Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月17日

ししとうの育て方|家庭菜園での栽培のコツとは?おすすめプランター・害虫駆除

私たちの食卓にお馴染みのししとうは、丈夫で育て方もとても簡単です。これから家庭菜園を始める方や、ベランダなどで手軽に野菜を育ててみたい方におすすめな野菜です。こちらでは、ししとうの簡単な育て方や注意点、上手に育てるコツなどを詳しくご紹介しています。

ししとうの育て方|家庭菜園での栽培のコツとは?おすすめプランター・害虫駆除

ししとうは家庭菜園でできる?

ししとうはとても丈夫で、初心者の方の家庭菜園にもおすすめです。育て方も簡単で、一株に実がたくさんできるため収穫も期待できます。ナス科トウガラシ属の植物で唐辛子の品種改良された甘味種です。

ししとうの正式名称は、「ししとうがらし」ですが、獅子の頭に先端が似ていることから「ししとうがらし」という名前が付けられました。

内容詳細
学名Capsicum annuum var.angulosum
和名/別名獅子唐辛子, 獅子唐, シシトウガラシ
英名Shishito pepper
原産地/生産地中南米原産の園芸品種
分類ナス科トウガラシ属
生育適温22~30℃

ししとうにおすすめの品種

ししとうはトウガラシの甘味種。シシトウは病害虫に強く丈夫な野菜なので、どの品種でも比較的簡単に育てることが出来ます。育てやすく味が良いとされる「翠光」「翠臣」がおすすめです。

甘唐辛子の多くは若取りしたものであり、時々赤いものも見ますが、これは品種が違うのではなく、赤ピーマンと同じように枝になったまま完熟させて赤くしたものです。通常は緑の、まだ若いうちに収穫します。

ししとうを育てる時期

ししとうの生育適温は、22~30℃で、高温には比較的強いです。春ごろから育て始めるのがよいでしょう。

シシトウを種から育てる時は育苗期間がかなり長いので、初心者は苗から購入して育てると収穫まで上手く辿りつけます。シシトウは次々と実がなるので、株が弱らないよう早めの収穫を心掛けることが大切です。

種まきは3~4月

種から植える際、3月下旬~4月上旬頃が種まきの時期となります。種から植える時は育苗箱に種をまいて、発芽した後にポットに移し替えて定植までの間育てます。

種から植えた時は定植までだいたい70日~80日ほど掛かります。初心者は良い苗を育てることが難しいかと思いますので市販の苗から育てることをおすすめします。

収穫時期は開花の2週間後

ししとうは、収穫のタイミングも重要です。収穫の目安は開花してから20~25日です。

あまり大きくすると辛くなってしまい、次の実に栄養が行かなくなるので、5~6cmのまだ若いうちに収穫します。

ししとうの実は、害虫や病気などの失敗がなければ1株で100個くらいは収穫できます。上手な育て方をすればもっとたくさんの収穫も可能でしょう。

ししとう栽培の準備

ししとう栽培をする際は畑で栽培するか、鉢またはプランターなどを使用して育てるかによって準備するアイテムは変わってきます。

今回は、鉢またはプランターなどを使用して育てるパターンについて必要アイテムをご紹介します。

ホームセンターなどでももちろん売っていますが、Amazonや楽天などネットでも購入できますので、調べてみてください。

準備するもの

  • 大型プランター
  • 野菜用の土
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット(プランターに付いていない場合)
  • 移植ゴテ、または土入れ
  • 支柱2本
  • 肥料
  • ジョウロ

家庭菜園でのシシトウの育て方のポイント

ししとうはビタミンC・ビタミンEが豊富で、ししとうのビタミンCは熱に強く、夏バテ防止にも一役かってくれます。その他にもカプサイシン・β―カロテン・ビタミンK・カリウムといった栄養素が含まれています。

ししとうは、ピーマンと同種なので育て方は基本的にピーマンと同じです。それでは、ししとうの育て方のポイントについて紹介していきましょう。

家庭菜園でのシシトウの育て方のポイント1:苗が伸びたらわき芽とりをしましょう

ししとうの苗を植えて30センチほど育てます。するとわき芽が出てきますので、わき芽とりをしましょう。早めに取ってしまわないと栄養分がわき芽に取られてしまいます。

また、わき芽を残しておくと虫が付きやすくなります。これが育て方の最初のポイントです。

家庭菜園でのシシトウの育て方のポイント2:支柱の立て方

ししとうの上手な育て方は、支柱を必ず立てることです。ししとうが折れないように支柱を立てます。100均で売っている50センチくらいのものでもOKです。

麻ひもかビニールひもなどで八の字にして緩めにとめます。きつく縛ると痛んでしまうので揺れるくらいで大丈夫です。動画では、縦に支柱を立てていますが、斜めにしても大丈夫です。

