Search

検索したいワードを入力してください

電球のワット数の違い・明るさとの関係・わからないときの調べ方

初回公開日:2018年02月14日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

お部屋の明るさはワット数だけでは得られません。その電球の色や照明器具、お部屋の広さや場所によって、ふさわしいものを選びましょう。また、ワット数によって電気料金も変わりますので、電球の数や、どういった電球を選ぶのかについてよく考えておきましょう。

電球のワット数の違い・明るさとの関係・わからないときの調べ方

電球のワット数の違い

突然お家の電球が切れてしまい、換えの電球が違うワット数のものしかない、ということもあります。ですが、電球を取り換えるときは、もう一度ワット数を確認してみましょう。取り付けられるからと言って、電源を入れても大丈夫とは限りません。

ワット数が違うときの交換方法とは

それではまず、電球の交換方法からお話ししましょう。電球を交換する前に照明器具の最大許容ワット数と書かれてある数値を確認しましょう。「最大許容ワット数」は、「○○V、○○ワット」と記載がされたります。電球を交換するときは、最大許容ワット数以上のものに交換することができません。

「最大許容ワット数」以上のものを取り付けたとしても、すぐに破裂したり不具合が起こるというものではありませんが、ワットの高い電球を取り付けて使い続けていると、電球の破裂や熱で器具が解け、火事の原因にもなってしまいます。電球を買い替える場合には、最大許容ワット数は必ず守るよう心がけましょう。

「明るさが足りない」と感じる時は、ワット数を上げるのではなく、電球の種類を変えることで、明るくすることができます。

電球のワット数と明るさの関係

そもそもワット数とは何を表すなのでしょうか。ワット数とは、消費電力のことを言います。ワット数は例えば40ワット、または60ワットと表示されています。これだけ見ると、数値の高い電球の方が明るいと考えてしまいますが、実はワット数だけでは電球の明るさを測ることはできません。

同一器具を用いて比較する場合は、ワット数の高さで明るさを判断しても構いませんが、別の器具を用いて明るさを測る場合、電球のワット数だけでは一概に判断することができません。

電球の交換方法

電球を交換する必要がある場合には、電球の口金の形に注意をしましょう。口金は、電球を取り付ける際に使われる、銀色の金具がつけられた部分のことを言います。口金の形は、その照明器具によって形が異なりますので、交換が必要な時はこの口金の形をしっかり確認しておきましょう。

電球が点灯しなくなったときは、外した電球をそのまま家電量販店、またはホームセンターへ持って行き、店員の方に同じ型のものを用意して頂きましょう。

電球のワット数が分からない時の調べ方

電球が点灯しなくなったときには、新しいものと交換しなければいけません。ワット数や電球の型番を確認しないでお店に行ってしまうと、どれを買ったらよいのか分からず、もう一度家に戻って確認し直さなければならなくなってしまいます。

電球のワット数や型番が分からない時や、どこを見たらよいかが分からないという方の場合には、外した電球をそのままお店にお持ちになり、店員の方に確認していただくのが最も確実な方法です。

自分でワット数を調べるには

ご自分でワット数を確認する場合は、どうすれば良いのでしょうか。まず、点灯しなくなった電球を外すと、照明器具の本体に何ワットまでの連休であれば使用してもよいか、といった最大と呼をワット数が記載されています。

また、きちんと文章で「○○ワットまでのものをご使用ください」と書かれている場合もあります。そのほか、電球の口金部分を見ると、口金の型番や、最大許容ワット数が記載されてありますので、事前に確認した後でメモをとっておきましょう。

電球のワット数の種類一覧

電球の方はいやワット数を確認せずにお店に行くと、その種類の多さに驚いてしまいます。電球にはワット数以外にも、いろいろな種類に分けられています。それでは次に、電球の種類についてご説明しましょう。

