Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月27日

シンクの水垢の掃除の方法・落とし方|クエン酸/重曹/酢/洗剤

日頃のシンクの水垢や錆びの取り方について原因を調べてまとめてみました。またシンクの水垢の予防の仕方や衛生的に保つ方法などを調べてみました。シンクの水垢や錆びをしっかり落として日頃から衛生的に保つように心がけるようにしましょう。

シンクの水垢の掃除の方法・落とし方|クエン酸/重曹/酢/洗剤

シンクの水垢の掃除の方法

シンクは、毎日の生活の中で、使う場所のひとつであります。食器や野菜を、洗う場所であるため、常に清潔に保っている必要がある場所であります。

気がついたら、シンクに水垢がたまっている、こすってもこすっても、なかなか落ちないといった悲惨な状況になることがあります。そこで、今回はシンクを綺麗に保つための掃除の方法について、いろいろな方法を調べてみました。

シンクの水垢の落とし方

シンクの水垢になる原因はなぜなのか?

シンクの水垢でくすんでしまう原因は、水道水に含まれている炭酸カルシウムやマグネシウムミネラル、石鹸カスが原因と言われています。

水道水の中に含まれているミネラル成分や炭酸カルシウム、マグネシウムは蒸発していくことがないため、そのまま、白いうろこのような形で、のこって、そのまま、手入れもしないでほったらかしておくと、水垢といった形で、なかなか汚れが落としづらくなり、難しくなってきます。

こうなってしまうと、落とすためには、一筋縄ではいきません。そのため、シンクの掃除をする際に、ひと工夫をこらすことが、必要不可欠となってきます。

クエン酸でもシンクの水垢が落ちない原因

まず汚れの種類として、水垢はアルカリ性の汚れに分類されます。水垢を、綺麗に落とすためには、酸性洗剤が必要となります。

水垢に有効と言われるクエン酸で、ありますが、軽い水垢であると、クエン酸で落とすことができます。ただ、長年の間、蓄積されている汚れとしては、クエン酸では、なかなか落ちづらい傾向にあります。

その理由として挙げられるのは、クエン酸が酸として、あまりに強い酸ではないということが理由の一つとしてあげられます。ですから、ひどくこびりついている汚れに対しては、クエン酸よりも、プロ用の強力業務用洗剤を使うことがおすすめです。

シンクの水垢をおとすもの

シンクの水垢、いつのまにかできてしまい、気づいた時には、普通に擦っただけではなかなか落ちないと、水垢落としに苦労した経験がある方は、多いことだと察します。では、そんなシンクにこびりついている水垢を、しっかりとキレイさっぱりと落とす方法として、効果的に水垢を落とすことができる方法をいくつかご紹介させていただきます。

重曹

重曹とは、炭酸化水素ナトリウム、別の呼び方として、重炭酸ソーダとも呼ばれて親しまれています。特徴としては、人体に無害である物質で粒子が細かくて、水に溶けづらい性質があります。加熱したら分解して、炭酸ガスを発生するのが特徴であります。

重曹単体だけでなく、クエン酸やお酢と合わせて使うことにより、水垢汚れに充分である効果を発揮するらしいです。試したことがない方は、一度試してみる価値はありそうです。

クエン酸

引用;クエン酸(クエンさん、citric acid)は、示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH で、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3... |

アルカリ性の汚れに適していると言われるクエン酸も、水垢に効果があるらしいです。粉のままのクエン酸を、そのままスポンジに染み込ませて水垢をこする方法やクエン酸スプレーを 作ってみて、それを直接汚れにふりかけてたわしやスポンジでこするといった使い方で、水垢が落ちるらしいです。

また、クエン酸を水垢汚れに部分的にふりかけて、ティッシュペーパー やキッチンタオルを汚れの上において、クエン酸を浸透させて、それから擦るといった使い方もおすすめである方法のひとつです。

セスキ

セスキとは通称セスキ炭酸ソーダと言われるアルカリ性の石鹸です。炭酸ナトリウムと重曹の 中間的な性質を持っているらしいです。

セスキ炭酸ソーダとアルカリ性の汚れを得意とするので水垢というよりもキッチンのぬめりを取ってくれると言った役割を期待することができそうです。

皆さんの家庭にもある調味料の一つ、お酢も水垢の汚れに効果のあるひとつらしいです。水垢の汚れに対して、お酢を染み込ませて、スポンジやブラシで擦る。こびりついているひどい汚れには、お酢と重曹、お酢とセスキとを合わせて使っても効果を期待することができそうです。

お酢を汚れにかけて、その上からセスキもしくは、重曹を振りかけて1~2時間ぐらい汚れを浮かすために置いておきます。その後に、同じく、スポンジブラシで擦り、水垢を落とすと言った使い方です。滑りもとれて、スッキリが期待できそうです。