家庭菜園でのシシトウの育て方のポイント3:追肥

ししとうは、追肥をすることが大切です。肥料が不足していると辛いししとうができてしまいます。追肥のタイミングは、一番初めの実がついた時です。

その後は状態を観察しながら、約2週間毎に肥料をあげてください。ししとうの肥料を株もとにパラパラと撒きます。適宜に肥料をあげることも、美味しいししとうの育て方では重要になってきます。

ししとうの育て方1:種から育てる

ししとうの育て方|家庭菜園での栽培のコツとは?おすすめプランター・害虫駆除

初心者が種から育てるのは、苗になるまでの期間が2~3か月と長く、とても難しいので、苗から育てることをおすすめします。

ですが、種から育てたいという方のためにししとうの種からの育て方をご紹介しておきます。

温度は25℃程度に保つ

ししとうを発芽させるための温度は25度くらいとなります。種まきの時期は2月です。苗になって植え替えるのは、4月下旬~5月になります。

最初は、苗専用の箱に種をまいて、苗に育ってから植え替えます。種をまく際には、日光が種に当たらないくらいの土をかぶせます。そして、土が乾かないよう水やりをしましょう。

発芽する温度を保つには、ハウスや室内で加温をすることが必要です。また、発芽して苗に育つには22度~30度くらいの温度が必要なので、環境によっては周りをラップやビニールで覆うか暖房で温めたハウスに置くなどの対策が必要です。

ししとうは、もともと熱帯性の植物なので温度が低いと育ちません。上手な育て方として温度管理も重要となってきます。

ししとうの育て方2:プランターで育てる

ししとうの育て方|家庭菜園での栽培のコツとは?おすすめプランター・害虫駆除

ししとうは、プランターで栽培することができます。1株を育てる場合は鉢でも大丈夫です。マンションなどのベランダで家庭菜園を楽し場合におすすめです。

水はけを良くする

ししとうを育てる時に大切なことは水はけを良くすることです。プランターや鉢の下1/3に、軽石を敷き水はけを良くします。その後、プランターや鉢の上に土を入れていき、苗を植える場所にくぼみを付けておきます。苗の土を軽くはらい、くぼみに置いて植えていきます。

風をよけ温度を保つため、周りをビニールやラップなどで囲います。プランターや鉢の四隅に支柱などの棒を立てて囲うと簡単です。

ししとうの育て方3:畑で育てる

畑でのししとうの育て方をご紹介します。野菜作りは土が大切ですので、まずは苗を植え付ける10日前から土づくりを始めましょう。土を耕したら、10㎡当たり有機石灰30kg、完熟たい肥40~50kg、熔成リン肥(ようせいりんぴ)2kgを土に深く良く混ぜます。

5日くらい前になったら、有機質肥料を同じように土に深く良く混ぜます。土の準備ができたら、いよいよ畝(うね)を立ててマルチシートを敷いていきましょう。この動画では畝たてはしていませんが畝たてをしておくと排水が良くなるのでおすすめです。

マルチシートは、雨風で土が固くなるのを防いだり、雨で肥料が流れてしまうことを防ぐほか、土中の細菌やウイルスが葉に付くことも防いでくれます。アブラムシ除けには銀のマルチシートがおすすめです。

ここまで来たら苗植えです。マルチシートに穴をあけて、苗は株と株の間隔を30cmくらい空けて植えていきます。動画のようにトンネルを張っておくと風や低温から苗を守ることができます。

ししとうを育てるときの注意点

ししとうの育て方|家庭菜園での栽培のコツとは?おすすめプランター・害虫駆除

ししとうを育てる上で必要な対策の一つとして、害虫を防ぐということがあります。

ししとうは害虫が付きにくく育てやすい野菜ですが、それでも油断をしていると虫にやられてしまうことがあります。それでは、ししとうの害虫が付きにくい育て方をご紹介していきます。

ししとうに付く害虫と予防法は?

ししとうに付く害虫には、ワタアブラムシ・チャノキイロアザミウマ・チャノホコリダニ・タバココナジラミ・シロシタヨトウ・シロイチモジヨトウ・オオタバコガ・オカボノアカアブラムシ・コナカイガラムシ・カメムシなど多くの種類の害虫がいます。

害虫が付きにくい育て方としては、防虫ネットでトンネルを作ったり囲いをすることも有効です。これにより、害虫が飛んでくることを防ぐことができます。

また、肥料が多すぎても少なすぎても抵抗力が弱り、害虫が付きやすくなりますので、肥料は適量あたえましょう。またアブラムシは反射する物を嫌うので、アルミ箔を敷いて光を反射させておくと良いでしょう。

無農薬で育てる方法は?ストチュウ液の作り方と使い方

農薬は使わないに越したことはありません。もし、無農薬にこだわりがあるなら「ストチュウ液」がおすすめです。材料は、水・木酢・焼酎・米酢です。

水10Lに対して各材料が10ccです。水が5Lなら他の材料は5ccとなります。濃度が濃いと葉が焼けてしまうので薄い方が良いでしょう。

バケツに水を用意し、木酢・焼酎・米酢を計量スプーンで測って入れ混ぜます。それをジョーロなどに移しプランターや畑のししとうにまきます。小さなプランターや鉢なら葉にスプレーでかけます。

