Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月04日

カーテンの選び方|色柄別/サイズ別/機能で選ぶポイント

部屋のイメージチェンジに効果的なのはカーテンを変えることです。窓は大きい面積を占めるためインテリアの印象を決める重要なポイントになります。変えたくても選び方がわからずになんとなく選んでいませんか。いろいろな視点から、自分に合ったカーテンの選び方をご紹介します。

カーテンの選び方|色柄別/サイズ別/機能で選ぶポイント

色・柄でカーテンを選ぶ方法

カーテンの選び方|色柄別/サイズ別/機能で選ぶポイント

部屋のイメージチェンジに効果的なのはカーテンを変えることです。窓は大きい面積を占めるためインテリアの印象を決める重要なポイントになります。変えたくても選び方がわからずになんとなく選んでいませんか。いろいろな視点から、自分に合ったカーテンの選び方をご紹介します。

床の色に合わせた選び方

部屋の中で、1番面積が大きいのは床です。そのため、床の色に合わせたカーテンの選び方が基本になります。じゅうたんやラグを敷いている場合は、その色やテイストに合わせるとお部屋になじむでしょう。

ダークブラウンの床

選び方の注意点は、同じ面積でも重く狭く感じることです。ダークグレーやネイビーなどの重い色を合わせると圧迫感が出ます。薄い色や明るい色を合わせて、開放感を出すのがおすすめです。

もう1つは、あえてカラフルな色を合わせてメリハリを出す方法です。海外では、カラフルなソファや雑貨とカーテンの色をリンクさせた例を良く見かけます。雑貨など、少量で入れてカラフルなカーテンと合わせるなら取り入れやすいでしょう。

ライトブラウンの床

選び方としては、明るい色やナチュラルなもの、植物など自然をイメージした柄を合わせるのが良いでしょう。薄い色の床に、薄い色のカーテンだと寂しい印象になってしまいます。家具や雑貨などで、アクセントカラーを加えてメリハリを出していきます。

鮮やかな色やくすんだ色も、相性が良い色です。派手過ぎないよう、抑え目にするとなじみやすいでしょう。重い色の時は、家具やクッション、アートのフレームにもリンクして入れるとバランスが取れます。

無彩色の床

茶系の床よりも、色味がないためカーテンの色が引き立ちます。選び方としては、パステルカラーや鮮やかな色、くすんだ色、ダークトーンが映えます。モダンなイメージですが、合わせる家具や壁紙のデザインで印象を変えることができます。カジュアルやエレガント、フレンチアンティーク、クラシック、和モダンなども相性が良いです。

寒色系は、寒々しい印象になるためベージュや茶色など温かみのある色を加えましょう。

壁の色に合わせた選び方

壁の色に合わせた選び方:馴染ませる

選び方としては、壁の色と同系色のカーテンにするとつながって部屋が広く見えます。真っ白は窓の周りが浮いて見えるので避けましょう。オフホワイト・ベージュ・淡いグレーが良いです。

物足りない印象になる時は、下にボーダーを入れたボトムボーダーカーテンがおすすめです。ボーダーが、アクセントカラーとなり引き締め効果があります。他には、ベーシックカラーにグラデーションが入ったものも合います。

壁の色に合わせた選び方:アクセント

あえて、強調させてインテリアのアクセントにする方法もあります。目立つような色や柄を選ばず、部屋のインテリアとの調和を目指します。

方法としては、アクセントカラーをカーテンにもリンクさせます。壁紙や家具、クッション、ラグなどの色です。柄のカーテンの場合でも、このアクセントカラーを使った柄を選ぶとまとまりやすいでしょう。

注意としては、部屋とカーテンのコントラストをつけ過ぎないということです。パステルカラーの優しい部屋に、原色のカーテンを合わせてもチグハグで調和しません。トーンに気を付けて、雰囲気を引き立てるような色選びが大切です。

