Search

検索したいワードを入力してください

革ジャンの洗濯機での洗い方・洗剤|シャンプー

初回公開日:2018年01月19日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

意外と簡単に洗えてしまう革ジャン。クリーニング代の節約に自分で洗ってみましょう。シャンプーやエマールで洗濯機で洗えます。カビが生えたときの対象法、普段のお手入れ法から保管方法など革ジャンを長持ちさせるための情報を一挙にまとめました。

革ジャンの洗濯機での洗い方・洗剤|シャンプー

革ジャンの洗濯機での洗い方

性別問わず革ジャンを愛用する方は多く、女性にもかっこよくスマートに着こなせることからファッションに取り入れている人は多くいらっしゃいます。革ジャンは本革だからこそ洗濯の仕方に注意しなければせっかく大切に着用していても、二度と着用できない状態まで崩れてしまったりと残念な結果になりかねません。

この記事では、そんなデリケートな革ジャンの洗濯方法や、洗濯機での洗い方、カビが生えてしまった場合の洗濯方法など革ジャンに関係するお手入れ方法について詳しく解説します。

革ジャンを洗濯機で洗う場合の洗い方

革ジャンを洗濯機で洗う場合は、まず初めに言っておきたいことは【自己責任】だということです。革ジャンは洗濯機にかけると縮む、とよく言われますが、実際に洗濯を行っても問題がなかったという声も多く上がっています。仮に洗濯機で洗う場合は、必ずネットに入れる事、革ジャン単体のみで洗濯を行うこと、そして洗濯後は日陰にて乾燥させること、を徹底する必要があるでしょう。

洗濯機で洗う場合は自動コースでも良いですが、もし完備しているのであれば手洗いコースを利用すると良いです。しかし、どの場合においても【自己責任】ということを忘れてはいけません。慎重に行いましょう。

革ジャンの洗濯に洗剤

革ジャンを洗濯したい、そんな時手洗いで洗う場合でも、洗濯機を使用する場合でも、なにかしら洗剤を使用したいものです。しかしデリケートな革ジャンです、どんな洗剤が最適なのでしょうか。

洗剤【エマール】を使った革ジャンの洗濯方法

まずは大きめの桶か洗濯槽に水を溜め、革ジャンを水で覆いましょう。そこに用意したエマールを水に対し適量溶かし入れます。そこに、あらかじめ準備した革ジャンを入れ、やさしく押し洗いを行います。ここでもみ洗いをすると、革ジャンがこすれてしまい傷んでしまうことがあるので注意が必要です。汚れがある場合はブラシで優しくこすり落としましょう。

脱水を行う際は洗濯機を使用します。しかし長時間の脱水は革ジャンの傷みの原因になるため30秒~1分ほどの短い時間ににとどめましょう。洗濯機で脱水を行う際はバスタオルに包むか、もしくは洗濯ネットを利用します。脱水後は上記でも紹介したように日陰に干して乾燥させましょう。

【シャンプー】を使った革ジャンの洗濯方法

まずは上記と同様に桶、もしくは浴槽に水をためてシャンプーを溶かし入れます。この時、シャンプーを一気に入れるのではなく、少し泡立つくらいで止めるようにしましょう。洗う時は優しく押し洗いで、革ジャンが傷まないよう丁寧に行い、すすぎは2~3回程度にとどめきちんとシャンプーを落とします。この時、リンスを入れると革ジャンが柔らかくなり、着心地がよくなるのでです。どちらもしっかり洗い落としましょう。

脱水を行う際は洗濯機で、バスタオルに包むか洗濯ネットに入れてから行います。もちろん脱水時間は30~1分程度と短めに留めましょう。日陰干しで完全に乾燥させたらオイルを塗りこんで完成です。

革ジャンの洗濯方法

先述したように、革ジャンの洗濯方法はいくつかありますが、スエードの素材を使ったジャケットの場合はどのような洗濯方法が適しているのでしょうか。ここでは素材によって違う洗濯方法をご紹介します。

スエードの革ジャンの洗濯方法って?