ちなみに、アブラムシがついてしまった場合には牛乳をスプレーすると窒息します。面倒ですが臭くなってしまうので、その後は牛乳を流すなどして落としましょう。

ししとうが弱ってしまったときの対処方法

畑の水はけを良くし、畑は高畝・プランターは鉢底石を底に入れましょう。特に雨が多い時期は、適度な灌水を心掛け、水やりを控えます。

敷き藁やシルバーマルチで地温の上昇を防ぐことが、弱ってしまうことの予防にもなります。作業に使用した道具は使用後に洗浄と天干し消毒をし、発病した株は根と周辺の土も必ず除去します。

初心者がししとうを育てるときにやりがちな失敗

家庭菜園の初心者にありがちな失敗が肥料をあげないことです。

植え付け時の培養土にはもともと肥料成分が配合されていることが多いですが、高級な肥料配合培養土でも180日程度しか肥料効果がないです。

対処法として肥料不足にならないためには実が付いたら2週間に1回ペースで、追加で肥料を与える必要があります。

初心者がししとうの栽培を成功させるコツ

シシトウの生育適温は22~30℃のため、適温を保つようにしましょう。ししとうは次々と実がなります。実に養分を取られて株が弱らないようにするために、早めの収穫をすることが大切です。水が不足したり肥料が切れると、辛みがでてしまいます。

ししとうの花は雨に当たると落下してしまうので、屋根の下など雨に当たらない場所で育てるのもコツです。

ししとうの病気と対策

シシトウにも病気は発生しますが、他の野菜に比べて丈夫な野菜ですので、株が大きくなってからは、よほど悪環境での管理をしていない限り、収穫に影響するような病気が発生することはそこまで多くありません。

注意することがあるとしたら、シシトウは高温性の野菜で、極度の多湿や乾燥を嫌う性質をしています。特に幼苗期は病気の影響を受けやすく、のちの成長に影響してしまうので注意しましょう。

ししとうの栽培で発生する害虫と駆除方法

ししとうを栽培する際に発生する害虫は、アブラムシ。植え付けの最初のころや秋ごろなど涼しい季節に大量発生しやすい害虫です。植え付けする際、植穴に粒状の殺虫剤をひとつまみ程度置いておくことにより、アブラムシの初期の発生は大幅に少なくなります。

他にはヨトウガ・タバコガなど。葉や実を食害する蛾の幼虫です。大量に発生することも多いので気を付けましょう。

ししとうの栽培におすすめのガーデニンググッズ

今回はししとうを育てる時期から必要なものまで、また注意点などを紹介してきました。栽培といっても、たくさんのガーデニンググッズがありますが、ししとうに必要なガーデニンググッズとはいったいどういったものでしょうか。

おすすめのプランターや土をここでは紹介をしていきます。ぜひガーデニングする際の、参考にしてください。

庭はもちろん、ベランダにすっきり置けるタイプ。軽量のため土の入れ替えする際や掃除も簡単です。固定穴があるので、支柱を簡単に取り付けられます。支柱とネットを組み合わせての使用もできます。

通気性や排水性にも優れています。スノコが付いており、水はけがいいので根腐れを防止してくれます。またスリムなデザインなのもおすすめ。

ゴールデン培養土に元肥が入ってるため、このまま使える野菜用の土です。面倒な肥料の混合がいりません。プランターを使って育てる家庭菜園にはぴったりですね。

またゴールデン培養土が混じっていることにより、通気性と排水性が良くなり、新鮮な空気が土の中に入っていきます。余計な水分も流れていきますので、根腐れも抑えることができます。

辛いししとうの育て方は?

あえてししとうを辛くする育て方ですが、ししとうと唐辛子は同じトウガラシ属なので、ししとうの近くに唐辛子を植えておくと唐辛子と受粉して辛いししとうができます。

また、ししとうは暑さや乾燥のストレスがかかると辛くなります。辛いししとうを作りたい時は真夏の熱帯夜が続くような時期に、水やりも少なくする育て方をすると辛いししとうが育ちます。

辛くないししとうの育て方は?

ししとうが辛く育つのを防ぐには、ストレスをあたえない育て方をすることがポイントです。朝と夕方に水をたっぷりとあげ、追肥をしましょう。

基本的に日当たりのよい場所で育てますが、夏場の日当たりが良すぎる場所に置いたり、熱帯夜が続くと辛くなってしまいます。その場合は、周りに打ち水をするなどしてなるべく温度を下げてあげましょう。

ししとう作りに挑戦しよう!

ししとうの育て方|家庭菜園での栽培のコツとは?おすすめプランター・害虫駆除

ししとうの育て方についてご紹介しましたが、ししとうは栄養価のある野菜でしかも育て方も簡単です。

ちょっとしたベランダなどのスペースがあれば育てることができるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

自分で育てた野菜は農薬も少なく、また節約にも繋がります。野菜を育てて、家庭菜園の楽しさも味わってみましょう。

Related