Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月04日

グルーガンおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

グルーガンはボンドや接着剤に代わるクラフト道具です。1本あればさまざまな用途に使える万能さで支持されていますが、その使い方、選び方はご存知でしょうか。今回はグルーガンの基本的な使い方からこだわりの選び方までご紹介していきます。

グルーガンおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

クラフト好きの常識?グルーガンを使ってみよう!

グルーガンおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

グルーガンって何?

グルーガンは、主に手芸やDIYで使われている、接着剤やボンドのように物と物とをくっつけるための道具です。ステック状の樹脂(グルースティック)を熱で溶かして接着面に塗り、冷え固まることで強力に繋ぎ合わせます。

10秒から30秒ほどの短時間で固まり、接着剤のように長時間使わないことによる劣化もないため、グルーガンを愛用する方が増えています。

グルーガンの使い方

グルーガンは、名前のとおり銃のような形をしています。本体の後ろに空いている穴にグルースティックをセットして、プラグをコンセントに差し込みます。そのまま5分程度待ち、温度が上がったら準備完了です。待機中に先端から液状になった樹脂が出てくることがあるので、紙の上などに置くようにしてください。

使うときは、樹脂を塗りたい部分に先端を当て、トリガーを引いて流し込みます。樹脂はすぐに固まるので素早く接着させ、完全に固まるのを待ちます。グルーガンは先端部分や溶けた樹脂が非常に高温になっているため、使用時はやけどに注意し、コンセントに挿した状態で離席しないようにしましょう。

温度で選ぶグルーガン

グルーガンにはガラスや金属など表面がなめらかな物でもしっかり接着できる高温タイプと、紙や布など熱に弱い材質に最適な低温タイプがあります。

高温タイプは溶ける温度が高い分低温タイプよりも固まるまで時間が必要なため、その分あせらずに作業ができます。使用できる素材が多いため幅広い場面で活躍できます。温度が170度〜210度と高い分やけどのリスクが大きいため、作業のときには注意が必要です。

低温タイプは高温タイプに比べるとやけどのリスクは下がりますが、それでも温度は120〜130度になるため、管理には十分注意しましょう。上でご紹介した素材以外にも、フラワーアレンジメントに使用する場合も低温タイプが向いています。

おすすめグルーガンTOP10!

続いてAmazon売れ筋ランキングを参考に、オススメのグルーガンをご紹介していきます。Amazonではさまざまな素材に使用でき、取り扱いのしやすい小型高温タイプが人気を集めています。

商品と同時に販売ページのリンクもご紹介しますが、一部商品ページは日本語に違和感があり、同ページ内で違う内容が記載されていることもあります。購入時には紹介内容だけでなくレビューも参考にして、グルーガンを選びましょう。

また、この記事に記載している価格は変動することがありますので、購入直前に確認するようにしてください。

10位:Powangle

10位はPowangleの小型高温タイプグルーガンです。スイッチが付いているため、使用しないときはオフにすることで安全に使用できます。重量は約155gと非常に軽いため、スタンドに立てたときにコードの重みで倒れてしまうことがあります。電源を入れている間は目を離さないようにしましょう。

使用できる素材は皮革、木材、紙、布、プラスチック、金属、陶器など幅広く使うことができるため、工作やDIYにオススメです。

こちらはグルースティック50本が付属されており価格は1,499円です。先端のノズル部分が細長いので、細かい作業や奥に押し込んでの使用にも向いています。

最初気になっているのはグルースティック50本を付けて事、このお値段は安いなと思いました!
実際使って見て簡単できました。スタンドも便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp/Powangle-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%8... |

9位:HDGGE(黄色 JQ-30)

9位はHDGGEの小型高温タイプのグルーガンです。長めの電源コードにオンオフ切り替えスイッチと針金状のスタンドが付いています。先端には黒いキャップが付いていますが、金属部分ほどではないとはいえ高温になるので、使用中は直接手で触れないようにし、やけどには十分注意しましょう。

使用できる素材は木材、紙、布、皮革、プラスチック、金属など高温タイプながら低温タイプで扱うような素材にも対応しています。

価格は1,230円とお手頃なので、初めの1本としても最適です。

30年位前の使用品がショートしてしまった為、代替え購入しました。棒の溶け具合が良いのですが、乾きも早い!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E5%B0%8F%E5%9... |