洗剤

日々を忙しく、過ごして、気づいたら、蓄積されて、一筋縄では行かない頑固な水垢にお悩みの方は、しつこい水垢を落としてくれるプロ用の洗剤を使ってみることがおすすめです。プロ用というだけあって、水垢に特化して作られているらしくパワーが強力そうで効果が期待できそうです。

シンクの水垢を予防する方法

シンクの水垢を予防する方法としておすすめなのは、日頃からこまめにお掃除をしていくことが,おすすめです。

それは頭で分かっていても、忙しい毎日を過ごしている皆さんにとっては、時間をかけてお手入れすることには、限界があります。そこで水垢を作りにくい状態に保つひと工夫を調べてみることにしました。

シンクの お手入れの仕方

シンクの水垢がつかなくなるお手入れ方法として、洗剤とお湯で洗った後に、水で濡らした布で水拭きして、仕上げに乾拭きするということにより、シンクの水垢を防ぐことはできます。

でも、なかなか毎回この作業を行うというのは、大変な労力と手間を要します。水垢の原因として、水道水に、含まれているカルキが原因であるため、蒸発してもカルキの成分だけは、残っているため、シンクがどんどんくすんでいってしまうらしいです。

ポイントとしてはシンクを使った後に、水気を残さないといった点がポイントとなりますが、ワイパーで水気をこまめに取る習慣をつけるだけでも、水垢の原因を防いでくれるらしいので、ワイパーで水気を日頃から取る習慣をつけることをお勧めいたします。

シンク の掃除の頻度はどのくらい

シンクの掃除の頻度として、毎日、掃除を行うのが一番良いと考えられますが、なかなか毎日続けるということは、難しいという方もいらっしゃるかと感じられます。

食器を洗って、残飯の処理などを行った後に、軽く掃除をしてから、その後に、水切りをしていると、シンクの掃除をする頻度を下げることはできますのでその方法を 意識して行うと良いでしょう。

シンク周りの水垢のお掃除方法

上記の章では、シンクの中のお掃除方法をご紹介いたしましたが、次は、見落としがちな排水溝や蛇口の細かい部分のお掃除方法をご紹介いたします。

排水溝のお掃除

排水トラップや排水かごに、重曹やクエン酸をふりかけて、お手入れします。排水かごは、目が細いため、歯ブラシを使って、お手入れするとお掃除がしやすいみたいです。

お掃除をしているついでに、排水溝の中にこびりついている細かい部分も、歯ブラシで落としてあげると効果的な結果が現れるみたいです。

こすって、汚れを落とした後に、クエン酸スプレーで、排水溝の中をしっかりお手入れしたり排水溝ザルに、クエン酸スプレーをかけたりして、最後に熱湯をたくさんかけます。

蛇口のお掃除

蛇口の水垢のお掃除方法は、キッチンタオル使い、汚れた部分を覆います。そして、希釈しているお酢のスプレー、もしくは、重曹スプレー、クエン酸スプレーを水垢に吹きかけます。

汚れに、アルカリ系の洗剤スプレー(重曹、クエン酸、セスキ、酢)をじっくりと染み込ませて、1時間ほど、置いておきます。

その後、歯ブラシで、細かい部分の汚れをこすって落とします。別の方法として、ストッキングでも綺麗に汚れを落とすことができるらしいですよ。

仕上げとしては、水で流して水垢の原因となる水気を、しっかり拭き取ります。すると蛇口周りもピカピカとキレイです。

シンクの錆び取り

ステンレスのシンクに着いてしまったサビ気になります。巷で「ステンレスが錆びない」と言った意見もありますが、調べてみたところ、ステンレスは、確かに錆びにくいという性質があるらしいですが、錆びにくいけど、「錆びる」らしいです。

錆びにくくするためにクロムやニッケルを含ませている合金で、その割合は、いくつか種類があり、その割合によって、錆びやすいか、錆びにくいかが決まるらしいです。

この章では、ステンレスについているシンクの錆び取りの原因やシンクについている錆び取りのお掃除方法をご紹介させていただきます。

シンクにつく錆びの原因は

ステンレステーブルのほとんどが、鉄でできていますが、サビにはいくつか種類があります。 一つはもらい錆と言って、シンクの上に缶系のものを置きっぱなしにすることにより、サビをもらいます。

また、鉄製のフライパンやヘアピンでも流しにおきっぱなしにしていることにより、サビが出る原因となります。

シンクの洗い方も原因のひとつです。目の洗いたわしやクリームクレンザーで、酸化被膜が剥がれてきます。酸化皮膜は、自然に発生してきますが、それがステンレスの表面を前に錆が発生することがあります。

