Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

スエードの靴やサンダルの手入れ方法・水洗いする方法

スエードと言えば、カバンや靴、財布やベルトなど、さまざまな製品に使用されている素材です。スエードは、いったいどのようにして手入れをすれば良いのでしょうか?今回は、スエードの正しい手入れの方法や、汚れが付いてしまったときの対処法などを解説していきます。

スエードの靴やサンダルの手入れ方法・水洗いする方法

スマホ一つで洋服を楽々クリーニング!

Wash Close

洋服をクリーニングに出したいけれど、クリーニング店に行くのが面倒・・・。
そんな方におすすめなのが「Wash Closet」

Wash ClosetはスマホやPCからクリーニングの申し込みをして、あとは取りに来るのを待つだけ。
クリーニングが完了した洋服は家に届けてもらうことができるので、わざわざお店に足を運ぶ必要はナシ!

しかも、最大7ヶ月間無料で保管してくれるので、変色・害虫・カビなどの様々なダメージから洋服を守ることもできます!

PC・スマホから簡単申し込み

スエードの手入れ方法は?

スエードと言えば、バッグや衣類、手袋や小物類など、さまざまな物に使用されていますが、スエードの正しいお手入れ方法をご存知の方は、意外にも少ないのではないでしょうか。そもそもスエードとは、子ヤギや子牛などの皮の内側の面を、紙やすりなどで毛羽立たせたもののことです。しかし、実際に出回っている『スエード』の多くは、綿や化学繊維などを毛羽立たせている『フェイクスエード』も多いです。

そんなスエードは、いったいどのようにして手入れすれば良いのでしょうか。スエードの基本的な手入れの方法について解説していきます。

スエードの正しい手入れ方法は?

スエードは、細かい毛の集まりでもあるため、基本的にはブラッシングをして手入れをします。スエードを手入れする専用のブラシも販売されているので、そのようなブラシを使用してスエードをブラッシングし、日々の汚れなどを落とし、綺麗な起毛を維持しましょう。

また、スエードは、水に濡らさないことが大切です。スエードは、泥汚れなどの、水分を含む汚れに弱く、シミになってしまうと、落とすことが困難になります。また、水に濡れることで、スエードの起毛がきれいに戻らなくなったり、色落ちをしたりなどの原因になります。

スエードが汚れてしまった場合には、乾いた柔らかい布などで拭くことが推奨されています。濡れた布やタオルなどを使用すると、起毛が変になったり、こすった部分だけ色が抜けてしまうことがあるので、日常的に濡れたタオルで拭くなどの手入れを行うことは避けた方が良いでしょう。

靴やカバンなど、水に濡れてしまう可能性の高い物の場合には、撥水スプレーや、防水スプレーを事前に吹きかけておくと、カビや水濡れ、シミなどの予防になります。

スエードはヨレや型崩れにも注意!

スエードは、水濡れなどによって、カビが生えたり、変色や色落ちしてしまうこともありますが、そのほかにも、ヨレてしまったり、型崩れしてしまったりすることもあります。スエードは皮製品ですから、ちょっとした衝撃で形が崩れてしまったり、皮がヨレてしまったりすることがあります。そのため、扱いには十分注意する必要があります。

また、靴の場合には、シューズキーパーを使用したり、カバンの場合には、使わないときには中に詰め物をしておくことで、スエードの型崩れやヨレを防ぐことが出来ます。スエードは繊細な皮製品なので、丁寧に扱うようにしましょう。

スエードの靴の手入れ方法は?

スエードの基本的な手入れの方法について解説しましたが、ここからは、スエードの靴の手入れの方法について解説していきます。靴は、普段身に着けているものの中でも、最も汚れる可能性が高い物です。とくに雨の日などは、泥汚れや水汚れが付着しやすく、スエードの靴に限らず、靴をダメにしてしまうことが多いです。そのため、日々の手入れがとても大切になります。

スエードの靴は、いったいどのようにして手入れをすれば良いのでしょうか。スエードの靴の手入れの方法について解説していきます。

スエードのシューズの手入れ方法は?

スエードのシューズの手入れの方法は、まず、靴を履く前に防水スプレーや、撥水スプレーを吹きかけましょう。こうすることで、汚れやシミ、カビなどを防ぐことが出来ます。防水スプレーや撥水スプレーを吹きかけたら、しっかりと乾かしてから履くようにしてください。

スエードのシューズを履いたら、履くごとにブラッシングをするようにしましょう。そうすることで、小さな汚れもすぐに落とすことができ、落としにくい汚れになることを防ぎます。

毎日の小さな手入れによって、スエードのシューズを長持ちさせることが出来ます。

スエードのサンダルの手入れ方法は?

