Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除の方法・おすすめの酸素系漂白剤

きちんと洗ったはずの衣類やタオルから何かイヤな臭いがすると感じたら、一度思い切って洗濯槽を掃除してみるのも一つの方法です。普段から洗剤や香りのよい柔軟剤選びにこだわっている人にこそおすすめしたい、身近な酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法をご紹介していきます。

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除の方法・おすすめの酸素系漂白剤

酸素系漂白剤で快適に!洗濯槽におすすめの掃除方法とは

あなたのお家の中でも大活躍している家電の一つが洗濯機ではないでしょうか。新しい機能が次々とプラスされ、家事をラクに手助けしてくれる点でも見逃せないのが最近の洗濯機の特徴です。

しかし毎日スッキリお洗濯できるのは非常に便利でも、なかなか手が回らない洗濯槽の掃除に頭を悩ませている方も多いことでしょう。機械の構造上もっとも水や汚れに接する洗濯槽は、洗濯物に付く臭いの元となるカビや雑菌が繁殖しやすい場所です。

日々のお洗濯をもっと快適にし、臭いや新たに付着する汚れの元を絶つために欠かせない洗濯槽の掃除ですが、実際には使う薬剤特有の臭いが気になって後回しになりがちという声も聞かれます。

今回ご紹介する酸素系漂白剤は、発泡する力で洗濯槽の汚れを剥がし取り臭いもマイルドなことから家庭での洗濯槽掃除におすすめのアイテムです。では酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除法とはどんなものなのか見ていきましょう。

ドラム式の洗濯槽はその特性を知ることから

洗濯に使う水の量が少なく洗濯物も痛みにくいというメリットから、エコに敏感な人たちに人気なのがドラム式の洗濯機です。一般的な縦型と大きく違うところは、操作の途中で扉が開けられないロック機能が付いている点ではないでしょうか。

実はこの扉のロック機能が、洗濯槽の掃除に関して注意すべきポイントともなります。まず手始めに付属の取扱説明書などを参考に、お使いの機種が持つロック機能の仕組みを確認してみる必要があるでしょう。

洗濯機の槽洗浄コースがある場合

縦型・ドラム式などに関わらず、今は多くの全自動洗濯機に搭載されているのが洗濯槽を掃除するのに特化した「槽洗浄コース」などの機能です。これはあらかじめ洗濯機に適した方法として推奨されていますから、汚れ取りに必要な薬剤を投入してスイッチを押すことで攪拌(かくはん)→浸け置き→すすぎ→乾燥などの工程を自動で済ませてくれる便利な機能です。

特に面倒な操作や手間がかけられないという場合には、この機能をフル活用するのも一つの手段です。

水量や時間によってロックがかからない場合

ドラム式洗濯機の中には扉ロックのタイミングに余裕を持たせた機種もあります。特に少ない水量で洗う場合などを想定して、稼働して数分間はロックがかからない機種の場合は、このタイミングを活かして洗濯槽の掃除をすることも可能です。

ただ少ない水位ゆえに掃除できる範囲が狭かったり、数分間という短い浸け置き時間での効果には評価も分かれます。洗濯槽の掃除に慣れた少し上級者向けの方法ですが、こういった手順を踏むのも一つの掃除法と言えるでしょう。

一般的な縦型洗濯機ではどうか

全自動式で多く普及している縦型の洗濯機ですが、清潔志向の高まりから洗濯槽の自動洗浄が標準装備されているものが主流になってきています。その使い方に従って純正のクリーナーで掃除する方法もありますが、別途購入する純正品の専用洗剤は価格の面で市販の酸素系漂白剤よりも意外と割高になるため、定期的にこまめな掃除をしていく上ではネックといえます。

洗浄コースや特別な洗剤が無くても、基本的な使い方さえマスターすれば市販の酸素系漂白剤活用することができますので、次は手動で洗濯槽の掃除を行う場合のおすすめステップをご紹介します。

洗濯槽の掃除にあると便利なグッズ

発泡性のある酸素系漂白剤を使うと、ヌメヌメとした黒カビなどの汚れが浮いてきてギョッとすることもしばしばです。せっかくの手動ですから、できるだけ効率よく汚れをすくい取ることも大切です。

そこで便利なのが、100円ショップなどでも売られている「ゴミ取りネット」です。金魚すくいの網に似た形状ですが、洗濯槽の中にできるだけ汚れを残さないで済むことや、排水時の目詰まりを防ぐ目的でもおすすめしたいグッズです。

基本の流れを覚えて効率よく!

