Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月29日

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車の維持費は高いというイメージがありますが、実際の維持費はどれぐらいなのかを記事では紹介しています。車の維持費の目安を知ることで車を購入するときの参考になります。車の維持費の節約方法も紹介しているため、節約したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車種類別の維持費の目安

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車を買う人は車の維持費が気になるものですが、車の維持費の目安は車の種類により異なります。維持費の中には任意保険・自賠責保険・駐車場代などがありますが、いずれも月単位で発生する維持費です。

自賠責保険は条件ごとで一律の金額になりますが、任意保険や駐車場代は人により維持費が異なります。駐車場代などは田舎と都会では大きく金額が異なることがあります。下記では車の種類ごとに維持費を紹介していきます。

種類1:軽自動車

LA共済の調査によると軽自動車の年間維持費は約38万円でした。内訳は下記のとおりですが、月払いではなく一括で支払うものもあります。

・自動車税
・重量税
・自賠責保険
・自動車任意保険
・点検費用
・車検費用
・駐車場代
・燃料代

軽自動車であっても駐車場は必要ですが、軽自動車であれば自宅内の狭いスペースに入れることは可能なため、月ごとにかかる駐車場代を節約しやすいです。

種類2:小型自動車

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

JA共済の調査によると1.5クラスのコンパクトカーの1年間あたりの維持費は約44万円でした。内訳は下記のとおりですが、こちらも月払いではなく一括で支払うものがあります。

・自動車税
・重量税
・自賠責保険
・自動車任意保険
・点検費用
・車検費用
・駐車場代
・燃料代

軽自動車と比較すれば維持費は高いですが駐車場代は同じでした。

種類3:大型自動車

大型自動車の維持費はJA共済のサイトではまとめられていなかったため、他のサイトの情報をもとに計算しました。その結果は約52万円でした。内訳は下記のとおりです。

・自動車税
・重量税
・自賠責保険
・自動車任意保険
・点検費用
・車検費用
・駐車場代
・燃料代

大型車は車種により燃費が大きく異なる可能性があるため、こちらの維持費は参考程度にすればいいでしょう。同じ大型車でも外車と国産車ではガソリンの消費量が違います。

自動車にかかる維持費の種類

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車を維持するためにかかる維持費の内容はさまざまです。月ごとに支払うものもあれば一括で支払うものもあります。また燃料代のように月の走行距離により大きく変わるものもあります。

下記では車にかかる維持費の内容を詳しく紹介していきます。それぞれの項目名は多くの人が知っているでしょう。しかし項目を整理することで車の維持費の計算がしやすくなります。

種類1:自動車税

自動車税は毎年4月1日時点で自動的にかかりますが、税額は総排気量により決まります。排気量別の税額をまとめましたが将来的には変更になる可能性があるため、自動車税を管轄する事務所で確認すればいいでしょう。

自動車税はコンビニ(コンビニエンスストア)やPay-easyでも支払いが可能です。支払い方法の詳細は管轄事務所で確かめてください。

総排気量1年
1.0L以下29,500円
1.0L超~1.5L以下34,500円
1.5L超~2.0L以下39,500円
2.0L超~2.5L以下45,000円
2.5L超~3.0L以下51,000円
3.0L超~3.5L以下58,000円
3.5L超~4.0L以下66,500円
4.0L超~4.5L以下76,500円
4.5L超~6.0L以下88,000円
6.0L超111,000円

種類2:車検

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車検の正式名称は自動車検査登録制度で、車と排気量250cc超の自動二輪車に対して義務付けられています。車でもミニカーや小型特殊自動車は対象外です。車検制度は1951年に義務化されましたが、1973年からは軽自動車に対しても義務付けられるようになりました。

車検代

車検代は対象の車種により異なりますが、基本的に車検には法定費用と車検基本料があります。法定費用とは自賠責保険・重量税・印紙代の総費用です。

車検基本料とは車検の最低金額と考えたらいいですが、ここには車の部品の交換費用は含まれていないため実際は車検基本料金以上になります。

また車検を受ける場所によっても車検基本料は異なります。車検を行う場所にはディーラーや民間整備工場などがあります。

自賠責保険

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

自賠責保険は強制保険のため、これに加入していなければ車検を受けられません。自賠責保険料は車検時にディーラーが立て替えて支払うこともありますが、車検費用と一緒に請求されます。