壁の色に合わせた選び方:インテリアの雰囲気

選び方としては、まず部屋のイメージを決めることです。お気に入りのものがあれば、カーテンの色や柄を選んでから部屋のイメージを考えても構いません。

カーテン屋やインテリアコーディネーターなどに、イメージを伝える場合は注意が必要です。イメージ写真を、雑誌などから集めてスクラップブックにすると、細かいニュアンスを伝えられて失敗も少ないでしょう。

サイズでカーテンを選ぶ方法

基本的に、既製品や通販での見積の場合自分でメジャーを使って採寸します。注意点としては、窓のサイズを採寸するのではなくカーテンレールからのサイズを測ります。正確に採寸できないため、先にレールを取り付けてから採寸しましょう。窓のサイズだけで、購入してしまうと窓全体が覆われずに足りなくなってしまいます。

自分で採寸するのが不安な場合は、出張採寸サービスをしている店舗やオーダーカーテン屋へ依頼すると間違いないでしょう。

長さ

既製品のタグについている「丈」とは、レールのフックをかけるリングライナーの下からカーテンの裾までのサイズを指します。測る時は、メジャーが斜めになると正確な寸法にはなりません。必ず垂直に下ろしていきます。

掃出し窓の長さの選び方は、レールランナーの下から床までのサイズ-1~2cmが目安です。これをカン下寸法と言います。短すぎたり長すぎたりしないように、寸法を決めてください。

長さ:レースカーテン

レースのサイズの選び方は、ドレープと幅は同じにしますが丈は1cm短くします。これは、ドレープを閉めた時にレースが下からはみ出すと美しくないからです。

既製品のタグについている「幅」とは、レールの両端のフック間のサイズのことを言います。必ず、両端の固定されているフックの間を測りましょう。幅の選び方の基準は、はレールの長さ+10~30cmです。

腰高

腰高窓の選び方は、カン下寸法がリングライナーの下から窓の下枠までのサイズ+15~20cmです。漏れや熱が逃げるのを防ぐため、少し大きめになります。TVボードやチェストなど家具と当たらないようサイズを調整してください。

出窓カウンター付の腰高窓の選び方は、リングライナー下~カウンターの長さ-1cmが基準です。

機能からのカーテンの選び方

遮光

遮光カーテンの選び方は、1級~3級まであり1級が1番暗くて暗幕のような感じになります。同じ級でも、色や柄によって遮光の効果が変わるため注意が必要です。遮光の効果が高いのは、光を吸収する暗い色になります。

もう1つは、サイズを選び間違えると光漏れを起こすということです。カーテンを閉めても、合わせ目や上部、両側から光が漏れて明るさを感じてしまいます。級が高いほど、部屋が暗くなるため光漏れによって眩しさを感じるでしょう。これを防ぐためには、少し大きめのサイズを選ぶと良いです。

遮光:メリット

メリットは以下のようなものがあります。

・普通よりも光を遮る機能が高い
・直射日光や西日を遮ってくれるため、部屋の温度が上がることを防ぐ
・普通のものよりも分厚いため、外の車や電車の音、部屋からの音漏れを和らげる防音性がある

選び方として、日射しが強い、屋外の音がうるさい、生活音が近隣に筒抜けにならないようにしたいマンションなどの部屋にもおすすめです。

遮光:デメリット

遮光が好きな場合でも、結婚、子供が生まれるなど環境の変化がある時は選び方を見直しましょう。以下のデメリットをふまえ、リビングや子供部屋にも本当に遮光が必要かどうか検討することが大切です。

・部屋が暗くて電気をつける必要がある
・分厚く重い
・裏地があり風通しが良くない
・朝起きれなくなる
・おしゃれなものが少ない

朝も暗いため、寝坊してしまう可能性があります。朝に光を浴びないことで、睡眠のホルモンであるメラトニンの分泌が止まらず体内時計が狂ってしまいます。

遮光:安眠

夜勤で昼間に寝たり、真っ暗でないと眠れない方やホームシアターを楽しむ場合の選び方として1級がおすすめです。生地としては、ベーシックな色で無難な柄が多くデザインのバリエーションは少ないといえます。