①洗濯槽の内側についているゴミ取りネットや付属品を外し、細かな部分は古歯ブラシなどを使ってきれいに汚れを落としておく

②洗濯槽の満水位まで注水する

③洗濯槽に直接、酸素系漂白剤を投入する

④「洗い」のみを5分間行う(※この時点ですでに汚れが浮いてきたらすくい取っておく)

⑤そのまま半日~一晩放置する

⑥洗濯槽の中で剥がれ落ちた汚れをゴミ取りネットですくいとる

⑦汚れがほとんど浮いてこなくなるまで、3分~5分の「洗い」と「汚れをすくう作業」を繰り返す。

⑧ここで一度「排水」

⑨「洗い」と「脱水」のコースを選んで2回繰り返す

⑩最後は洗濯槽の中に残った水分をウエスで拭き取って乾燥させれば終了

効果の差はここにも!洗濯槽の掃除に重要な温度とは

洗濯槽をきれいに掃除するためには、効果発揮してくれる酸素系漂白剤と汚れに触れる位置をキープできる水量に加え、その水温も大きなポイントとなります。しつこい汚れ落としにお湯を使うと効果的だというのはご存知でしょうが、これは洗濯槽の掃除の場合も同じことです。

使用する酸素系漂白剤を効率よく溶かし、含まれる酸素の働きを活発にしてくれるのは40~50℃程度の温水です。中には温度の調整機能が装備され温水を注入することのできるハイスペックな洗濯機もありますが、通常ではあらかじめバケツ一杯程度の熱湯を用意して後から水を足す方法がベターです。

お湯の効果で酸素系漂白剤の発泡性も高まりますので、しつこい汚れに対してもかなりの効果アップにつながるでしょう。

スッキリ仕上げるには洗濯槽のすすぎも大切

自動の洗浄コースを利用しても、厄介なのはやはり剥がれ落ちた汚れの後始末です。洗濯槽の掃除を手動で行なうステップでもふれましたが、汚れそのものや使った酸素系漂白剤を残さずその後の洗濯を気持ちよくするために洗濯槽のすすぎをしっかりすることも大切なポイントです。

一たび掃除に取り掛かったなら、最低でも2回はすすぎを行って洗濯槽をサッパリさせる習慣にしましょう。

粉末と液体では成分が違う!?酸素系漂白剤は使い分けも大切

漂白剤と一口に言っても塩素系と酸素系、また特殊な汚れを漂白する還元系に分かれます。酸素系漂白剤は粉末と液体の2種類ですが、効果は高めでキツイ刺激臭が特徴の塩素系と酸素系の区別はついても、同じ酸素系漂白剤の粉末と液体の違いは今一つわからないまま選んでいるケースも少なくないはずです。

一般に流通している酸素系漂白剤は粉末と液体の2種類に集約されますが、共通する基本的な効果やメリットを知っておくことは洗濯槽の掃除を安全に効率よくする上でも大切なことです。

粉末・液体に関わらず酸素系漂白剤全般に共通するメリットには、「漂白による繊維のダメージが少ない」「除菌と消臭の効果」「色柄物にも使える」「塩素ガスが発生する危険がない」などがあります。では逆にその違いは何なのかも詳しく見ていきましょう。

洗濯層には粉末と液体のどっちがおすすめ?

