Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月25日

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

スーツに革靴を履けばそれだけでビシッと決まります。しかし革靴は扱いによってひび割れを起こすことがあります。ひび割れがひどくなる前になんとかしたいものです。修理や修復、どうしたらキレイに履き続けれるか革靴の日々の扱いについて考えます。

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

革靴のひび割れの修理方法

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

革靴のひび割れは靴屋さんでも元のような状態に修理することは、残念ながら無理であると言われています。補修して少し目立たなくするくらいしかできません。靴屋さんに「ひび割れの修理は無理なんです」と言われたことがある方もいるのではないでしょうか。

重度のひび割れになると直すことは難しくなってしまうので、ひび割れが軽いうちにそれ以上悪化しないようにメンテナンスをすることで目立たなくすることができます。

革靴のひび割れを修理する方法
1.ブラシで状態を改善
2.パテで埋める方法
3.紙ヤスリを使って削る方法
4.パッチを貼って革靴のひび割れを隠す方法

この3つの方法のうち自分でも修理することができるのは、ブラシ、パテと紙ヤスリで直す方法です。パッチを貼ってひび割れを隠す方法は、自分では直すことができないので靴修理店にお願いしましょう。

革靴はどうしてひび割れるのか?その原因

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

革靴を大切にお手入れしていても、気がつくとひび割れてしまうことがあります。その原因は、乾燥が一番多いと言われています。乾燥することによって靴の表面上にシワができてしまい、段々ひび割れになってしまいます。

革靴の乾燥

革靴は動物の皮からできていますので、私たちの皮膚(肌)と同じように、革の乾燥を避けなければなりません。お手入れをしっかりしないと乾燥して傷んでしまいひび割れを起こしてしまいます。

間違った革靴のお手入れ方法

革靴を大切に何年も履きたいと思うあまり、丁寧にたっぷりクリームを塗ってお手入れしてしまうと、革靴の革はよく息をすると言われるように、そのクリームの塗りすぎによって通気性を損ねてしまいます。そのクリームが時間の経過とともに酸化してしまい負担がかかり、それが原因でひび割れが起こってしまうことがあります。

クリームの量が多すぎても、革靴は傷んでしまいますし、手入れ不足も革靴を傷ませてしまいますので注意が必要です。靴に栄養を与えるクリームは毎日使う必要はなく、月に1度ほどの使用で良いでしょう。

革靴の履きすぎによるひび割れ

お気に入りの革靴のため、いつも履き続けていると革が疲れてしまい傷んでしまいます。休めることも必要です。革靴を長く履き続けるためには、複数の革靴を使用し毎日履き続けないことが、革靴を長持ちさせる方法です。1日履いたら次の2、3日はお休みした方が良いでしょう。

軽い革靴のひび割れを補修

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

軽いひび割れは馬毛ブラシで汚れを落としクロスで磨く、それだけで目立たなくきれいになることがあります。ブラシだけで改善されない時は、クリームをつけて豚毛ブラシをかける。クロスやストッキングでみがくとツヤが出てきます。汚れがひどい時は、クリーナーを使いましょう。

軽いひび割れ補修やひび割れの予防になるお手入れ道具は、馬毛ブラシ、豚毛ブラシ、靴クリーナー、靴クリーム(乳化性クリーム)、クロスです。これがあれば、軽いひび割れの改善、予防になります。

革靴のひび割れをパテで補修

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

軽いひび割れの箇所はブラシをするだけで直りますが、ブラシだけでは改善されない時、パテを使って補修する方法があります。中間くらいのひび割れはパテを使い、ひび割れしているところに埋めてひび割れを目立たなくします。その上から革靴にあった色のクリームを塗ると、より目立たなくすることができます。

しかし屈曲部分のひび割れには、パテで埋めて補修してもすぐととれてしまう場合があり、革靴の修理店に相談するのが良いでしょう。ひび割れは軽いうちに手当してそれ以上進行しないよう予防するのが良いでしょう。

おすすめのパテ

コロンブスのアドベースチューブは、革靴やバックなど革製品の傷を埋めて目立たなくするパテです。ひび割れや傷を埋め込むことによって傷を平にする方法です。ひび割れが深い時はアドベースを塗った後にアドカラーで塗布し色を塗ることで、目立たなくすることができます。

