります。ワリフが細かいゴミも逃さず、水切れもいい感じ。
ワリフの部分は底から1/3程ですが、それがいい。以前、似たような商品で全体が水切りになっている商品を使っていたとき、鍋に残った汁やお米を研いだ水をざっと流すとヨレたり倒れたりして、いちいちイラっとさせられました。
こちらは開口部から2/3ぐらいがポリになっているお陰で全体がしっかりとしており、倒れることなくストレスなしです。
今のところ、これ以外考えられません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R25CBFZNU3QN... |

水栓金具、ジャワーヘッド

水栓金具は水アカが目立ちやすい場所です。乾いた布でしっかり拭きましょう。また蛇口まわりは歯ブラシなどでこすると溝に溜まった水アカが落としやすくなります。

そして最近のキッチンの水栓金具は節水にもなるシャワーヘッドタイプが人気です。しかしシャワーヘッドの噴射口は意外と水アカや汚れが溜まりやすい場所でもあります。中性洗剤を使ってブラシでこすり汚れを落としましょう。

また定期的にクエン酸でつけ置き洗いをすることで水アカがつきにくくなります。洗面器などにお湯をはり、お湯9に対しクエン酸1の割合で溶かして、そこにシャワーヘッドを1時間ほどつけ置きして軽く水で洗い流すだけです。

キッチン周り

キッチンカウンターや床などのキッチン周りは毎日使い終わった後に拭き掃除をしましょう。アルコール除菌スプレーやシートを使うと掃除と除菌もでき便利でしょう。

また揚げ物をした日やベタベタした油汚れが気になる時は洗剤を使ってしっかり拭き掃除をしましょう。その際はカウンターの素材に合わせた洗剤を使うことが大事です。間違った洗剤を使うと傷の原因になりますので注意が必要です。

キッチンの換気扇の掃除

換気扇掃除をこまめにしてますか。年末の大掃除の時にする人が多いのではないでしょうか。しかし換気扇掃除をしないと、コンロで調理した時に出る蒸気や油がしっかり吸い込まれずキッチンだけでなく部屋中に広がってしまいます。壁や床がベタつく原因にもなります。

しかし毎日掃除するのは大変です。フードは週に1度、フィルターは月に1度、ファンは3ヶ月に1度くらいを目安に掃除するといいでしょう。

フード

フードとは換気扇のカバーです。フードは汚れが見えやすい場所でもあるので毎日しましょう。フードは内側だけでなく外側も汚れますので、重曹スプレーをふきつけ、布巾やウエスで拭き掃除をしましょう。時間がない時はキッチンシートなどを使うと拭くだけで簡単に掃除できます。これなら毎日できるはずです。少なくとも週に1度は拭き掃除をしましょう。

フィルター

換気扇にはフィルターがついていて、簡単に取り外すことができます。フィルターは油でベトベトなので中性洗剤では落としきれないこともあります。その場合は重曹やセスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンを使ってつけ置きすると油汚れが浮き上がり汚れが落としやすくなります。つけ置きしたあとは歯ブラシなどでこすりしっかり汚れを落としお湯で洗い流しましょう。

またフィルターは汚れをつきにくくする工夫も大事です。100円ショップでも不織布で作られた「レンジフードフィルター」が売られています。フィルターへの油付着を防いでくれ、汚れたら新しいフィルターに取り替えるだけなのでフィルター掃除をする手間がぐっと減り便利です。

東洋アルミ お徳用6枚入パッと貼るだけ深型用フィルター60cm 2783

60cmのレンジフードフィルターですが2枚使えば75cmや90cmのレンジフードにも使えます。またフィルターに書かれている文字色が変わり、交換時期をお知らせしてくれる機能もついています。

5人家族の我が家の場合、レンジフードの吸いが悪いかなと思うと、だいたい月一ぐらいで交換になります。レンジフードにも、もともとスリット状の金属フィルターがありますが、汚れた時の掃除がめちゃ大変でした。が、これを使うようになってからはパッと交換できますので楽です。
レンジフードの金属フィルターもほぼ汚れてません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RPUGYP047VQ5... |