粉末の酸素系漂白剤の主成分は、過炭酸ナトリウムという物質で弱アルカリ性の性質を持ちます。一方、液体の酸素系漂白剤は過酸化水素が主成分となっており性質は弱酸性です。

過炭酸ナトリウムの特徴を持つ粉末の酸素系漂白剤は、水に溶けると「炭酸ソーダ」「水」「酸素」に分解されることから何よりも安心して使うことができます。さらに除菌・消臭・漂白のいずれの効果においても液体に勝ることから、洗濯槽の頑固な汚れ落としにおすすめのタイプといえます。

酸素系漂白剤の適量を知ってムダなくお掃除

洗濯槽の掃除に適した性質を持つ酸素系漂白剤ですが、使う量によっては期待した効果が得られない場合もあります。1回の掃除で最大限の効果が欲しい時には、洗濯槽の満水位に対して最低500グラムの酸素系漂白剤を使い様子を見る必要があります。

もちろん洗濯槽の容量に応じて使う酸素系漂白剤の量も増量するのが望ましいものの、目分量で大量の酸素系漂白剤を使うことは好ましくありません。あまりに高濃度ではかえって洗濯槽に負担をかけてしまいますので、目安としては最大1キログラムまでの増量で調整されることをおすすめします。

酸素系漂白剤を使った掃除はどのくらいの頻度でするべき?

洗濯槽の掃除というと、日々のこまめな手入れをルーティンにしている人やほとんど放置状態の人もあって非常にバラつきがあります。また洗濯槽の汚れは、使う頻度や洗濯機の設置状況など複合的な要素も関係するため、これが正しい掃除の回数だとは一概に言えません。

ただし、目に見えないからこその安心材料と考えるならば最低でも3ヶ月に1回は洗濯槽を一掃するのがおすすめです。その手助けとなるのが、汚れ落としに加えて除菌や消臭もできる酸素系漂白剤の使用ではないでしょうか。

快適な洗濯槽を維持するために

基本的な作業の手順を踏んで定期的にお掃除をしていても、長雨が続く季節などは洗濯槽にも湿気が溜まりカビの悩みはさらに増します。毎日のお洗濯を欠かさない以上、カビや汚れを100%抑えることは難しいでしょうが、これらの汚れが発生する仕組みを知って酸素系漂白剤を使うことには意味があります。

酸素系漂白剤を掃除に役立て快適さをアップさせるために、不快に感じる汚れの正体とそれが発生しやすい条件などをピックアップしました。

不快な汚れの正体は?

そもそも洗濯槽の裏に張り付いている汚れの正体は何なのかというと「黒カビ」です。そしてその黒カビの元となるのは、溶けきれずに洗濯槽の中で付着した洗剤や柔軟剤、衣類についた食べこぼしや皮脂汚れなどです。

汚れを落とすため洗濯しているはずなのに、一方では黒カビにエサを与えているなんて、いたちごっこです。けれどカビが繁殖する条件を知ることで快適な洗濯槽の維持につなげることもできます。

カビや雑菌が繁殖しやすい条件

黒カビの汚れは、不快なだけでなく蓄積すると人によっては健康を害するきっかけともなります。増えれば新たな雑菌の温床ともなるので、できるだけ速やかに取り除いた方が良いのは言うまでもありません。

黒カビの繁殖は、温度と湿度の条件さえそろえば爆発的に増えてゆきます。もともと湿気が逃げにくい構造の洗濯槽は黒カビが好む環境で、汚れを取り去ると同時にとにかく内部を乾燥させることが大切になります。

カビや雑菌は、一般的に20℃~30℃の気温と湿度が80%以上で栄養源が豊富にある環境を好みます。逆に37℃以上では繁殖が抑制され、さらに高温状態が保てれば死滅するものがほとんどです。乾燥機能が備わっている場合はできるだけ活用し、洗濯をしない時間は扉を開放するなど工夫してみましょう。

酸素系漂白剤の特徴を比べて選ぼう

ドラッグストアやホームセンターに行けばありとあらゆる掃除グッズが並び、洗濯槽の掃除に使える酸素系漂白剤のバリエーションも豊富なことがわかります。今回の特集では話題の商品の中から6種類の酸素系漂白剤をピックアップしてご紹介します。