スエードのサンダルの場合は、スエードのシューズと違い、スエード以外の部分があらわになっていることが多いです。例えば、サンダルと、足の裏が密着する部分も、汚れやすくなります。

スエードのサンダルの手入れの方法は、スエードのシューズと同じく、履く前に防水スプレーや撥水スプレーを吹きかけ、履き終えた後には、軽くブラッシングを行います。サンダルは裸足で履くことが多いため、スエード以外の部分も汗などで汚れてしまうことがあります。臭いの原因にもなるので、スエード以外の部分は、履くごとに濡れた布などで拭き取るようにしましょう。

スエードの革靴の手入れ方法は?

スエードの革靴は、お値段も高いものが多く、手入れにも気う人が多いでしょう。スエードの革靴は、シューズやサンダルよりもより丁寧な手入れが必要になります。

スエードの革靴の手入れの方法は、まずブラッシングを行い、その後スエード専用のスプレーを吹きかけます。そうすることで、革靴独特の風合いが出て、かつ汚れも付きにくくなります。スエードの革靴が汚れた場合には、スエードの汚れ落としに良く使われる、砂消しゴムで汚れを擦り落とします。その後スエード専用のスプレーを吹きかけましょう。

また、スエードの革靴は、形をキープさせるためにもシューキーパーを入れておくようにしましょう。そうすることで、靴自体の形もキープすることが出来ますし、スエードがヨレてしまうことも防ぐことが出来ます。

スエードの靴を水洗いする方法は?

スエードは、基本的には水に弱く、水洗いをする手入れは避けた方が無難です。しかし、ひどく汚れてしまった場合などには、スエードを水洗いして、汚れを落としたくなることでしょう。とくにスエードの靴の場合には、泥汚れなどが付く可能性が高く、水洗いの手入れが必要な機会が多くなります。スエードは、水洗いをしても大丈夫なのでしょうか。スエードの靴を水洗いする手入れの方法について解説していきます。

スエードに水をかける

スエードの靴やサンダルの手入れ方法・水洗いする方法

スエードを水洗いする場合には、まず靴を水で濡らす必要があります。スニーカーのように洗濯機でガラガラ洗うことは出来ないため、しっかりと手作業で洗う必要があります。

まず、靴の中が水でびちゃびちゃにならないように、タオルを詰めます。タオルを詰めたら、スエードの靴の表面に水を掛けます。スエードの起毛1本1本に水が浸透するように、ゆっくりと水をかけましょう。少しずつ水をかけるのが難しい場合には、スポンジに水を含ませ、靴の上でスポンジの水を絞ることで、少しずつ水をかけることが出来ます。

スエード用シャンプーを使って洗う

スエードに十分水をかけることが出来たら、スエード用のシャンプーをブラシに含ませ、優しく円を描くように洗います。このとき、シャンプーをよく泡立てることで、スエードを傷つけるのを防ぐことができます。また、事前にしっかりと靴が水で濡れていないと、シャンプーが泡立ち辛くなってしまうので、しっかりとスエードを水で濡らしてあげることが大切です。

スエード用のシャンプーは、靴屋さんなどで購入することが出来ますが、今すぐ洗いたいけど手元に無いという場合には、頭髪用のシャンプーで代用することが出来ます。頭髪用のシャンプーには、髪を滑らかにする成分が含まれているので、スエードの起毛を滑らかにし、綺麗に毛羽立たせることが出来ます。

ただし、色落ちなどの危険もあるため、出来ればスエード専用のシャンプーや、靴磨き用のシャンプーを使用するようにしてください。また、手入れのときに使うブラシは、毛の柔らかい物を使用するようにしてください。

スエードを水ですすぐ

スエードをシャンプーで洗い、汚れがしっかりと落ちたら、少しずつ水をかけて洗い流します。このときも、スポンジに水を含ませ、スポンジを絞って水をかけると、簡単にすすぐことが出来ます。シャンプーが残らないように、しっかりとすすぐようにしましょう。シャンプーがスエードに付着したままになると、色落ちや、スエードの起毛が綺麗に毛羽立たない原因になります。