自賠責保険料は自家用乗用車で25,830円で、軽自動車は25,070円になります。紹介した自賠責保険料は24カ月分です。

自賠責保険は一見高く感じますが、自家用乗用車の場合は月に直せば1076円程度なので十分に払える額です。

重量税

車検時には重量税も支払いますが、一括払いです。重量税の内訳は下記になります。

・500kgは8,200円
・500kg~1t以下は16,400円
・1t~1.5t以下は24,600円
・1.5t~2t以下は32,800円
・2t~2.5t以下は41,000円

重量税は車の車両重量により課せられる額が決まります。紹介した税額を12で割れば月あたりの税額を求められます。

種類3:メンテナンス代

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

メンテナンス代も車の維持費に関わってきます。定期的にディーラーや整備工場にメンテナンスを依頼するオーナーもいますが、自分で月に何回か点検して自らメンテナンスするオーナーもいます。

メンテナンスの種類により1人でも交換できるものがあります。しかし少しでも不安を感じたら業者にメンテナンスを任せた方がいいです。下記では主に発生する車のメンテナンス項目を紹介していきます。

エンジンオイル

車のエンジンオイルにはエンジンをスムーズに作動させるなどの役割がありますが、1人でも交換は可能です。エンジンオイルの交換は毎月する必要はなく、5,000kmぐらい走行したあとで交換するのが一般的です。

エンジンオイルが劣化してくれば車の燃費にも影響を与えます。またエンジンがスムーズに作動しなくなるためパワーが低下する可能性もあります。

オイルエレメント

オイルエレメントとはエンジンオイルを濾過する働きをします。オイルエレメントは円状のフィルターですが、走行距離に比例して汚れが目立つようになります。

オイルエレメントも定期的に交換する必要がありますが、エンジンオイルと同じく毎月交換する必要はありません。交換の時期としてはオイルエンジンを交換したときでいいでしょう。

ワイパーゴム

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

ワイパーは雨の日に必要ですが作動中はワイパーゴムが劣化していきます。ワイパーゴムが劣化するとワイパーの役割を果たせません。ワイパーゴムを月ごとに交換する必要はありませんが、消耗品のため定期的に交換しなくてはいけません。

定期的に交換するワイパーゴムは維持費として計算しておくべきです。ワイパーゴム自体は高い物ではありません。しかし、使い方にもよりますが12カ月程度での交換が必要になります。

ブレーキオイル・パッド

ブレーキオイルが劣化してくると適切に油圧がかからなくなり、ブレーキの利きが悪くなります。下り坂なのでブレーキがかからなくなれば大変です。ブレーキオイルは月ごとに交換する必要はありませんが、数年に一回は交換した方がいいです。

ブレーキパッドはブレーキを踏んだときにディスクを挟むようになっています。それでブレーキがかかるようになります。ブレーキパッドも車の維持費として計算しておく必要があります。

タイヤ

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車のタイヤも維持費として計算しなければいけません。タイヤは地面と強い力で接触するため、年月を重ねるごとに目立って劣化することがあります。タイヤの劣化は走行距離や走り方にもよりますが、5000kmぐらい走行すれば1mm程度は摩耗すると言われています。

タイヤの溝は毎日チェックする必要はありませんが、月に数回程度チェックしていると安心です。劣化したタイヤでの走行は、事故を誘発するため危険です。

毎月必要になる車の維持費

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車のメンテナンス代も維持費のひとつですが、確実に月ごとに発生する維持費があります。月ごとに発生する維持費は家計の大きな負担になりますが、車を購入するときは冷静に月ごとの維持費を計算しましょう。

下記では月ごとに発生する車の維持費について紹介していきます。紹介する維持費の中には安いものもありますが、かさむと大きな負担になります。

月に必要な維持費1:ガソリン代

電気自動車は別として車はガソリンがなければ走行できません。ガソリン代は走る距離や走り方により異なるため、月ごとの正確な金額は算出しにくいです。

ガソリンの種類にはレギュラー・ハイオク・ディーゼルがありますが、各々が所有している車に適したガソリンを補給することが大切です。ガソリンスタンドの中にはセルフサービスのところがあるため、補給するガソリンには注意が必要です。