また錆びは、一度つくと、どんどん広がっていくため、シンクの錆びに気づいたら早めにアプローチすることをおすすめします。

シンクのサビの落とし方

上記の章では、シンクに付く錆の原因をお話ししましたが、こちらでは、錆の落とし方についてをご紹介いたします。

まず錆の落とし方としては、重曹を使ってサビを落とすやり方、お酢とケチャップを混ぜてクレンザーとして使う落とし方、クリームクレンザーやクエン酸、お酢を使い錆を落とす方法などが挙げられます。それぞれの落とし方の方法を詳しく解説いたします。

クリームクレンザーを使った方法

市販のクリームクレンザーを使って、錆びに30分ほどつけておきます。その際に、キッチンタオルなどを上からかぶせて、汚れを浮かすというやり方も良い方法であります。

サビ汚れが浮かんできた後に、メラミンスポンジなどを使って汚れをこするようにします。その後、水やお湯ぬるま湯で、汚れと洗剤の成分をしっかり流して、水気をしっかり拭き取るようにします。

お酢とケチャップを混ぜてクレンザーとして使ってみる

少し変わった方法ですが、お酢とケチャップをクレンザー代わりとして、使うこともサビ取りの方法の一つだそうです。

シンク周りの錆びのお手入れの方法としては、まずケチャップをサビの付着している部分に垂らします。その上からお酢をかけます。

必要があれば、キッチンタオルを上にかぶせて、1時間ほど、置いて汚れに浸透させます。その後は、メラミンスポンジや普通のスポンジ歯ブラシなどで、汚れをこすってサビを落とします。

最後の仕上げにお水、もしくは、ぬるま湯で流して、その後、水垢の原因を作らないために、水気をしっかり拭き取るようにしましょう。

重曹を使う

次にご紹介いたしますのが、重曹を使った錆の落とし方です。 重曹の粉を直接ふりかけます。その上からキッチンタオルを置いて、お酢スプレーをその上からシュッシュッとかけます。

30分から1時間くらい置いて、汚れに染み込ませます。その後、歯ブラシやスポンジなどで、汚れを擦ります。仕上げは、重曹やお酢の成分を残しっぱなしにしないように、しっかりお水で流して最後はマイクロファイバータオルなどを使用して、水気をふき取るようにします。

クエン酸を使う

水垢と同じように、クエン酸も、サビ取りに効果があるらしいです。クエン酸をかけて、キッチンタオルを上からかぶせて、お酢の希釈スプレーをかけます。

そして30分から1時間ほど、置くことにより、メラニンスポンジやスポンジ歯ブラシなどでシンクの汚れをしっかり擦ります。

仕上げは、お湯やぬるま湯もしくは、お水で流して、水垢の原因となる水気は、マイクロファイバータオルなどで、しっかり拭き取るようにしましょう。

シンクの錆の予防方法

ステンレスの普段からのお手入れ方法に気をつけることで錆を防ぐ方法となります。塩素を含む洗剤を使用することを控えることにより、シンクのサビが出ることを控えることができます。シンクステンレスの流しは乾いている状態が一番良い状態であるそうです。

シンクステンレスに水気を残さないように日頃から気をつけましょう。油分などの汚れが付着している状態だと、その部分が錆びやすくなる傾向にあります。

使用後のお手入れ方法としては、拭き取ったり、落ちないこびりついているひどい汚れについては、洗剤などを使って、日頃からシンクの汚れを落とす習慣をつけることによって、お手入れをした後に、必ず水気を残さないように心がけましょう。次にシンクの錆びの予防のポイントについて書いてみました。

シンクのサビ予防ポイント

・シンクに日頃から水気を残さないようにすること
・掃除の際は還元性漂白剤を使用するようにすること
・ステンレス製シンクは、塩素に弱いので、塩素を含む調味料を使用した直後はしっかりお手 入れするようにしましょう。
・もらい錆びの原因となる空き缶やフライパン、濡れている包丁などは長時間置かないように 気をつけましょう。
・ステンレス製シンクは「塩素」に弱いので、塩素系漂白剤をあまり使用しないようにする、 使用した際はしっかり拭き取る、もしくは流すようにしましょう。

シンクの水垢や錆びを防いで日頃のお手入れを楽にしよう

いかがでしたでしょうか?日頃からのメンテナンスと使用方法にひと手間加え、少し気を付けることによって、シンクのお手入れを楽にすることができるという点でシンクを綺麗に保つことを心がける価値はあります。

また、水垢や錆びも早めに気が付くことにより落とすのが比較的、落ちやすいため、水垢や錆びに気が付いたら、見て見ぬふりをせず、早めに落とすように心がけましょう。

シンクの水垢や錆びが付着して落ちないと苦労する前に、日頃から予防するように心がけるようにしましょう。

Related