スエードを乾かす

しっかりとスエードからシャンプーをすすいだら、最後はスエードを乾かします。スエードを水ですすぎ終えたあと、そのまま自然乾燥させるのではなく、まずはしっかりと乾いたタオルで水気を拭き取りましょう。頭髪と同じで、スエードの起毛の1本1本の間にある水気を拭き取ることで、自然乾燥をさせる際にも乾燥時間が短縮します。

スエードは、長時間濡れた状態にしておくと、これもまた色落ちなどの原因になるので、乾いたタオルを2~3枚準備し、しっかりと水気を拭き取ってください。水気を拭き取るときは、ゴシゴシと拭かずに、優しく抑えるように水気を拭き取りましょう。

タオルで水気を拭き取ることが出来たら、最後にスエードを自然乾燥させます。このとき、日の当たる場所に乾かしたくなりますが、天日干しをすると、スエードの色が褪せる原因になるので、日陰で干すようにしましょう。日陰で、風通しの良い場所に、靴を立てかけて干すようにしてください。

また、早く靴を乾かしたいからと言って、ドライヤーや、温風器などの熱風を当てて乾かすことは避けてください。熱によって変形や、変色してしまう可能性があります。

最後にスエード専用のスプレーを!

スエードを乾かし終え、靴を履く前に、スエード専用のスプレーを吹きかけるようにしましょう。スエード専用のスプレーを吹きかけることによって、汚れが付きにくくなったり、色落ちやスエードの起毛の変形などを防ぐ効果があります。

また、水洗いによって万が一スエードが色落ちしてしまった場合には、スエードが色落ちしてしまったときに使用する塗料を塗って手入れをしましょう。お持ちのスエードの靴と同じ色の塗料が無い場合には、無色の塗料を使うことで、もともとの色を蘇えらせることもできます。ただし、同じ色にならないこともあるため、初めは目立たない場所で一度試すようにしてください。

靴以外のスエード製品も水洗いできる?

極端に汚れるスエード製品と言えば靴が代表的ですが、スエードの製品は、靴だけには留まりません。靴以外のスエード製品は、カバンやベルト、財布などの小物類も多くありますが、それらも水洗いをすることは出来るのでしょうか。靴以外のスエード製品の水洗いの手入れについて解説していきます。

カバンは水洗いで壊れることも!

スエードの靴の水洗いの方法を解説しましたが、スエードは、靴以外にも、ベルトやポーチ、衣類など、さまざまな物に使用されています。し

かし、その中でも水洗いを避けた方が良い物は、カバンです。スエードのカバンに限らず、カバンは、縫製だけではなく、接着剤などで布と布をくっつけていることもあるため、水洗いの手入れをすることによって、水やシャンプーの影響で、接着剤が剥がれてしまい、カバンが壊れてしまうこともあります。また、水洗いの手入れをすることによって、カバンの形が崩れる可能性が高くなります。

カバンは、靴屋その他の小物よりも、繊細な作りの物が多いため、水洗いは避けた方が無難です。汚れがひどいときには、部分的に濡れたタオルで拭き取ったり、砂消しゴムを使用して汚れを落とすなどの手入れをおすすめします。

型崩れや縫製方法で水洗いの判断を!

スエードの靴はどうしても汚れる確率が高く、もちろん靴ですから、ある程度は水に強い作りの物が多いです。そのため、水洗いの手入れをしてもさほどの影響はありません。しかし、カバンやポーチ、財布などの場合には、水洗いの手入れをすることを前提として作られていないため、水洗いの手入れをすることで、思わぬ型崩れや破損、色落ちや変色が起こることがあります。

スエードの靴以外のスエードの製品を水洗いする場合には、型崩れや破損、色落ちなどの可能性を十分理解したうえで水洗いの手入れをすることが大切になります。また、縫製方法などによって、水洗いの手入れをするかどうか、判断することも大切です。

水洗いできない物は部分洗いで対処!

水洗いの手入れをできないと判断したスエードの製品は、部分洗いの手入れをすることで対処しましょう。部分的に濡れたタオルや綿棒などを使用して部分洗いの手入れをしましょう。ただし、部分洗いをすることで、その部分だけ色落ちしてしまったり、変形することもあるので、まずは対象のスエード製品の目立たない部分でテストをすることをおすすめします。また、部分洗いの手入れをする場合も、手入れのあとは、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

カビているスエードの手入れ方法は?