あなたのニーズに合った酸素系漂白剤とは何か、選ぶ時の参考にしていただけると幸いです。

世界中で愛されるオキシクリーン

過炭酸ナトリウムを主成分とする「オキシクリーン」は、キッチンや衣類など生活のあらゆるシーンで大活躍してくれる便利な酸素系漂白剤として人気です。ホームセンターなどで見かけるバケツ型の容器と、コストコやネットショップで扱われる大容量のBOX型があります。

いずれも洗濯槽の汚れを落とす洗浄力に大きな差はないものの、実は圧倒的に違う点もあります。それは原産国と中に含まれる添加物の有無です。バケツ型のオキシクリーンは中国製の商品を日本が輸入販売している酸素系漂白剤で、過炭酸ナトリウムの他に水の軟化剤として炭酸ナトリウムを加えた構成となっています。

一方コストコで人気のBOX型オキシクリーンはアメリカ製の酸素系漂白剤で、こちらには添加物として界面活性剤が含まれ、さらにブルーの粒が混じっていることでも見分けられます。界面活性剤は洗剤や化粧品などさまざまな品に入っていますが、無添加にこだわる人にとっては気になる成分の一つでしょう。

ただ、洗剤における界面活性剤は皮脂や油汚れを効果的に落とす意味では欠かせないものでもあります。同じオキシクリーンでも強い洗浄力を望むならアメリカ製を、マイルドでより安心して使える酸素系漂白剤を求めるなら中国製を選ぶといいでしょう。

洗濯洗剤だけじゃない洗濯槽のアリエール

安心の日本製と「洗濯科学のアリエール」というキャッチコピーでおなじみのアリエールには、洗濯槽クリーナーもあります。特徴は活性酵素と洗浄成分の力でカビ胞子を99.9%除去するところで、強力な除菌漂白力を持つ塩素系でないにもかかわらず浸けおきの必要がない使用方法も忙しい主婦には嬉しいところではないでしょうか。

また、洗濯槽のニオイ汚れが気になるという場合も考慮してファブリーズと共同開発されている点でも他の酸素系漂白剤と差別化を図っています。比較的短時間で洗濯槽をきれいにしたいと考える方にはおすすめの酸素系漂白剤といえるでしょう。

ただ一つ残念なのは、ドラム式の洗濯機に対しては使用を控える表示がされていることです。高い洗浄力が魅力でも洗濯機そのものが故障してしまっては元も子もありませんので、十分に注意することも大切です。

カビ退治の定番といえばカビキラー

日本でカビを落とす洗剤と言えば、ダイレクトなネーミングでおなじみのカビキラーでしょう。老舗ブランドならではのラインナップとしては塩素系と非塩素系2つの洗濯槽クリーナーがあり、あらゆるタイプの洗濯槽に対応してくれるメリットがあります。

そのうち粉末の非塩素系における特徴は、通常の粉末カビ取り剤と比較して浸透力が3倍もあるという点でしょう。カビキラー自慢のアクティブ酵素は効果的に汚れを剥がしとり、もちろんカビ胞子の除去率も99.9%を掲げています。

また口コミでは除菌と消臭のパワーにも評価が高い製品となっていますが、粉末と液体の同時使用は有毒なガスを発生させ大変危険ですので注意しましょう。

元祖エコのシャボン玉石鹸

原材料は天然系で香料・着色料・酸化防止剤・界面活性剤などの合成添加物や化学物質フリーが自慢のシャボン玉石鹸では、多目的に使える洗濯槽の漂白剤があります。

こちらも過炭酸ナトリウムを主成分とした酸素系漂白剤ですが、さらに安全性の高い重曹をプラスして洗浄力を高めていて赤ちゃんがいるご家庭や健康に気を使う人にとっては大変使い勝手のいい漂白剤といえるでしょう。

日本で長く愛されているロングセラー商品だけに、ムダなものを排除した効果ありきのパッケージもわかりやすくて人気です。

激落ちくんシリーズの酸素系漂白剤

「激落ちくん」というと水だけで効果的に汚れを落とすメラミンスポンジのイメージが強いものの、最近では生活の広範囲をカバーしてくれる新しい洗浄剤もリリースされているのがレックの同シリーズです。

