Search

検索したいワードを入力してください

雛人形を手作りしよう!簡単かわいいお雛様の作り方9選

初回公開日:2018年11月28日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ひな祭りで雛人形を飾ることが風習ですが、本格的な雛人形ではなく、雛人形を手作りして簡易な雛人形を飾ろうと考えている人も多くいるのではないでしょうか。ここでは、雛人形の手作りする方法を詳しく紹介しているので、雛人形を手作りしたい人は参考にしてください。

Noimg

雛人形の飾り方をおさらいしよう

雛人形はある季節になると飾る人形であり、女の子のための人形でもあります。そのため、女の子の子供がいる場合は、雛人形を用意して飾ることが風習です。しかし、雛人形の付いて詳しく知らない人も多くいるのではないでしょうか。

以前までは雛人形を飾る風習がありましたが、最近ではその風習も薄まりつつあります。その結果、雛人形に対する知識も薄れてしまいがちなため、雛人形について学ぶことをおすすめします。

1:時期

雛人形を飾る時期は、一般的に節分の翌日からとされています。そのため、豆まきを行った次の日には雛人形を飾る準備をすると覚えておくようにしましょう。遅くてもひな祭りの1週間前には雛人形を飾り付けている状況にしておくことが望ましいです。

雛人形をしまう日付の目安は、雛祭りが終わってから2週間後には片付けるように心がけましょう。また、晴れた時に片付けることで、雛人形をよりよい状況で片付けることができます。

2:向き

雛人形を飾る際に向きを気にする人もいますが、雛人形を飾る向きは特に決まっていないので、気にする必要がありません。そのため、見やすい向きに飾ることをおすすめします。

しかし、どうしても雛人形を飾る向きにこだわりたい場合は、神棚と同じ向きに飾るようにしましょう。神棚は一般的に東向きか南向きになため、雛人形も東向きか南向きに飾るようにしましょう。

3:並べ方

雛人形を飾る際に最も重要なことが並べ方です。並べ方を間違ってしまうとせっかくの雛祭りがだいなしになる可能性があります。雛人形の並べ方は地域によって異なり、一段目の男雛と女雛の位置が変わる場合があります。

一段目に内裏雛、二段目に三人官女、三段目に五人囃子、四段目に随身、と並べることが一般的ですが、雛人形の段数によって変わる場合もあります。親から事前に並べ方を教えてもらっておきましょう。

雛人形の簡単手作り方法9選

雛人形は一般的に購入することが多いですが、高価な品物であるため、簡単に購入する決断をすることが難しいです。以前までは祖父や祖母が購入することが一般的でしたが、最近では雛人形を手作りして節約することもあります。

雛人形を手作りすることでお金を節約することができるだけではなく、違った雰囲気の雛人形を飾ることができます。次に、雛人形を手作りする方法を紹介するので参考にしてください。

1:紙コップ

紙コップで雛人形を手作りする方法が最も簡単で、子供と一緒に作ることができます。大人が綺麗に仕上げることもできますが、子供に作らせることで子供に親近感が湧く雛人形に仕上げることが可能です。

紙コップで雛人形を手作りする場合は、紙コップとさまざまなカラーのペンを用意するだけです。そのため、家にある物だけで雛人形を手作りすることも可能で、後片付けをする際も手間なく片付けることができます。

2:牛乳パック

牛乳パックで雛人形を手作りする場合は上記で紹介した紙パックで手作りする方法より雛人形に動きを出すことができます。牛乳パックの切り方や折り方を工夫することで、腕を作ることができ、より本格的な雛人形を手作りすることができます。

普段牛乳を飲んでいる家庭には牛乳パックがある可能性が高いため、活用することをおすすめします。また、しっかりした素材であるため、頑丈な雛人形にすることも可能です。

3:折り紙

折り紙で雛人形を手作りすることができます。折り方さえ分かれば簡単に手作りすることができ、コンパクトに作ることができるため、片付ける際も簡単でおすすめの手作り雛人形です。

折り紙で雛人形を作る場合は、一色の折り紙ではなく、柄が付いている特殊な折り紙で折ることで本格的な雛人形に仕上げることができます。主に、男雛と女雛だけを折る場合が一般的で、その他の雛人形を折ることはあまりありません。

4:フェルト

フェルトで雛人形を手作りすることで、柔らかい雛人形を作ることができます。上記の方法では角ばった雛人形になりがちですが、フェルトを使うことでカーブを表現することができ、可愛らしい雛人形を作ることが可能です。

フェルトで雛人形を手作りすることは難しいイメージがありますが、縫う方法だけではなくボンドなどでくっつける方法を活用することで誰でも簡単に手作りすることが可能です。

5:紙粘土

紙粘土は好きな形に形成することができるため、難易度は比較的低いです。そのため、子供と一緒に作ることも可能です。紙粘土で雛人形を手作りするメリットはさまざまな形の雛人形を作ることができることです。

二頭身の雛人形から本格的な雛人形まで手作りすることができます。紙粘土が固まった後に好きなように色を塗ることもできため、オリジナルの手作り雛人形を作る際におすすめの方法です。

6:ペーパークラフト

ペーパークラフトで雛人形を手作りする場合は、上記で紹介した折り紙で手作りした場合より本格的な仕上がりにすることができます。折り紙は一枚の薄い紙を折ることで雛人形を作りますが、ペーパークラフトでは、折ったり切ることで仕上げることができます。