スエードは、湿気や長期の保管によって、カビが生えてしまうことがあります。カビが生えてしまうと、白くなったり、臭いがついてしまったりして、履く気も失せてしまいます。スエードにカビが生えてしまったら、どのような手入れをして対処すれば良いのでしょうか。スエードのカビの手入れの方法について解説していきます。

重曹や酢を利用!

スエードにカビが生えてしまったら、まずはカビの生えた部分を濡れたタオルなどで拭き取りましょう。カビを落とすことが出来たら、スエードを陰干しして乾かします。スエードが乾いたあとに、またカビが浮き出てきた場合には、水洗いをするようにしましょう。

スエードが乾いてからカビが浮き出てこなかった場合には、濡れたタオルに、重曹を水で溶かした物や、酢を混ぜて、もう一度スエード全体を拭き上げしましょう。重曹や酢の殺菌作用によって、またカビが発生することを防ぐことが出来ます。拭き上げが終わったら、もう一度スエードを陰干しし、しっかりと乾燥させてください。

砂消しゴムでカビを落とす

スエードのカビを素早く取りたい場合や、すぐに使用したい場合には、砂消しゴムでカビを落とすという手入れの方法もあります。砂消しゴムは、スエードの汚れを落とすときに良く使用されるもので、靴屋さんなどで購入することが出来ます。

砂消しゴムで、カビが生えている部分を軽く擦り、カビを削り落とします。このとき、強い力で擦ったり、無理にカビを落とそうとすると、スエードが傷ついたり、起毛が削れ過ぎて、一か所だけ禿げてしまうことがあるので、優しく擦るようにしてください。

砂消しゴムでカビを落とす手入れの方法は、カビの範囲が狭い場合におすすめの手入れの方法です。カビが全体的に生えていたり、多くの個所にカビが認められる場合には、水洗いか、濡れたタオルで落とす方法をおすすめします。

カビ予防をしっかりと!

スエードは、湿気によってカビが生えることがほとんどです。そのため、スエードが濡れてしまった場合には、しっかりと水気を拭き取り、乾燥させてから保管するようにしてください。濡れたまま密閉した場所に保管しておくと、カビが生える原因になります。

また、スエードが濡れないように、事前に防水スプレーや、撥水スプレーを吹きかけることをおすすめします。スエードにカビが生えないように、事前に対策をすることも大切です。

スエードの汚れの手入れ方法は?

スエードの靴やサンダルの手入れ方法・水洗いする方法

スエードは、水洗いすることが出来ますが、汚れてしまった場合には、汚れに合った方法で汚れを手入れすることが大切になります。スエードの汚れは、いったいどのようにして手入れをしたら良いのでしょうか。スエードの汚れの手入れの方法について解説していきます。

泥汚れの場合は?

スエードの靴に多い汚れは、泥汚れです。とくに雨や雪などの悪天候の場合には、泥汚れが付きやすくなります。スエードが泥で汚れてしまった場合には、まず泥を乾燥させましょう。乾燥させることで、かえって汚れが落としにくくなると思われがちですが、泥が濡れたままの状態で泥汚れを手入れしようとすると、泥汚れが広範囲に広がり、ますます汚れを広げてしまう危険があります。そのため、泥汚れを手入れするときには、一旦泥を乾燥させましょう。

泥が乾燥したら、まずは泥をスエード用のブラシで払落し、その後砂消しゴムを使って泥を削り落とします。削るときは、優しく弱い力で擦るようにしてください。砂消しゴムであらかたの汚れを落としたら、その後スエード用のスプレーを吹きかけ、手入れは完了です。

ただし、泥汚れが広範囲に及ぶ時には、水洗いをして、全体の汚れを落とすことをおすすめします。

シミ汚れがついてしまった場合は?