電球の3つの種類

電球の種類は大きく分けて次のものに分類されています。まず、広く知られている電球で、一般的な照明として幅広く利用されている「白熱電球」、光の明るさと、熱を持たず省エネ効果が高いということで需要が高まっている「LED電球」、寿命が長く、光の色もさまざまで、一般的な電球として幅広く用いられている「蛍光灯」、といったものに分けられています。

白熱電球とは

白熱電球とは暖かく、やわらかい光が特徴の電球です。そのほか調光も可能なため、その場所にふさわしいものを選ぶことができます。光の微調整を行えるということから、その場面に合わせた演出効果が可能です。そのため、その場所を美しく見せるためスポットライトとしてもよく使われている物です。

蛍光灯

先ほどお話ししたとおり、蛍光灯は一般家庭のほか、オフィスや学校の教室にも多く用いられている照明です。なぜ蛍光灯が用いられるのかというと、低コストであるということと、重量が軽いため、不安定な場所にも取り付けやすく、価格も安価なため手軽に用いられるということです。

最近ではLED電球に人気が集まっていますが、今でもリビングといった広い場所を照らすためにご利用になっている方も多くいらっしゃいます。

LEDとは

省エネ効果が高いということで最近人気が高い LED電球ですが、LED電球の選び方についてご存じでしょうか。家電量販店へ行くと、いろいろな種類が多すぎてどれを選んだら良いかわからない、といった方も多くいらっしゃるでしょう。LED電球もほかの電球と同じように、選び方についてのポイントがあります。それでは次にLED電球の選び方についてお話ししましょう。

LED電球のメリットとデメリットについて

省エネ効果が高いLED電球ですが、LED電球にこれから買い替えようという方は、どういった特徴があるのかについてきちんと覚えてから買い替えましょう。LED電球もその場所やご使用になる方によっては、メリットばかりとは限りません。LED電球にはどういった特徴があり、メリットやデメリットについても覚えておいた方が良いでしょう。

LED電球のメリット

LED電球のメリットは、白熱電球に比べ消費電力が少なくて済み、寿命が 4倍ほど問長いことが特徴です。また、点灯してから明かりがつくまでの時間が早く、通常の蛍光灯や電球ではスイッチを入れたり切ったりするたびに寿命を縮めてしまいますが、LED 電球はそれが少なくて済みます。

また、フィラメントが使用されていないということで、振動や衝撃に強い、といった特徴もあります。そのほか、LED 電球は紫外線や赤外線を含まないため、熱を持たず、虫が寄り付きにくいといったメリットがあります。

その他、電球は処分する際に水銀が含まれているため、これまでは環境問題となっていましたがLED電球には水銀が含まれていないため環境に優しい電球と言えるでしょう。

LED 電球のデメリット

LED電球にもデメリットはあります。LED電球のデメリットは、ほかの電球に比べ購入する際価格が高いということです。LED電球は寿命が長い電球ですが、蛍光灯やほかの研究に比べて値段が4倍以上と高くつきます。

また、通常の電球が放射状に照らしだすのに比べ、LED電球の光はその方向によって光の強さが異なっており、真下を中心に照らすことしかできない、といったデメリットもあります。そのほか、電源回路が入っているため、重量がほかの電球に比べて重く、落下を防止するために、部品を別に使用しなければならないといったデメリットがあります。

LED電球の選び方

LED電球に買い替え、付け替える場合には以下のことに注意しましょう。まず口金のサイズをチェックしておくということです。

口金が、電球を取り付ける部分の金具のことを言います。LED電球で多く用いられている口金は、「E17」または「E26」の電球です。例えば「E11」、「E26」と表示があるものは、ハロゲン電球や常夜灯電球の場合です。これは口金の直径を表しているものですので、間違えないよう注意しましょう。

LED電球の光の角度について

LED電球は、取り付ける場所によっても選ぶ必要があります。例えば、300度全方向タイプの LED電球は、お部屋全体を明るくしたい場合に取り付けられる物です。また、約120度下方向タイプの LED電球は、主に真下を照らし出すための電球になりますので、トイレやどうかといった場所に向いています。