パテの口コミ

お気に入りのレザーのサンダルに購入しました。革張りのヒールに深い傷が入っていたため、アドカラーだけでは修復が難しかったのでアドベースを塗布してからアドカラーを塗りました。何処が傷だったか分からないくらい綺麗に修復できてびっくりしました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RGVH9QX2G5P5... |

革靴のひび割れをヤスリを使って補修

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

大きく目立ってしまうひび割れには、ブラシやクリームでは直すことはできませんので、ひび割れ部分を削って補修する方法があります。革靴を紙ヤスリで削りはじめ、ちょっと勇気がいりますが、細かい紙やすりで革の様子を見ながら、ひび割れ部分だけを削っていきます。削った部分に革靴と同じような色合いのクリームをつけ、同じような風合いを出して目立たなくする方法です。

おすすめの紙ヤスリ

革靴のブラシやパテで直すことが難しいひび割れには、革を削るためには目の細い紙ヤスリが向いています。紙やすりを使うとひび割れを確実に落とせますが、革の色合いも油分も削りとられます。ひび割れの箇所以外の革を傷つけてしまうことがあるため、紙ヤスリの番数は1000番以上がおすすめです。

耐水ペーパーミニセット#1000、#2000、#3000 18枚入り、革靴の修理、キッチン、ホビーなどに使える耐水の紙ヤスリです。使いやすい大きさにカットされています。

紙ヤスリの口コミ評価

革靴の修理のために購入しました。届いてから早速使ってみたのですが、表面がとても滑らかになりました。何枚か入っているのでまだまだつかえそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp/BIGMAN-%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%... |

革靴のひび割れにミンクオイル

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

ミンクオイルは油分を補給して乾燥を防ぐ効果がありますので、オイルレザーや革底、革靴や革製品などの乾燥がひどい場合、薄く塗ることで革に栄養を与えて劣化を防ぎます。ミンクオイルは革靴の革を柔らかくしますので、新品の固すぎる革靴や傷みがひどい時に少しつけるのが良いでしょう。

ミンクオイルの使い方
1.革靴の汚れをきれいに落とします。
2.乾いた布にミンクオイルを少しつけて革靴を拭いていきます。
3.ミンクオイルが全体になじんだら、乾いた布でお余分な油をおとすために全体をふきます。

ミンクオイルはつけすぎてしまうと、油分が多すぎて革靴を傷めてしまいます。つける時はあくまでも少量だけです。

乾燥に効果のコロンブスミンクオイル

コロンブスミンクオイルクリームは、ミンクオイルと言うとベタつくような気がしますが、このオイルはベタつきがなく、伸びがよくしっとりとしあがるタイプです。匂いも気にならずに使用することができ、革に潤いを与えてくれます。

コロンブスミンクオイルの口コミ

革靴、ブーツ、鞄の手入れに使用しています。
ベタつきや嫌な匂いもなくしっとりと仕上がります。
今は色々なケミカル類がありますが、これが1番お気に入りです。

出典: https://cms.gg-media.jp/topics/1033335/edit |

リーガルの修理

リーガルは日本を代表する修理して長く履くことができる老舗の革靴のブランドです。リーガルの革靴も軽いひび割れならば、レザーソープなどで汚れをしっかり落とした後にミンクオイルをつけて乾燥を防ぎ保湿することで少し目立たなくすることができます。

リーガル革靴の強いひび割れは染め直しをして修理する方法があります。ひび割れを削って染め直します。ひび割れの修理よりも新しく買い替えの方が良い場合がありますので、窓口に相談してみるのが良いでしょう。

革靴のひび割れをパッチで隠す方法とは

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

革靴のひび割れをパッチで隠す方法があります。これは革靴のひび割れに別の革を貼って補修する方法です。「チャールズパッチ」とも呼ばれています。イギリスのチャールズ皇太子が愛用している革靴に施されていた補修方法です。そのため「チャールズパッチ」と呼ばれるようになりました。

「パッチ」での補修は、履きなれた愛着のある革靴を、また履くことができるので嬉しい方法です。しかし、仕上がりが別な革靴の様子に変わりますので、靴の修理専門店へ相談の上、修理するか買い替えるか考えるのが良いでしょう。