月に必要な維持費2:駐車場代

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

駐車場代は決して無視できない車の維持費です。車に乗らなくても月ごとの駐車場代は発生します。駐車場代は田舎であれば安いところが多いですが、都心部などでは3,0000円以上かかるところがあります。

自宅に駐車スペースがあれば最もよいのですが、車を購入するときは車庫証明が必要になり、駐車場を借りた場合の駐車場代は毎月の維持費として大きなウェイトを占めます。

月に必要な維持費3:任意保険料

自賠責保険は強制で誰もが加入しなくてはいけませんが、車に乗る人は任意保険にも加入するのが一般的です。任意保険にも加入する理由は、自賠責保険だけではカバーできないことが多いからです。

任意保険は月ごとに支払うのではなく、年ごとに支払うのが一般的です。車の運転手は加害者になる可能性があるため忘れずに任意保険にも加入しましょう。任意保険は一括で払うときは大きく感じますが、月に直せばそれほどでもありません。

月に必要な維持費4:自動車ローンの金利

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車を一括で購入した人は必要ありませんが、ローンで購入した人は毎月返済しなければいけません。ローンには金利が加算されるため、実際に借りた金額よりも多くの金額を返済する必要があります。

ローンを完済するまでは毎月金利を加算した金額を返済しなければいけませんが、毎月の金利が安い自動車ローンを選ぶことで維持費の節約になります。

月に必要な維持費5:高速料金

高速道路を使わない人は高速料金を維持費として計算する必要はありませんが、車通勤している人などは高速料金も車の維持費用として計算しておくとよいです。

時間帯により一般道路が空いていることがあるため、時間をずらして車通勤すると節約になります。

車の点検できるツール

こちらの商品は車の状態をチェックするツールです。車を定期的に点検することで車の部品の異常や劣化が見つけやすくなります。車の部品の異常や劣化を早く見つけることで、維持費の節約になることがあります。

こちらの商品はOBDII用のため車の差し込み口が対応しているか調べる必要があります。車の説明書を読んで確認しましょう。差し込み口が少し分かりにくい車もあります。

同じような商品がいっぱい出ていますが基本的に使われているOBDⅡ通信用デバイスは同じなので、選ぶとしたらデザインと大きさ電源SWの有無くらいになるかと思います。ただあまりにも安い物は半田付け等の品質信頼性の面で心配だったので高すぎず安すぎずと云う商品で選びました。通信も説明通りの手順で行えば通信端末(携帯電話、etc)と問題無く出来ます。私は、XperiaとLenovoA1で使えています。たまにうまく通信出来ないとか、データ表示が出ないと云った記述も見受けられますが、恐らく大概はプロトコルの設定が車種とマッチしていないからでしょう。使用するうえで本商品が通信端末側で認識、ペアリング出来ているようであればソフト側の設定に起因する問題です。ソフト側で車種にマッチしたプロトコルをちゃんと設定すればまず問題無く使える筈です。アプリによっては設定方法が明記されていなかったりAUTOSCANだとちゃんと選んでくれないものもあります。このあたりはいくつかのアプリを試す、プロトコル設定を変えて試す等の努力も必要かと思われます。あとBluetooth通信なのでレスポンスが遅れる事は承知しておく必要があります。

出典: https://www.amazon.co.jp/Zappa-ELM327-OBD2%E3%82%B9%E3%82... |

車の維持費の節約方法9つ

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車の維持費は毎月の負担になるため節約が大切です。下記では一般的な車の維持費の節約方法を紹介しています。紹介するものの中には意外な節約方法もありますが、合理的な理由があるので参考にしてください。

方法1:軽自動車を選ぶ

総合的に考えて軽自動車は維持費が普通車よりも安いです。重量税の額も普通車よりも安く一律です。ほかには自動車税も普通車と比較すれば目立って安いです。

軽自動車は月ごとに発生する駐車場代は普通車と同じですが、燃費は普通車と比較すると良いことが多いです。燃費の良い軽自動車に乗れば、ガソリン代を大きく節約できます。

方法2:新しい車を選ぶ

車を購入した人は自動車税を支払う必要がありますが、自動車税を低く抑えるには新車を購入した方が安くなることがあります。

新しい車よりも古い車の方が自動車税が高くなることについて納得いかない人もいるでしょう。しかし自動車税のグリーン化特例という政策により、13年以上超過した車は課税額が増えるようになりました。