8位:URXTRAL

8位はURXTRALの小型高温タイプグルーガン。ウォームアップ待機中に立てて置いておける針金状のスタンド付きで、さらに持ち手部分にオンオフが切り替えられるスイッチが付いているため手軽に使用できます。

使用できる素材は金属や陶器の他に、カードや布など熱に弱い素材にも使用可能です。手芸やDIYに幅広く使うことができます。

このグルーガンはグルースティック40本が付いて1,250円。このセットだけでしばらく使用できます。

小型で軽いので女性でも簡単に使用できます。
オンしてからグルーが溶けるのが早いのですぐに使えます。信頼できるショップさんで対応も親切です。また何かあれば購入したいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/URXTRAL-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83... |

7位:BOSCH(GLUEPEN)

7位はBOSCHのGLUEPEN。名前のとおり、銃ではなくペンのような形をしているのが最大の特徴です。充電式でコードレスになっているため、屋外での使用や携帯も可能です。1回のフル充電で最大30分連続使用できます。さらに予熱時間がわずか15秒ほどで、これはグルーガンの中では最短クラスの短さです。

使用できる素材はダンボール、金属、布、ガラス、タイルなど。工作や手芸、日用品の修理までしっかりこなしてくれます。

このグルーガンは本体にグルースティック4本が付いて4,980円です。ランクインしている他のグルーガンが千円台なのに対して比較的高価な商品ですが、その値段以上の働きをしてくれます。最初の1本としては敷居が高いですが、より上のものを求める方はぜひ検討してみてください。

コードレスってことで購入
瞬時に使用可能
バッテリー時間も結構持ちます。

出典: https://www.amazon.co.jp/BOSCH-%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%B... |

6位:SK11(GM-100)

6位はSK11のGM-100。写真やレビューで確認した限りではスイッチが見当たらないため、使用が終わったら忘れずにプラグを抜くようにしましょう。針金状のスタンドが付いているので待機中に立てておくことができます。ノズルが短いため、奥まで押し込むような使い方は不向きです。

より適合した素材は木材、紙、皮革、プラスチックですが、他にも金属、陶器、ガラス、プラスチックにも使用可能です。カーペットの接着固定に使うことができるため、手芸や工芸を行わない方の助けにもなってくれます。

本体にグルースティック3本が付属されているものはお値段1,230円ですが、他にグルースティック12本付きのタイプと50本付きのタイプが販売されています。

高温でスティックを溶かすため、仕上がった時のスティックの透明度や
粘着力、何より仕上がりの美しさに感動!
教えてくれたクラフト趣味のママ友に感謝です♪

出典: https://www.amazon.co.jp/SK11-%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89... |

5位:Tacklife(GGO20AC)

5位はTacklifeの小型高温タイプグルーガンです。1.5mの長めの電源コードに、待機中に立てておけるスタンドが先端に付属。樹脂が出てくる部分にはキャップがしてあります。オンオフスイッチが付いているので安全に、簡単に使用することが可能です。

高温タイプのグルーガンですがカードや布にも使用でき、日用品の修理からお子様の工作にも使える器用さを持っています。

こちらは50本ものグルースティック付きでお値段は1,299円と非常にお得です。さらに日本語の取扱説明書に24ヶ月の保証が付いているため、グルーガン最初の1本として非常にオススメです。

この価格で、グルースティック50本付きはかなりお得だと思います。
手元でガンのon/offできるのも良いです。
私が元々持っていたグルーガンより先が細いので細かい作業が楽になりました。
満足のいく商品でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/Tacklife-GGO20AC-%E3%82%B0%E3%83... |

4位:Blumsart

4位はBlumsartの小型高温タイプグルーガンで、コードの長さは1.2mです。持ち手下部にオンオフが可能なスイッチ付きで、先端部分には取り外し可能なスタンドが付いています。強力接着タイプですが、剥がすのが簡単で跡が残らないため使いやすいグルーガンです。

使用可能素材は金属や木材などに加えて布や陶器、プラスチックにも使えるため、子供との工作や日用品の修理など、多くの場面で役に立ってくれます。

このグルーガンには50本という多数のスティックが付いてお値段は1,350円とかなりお手頃。長く使っていきたい方にオススメです。

初めての購入なので本体の機能は比較できませんが、溶かして押し出すだけの単純な構造ですからスティックが50本付いているのでお得だと思います。説明書が無くても誰でも使えるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/Blumsart%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E3%82... |