革靴を長持ちさせるお手入れ方法

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

軽いひび割れ程度でしたら、ブラッシングで直ることもあり、細かいひび割れも毎日のお手入れで目立たなく、補修する必要がなくなることもあります。細かいひび割れにはクリーナーとブラシで革靴の汚れを落とし革靴のクリームを塗り革靴に刷り込んでなじませます。クロスできれいに磨いていきます。

革靴のクリームは乳化性クリームや油性クリーム、油性ワックスなどがありますが、乳化性クリームは水分、油脂、ロウが主な成分で保湿効果があります。ツヤも出るので、クリームを塗りすぎることもなく初めて革靴のお手入れをする方に良いでしょう。

革靴を履いた日のお手入れ

履いた日のお手入れと言うと大袈裟ですが、1日革靴を履くだけでコップ1杯分の汗を吸うと言われています。革靴を乾燥させることが大切です。シューキーパーを使うと型崩れ防止になり、お手入もしやすいです。

1.綿の布やブラシ(馬毛)で革靴の土などの汚れを落とします。
2.風通しの良い場所に靴を置き、乾燥させます。
3.革靴を1日履いたら、2.3日は休ませて乾燥させましょう。

雨にあたった革靴のお手入れ

雨にあったてしまった革靴は水に弱いので、布やキッチンぺーパーやティッシュペーパーで水気を取り、濡れた靴ひもをはずし、布で革靴を軽く叩くようにして水気を拭き取ります。革靴の中の水気はキッチンペーパーや新聞紙、ティッシュペーパーなどを入れ吸い取らせます。

シューキーパーを入れて乾くまで陰干ししながら2.3日は乾燥させましょう。革靴が乾燥したら、馬毛でブラッシングし汚れを落とし布で拭きます。乳化性クリームで栄養を与え豚毛のブラシでブラッシングし余分なクリームを取り除きます。

月に1度の革靴のメンテナンス

クリームを塗るお手入れは新品の革靴なら、履き始める前にクリームで保護し、週1回位の割合で1ケ月間はクリームを使用したお手入れを行います。その後は月1度位の割合でクリームを使ったお手入れを行いましょう。

ブラシで汚れを落とし縫い目やシワなどのところもしっかりブラッシングします。使用するブラシは汚れ落としようの馬毛のブラシです。汚れを落とし用のクリーナーを少し布につけ全体的に伸ばします。クリーナーはつけすぎないよう注意しましょう。

塗り終えましたら、きれいなな布でふきとり汚れを落とします。乳化性の革靴のクリームで靴に栄養をあたえ革靴の乾燥を予防し、ひび割れにならないように防ぎます。仕上げの磨き用の豚毛ブラシでブラッシングをして、布やクロスで磨いてツヤを出します。

革靴の保管方法

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

革靴は保管方法も革靴を傷ませない大事な要素です。革靴は1日履くだけで湿気を結構含んでいます。カビはえないように湿気をとり除く必要があります。保管場所は湿気の少ない場所に保管し、シューキーパーなどがあれば型崩れせずに保管することができます。

革靴はひび割れ前に予防しよう

革靴のひび割れの修理方法・補修方法・おすすめのパテ

よく靴を見ればおしゃれさんかどうか一番わかるなんて言います。靴がきれいにお手入れされていると印象も良く、爽やかに見えます。革靴のコツコツと言う歩く音は、都会的でそれもまた革靴の素敵な魅力です。

革靴を長持ちさせてキレイな状態を保つためには、日々の扱いが大切です。ひび割れができないように履いた日の革靴のケアと月1回の革に栄養を与えてるクリームを使って、大切にすると結構長く履き続けることができます。

革靴は保管に注意し基本のお手入れしてケアを続けいくことがとても大事です。お手入れを続けていくと、履くほどに足に慣れて歩きやすい革靴にもなりますので、愛着がもっと沸きます。履き心地が良いお気に入りの靴は、履いているだけで心も軽やかです。ひび割れは起こる前にひび割れ予防で、お気に入りの革靴を長持させましょう。

Related