Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月25日

モビールの簡単な作り方|手作りモビールのアイデア5選

基本的なモビールの作り方や、手作りモビールのアイディアをご紹介します。ちょっと難しそうに感じるモビール作りですが、基本を知れば応用の幅は無限大です。さまざまな素材で、自分の部屋のイメージに合ったモビールを作り、部屋のアレンジを楽しんでみてください。

モビールの簡単な作り方|手作りモビールのアイデア5選

モビールとは

モビールは少しの気流でそれぞれのパーツが回転するように作られた、吊り下げ式の室内装飾です。

高いところから一点で支えられ、針金と糸でいろいろな形のパーツが絶妙なバランスで吊るされています。人が動く気流や外からの静かな風でも揺れたり、回転したりするため、穏やかな気持ちで眺める事ができます。

ゆったりした動きは目で追いやすいので、赤ちゃんがいる部屋の室内装飾にもおすすめです。

手作りのほうが購入するより低価格でできる

モビールの簡単な作り方|手作りモビールのアイデア5選

モビールはさまざまな種類のものが販売されていますが、自分でも簡単に手作りする事ができます。

作るものにもよりますが、パーツは画用紙やリボンなど自宅にある材料で作る事ができるため、完成したモビールを購入するより、手作りした方が低価格の場合がほとんどです。

手作りすると、自分が好きな好きな形・好きな色のパーツを使って作る事ができるので、部屋の雰囲気にピッタリのモビールができ上がります。

モビール作りに必要な道具

モビールを手作りする時に必要な道具の紹介します。

パーツを作るために必要なのが、好きな色の画用紙やリボン、はさみ、のりです。パーツに写真を使ったり、ビーズを使ったりもできますので、自分のイメージに合ったものを用意します。

パーツを吊るすために必要なのが、糸やピアノ線、ワイヤーや木材です。吊るすものを変えるだけでもイメージが変わりますので、こちらも自分のイメージに合ったものを用意しましょう。

簡単な気球のモビールの作り方

画用紙を使って簡単に手作りできる、気球(バルーン)のモビールの作り方を紹介します。難しそうに感じるモビール作りですが、1つ作ってみると基本的な作り方が理解できます。

基本が分かれば、パーツを変えて自分のオリジナルモビールが簡単に手作りできるようになりますので、まずは気球のモビールを作ってみる事をおすすめします。

ゆらゆら揺れるモビールは、私たちを癒してくれますので、ぜひ飾ってみてください。

1:バルーン型紙を印刷し余白を残して切る

モビールの気球(バルーン)の型紙はネット上で公開されているものがたくさんあります。その型紙を印刷して使うことで、初めての人でも簡単に気球の形を作る事ができます。

また、自分でオリジナルの形の型紙を作る事もできます。ネットで公開されている型紙を見本にして、好きな形にアレンジした型紙を作るのも楽しいです。

型紙は同じ形の物を3枚用意します。

2:型紙を画用紙に貼り付ける

1で用意した型紙3枚を、余白を残して切り、好きな色の画用紙にセロハンテープで貼ります。

カラーは1色でも良いですし、2色を使ってツートンカラーでも良いので、お好みの色の画用紙を使います。ツートンカラーの場合は、1つの色を1枚、もう一つの色を2枚作り合計3枚を用意してください。

セロハンテープは全面ではなく、4ヵ所程度に貼り、動かないように固定できれば大丈夫です。

3:鉄筆で折り目を付ける

型紙の真ん中にある2本の線の上を、鉄筆か芯を出していないシャープペンの先でなぞり、折り目を付けます。

線は直線ですので、定規を使うと真っすぐ綺麗に折り目を付ける事ができます。折り目を付ける事で、後で画用紙を折る時に楽に折れますので、しっかり行いましょう。

4:型紙の線に沿って画用紙を切り抜く

型紙の外側の線に沿って、画用紙を切り抜いていきます。

全面をセロハンテープでとめているわけではありませんので、型紙と画用紙がずれないよう、しっかりと手で固定しながら切りましょう。

曲線を切る時には、はさみは同じ向きで固定し、画用紙の方をくるっと動かしながら切るとうまく切る事ができます。

5:折り目に沿って両面テープを貼る

3で入れた折り目に沿って、1cm程度にカットした両面テープを3カ所に貼ります。

これは3枚のバルーンのパーツのうち1枚だけに行います。

ツートンカラーにしている場合は1色が1枚と、もう1色が2枚ありますが、1枚の方の色に両面テープを貼ります。

6:両面テープで接着しモビールを作る

3枚の画用紙全てを折り目に沿って折り、5で貼った両面テープで貼り合わせていきます。

まずは、片面の両面テープの剥離紙を剥がし、そこに1枚のバルーンの画用紙を貼り合わせます。次に反対側の両面テープの剥離紙を剥がし、もう1枚のバルーンの画用紙を貼り合わせます。