そのほか、120度の LED電球には、斜めに取り付ける専用のタイプのものもあり、これはダウンライトとして用いられ用いられまています。これらのものは、それぞれ部屋の明るさや雰囲気が異なりますので、取り付ける場所や、そのお部屋に応じた、適切なタイプのLED電球を選びましょう。

LED電球を選ぶ際の注意

熱を持たないことが特徴のLED電球ではありますが、使用する場合には、それぞれに取り付ける場所に対応した口金を使用しないと加熱したり、故障の原因になってしまいますので、購入、または取り付ける前に、きちんと器具が取り付けられているかどうかについて確認しておきましょう。

LED電球の光の色

LEDは、その光の色によっても選ぶことができます。LED電球の光の色は主に三つに分けられます。まず、電球色は白熱電球に近い色になっており、昼白色のLBP電球は、電球色と昼光色の中間程度の色合いになっています。昼光色とは青みがかった光のことです。

電球色

電球色とは、白熱電球に近い色をしており、黄色みが強く、温かく落ち着いた雰囲気を演出できます。そのため、リラックスが必要なリビングや寝室、お風呂といった場所に多く用いられます。

今迄白熱電球を使用していた方は、この電球色のLED電球を選ぶ方が多くいらっしゃいます。

昼白色

昼白色は、その名のとおり光の色が白い色をしており自然に近い光の色となっています。電球色で少し暗く感じる方の場合には、この昼白色の電球がおすすめです。ディーリングで読書をされたり、手仕事をされる方の場合にも、この昼白色の電球がおすすめです。

昼光色

昼光色の電球は、青みを帯びていてさわやかな雰囲気を演出できます。視界がクリアになるため、細かい作業をされる方にはおすすめです。リラックスすることよりも、細かい部分までよく見え明るく照らし出すことに重点を置かれている場合には、この昼光色の電球がおすすめです。

電球の口金の選び方

電球を選ぶにあたっては、そのお部屋にふさわしい明るさと、照明器具本体に合ったワット数や口金のタイプを選ばなければいけません。ワット数の違いについてはすでにお話ししましたが、電球を選ぶ場合には、ワット数のほかにも、口金のタイプによってもそれに合う電球を選ばなくてはいけません。

口金とは

口金とは、電球の根元部分にある、照明器具の本体とをつなぐ金属部品のことを言います。

電球は、そのほとんどがねじ込み式になっています。一般的には「E16」と、「E26」の口金が多く使われています。これは、口金部分の直径を表しているもので、選び方を間違えると照明器具の本体に取り付けられませんので注意しましょう。

サイズによる電球の違い

電球は、そのタイプによって大きさも異なります。多く流通しているタイプの電球は、ボール型のものと、ナス型のものです。ボール型電球は、ボールのように丸い形が特徴の電球です。ホテルのロビーや、ペンダントライトにも多く用いられ、デザイン性が高く、見た目の美しさでも人気があります。

電球はガラス部分の形にも種類があり、取り付ける場所によって変えることもできます。電球のサイズは、ガラス部分ではなく、口金のサイズで選びます。例えば「E26」という記載があるものは、口金の直径が 26 mmの電球ということです。26mmとは、だいたい500円硬貨くらいの大きさがあり、一般家庭でも多く用いられる電球です。

電球のワット数を交換する方法

ワット数を上げるには、電力会社に連絡をするだけで簡単に行います。ワット数を上げるだけであれば、電力会社にお願いすれば無料で変えることができます。ですが、つながっている電線が細く、分電盤が対応できない場合には、容量を大きくするための工事が必要です。

ワット数を上げたい場合は、電力会社へ電話をして、アンペアをあげてもらいます。アンペアはその数ごとに基本料が違います。

料金については電力会社によっても異なりますが、だいたい10アンペアから60アンペアまであり、電力会社へ連絡をしてアンペアブレーカーを取り外し、新しい契約アンペアに設定し直して頂きます。