紫外線も遮断するため、家具の日焼けも防いで長持ちさせることができます。昼間、ドレープカーテンを開けでも紫外線を防ぎたい場合はミラーレースを使うと良いでしょう。

ある程度光は防ぎたいけど、朝に暗すぎるのは嫌な場合は3級が良いです。安眠もできて、朝日を適度に感じることができます。

遮光:プライバシー保護

真っ暗になるのは嫌だけれども、夜電気を点けた時に透けて外から見えるのが気になるという方は多いです。プライバシーを保護したい場合の選び方は、2級や3級がおすすめです。生地の発色が良くなるため、1級よりも色やデザインなど選べるバリエーションが増えます。

遮熱

直射日光がきつくて暑い場合の選び方は、遮熱がおすすめです。夏は遮熱、冬は保温効果で1年中部屋を快適に保ちます。

高層マンションの部屋は、遮熱が向いています。太陽に近いので地上よりも暑いです。厚手の遮熱生地でも、FIX窓で開けられず風通しは必要ないので問題ないでしょう。夏もクーラー使用の際にエアコン効果も高まります。もう1つは、戸建の寝室と子供部屋です。西日で部屋に熱がこもるのを防いでくれます。

逆に、風通しが良くエアコンの必要がなくて、窓の外の景色を楽しみたい場合は、向いていないといえます。厚地タイプとレースタイプの2種類があります。レースは、透け感や裏地の光沢感に好みが分かれるため、必ずサンプル生地を取り寄せて確認しましょう。

部屋のタイプに合ったカーテンの選び方

カーテンの選び方|色柄別/サイズ別/機能で選ぶポイント

リビング

リビング:家族が落ち着けるもの

選び方としては、団らんする場所なので家族全員がくつろげるものを選ぶことが大切です。ベージュ・ブラウン・グリーン系のアースカラーや、アイボリー、植物柄は安らげるのでどんな人からも好まれます。

トーンを抑えた、イエローやオレンジ、ピンクなどの暖色系も温かみのある空間になります。家族で、どんなカーテンがリラックスできるのか話し合って決めると良いでしょう。

リビング:来客を考える

来客を考えた選び方は、どんな人にも好まれるアースカラーやオフホワイト系を基準にすると間違いないです。ただ、これだけだと寂しいインテリアになりがちなので、クッションや家具、ラグなどでアクセントカラーを加えるのがおすすめです。

リビング:注意点

避けた方が良い選び方は、原色や派手な色、にぎやかな柄です。道路に面していたり隣家が近くて人の目線が気になる時は、ミラーレースなど外から見えにくいレースを選ぶと落ち着きます。

寝室

寝室:光を遮る

夜の外灯の光などが気になる方の選び方は、安眠のために遮光生地が良いです。ただし、暗すぎるのは困る時はある程度光が入る、遮光効果の低い2級や3級を選ぶと良いでしょう。朝日で自然に目覚めたい時は、非遮光をおすすめします。

寝室にいるのは、ほとんど夜だけという時はレースをつけずドレープのみで良い場合もあります。

寝室:落ち着く色

風水では使った運を補い、疲れを癒して明日の活力を生む重要な空間です。選び方に、決まりはなく家族がリラックスする色で良いですが、迷う時は以下の色を参考にしてください。

筋肉が1番リラックスする色はベージュになります。ベースカラーとして使い、ブラウンや色味をアクセントカラーに加えると良いです。カーテンも、無地ではなくベージュ地に柄が入っているものならうるさくなりません。

青や緑、ラベンダー色もおすすめです。紫は、青紫系にすると上品になります。明るめの落ち着いたトーンが落ち着きます。寝室や寝具の色で避けた方が良いのは黒やグレーです。陰の気が強く、運気を落とすと言われています。