ファン

キッチンの換気扇のファンには従来のキッチンに多いプロペラタイプと、最近のキッチンに多いシロッコファンタイプの2種類があります。種類によって外し方が違い、難しい場合もあります。外す際は取扱説明書を読み、また高い位置での作業となりますので足元に十分注意しましょう。

どちらのファンも取り出して、重曹やセスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンでつけ置き洗いをすると汚れが落としやすくなります。その時にパーツも一緒につけ置き洗いするといいでしょう。洗い終わったら、水気をしっかり布で拭き取りしっかり乾かしてから戻しましょう。ファンの掃除は使用頻度にもよりますが、3ヶ月1度くらいを目安に掃除しましょう。

業者に頼む

換気扇掃除はキッチン掃除の中でも一番大変な場所です。ネジが油汚れで回らずファンが取れなかったりなかったり壊してしまったり怪我をしてしまったら大変です。そんな時は無理せずプロに掃除を頼みましょう。

キッチン油汚れの掃除

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

こまめに拭き取り掃除

キッチンのコンロ周りの油汚れはこまめに掃除することが秘訣です。温かいうちに掃除をすることで汚れが落としやすくなります。使用後には必ず拭き掃除をして汚れが固まらないうちに掃除しましょう。重曹スプレーやアルコール除菌スプレーを吹きかけて、布やキッチンペーパで汚れを拭き取るといいでしょう。またIHクッキングヒーターや、キッチンの壁などはキッチンクリーナーなどのシートで掃除するといいでしょう。

取り外せるパーツはつけ置き洗いがおすすめ

魚焼きグリルや、換気扇フィルター、ガスコンロの五徳など取り外しができる油で汚れたパーツはつけ置き洗いが効果的です。シンクの排水口に止水フタをして、しっかりお湯がたまるようにしましょう。シンクにぬるま湯をためて、洗剤をとかして、汚れたパーツを1時間ほどつけ置きしましょう。

つけ置きすることで油汚れを浮き上がらせて落としやすくします。だいたいの汚れはこれで落とせるでしょう。洗剤は、重曹、セスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンなどがおすすめです。シンクにお湯をためられない場合は大きなポリ袋を活用してパーツをつけ置きするといいでしょう。

取り外せない場所の油汚れにはパックが効果的

ガスコンロのトップや、換気扇のフードなどのパーツを取り外せない場所の油汚れには重曹パック掃除が効果的です。汚れた箇所にキッチンペーパーを敷き、上から重曹スプレーを吹きかけてラップをかぶせて15分ほど放置して、その後水拭きで汚れをしっかり拭き取りましょう。

IHクッキングヒーターの頑固な汚れは、重曹ペーストを塗り、その上からラップをかぶしてパックしましょう。15分ほどパックした後、布で拭き取るだけで綺麗になるでしょう。またコンロのトッププレートは素材によって使える洗剤が変わってきますので注意が必要です。

排水管の掃除法

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

排水溝は油汚れがたまりやすい

排水口は日々のシンク掃除と一緒に中性洗剤とスポンジで掃除することでヌメリがつきにくく綺麗に使うことができます。しかし排水溝の奥の排水管はスポンジなどが届かない場所です。

そして日々の洗い物で汚れた水が排水管を通って排出されるため汚れやすく、ヌメリが発生してしまういます。この油汚れがついた排水管の汚れを放置していると流れが悪くなったり、詰まる原因になりますので定期的な掃除が大切です。またヌメリ予防をすることも大切です。

排水トラップ

キッチンの排水口のゴミ受けの下には排水トラップがあります。排水トラップは排水管から逆流してくる悪臭を防ぐために一時的に水がたまる仕組みになっています。排水トラップのフタは簡単にまわして外せることが多く、フタを外して、中性洗剤で歯ブラシなど柄の長いブラシで汚れを落としましょう。汚れを落としたらしっかり排水トラップのフタをして、ゴミ受けや排水口カバーを戻したら掃除完了です。