3枚の画用紙をくっつけて、1つのバルーンが完成しますので、同じ要領で自分が使いたい数のバルーンを作ります。

7:モビールの上部に穴をあける

穴あけパンチを使って、完成したバルーンの上部に穴をあけます。

基本的には上部に1ヵ所開けますが、バルーンを縦に2つつるす場合は、上にくる方のバルーン1つは上下に1ヵ所ずつ、合計2か所の穴をあける事になります。

この時点で縦につるすか決まっていない場合は、後ほどバランスを考えてから下の穴は開けても良いでしょう。

8:モビールに糸を付ける

糸を30cm程度にカットし、半分に折り、ストラップを付けるイメージで輪の方を穴に通し、その輪に反対側の糸を通して、糸を付けます。

全てのバルーンの上部の穴に、同じ要領で糸を付けます。

9:モビールに付けた糸の先端を輪っかにする

8で付けた糸の先端を固結びにして、輪っかを作ります。これを作る事で、後ほどピアノ線で作るフレームに引っかけられるようになります。

バルーンを縦に2つつるす部分は、上にくるバルーンの下部の穴に、下にくるバルーンの紐を結びます。

10:ピアノ線をカットし先端を曲げる

ニッパーを使い、ピアノ線を30cm程度の長さに2本カットします。ネット販売でカット済みのピアノ線が売っていますので、それを使う場合はカットする必要がありません。

ピアノ線の端をラジオペンチでつかみ、くるりと回転させるように曲げていくと輪ができ上がります。この輪を2本のピアノ線の両端に作ります。

11:モビールをピアノ線にぶら下げる

10で作ったピアノ線の両端の輪に、バルーンをつるしていきます。つるす時に、全体のバランスを見ながら糸の長さを調節します。

バルーンだけではなく、好きな型に切った画用紙をところどころに挟むと、また違った仕上がりになります。

最後に、ピアノ線の中心に8の要領で糸を付けるとモビールの完成です。

モビールを作る時に参考にしたい本

モビールを手作りする際に、参考にしたい1冊です。

この1冊にたくさんのモビールのアイディアが詰まっていて、説明もわかりやすく載っていますので、初心者でも簡単にモビールを手作りする事ができます。

1つ作ると、またもう1つ作りたくなる、そんな魅力的なアイディアがたくさん詰まった楽しい本です。季節ごとの作品がたくさん紹介されていますので、作って飾るだけで、お部屋に季節感を出す事ができます。

豪華さはないのですが、素朴なモビールたちが癒しを与えてくれます。モビール初心者には最適でした。たくさんのモビールの中から、今日はどれを作ろうかな?とわくわくします。説明も丁寧で、わかりやすいです。たくさん作って飾りたいと思います。

出典: http://amzn.asia/d/bKDICtN |

手作りモビールのアイデア5選

モビールは紙で作るだけではなく、さまざまな素材で手作りできます。工作が苦手で、パーツの手作りなんかできないという方でも、簡単にモビール作りに挑戦できるアイディアがたくさんあります。

手作りのモビールは自分の部屋のイメージに合わせて作る事ができるので、イメージに合ったものができ、1つ飾るだけでお部屋がおしゃれになります。

好きなアイディアを見つけ、自分なりにアレンジしてみてください。

1:写真をつるす

パーツの作成不要で、おしゃれに写真を飾れる写真のモビールです。パーツを作るのが苦手という方でも、写真を選んでつるすだけなので簡単に手作りできます。

子どもの写真や家族の写真、ペットの写真を使うと、見るだけで微笑んでしまうような温かみのある素敵なモビールができます。

また、世界の素敵な風景のポストカードや好きな絵画のポストカードを使うことで、個性的でおしゃれなモビールを作る事もできます。

2:石や植物などをつるす

こちらもパーツの作成が不要な、自然素材を使ったモビールです。

石を使ったモビールは紙と違ったずっしり安定した印象のモビールができます。道端で見つけた小石を使っても良いですし、販売されている天然石を使っても素敵です。

植物はカラフルなドライフラワーを使うと素朴な感じのモビールができます。また、最近よく見かけるようになったエアープランツを使って手作りするのも、お部屋にグリーンは増えるのでおすすめです。

3:リボンをつるす

円状の土台にカラフルなリボンをつるした、リボンのモビールです。

存在感のあるモビールですので、使うリボンの色を変えるだけでお部屋の雰囲気ががらりとと変わります。土台にリボンを結んでいくだけなので、初めての方でも簡単に手作りできます。

ふわっとした可愛らしいモビールですので、子供部屋にもおすすめです。子どもと一緒に好きな色のリボンを選び、一緒に手作りするのも楽しいです。

4:ビーズをつるす

ビーズを使う事で、キラキラ輝くサンキャッチャーのようなモビールを手作りする事ができます。

テグスを結んで、ビーズを通し、またテグスを結んでビーズを固定するという手順だけで作れるので、初心者の方でも子どもでも簡単に手作りできます。

ビーズの途中や最後に、画用紙などで作った可愛いパーツを挟んでも素敵にでき上がります。

光が当たるとキラキラしますので、明るいお部屋や、窓の近くに飾るのがおすすめです。

5:季節行事のグッズをつるす

季節の行事が近くなると、さまざまなグッズが販売されますので、そのグッズを使ってモビールを作るのも季節を先取りできるので、おすすめです。

モビールを1つ手作りし、フレームはそのまま使い、季節ごとにパーツ部分だけを変えるという方法でお部屋に季節感を出す事ができます。

100円均一などでも、季節ごとにたくさんのグッズが販売されていますので、モビールに飾れそうなパーツを探し、組み合わせるのも楽しいです。

実際にモビールを手作りしてみよう!

モビールはあまりにも重いものでなければ、どんなものでもつるす事ができます。

自分が趣味で作っているものをつるしてもいいですし、お店で見つけた可愛いパーツを使ってもいいです。子どもと散歩していいる時に見つけた自然の素材で手作りするのも楽しいです。

初めは難しそうに感じますが、1つ手作りしてコツをつかむと、次からは簡単にアレンジできます。ぜひ、自分の部屋に合ったモビールを作ってみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

お部屋に合ったモビールを作ると、ほかの物も部屋のイメージに合わせて手作りしたくなります。

そんな時におすすめなのが、手作り写真立てです。ゆらゆら揺れるモビールと、その下に飾る素敵な写真はとても相性が良いです。

以下の記事を参考に、手作り写真立てをはじめ、お部屋のイメージ合わせて色々なものを手作りしてみてください。

Related