3位:RAGU

3位はRAGUの小型高温タイプグルーガンです。コードの長さは1.2mと使いやすく、スイッチが付いているため比較的長時間の作業でも安心して使うことができます。このグルーガンは強力に接着できるタイプですが同時に剥がしやすい性質も持っており、樹脂をつけた素材には跡が残りません。

使用可能素材は金属や陶器などに加えて、カードや布にも使用できます。木工品や靴の修理に使用できるため、1本あればさまざまな場面で活躍してくれます。

この商品はグルースティック25本が付いて1,280円です。レビューによると説明書はついているものの記載言語は英語になっているため、初めての1本にこちらを選ぶ場合は若干難易度が上がります。

グルーガンなんて使い道などないと思っていたが、結構ありました。先々剥がすかもしれないような場所で、今迄はボンドを使い時間の経過後無理に剥がし、品物を壊したことが普通だと思っていたが、グルーガンに出会って変貌を遂げました。両面テープが使用できない場所やプラスチック等直接接着したり、車中泊改装の際に電装品の配線コードの固定、キャンプ用品等沢山の所に使用しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/RAGU-%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E3%82%B0... |

2位:Longtop

2位はLongtopの小型高温タイプグルーガンです。コードの長さは1.5mと長めになっています。スイッチ付きでコンセントを度々抜く手間がかからず手軽に使用可能です。先端の金属部分にはキャップが付いています。

使用できる素材も非常に多く、金属や石、グラスやセラミックなどの高温グルーガンに適したものにとどまらず、織物やゴムにも使用することが可能です。さらに回路基板にも使うことができ、日常の中で大活躍してくれます。

この商品は50本ものグルースティックがついて価格は1,000円です。まずはグルーガンを使ってみたい、という方には特にオススメです。

安いうえに本数が多いのにひかれ購入しました。
使用感はいたって普通のグルーガンです。普通に持ちやすく、使いやすいやつですね。
一つあれば便利なタイプの商品なので買っておきました。

出典: https://www.amazon.co.jp/Longtop-%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E3%82... |

1位:Aoleca

ランキング1位はAolecaの小型高温タイプグルーガンで、コードの長さは1.2mです。スイッチのオンオフが可能で先端部分には立てておくための金具付きです。快適な作業のために欲しい基本的な機能はすべて揃っています。硬化時間が10秒から20秒と非常に短いのも特徴です。

使用できる素材はプラスチックや金属の他、木材や紙、布や革など熱に弱い素材にも使えると説明されています。

さらにこちらの商品にはグルースティックが30本付属されており、この1セットでしばらく作業することができます。お値段は1,350円のセール価格。快適な作業をお手軽に行いたい方にオススメです。

使い勝手もよく、信頼度も高い。
なぜもっと早く使わなかったと思う。
買ってよかったと思える商品である。

出典: https://www.amazon.co.jp/Aoleca-%E3%83%97%E3%83%AD%E5%B0%... |

特徴別で見るグルーガンのオススメ!

続いてグルーガンが持つ特徴を確認しながら、それぞれの最適な選び方をご紹介します。

DIYで使いたい

DIYでの使用を考えている場合、多くの素材に適合する高温タイプがオススメですが、使用する目的(材質)が定まっている場合はそれに合うものを選びましょう。

屋外での作業を行う予定がある方はコードレスタイプを選べばより快適に作業できます。thre axis(スリーアキシス)から出ているコードレスグルーガンは先端に付いているライトで明かりを照らすことができ、暗所や急な夜の作業にも対応できます。

アクセサリー作りで使いたい

アクセサリー作りにおいて、グルーガンはさまざまな用途で使われています。テグスや金具の固定、パーツの接着が主な用途ですが、実はパーツそのものを作るためにも使われています。

溶けた樹脂を丸く出してチップを作成したり、型に流し込んで好きな形のパーツを自作することが可能です。できたパーツにはアクリル絵具やマニキュアで色をつけるといいでしょう。

子供との工作で使いたい

直感的に分かりやすい操作と素早く接着できる性質から、グルーガンは子供の工作作業にも向いています。使用する際は先端部分と溶けた樹脂が非常に高温なため、やけどには十分注意して一緒に作業するようにしましょう。

用途に合うならば、よりやけどのリスクが低い低温タイプや先端にキャップが付いているものを選びましょう。電源コードが短いとウォームアップ中や作業中に邪魔になり思わぬ事故の元になりかねないため、長いもの、もしくはコードレスタイプがオススメです。