スエードも革ジャン同様、シャンプーで洗濯できます。やり方は基本は手洗いの押し洗いです。しっかりと泡立つぐらいのシャンプーをぬるま湯に溶かしてから、しっかりと全体をつけて洗いましょう。襟回りや袖回りは歯ブラシでこすり洗濯します。ここまで10分程にとどめましょう。これ以上の洗濯は革が傷みやすくなります。

つぎはリンスでトリートメントします。洗面台半分のぬるま湯にリンス5プッシュを溶かして革に付着させます。リンスは浸透するものではなく、表面をコーティングして艶を出すものなので、つけおきは不要です。握って水を追い出すように絞り、バスタオルで巻いて洗濯機で脱水しましょう。

乾かす際は平置きで形を整えることが重要です。

革ジャンの裏地の洗濯方法

革ジャンの洗濯機での洗い方・洗剤|シャンプー
※画像はイメージです

汗ジミなど裏地のみ洗濯したい場合は生地を折り、表地が濡れないように作業していきます。下にひいたタオルに汚れを移していきます。指で生地を張って、平らな所をシミ抜きしていきます。濡らしたタオルに薄めた洗濯洗剤をしみこませて、かなり小さな範囲を少しずつずらしながら延々落としていきます。

地道な作業ではありますが、綺麗に洗えた時の達成感は言うまでもありません。

革ジャンのカビの洗濯方法

革ジャンは非常にカビが発生しやすく、しばらく着用していないうちに大きなカビができてしまう、なんてことは珍しくありません。もしもカビを発見した場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

軽いカビの場合

革ジャンのほんの一部がカビてしまった場合など、カビがあまりひどくないうちは、意外と簡単に対処できます。硬く絞った布でカビを拭き取るだけです。水拭きする前に、一度目立たないところで、変色しないかどうかを確かめましょう。それから風通しの良いところで、陰干します。

重度のカビの場合

水拭きしただけでは綺麗にならない重度のカビの場合は、消毒用エタノールを使用して殺菌もかねて綺麗にしていく必要があります。使い方はいたって簡単です。まず、消毒用エタノールを革ジャンのカビに直接霧吹きで吹きかけ、吹きかけた部分は布で拭きとってカビを落とします。その後風通しの良いところで陰干しすれば大丈夫です。

ここで注意したいポイントは、革ジャンは色落ちする場合がありますので、エタノールを直接吹きかける前に目立たない場所で色落ちや変色がないか確認を行いましょう。

革ジャンは洗った後のケアが重要!

革ジャンは洗濯後の状態だと、水を含んで結構な重さになります。そのため、単にハンガーにかけて干すだけだと形が崩れてしまうことがあるでしょう。それを防ぐためにも、できればきちんと形を整えて、平干しで干すことが一番型崩れをおこしにくいのでです。もし平干しをする環境がない場合は、普通のハンガーではなく下記のような太めのハンガーを使うと良いでしょう。

また、革ジャンは日光に当たることで変色を起こしたり、縮みが強く出てしまうことがあります。革ジャンを干す際は日陰に干す、ということが鉄則です。季節によって変わりますが、通常完全に乾くまで3~4日を目安に考えておきましょう。

革ジャンのお手入れ方法

革ジャンはきちんとお手入れをしないまま保管すると、カビや汚れが固着する原因になります。できれば使うたびにお手入れするのが理想ですが、せめて保管する前にきちんとお手入れを行いましょう。

◆革ジャンのお手入れに必要なもの◆
・汚れ取り用の皮革ブラシ
・保湿用のクリーム
・クリームを塗るためのタオルなど
・保革用のオイルやワックス

革ジャンやレザージャケットの、普段の手入れは、できれば週1回くらい、ブラッシングをして 乾拭きでザッと拭く程度です。そのあと、乾燥してきたかなというころに保湿用のクリームを使います。あまり厚く塗る必要はないので、全体になじませる様に薄めに塗りましょう。

革ジャンのお手入れオイルの紹介

◎ミンクオイル
革ジャンの手入れによく使われるミンクオイルは動物性の油で、浸透もよく革を柔らかくし、光沢を与えるというメリットがあります。油分が強いのでつけすぎないようにしましょう。

◎ラナパー
こちらもお手入れに使われるオイルですが、ワックスが配合された植物性のオイルになります。ラナパーにはロウも配合されているため防水効果が期待できます。また、ミンクオイルほど光沢や皮を柔らかくする効果は得られないため、しっかりと形を出したい人にとってはラナパーの方が最適です。

自分で洗濯も怖くない

シャンプーやリンスを使えば、革ジャンも自宅で簡単に洗濯をすることが可能です。革ジャンを洗濯する際に大切なのは最後の干し方にありますが、あまり怖がらずに思い切って洗濯してみることで洗濯への踏ん切りがつくでしょう。しかし、注意してほしいのはあくまでも自己責任だということです。どうしても心配な方は革製品専用の洗剤などを活用し、よりよい環境で革ジャンの洗濯を試してみましょう。

Related