工事は、電力会社によって無料で行えるところもありますので、工事費用について確認しておきましょう。アンペアは最低のもので300円前後、最高のものでも2000円程度の料金がかかります。

ワット数を上げる方法

お部屋を明るくしたい場合には、ワット数を上げたり、安定器を上げる工事をしなくても、明るい電球に取り換えるだけで対応可能です。例えば、今現在白熱電球を使っている場合には、LED電球に交換するだけでお部屋を明るくすることができます。

LEDは低い消費電力で、より明るい光を作り出すことができる照明器具です。そのため、いまお使いの電球が100ワットの白熱電球であった場合、その消費電力は20ワットから50ワットになります。これをLED電球にすると、10ワットから20ワット程度の消費電力で白熱電球100ワットに相当する明るさが手に入ります。

ワット数を下げる方法

ワット数を下げる場合は、ただワット数の低いものに取り換えるだけで構いません。ワット数を下げると、それだけ消費電力を抑えられるため、電気料金の節約にもなります。ワット数を下げるには、照明器具利害にも、ほとんどの家電がワット数を下げることができます。

家電の中には切り替えスイッチが付いているものも多く、ご自分でスイッチを「強」から「弱」へ切り替えるだけで、すぐにワット数を下げられます。また、テレビの場合は、「省エネモード」といったスイッチが付いていたり、リモコンにワット数が書かれている場合もありますので、必要に応じてワット数を変更して下さい。

ワット数を下げると、おのずと消費電力も抑えられるため、電気料金を今よりもを安くすることができます。

場所別おすすめの電球のワット数

電球を選ぶ場合には、ワット数のほか、コストや取り付ける場所によっても選ぶ必要があります。例えば、頻繁にスイッチをつけたり消したりする場合には、寿命の長いLEDが向いています。それでは次に、その場所ごとにどういった電球を選べば良いのか、そのワット数についても併せてご説明しましょう。

洗面台

洗面台は一般的に2畳分程度の広さがあります。そのため、洗面台のあるお部屋には大体60ワットの電球を用い、そそのほかに、洗面台がユニット式のものであれば、洗面台に取り付けられたばかりとユニット式の洗面台でない場合には、そのほか2照明器具を別に用意しておくとよいでしょう。

洗面台に電球を取り付ける場所について

ユニット式の洗面台が、最近のものは蛍光灯や LEDを用いているものが多く、そこでお化粧をしても十分に照らしだせるよう工夫がされてあります。そうでない場合は、鏡の上にお顔をきちんとた照らし出せるライトが必要です。

天井に照明が取り付けられている他に、鏡の上にライトが取り付けられていると、お顔に影ができてしまうため、鏡の上や鏡の横に補助的なライトを取り付けておくと、顔を横側からも照らしだせるため、はっきりとお顔を映し出すことができます。

そのためには25ワットの電球が一つ、もしくは40ワットの電球が一つあれば十分です。洗面台が置かれている場所はそれほど広さがないため、光が反射して鏡に映し出される顔がよく見えない場合があります。そういった場合に考慮して、ユニット式の洗面台でない場合は鏡の上や鏡の横に補助として別の照明を取り付けておきましょう。

お風呂場

お風呂場は、相当な広さのあるおふろ場でない限り60ワットの電球で十分明るくすることができます。寝室やお風呂場といったリラックスしたい場所にはあまり明るい照明を用いない方がよいでしょう。また、スイッチを頻繁に切ったり入れたりしなければならない場所には蛍光灯が不向きです。

これはお風呂場以外にも洗面所またはおトイレでも同じ理由で蛍光灯が用いられません。お風呂場はある程度長くいる方も多くいらっしゃいますので、電球型の蛍光灯またはLEDを用いると良いでしょう。また、電球を選ぶ場合の注意は、電球型の蛍光灯は密閉式の機能は使われません。