スエードの靴やサンダルの手入れ方法・水洗いする方法

スエードに、しょうゆなどのシミがついてしまうこともあるでしょう。衣類でも多いしょうゆなどの水溶性の汚れやシミは、素早く手入れすることが大切です。長時間放置していると、ますますシミを落とすことが困難になります。

しょうゆなどの水溶性の汚れがついてしまった場合には、すぐに濡れたタオルなどで叩き、シミを落としましょう。このとき、こすって落とそうとすると、かえってシミを広げてしまうことがあるので、必ずポンポンと叩くようにしてください。

しょうゆなどの水溶性の汚れが付着して、長時間が経過してしまった場合には、中性洗剤(台所用洗剤など)を使用してシミを手入れします。シミが付いた部分を濡らし、綿棒などに中性洗剤を染み込ませ、こちらもまた、ポンポンと叩くようにして汚れを落とします。汚れが落ちたら、水をかけるか、濡れたタオルで何度か拭き、中性洗剤をすすぎます。

シミがなかなか落ちない場合には、中性洗剤を使って漬け置きする必要があります。スエード全体を漬け置きするのは難しいので、キッチンペーパーに中性洗剤を溶かした水を染み込ませ、シミの部分に貼ってしばらく放置しましょう。その後もう一度綿棒などを使って、叩いて汚れを落とし、最後に中性洗剤をよくすすいでください。濡れた部分は、陰干しし、よく乾燥させるようにしましょう。

どうしてもシミが落ちない場合には、砂消しゴムやサンドペーパーを使用して、シミを削り落とす手入れをしましょう。ただし、起毛の深くまでシミが及んでいる場合には、削り落とすことも困難になるので、素早い対処が何よりも大切になります。

血液がついてしまった場合には?

スエードの靴やサンダルの手入れ方法・水洗いする方法

靴擦れなどでスエードの靴に血液がついてしまったり、ケガをした指でカバンや財布などのスエード製品に触ってしまった場合に、血液のシミがついてしまうことがあります。血液のシミは、シミの中でも厄介で落としにくいシミです。

血液の汚れがついてしまった場合には、絶対に『水』を使用して汚れを落としましょう。血液はタンパク質なので、お湯を使って汚れを落とそうとすると、お湯によってタンパク質が固まり、ますます根深いシミ汚れになってしまいます。

血液の汚れも、しょうゆのシミと同様に、中性洗剤を使用して落とすようにしましょう。こちらも、なかなか血液の汚れが落ちない場合には、砂消しゴムで削り落とすという手入れの方法もあります。

クリーニングに出すことも!

スエードなどの皮製品を専門に扱っているクリーニング店も存在します。どうしても自分で汚れを落とすことが難しい場合や、汚れがひどい場合には、そういった専門のクリーニング店を利用するという方法もあります。お値段は一般的なクリーニングよりもお高めですが、新品同様の状態に戻ることも少なくありません。ただし、お店によってはクリーニングを受け付けていない製品もあるため、注意が必要です。

スエードの傷の手入れ方法は?

スエードは、前述している通り、繊細な皮製品です。そのため、ちょっとした衝撃などで、傷がついてしまうこともあります。例えば、何か硬く鋭いものと擦れてしまった場合には、線のようにスエードの起毛が剥げてしまうこともあります。そんなスエードの傷は、いったいどのようにして手入れをすれば良いのでしょうか。スエードの傷の手入れの方法について解説していきます。

ブラシや消しゴムで整える

スエードに傷がついてしまった場合には、スエード用のブラシでブラッシングをしたり、砂消しゴムなどで擦ったりすることで、スエードの起毛の毛並みを整えることが出来ます。砂消しゴムが無い場合には、普通の消しゴムで擦っても、同様の効果をもたらすことが出来ます。

ブラシでブラッシングをするときや、消しゴムで傷がついた部分を擦るときには、優しく弱い力で行うようにしましょう。強い力で擦ったり、ブラッシングを行うと、余計に傷をつけてしまう原因になります。

フェイクスエードの場合は注意が必要!

スエードと言っても、子ヤギや子牛の皮を使用した本物のスエードの場合には、消しゴムを使用しても問題ありませんが、化学繊維などで作られた、『フェイクスエード』の場合には、消しゴムで擦ることによって、スエードの毛が抜けてしまうことがあります。お使いのスエードが、本物のスエードなのか、フェイクスエードなのか、しっかりと判断する必要があります。

フェイクスエードに傷がついてしまった場合には、ブラシでブラッシングをするのみにしましょう。

正しい手入れでスエードを長持ちさせよう!

今回は、スエードの手入れの方法や、水洗いの方法、汚れを落とす方法などについて解説しました。スエードは、繊細な皮製品です。そのため、日常的な手入れがとても大切になります。ぜひ今回の記事を参考にして、スエード製品の正しい手入れの方法を身に着け、お気に入りのスエード製品を長持ちさせるようにしましょう。

Related