排水溝つまり

排水トラップの掃除をしてもつまりが改善されない場合、頑固なヌメリがある場合は薬剤をつかって洗浄しましょう。パイプクリーナーなどもドラッグストア、ホームセンターなどで市販されていますが今日は重曹とクエン酸を使って洗浄する方法を紹介します。この方法はパイプを傷める心配がないのでおすすめです。

重曹とクエン酸で洗浄してみよう

重曹100mgとクエン酸水を用意します。クエン酸水は水100mlに小さじ1/2のクエン酸をよく混ぜて作ります。排水口のゴミ受けや排水トラップのフタまで外して、ゴミや汚れががある場合は取り除いておきましょう。

排水トラップの上に重曹をふりかけその上からクエン酸水をそそぐとシュワーっと発泡します。30分〜1時間ほど放置してからぬるま湯で洗い流してください。週に1度くらいの目安で洗浄すると排水溝にのつまり予防や臭い対策に効果的です。

ヌメリ、つまり予防をしよう

排水溝がつまったらしっかり洗浄をすることで汚れが落ちてつまりも解消するでしょう。しかし普段から予防することも大切です。

排水口の下にあるゴミ受けにはネットを使うことで細かいゴミが排水管の中に流れるのを防いでくれます。またネットを取り替えるだけでゴミを捨てる時の手間も減ります。ネットは100円ショップなどでも売られていますので活用しましょう。

そして揚げ物の後や、食器やお鍋についた油汚れを新聞紙やキッチンペーパーで取り除いてから洗いましょう。油汚れは冷えると固まってしまうため、排水管などにこびりついてしまいます。油汚れをなるべく排水管に流さないことがつまり予防になります。

キッチンのタイル壁の掃除法

最近はオープンキッチンが主流なため、お洒落で可愛いタイル貼りのキッチンも増えています。タイルの特徴は耐久性、防火性、防水性に優れていることです。また抗菌効果や、防臭効果など機能性のあるタイルもあるので清潔感のあるキッチンにぴったりの素材です。

しかしタイルとタイルの間の目地部分に汚れがついてしまい黒ずんでしまうのがデメリットです。タイルをきれいに掃除できる方法を紹介します。

重曹スプレーで簡単掃除

キッチン掃除の基本で、タイルも普段からこまめに掃除しておくことで汚れを溜め込まず、きれいにキープできます。普段のお掃除は重曹スプレーをふきつけて、布で拭き取るだけで十分でしょう。油汚れが気になる場合は中性洗剤をつかってスポンジで軽くこすってみましょう。

時間があるときは重曹パックをするといいでしょう。タイルにまんべんなく重曹スプレーをふきつけ、しっかりキッチンペーパーを貼り付けます。その上からサランラップをするとより効果的です。15分ほど放置をして、布で水拭きしたら完成です。

目地の頑固な汚れの落とし方

目地に入り込んだ頑固な汚れはパック掃除がおすすめです。重曹パックの場合は重曹ペースを目地に塗り込み上からラップをかぶせことで洗浄効果が上がります。約15分ほど放置してから軽く歯ブラシでこすってみましょう。

泡タイプの塩素系洗剤を使う場合はしっかり部屋の換気をしながら行いましょう。塩素系洗剤も目地に泡をふきつけてから、ラップを上にかぶせて放置すると効果的です。パックをしたあとは、しっかり洗剤を布でふきとりましょう。

こまめな掃除できれいなキッチンをキープしよう

おすすめのキッチン掃除の仕方と洗剤|水回り/換気扇/排水溝

毎日簡単にできるおすすめのキッチンの掃除方法を紹介しました。忙しく毎日掃除をするのは大変という方は曜日を決めて場所をわけて掃除したり、またできる時に少しだけでも掃除するといいでしょう。毎日の少しの積み重ねがきれいなキッチンをキープできる秘訣です。また便利な重曹スプレーなど掃除グッズなどをうまく活用して楽しく掃除しましょう。

Related