特徴的なイラスト共に堂々とうたわれた「塩素系を越えた」のキャッチコピーは、高い除菌力を誇る塩素系漂白剤にも成し得なかったカビの菌糸までを取り除く効果を指しています。さらにコスパが良くハイスペックな酸素系漂白剤としては珍しく、ドラム式洗濯層にも対応することで注目度の高い酸素系漂白剤となっています。

洗濯槽にも使えるキッチンハイター

洗濯槽の掃除に使う市販の酸素系漂白剤は、必ずしも洗濯槽専用を使わなければならないとは限りません。少し視点を変えれば、ご家庭のキッチン用でスタンバイしている粉末の酸素系漂白剤でもその効果は十分得られます。

例えば花王から出ている粉末のワイドハイターはアルカリ性の性質をもった酸素系漂白剤で、油脂やタンパク質・炭水化物の汚れに強い特徴を持っています。これは洗濯槽汚れで取りたい汚れの成分に合致することから、強い味方になることは間違いありません。

コスパも洗濯槽専用の酸素系漂白剤をさらに上回りますので、お財布にも優しい洗濯槽掃除が実現できるでしょう。

酸素系漂白剤を使うならココに注意!その対策もご紹介

どんなに添加物の少ない安心な成分であっても、何らかの薬剤を使用して行う掃除にトラブルがゼロとは言い切れません。事前の注意書きに目を通す習慣で避けられることもたくさんありますが、できるだけ気持ちの良い掃除をするためにはやはりきちんとした知識が必要となるでしょう。

洗濯槽の掃除によって起こる具体的なトラブルとそれを防ぐために必要なポイントをご紹介します。

洗濯槽の掃除が引き起こすトラブルとは

酸素系漂白剤を選ぶ人の多くは、鼻をつく強烈な刺激臭がないことを最大のメリットと考えているはすです。ただ同時に特徴的な臭いがあることで危険を予測させ、有毒ガスの発生が未然に防げているという側面も忘れてはいけないでしょう。

手軽で安全に使うことのできる酸素系漂白剤も使い方を間違えれば機械の故障など重大な事故を起こしかねないことから、注意すべきポイントはしっかり押さえて掃除に取り掛かる必要があります。

混ぜるな危険は守るべし

塩素と酸が混ざることで発生する塩素ガスでは、命の危険に係わる身体的なダメージが非常に心配されます。酸素系漂白剤でも液体タイプは酸性ですから、間違って塩素系の漂白剤と混ざれば同じトラブルに見舞われる可能性も全くないわけではありません。

洗濯槽の掃除の仕方を解説するものの中には、あらかじめ塩素系の漂白剤で洗浄した後に酸素系漂白剤を使って臭いの除去をすすめているものありますが、仮に途中のすすぎが不十分だった場合を考えるとかなりリスキーな手順といえます。

さらに最近エコ派に人気のクエン酸や酢を使った掃除とのマッチングも塩素系には厳禁と心得ましょう。

手動での操作にムリは禁物

酸素系漂白剤のメリットは、発泡してより細かい部分にまで洗浄効果が働くことです。基本的なルールを理解した上で洗濯槽をセルフクリーニングすることは可能ですが、分解掃除まではおすすめできるものではありません。

安全な酸素系漂白剤を選べても、許容範囲を超えての洗濯槽掃除は極力控えるのが賢明です。場合によってはプロの手に委ねることも検討すべきでしょう。

気持ちを洗うように洗濯槽もピカピカに

今回は、酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除についてご紹介しました。あなたのホームクリーニングを快適にしていく中で欠かせない洗濯槽の掃除は、できるだけ先延ばしにしないのが鉄則です。

毎日肌に触れるものを気持ちよく身に付けるためにも、酸素系漂白剤のルールを守ってこまめなメンテナンスを心がけましょう。

Related