寝室:遮熱

夏や冬は、エアコンが欠かせません。でも、寝る時につけっぱなしでは乾燥するので避けたいところです。遮熱なら、屋外の熱や冷気を遮断するためエアコン効果が高まります。安眠のためには、部屋の暖かさや涼しさを保つことが大切です。

和室

障子は、光を和らげたり熱を防ぐ機能がありますがそれだけでは足りません。和室を寝室にしている場合の選び方は、遮光や断熱性のあるカーテンが良いでしょう。UVカットのレースをつけると、障子を開けた場合も畳の焼けを防いで長持ちさせます。

和室:畳コーナー

和室の中でも、床の間のある純和風から、洋風のリビングの一角にある畳コーナーまで種類があります。畳コーナーの場合、扉があっても開けたままで使うことが多いです。畳コーナーの選び方は、リビングの窓と一緒に視界に入るためお互いに調和するものを選びます。

選び方の順番としては、先にリビングのカーテンを選び、それになじむもので畳コーナーを考えるとまとまりやすいです。全く同じでなくても、柄の中の色がリンクしていたり、同じ色の濃淡でも調和します。

和室:素材

素材の選び方として、メンテナンスを考えると、ポリエステルがおすすめです。ポリエステルのカーテンでも、ざっくりした素材やジャガード織なら和風のイメージに合います。柄も、シンプルを心掛けると和モダンになります。他には、和紙調のプリーツスクリーンやウッドブラインドも相性が良いでしょう。

和室:色

色の選び方は、和室と同じ系統の色であるグリーン・ベージュ・ブラウンなどアースカラーが相性抜群です。自然素材を活かすため、ナチュラル系のイメージにすると上手くいきます。ふすまの色や、畳の縁の色をリンクしてカーテンに使うとインテリアになじみやすいです。

リビングとひと続きの、畳コーナーの場合は、アクセントカラーとしてポイントで色を加えると、グッと引き締まるでしょう。えんじ色やオレンジは、鮮やかでも合います。少しトーンを落とした、ピンクや紫も優しい雰囲気です。

ワンルーム

ワンルーム:広く見せる

狭いワンルームの選び方では、壁の延長線になるオフホワイト・生成り・ベージュ・パステル系を選ぶと広く見えます。ただ、寂しい印象になりがちなので家具やラグでアクセントカラーを入れて自分らしい空間にするのがおすすめです。

同じ目の錯覚として、横ラインのボーダーなら部屋を広く見せてくれるでしょう。部屋の中で、多くの色があると狭く見えるため家具とカーテンの色を合わせるとまとまりが出ます。

ワンルーム:プライバシー

ワンルームの選び方として、キッチンから食事、寝るところまで全て1つの空間であるためプライバシー対策が必要になります。遮光カーテン+ミラーレースの組合せがおすすめです。

一人暮らし

一人暮らしは、狭い空間の中で家具をあまり置けないためファブリックを統一するとまとまりのあるインテリアになります。選び方としては、カーテンとラグの色味を揃えましょう。柄を揃えたり、同じシリーズの色違いにすることでも統一感が出せます。

女性の選び方は、カーテンの透け感や漏れる光などプライバシーを考えなければいけません。花柄や女性らしい色のカーテンが、外から見えると女性の1人暮らしであることがわかるため覗かれたり犯罪にあう可能性があります。

遮光2級か3級なら、デザイン性も選べるためオフホワイト系の女性らしい柄にすることもできます。昼間も外から見えにくいミラーレースを合わせると良いでしょう。

狭い部屋

選び方として、ワンルームと同じように目の錯覚で広く見せて狭さをカバーします。色は、膨張色である暖色系で大きく見せます。柄の選び方は、横に広がって見える横ラインのボーダーにすると良いです。暖色系で横ボーダー柄であれば、1番広く見えるでしょう。

新築

新築:オーダーカーテン

新築の選び方は、決めることが多くて引越まで忙しいためオーダーカーテンがおすすめです。プロに採寸してもらえ、既製品カーテンにはサイズがない大開口の窓にも対応できます。戸建で、9~11窓の場合の相場は30~50万円です。