古い車は税金が高くなることがある

具体的にはどのような古い車が対象になっているのでしょうか。下記では具体的に紹介しているため中古車を購入するときの参考にしてください。

・2004年3月以前に登録されたガソリン車/LPG車
・2006年3月以前に登録されたディーゼル車
・2004年3月以前に登録された軽自動車は20%の重課

中古車を購入するときは登録年数にも注意することが大切です。自動車税も節約対象の一つです。

方法3:エコカー減税対象車を選ぶ

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

国土交通省は減税対象車をホームページで記載しています。エコ減税車とは環境性能に優れた車ですが、最近は電気自動車などの環境に優しい自動車が増えてきました。

減税になるのは自動車取得税と自動車重量税ですが、自動車取得税は購入時の節約になり自動車重量税は購入時と購入後の節約になります。

方法4:お得なガソリンスタンドを利用する

ガソリン代は車の維持費の中で大きなウェイトを占めます。ガソリン代を節約することは極めて大切なことです。ガソリン代は月により異なることが常ですが、月ごとの平均的なガソリン代を算出しておくとコスト削減意識が強くなります。

ガソリンスタンドによりガソリン代は異なりますが、最も安いのはセルフ形式のガソリンスタンです。1人での利用が不安な場合もあるでしょうから、最初は詳しい人と一緒に行くとよいでしょう。

方法5:料金の安い駐車場を探す

駐車場は毎月料金が発生するため車の維持費用の大きなウェイトを占めているので、できるだけ安いところと契約した方がいいです。しかし、あまりにも離れた場所の駐車場は不便です。

ひたすら安い駐車場を探すしかないのですが、最近ではインターネットサービスのパーキングナビでも駐車場を探せるようになりました。さまざまな駐車場を扱っているため参考にしてください。

方法6:低金利の自動車ローンを利用する

ローンで車を購入した場合は毎月の分割料金も大きな維持費用になります。しかし、分割払いに加算されるローンの金利を安くすれば月々の負担を減らせます。

金利の安いローン会社を選ぶにはインターネットで比較検討するのが最もよいのですが、実際の利用者の声を聞くのも役に立ちます。

方法7:任意保険を見直す

任意保険の保険代も保険会社により異なります。任意保険を掛けるときに大切なことは、必要な項目だけをカバーしているものを選ぶことです。最初は必要な項目内容がわかりませんが、更新するときに不要なものを外しましょう。

方法8:安全運転を心がける

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

間接的な車の維持費の節約方法になりますが、安全運転することも大切です。安全運転を心がけると事故が減りますが、事故を減らすことにより車の部品代などの余計な出費を抑えられます。

事故が少ない人の保険料は割引されることが多いため、余計な出費は任意保険にも関係してきます。

方法9:こまめなメンテナンスを行う

こまめに車のメンテナンスをすることも、車の維持費用を抑えるためには大切なことです。こまめにメンテナンスすることにより、部品が長持ちすることが多いです。

車の部品は経年劣化してきますが、こまめに点検とメンテナンスをすることで最小限の部品の交換で済みます。

維持費を踏まえて車を選ぼう

自動車にかかる維持費の種類と毎月かかる維持費|節約方法9つ

車を維持するには車の購入代金を払うよりも大変なことが多いです。車を維持すれば月ごとに出費が発生し、毎月出費する金額を年額に直すと大きいです。

車を衝動買いする人の中には、車の維持費用で苦しむ人が多いです。車に乗っている限りは毎月のように出費があるため、自分の収入と出費のバランスを考えなくてはいけません。それができなければ、最悪の場合は借金を抱えることになります。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

インターネットには車に関する有益な情報が多いです。カーディーラーや中古車販売業者が情報を発信していることもありますが、一般の人からの情報も多いです。

車を購入するときはディーラーや中古車販売業者の情報を中心にチェックするのがいいですが、購入後の車の維持に関しては一般の人の情報も役に立つことがあります。車のメンテナンスや維持方法を知りたい方は、一般の人の記事も参考にしてください。

Latests