そのため、立体感をある雛人形を手作りすることができます。最近では、インターネットからペーパークラフトを印刷することも可能です。

7:ちりめん細工

ちりめん細工とは、絹織物で使われる素材を活用した細工のことです。絹織物で使われる素材の残りの部分で作るため、高級感を表現することができます。フェルトよりも本格的で可愛らしい雛人形を手作りすることができますが、費用がかかってしまうデメリットもあります。

また、ちりめん細工で雛人形を作る場合は、縫い合わせるテクニックも必要になるため、雛人形を手作りする方法としては上級者向けの方法です。

8:はぎれ

普段手芸をしている人は、さまざまな布の素材のはぎれがある場合が多いです。はぎれであるため、布の面積が小さく活用する方法がなく、捨ててしまっている場合も多いのではないでしょうか。しかし、はぎれでも雛人形を手作りすることができ、オリジナリティを出すことも可能です。

同じ素材のはぎれでも雛人形を手作りすることもできますが、はぎれを使っている特徴を生かすためにさまざまな素材のはぎれを使いましょう。

9:手作りキット

雛人形を手軽かつ本格的に手作りしたい場合は、手作りキットを購入することをおすすめします。雛人形の手作りキットは、雛祭りの時期になると販売されているので手軽に購入することができます。

手作りキットには本格的な雛人形から簡素な雛人形まで揃っているため、用途に合わせて選ぶことができます。また、人ではなく動物やキャラクターの雛人形もあるため、多くの女の子にウケる手作りキットが販売されています。

雛人形について詳しく知りたい人におすすめの本

雛人形と武者人形―飾る知識と楽しみ方には、雛人形の歴史が詳しく記されているため、雛人形のことをより理解することができます。また、正しい雛人形の並べ方も紹介されているので、雛人形の並べ方が分からない人にもおすすめの一冊です。

雛人形についてはひな祭りに飾る人形という認識だけを持っている人が多く、雛人形を飾る意味について詳しく知らない人も多いため、この一冊で雛人形についての知識を身に付けましょう。

「有職故実」朝廷、武家の古来の礼式、伝統、作法、慣習、礼儀にならって誕生した
雛人形の今にいたるまでの流れが簡潔明瞭に説明してある本です。
細部までこだわった衣装や道具の美しさが、大きなカラー写真から香しく伝わります。
お人形のそれぞれの役割が説明してあるので、基本的な疑問も解決できます。
コンビニ食に慣れてしまっている方には、京都の料亭の味はワカラナイでしょう。
雅な香りを楽しめる写真集であり、解説もコンパクトにまとまっています。

出典: http://amzn.asia/d/ifPb3VM%20 |

ひな祭りの食べ物と意味

雛祭りの食べ物にはさまざまな意味が込められている場合が多いです。しかし、ひな祭りに食べる食べ物や人形と一緒に飾られている食べ物にはどのような意味が込められているか知らない人も多くいるのではないでしょうか。

雛人形を飾ったり、手作りすることも大切ですが、飾った食べ物にはどのような意味があるのかを把握することをおすすめします。意味を把握することでよりひな祭りを理解することができます。

ちらし寿司

ひな祭りには、特別に食べる料理が数多くあり、それぞれに意味が込められています。しかし、ちらし寿司には由来がありません。そのため、ひな祭りにちらし寿司を食べることは女の子にとって特別よい意味が込められているわけではありません。

ちらし寿司が食べられるようになったきっかけは、寿司の原型でもあったなれ寿司が関係しています。なれ寿司は見栄えが悪かったため、女の子が喜ぶ食材を入れたものがちらし寿司です。

はまぐりのお吸い物

ひな祭りに食べられる汁物で、はまぐりのお吸い物があります。はまぐりは特別な貝ではなく、一般家庭でも食べることができる貝ですが、お吸い物としてはあまり食卓に出る機会は少ないです。

はまぐりは対となっている貝殻ではないと、ちゃんと閉じることができません。はまぐりのお吸い物には、夫婦関係がよくなる意味や一生を添い遂げられる結婚相手と出会うことができる意味が込められています。

菱餅

菱餅は雛人形でも飾られているため、親しみがある食べ物でもあります。しかし、飾った経験はあっても実際に食べたことがない人も多いのではないでしょうか。

菱餅はひし形の持ちで、3食に分かれている特徴があります。緑は健康、白は清楚、赤は厄除けの意味が込められています。

ひなあられ

雛あられはひな祭りを代表するお菓子でもあるため、小さい時に食べた経験がある人も多いのではないでしょうか。ひなあられは4色の場合が多いですが、以前は菱餅を砕いて作っていたため、3色の雛あられでした。

雛あられは関東と関西で味や見た目に違うがありますが、込められている意味は同じで、娘が一年間幸せに暮らせますようにという意味が込められています。

手作りの雛人形を飾ろう

雛人形は高価な品物で、飾るスペースも必要です。そのため、雛人形を飾らない家庭も増えてきていますが、手作りの雛人形なら、安く手作りすることができ、日本の習慣を風化させることを防ぐこともできます。

雛人形の手作りの仕方はさまざまあり、手作りの仕方によって色々な雛人形を作ることができます。手作りの雛人形はコンパクトに飾ることができ、部屋を狭くすることもなくおすすめです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ひな祭りには特別な料理を作る必要があるため、食材選びやレシピを考えることで苦労してしまう場合もあります。下記にはひな祭りで比較的使用されやすいたけのことはまぐりのレシピを紹介しているので参考にしてください。

ひな祭りは雛人形を飾ることがメインの行事ですが、その後に食べる料理もひな祭りの一環でもあるため、美味しい料理でひな祭りを盛り上げてみてはいかがでしょうか。

Related