コンセントの抜き忘れがあっても大丈夫な、スイッチ付きのものであればより安全に作業できます。

強度があるものを使いたい

グルーガンに接着強度を求める場合、スティックの質もそうですが、自分が使用したい素材に適合したものを選ぶことが大切です。適合していない場合、素材そのものを劣化させてしまう原因にもなってしまいます。

また、グルーガンは温度がとても重要な道具です。グルーガンが高温タイプの場合はスティックも高温タイプのものを使用しましょう。

用途での選び方

幅広くいろいろな素材に使用する予定がある場合は、ランキングでご紹介した高温タイプがオススメです。反対に、布への使用やアクセサリーパーツの接着などでのみ使用する場合は、素材によっては低温タイプで十分に対応できます。

子供が使う可能性がある場合も低温タイプのほうが安心ですが、それでも温度は100度を超えます。作業中は目を離さないようにして、やけどに注意しましょう。

グルーガンの温度はどう選ぶのがいいのか?

低温タイプか高温タイプかという話であれば、前述のとおりどの素材に使用したいかで選ぶといいでしょう。

樹脂を温度で溶かして使うグルーガンの性質上、温度があがりきらないうちに使うと、溶け方が不十分でうまく塗布することができません。また温度が高い状態で保てないと、樹脂が固まり作業ができません。

グルーガンを選ぶときは温度タイプを確認し、さらにその温度が保てるかどうかも確認しましょう。

はがせるものを使いたい

グルーガンの樹脂は熱に弱いので、ドライヤーで温めることではがすことができます。温めすぎると液状になり跡が残って汚れの原因になってしまうので、少しずつ様子を見ながらはがすようにしましょう。また、温まった樹脂は高温のため、手袋をするなどやけど対策をしてから作業しましょう。

上のランキングにもはがしやすい、跡が残りにくいグルーガンをいくつかご紹介しているので、まずはそこから確認してみるといいです。

スティックで選ぶ

手持ちスティックとグルーガンの相性を考えるときは、温度タイプの他にスティックの太さも重要な要素になってきます。太さが合わないとグルースティックを送り出すことができないので、必ず確認しましょう。

コードレスで選ぶ

コードレスタイプは電池式になっていますが、電力が一般のものに比べて小さいため、温度をうまく上げられず作業のし辛さを欠点としてレビューしている方もいます。

高儀のEARTH MAN GG-200C はコードを任意で取り外せるいいとこ取りのグルーガンです。コードレスで使いたい方、普段からしっかり使いたい方のどちらにもオススメです。

スタンドで選ぶ

多くのグルーガンは温度が上がるまでの待機時間があるため、スタンドが付属しているタイプを選ぶのがいいでしょう。コードがねじれていたり立て方のバランスが悪かったりすると、スタンドに立てていてもグルーガンが倒れてしまう場合があるので注意しましょう。

本体に付属しているスタンドが使いにくいのであれば、別売りのものを購入しましょう。

グルーガンのオススメメーカー紹介

最後にグルーガンを販売しているメーカーをご紹介しましょう。用途も広く便利なグルーガンですが、実は意外なところでも販売されています。

セリア

100円ショップのセリアでもグルーガンは販売されています。セリアでは100円でグルーガン本体を購入することができ、実際に使用する場合は別売りのスティックの購入が必要です。

セリアのグルーガンは電源コードが短いため、作業のときは位置を考えるなど若干の工夫が必要になります。またスイッチが付いていないため、作業中はそばを離れないようにして終わったらコードを抜くのを忘れないようにしましょう。

ダイソー

同じく100円ショップの代名詞、ダイソーでもグルーガンは販売されています。ダイソーでは300円台、500円台、700円台でグルーガンが販売されています。コードの長さやスイッチの有無に関してこだわりがある方は、必ず確認してから購入しましょう。

セリアと同じく基本的な機能は揃っています。まずはグルーガンを試してみたい、という方にオススメです。

SK11(藤原産業株式会社)

1,000円台のグルーガンを多数販売しているメーカーです。比較的お手軽な価格ながらしっかりと機能してくれる点で、レビューでも多くの高評価を得ています。

Amazonでスティックも購入できるので、初めての1本としてはもちろん、長く使っていきたい方にはオススメのメーカーです。

趣味に、日常にグルーガンを!

グルーガンおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

今回は多くの素材に使用でき、さまざまな場面で活躍できるグルーガンの魅力をお伝えしました。工作や手芸が趣味の方はもちろん、ひとつあれば役に立つグルーガン、まずは1本使ってみてください。

Latests