Search

検索したいワードを入力してください

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ

初回公開日:2017年11月19日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事や友だちとの自宅パーティーが増えるシーズンになりました。食事と一緒にワインを楽しむこともあるでしょう。ワイングラスをワインに合わせて選ぶだけで、更に美味しいワインを楽しめます。ここでは、ワインのグラスについて、種類やワインとの相性をご紹介します。

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ

ワイングラスの有名メーカーと発売されているグラスの種類

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

奥深いワインの世界では、ワインだけでなく、楽しむグラスも大切な要素です。自宅でも自分の好きなワインに合わsたグラスがあると、一気に楽しみ方の幅が広がります。

でも、ワイングラスはどんなものを購入していいか迷います。まずは、ワイングラスの有名メーカーをご紹介します。

ワインの個性を追求したワイングラスメーカー『リーデル』

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

250年以上続く老舗のワイングラスのメーカーが、「リーデル」(RIEDEL)です。このメーカーがなのは、「ブドウの品種に合ったワイングラスを作る」というこだわりぶりとシンプルさ、本格的でありながら普段使いにもいい価格です。

1950年代に世界で初めて品種に合わせたグラス作りの試みを導入し、その後ブドウ生産者とテイスティングを重ね、多くのワイングラスを世に生み出してます。まさに「ワインの個性をとことん追求したワイングラスメーカー」が、「リーデル」です。

ソムリエやレストランからも信頼の厚い「リーデル」のワイングラスは、プロフェッショナルなラインから自宅用のリーズナブルなワイングラスまでラインナップしています。

とりあえず揃えるなら?

いきなりワイングラスをずらっと揃えるのは、自宅だと収納的にも無理なことが多いでしょう。初心者向けにそろえておくと活躍するワイングラスを4つご紹介します。

白ワイン:リースリング

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

小ぶりで少しすぼまった飲み口が、白ワインのフルーティーな香りを楽しむのにぴったりなグラスです。

白ワイン:シャルドネ

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

樽熟成の芳醇な香りの白ワインを楽しむためのグラスは、広くあいた飲み口がです。

赤ワイン:カベルネ

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

リースリングに似たような少し狭くなった口ですが、グラス全体が大きいものにしましょう。

赤ワイン:シラー

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

口のすぼまった大ぶりなグラスは、酸味のあり濃い色の赤ワインにあうグラスです。

形・サイズ別ワイングラスの種類一覧

ワイングラスはそれぞれの部分に名前があります。ワインが注がれて溜まる部分を「ボウル」、口をつける飲み口の部分を「リム」と言います。この「ボウル」と「リム」の部分がワイングラスによって異なり、香りや重さ、酸味など、それぞれのワインによって適したものがあります。

ワイングラス、と言っても形や大きさは色んな種類があります。お酒の種類によっても使われる形や大きさが変わってきます。ではどんな形や大きさのものがあるのでしょうか。ここでは形や大きさに注目してワイングラスを紹介していきます。

スタンダードタイプ

ワイングラスの種類・名前と特徴|リーデル/シラー/形/サイズ
※画像はイメージです

一般的によく使われる種類が、スタンダードタイプです。ワイングラスと聞くと、この形が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。このワイングラスはリムが少しだけすぼまっているのが特徴です。赤ワイン、白ワインのどちらにも使える万能ワイングラスです。

Related