できれば、引渡し間際でなく設計段階からカーテンの打合せをすることが大切です。エアコンやクローゼットの扉が、カーテンレールと干渉したり、下地が入ってなくてカーテンレールがつけられないこともあります。設計段階で、窓の位置をずらすかサイズ変更、下地を入れてもらうことも可能です。

納期は、1週間から10日になります。引渡しの繁忙期である、12月や3月は通常より納期がかかるので注意が必要です。

新築:予算がない時

予算がない時の選び方として、カーテンレールだけはプロにお願いした方が安全です。自分で取り付ける場合、DIYに慣れていない方は水平に取り付けるのも大変です。また、取り付け方によっては落下する可能性もあります。リビングや主寝室だけ、オーダーカーテンでつくり、子供部屋はすぐに大きくなるので安い既製品にしても良いでしょう。

新築:機能

新築では、完成した状態がイメージできないためカーテン選びが難しいといえます。選び方は、立地や窓の向きを図面で見て部屋ごとに機能性を考えることになります。道路に面していたり、隣家が近い場合は遮光性やミラーレースを検討していきます。

マンション

マンション:レース

プライバシーを守る選び方として、ミラーレースがありますが裏面の光沢感が気になったり、デザイン性のあるものが少ないという欠点があります。デザイン性も叶えながら、プライバシーを守るレースとして、「オフシェイド」というものがあります。

「オフシェイド」マークは、外からの見えにくさで4段階に分かれます。ミラーレースと比較して、デザインのバリエーションがあり軽いという特徴があります。

マンション:ブラインド

もう1つ、プライバシーを守る選び方はブラインドです。羽の角度を変えることで、昼間は光を採り入れながら視線を遮ることができます。アルミや木の素材だけではなく、最近は布やポリエステル素材のブラインドもあります。ただし、洗濯はできないためメンテナンス方法を良く確認して検討しましょう。

風水に合わせたカーテンの選び方

風水のカーテンの選び方として、どの方角に窓があるかを確認し、上げたい運気によって方角と色の組合せを選びます。特に、寝ている間に運気を補うため寝室のカーテン選びが重要になります。効果を上げるためには、以下の3つのポイントを守りましょう。大切なのは、風水だけに頼るのではなく、自分や家族が落ち着いて暮らせる環境をつくることです。

①カーテンを開けて、日射しを採り込み換気する。暗くなる前に閉めて運気を逃さない。
②部屋もカーテンも掃除・洗濯して清潔に保つ。
③良い運気を逃さないため、カーテンはドレープとレースの二重にする。

風水:色

・ベージュ:安定運として万能のカラー。上げたい運気の方角に使うと良い。南東では恋愛運、南では人気運、北西は出世運アップの効果あり。
・ブルー:仕事運アップ。東側。
・ピンク:恋愛運アップ。寝室や北側。
・オレンジ:結婚運・恋愛運アップ。東南側。
・グリーン:健康運アップ。南西側。
・イエロー:金運アップ。西側。イエローは強くて使えない場合は、ベージュ・クリーム色でも良い効果あり。
・ホワイト:初心に立ち返ったり、気を浄化するのに効果あり。北側。ゴールドの性質もあるので金運アップもあり。
・ブラウン:家庭運アップ。南西側。

風水:柄

・チェック:安定運アップ
・水玉:金運アップ
・星:金運・仕事運アップ
・花柄:恋愛運アップ。大きな花柄は新しい出会い、小花柄は今の相手と良い関係を維持したい場合に効果的。

カーテンで毎日の暮らしが変わる

いかがでしたか。カーテンの選び方によって、環境が変わるだけでなく心と身体にも影響します。窓は、大きい面積のためカーテンは快適な暮らしをつくる大事な要素の1つです。なんとなく選ぶのではなく、自分や家族が心地よく生活するためにじっくり考えてみましょう。

Latests