これは電球の温度は白熱灯より温度が低い分、点灯回路が熱に弱く、壊れやすいといった理由のためです。電球型のものは同じワット数でも白熱電球に比べ明るく照らし出するため、100ワット相当と書かれてあるタイプを取り付けると良いでしょう。

お風呂場に電球を取り付ける際の注意

お風呂場にLED電球を用いる場合にも、防湿金も取り付ける必要がありますので注意しておきましょう。また、お風呂場に取り付けるLED電球は、カバーを取り付ける「密閉型」か「埋め込み型」かによってタイプが分かれるため、ご自宅の電球のタイプがどちらのものなのかを調べておく必要があります。

リビング

次にリビングにふさわしい電球のワット数についてお話ししましょう。白熱電球の場合は1畳当たりに必要なワット数は30ワットから40ワットです。また、蛍光灯の場合は 1畳につき10ワットから20ワットがふさわしいワット数になります。LEDの場合は明るさの度合いを「ルーメン」で表します。

LED電球の場合は、1畳当たりに必要な明るさはおよそ400ルーメンです。このため、六畳のリビングであれば、2400ルーメンの明るさが必要ということになります。ですが、これは用いられる照明器具やその場所によって明るさに違いがあるため、単純に ワット数やルーメンだけでは判断ができません。

リビングは、家族だんらんの場所でもありますので、ワット数のほか照明の色合いも意識して選びましょう。

電球のワット数による電気代の違い

ワット数とは消費電力のことを言いますので、ワット数が高くなるにつれ消費電力も増えることになり、明るさが増える分電気代も高くなります。また、電球をつける照明器具の本体や説明書には、「○○ワットまで」と記載があります。これは、電球を取り付けるための照明器具が耐えられる消費電力の企画を表しています。

これは、その照明器具を安全に使えるための最大値になりますので、これ以上のワット数のものは使用することができません。それ以下のワット数のものであれば使用することが可能ですので、新しく研究を購入される場合には注意しておきましょう。

LEDの場合の消費電力の目安

LED電球の場合には表示が少し異なっており、「○○ワット相当」、または「○○ワット形」といった表示がされています。これは、白熱電球や蛍光灯と比較した場合、LEDを用いると、それより少ないワット数でその分の明るさが出せる、といった意味で表示されています。

例えば、「60ワット相当」、または「消費電力7ワット」と表示されている場合、7ワットの消費電力で蛍光灯または白熱電球の 60ワット分の明るさが出せることになります。

ですが、この表示のとおり購入した場合、暗く感じてしまう方もいらっしゃいますので、LED電球を選ぶ場合には、ワット数ではなく「ルーメン」と呼ばれる明るさを表す単位を基準に選びましょう。

電気代の計算方法

電気機器を使った場合には、その電気量を計算する計算式があります。これは「消費電力×時間」で計算することが可能です。例えば、60ワットの電球を30分使用した場合には、消費電力の60 ×時間である0.5をかけて、30Whという答えが出ます。

電力会社では電気代を算出する場合kWhを用いるため、WhをkWhに換算する必要があります。これを求めるには、ワットh÷100という式で算出できます。これを上の例を用いて計算すると、30Wh÷1000となりますので、その答えは0.03kWhとなります。

ここまで計算できれば、電気代の計算が可能です。電気代を計算するには,kWh ×電気料金で算出することができます。電気料金に関してはその電力会社により異なるため、1kWh当たりの電気料金を調べておきましょう。さらに、ここに時間をかけることにより、1か月分の電気料金を計算することが可能です。

お部屋に合った電球を選んで快適に

お部屋の照明を選ぶ場合には、一概にワット数だけでは望みどおりの明るさにできるとは限りません。お部屋の電球を好みのものにするためには、ワット数のほかにも電球の色や取り付ける場所、照明器具の種類もそれにふさわしいものを選ぶ必要があります。そのお部屋がどういった目的で使われるのかについてよく考えた上で、電球のワット数や照明器具を選びましょう。

Related