Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

皆さんは、アクリルたわしを使ったことがありますか。アクリルたわしを購入した方の中には、購入したはいいが、アクリルたわしの使い方が分からないという人がいます。今回アクリルたわしの使い方を紹介していますので、ぜひ使い方を読んで学んでみてください。

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

アクリルたわしってどんなもの?

アクリルたわしとは、アクリル100%の毛糸を利用したお掃除グッズになります。そんな、
アクリルたわしの別名は、環境に優しいことから「エコたわし」や「環境たわし」などとも呼ばれており、洗剤を使わないのでマジッククロスとも言われている、環境に優しいたわしのことになります。

そんなアクリルたわしの最大の特徴は、酷い油汚れがついている場合以外は、食器洗い洗剤をほとんど使うことなく、水だけで汚れを落すことができます。なぜ汚れを落とすことができるかというと、たわしの素材がアクリル100%の毛糸だからです。アクリルは細かい繊維でできており、その毛糸の繊維同士が生みだしている通気性と通水性によって、ミクロの汚れを掻き出すことができます。

そんなアクリルたわしの色は、カラフルだったり形も可愛いものが多いので、使用後に干していてお部屋のインテリアのように見え、アクリルたわしを置いておくだけでも可愛いです。

メリット

アクリルたわしのメリットの1番は、洗剤代が浮くことです。洗剤がいらなかったり、もし使っても少ない分、節約になりますし、環境にもいいのでエコになります。

その他にも洗剤を使って食器洗いをすることで手荒れを起こしてしまう人が多くいますが、アクリルたわしを使うことで荒れるのを抑えることができます。そのうえ、洗剤を使わないことで小さなお子さんがいるお家では、洗剤の落とし忘れの心配がないのが大きなメリットになります。

エコや節約以外のメリットは、アクリルたわしが簡単に作れるということです。アクリルたわしは、アクリル100%の毛糸さえ手にい入れられれば、自分で簡単に作ることができます。そのアクリル100%の毛糸も100均で購入することができます。毛糸1玉から小さなタイプのたわしなら3~4個ぐらい作ることができるので、こちらも経済的に作ることができます。

デメリット

アクリルたわしを使うときのデメリットは、アクリル100%の毛糸は熱いお湯が苦手になります、食器を洗うときに、油汚れがひどいときは、熱いお湯を使かって油汚れを落としたくなりますが、アクリルたわしは直接お湯を使いながら使用してしまうと、ダメになってしまうおそれがあります。

そんなときは、まず油汚れやなどをキッチンタオルなどの紙でふき取ります。それから熱湯で一度ながしてから、水を含んだアクリルたわしで洗います。それでも油汚れが落ちない場合などは、重曹などで一緒にあらうと綺麗に落とすことができます。アクリルたわしは、できるのであれば油汚れ用と、ガラスコップなどの茶碗用の2種類を使い分けると清潔に保つことができます。

アクリルたわしの使い方

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

アクリルたわしはどんな使い方をしたらいいのでしょうか。アクリルたわしの使い方には、おおきくわけると水にぬらして使う場合と、乾いたまま使う場合の2つの方法があるので、その2つの方法を紹介します。

ぬらして使う

アクリルたわしを濡らして使う方法は、1番多いのは食器洗いになります。まずアクリルたわしと食器に水をかけながら、よくこすり洗います。同じような感じで、シンクなどのキッチン周りも同じように洗えます。もし油汚れがある場合は、はじめにキッチンペーパーやボロ布などで1度拭き取っておくと、そのあとは楽に洗えます。もし落ちにくい場合は、お湯で1度ゆすいでからアクリルたわしで、こすってください。

もし、洗剤をつけないことが気になる場合は、少量の洗剤をつけて洗ってください。ですが、洗剤をつけても泡立たないので、洗剤の使い過ぎには気をつけてください。アクリルたわしは、コップなどのガラス製品の表面の曇りをすっきりと落とし、綺麗に仕上げることができます。お風呂や洗面台などもアクリルたわしで洗うことで、付いてしまっている湯垢を綺麗に落とすことができ、ガラスや蛇口のくもりも綺麗にとることができます。

乾拭き

アクリルたわしの2つ目の使い方は乾拭きになります。そんな乾いたアクリルたわしの使い方は、窓ガラスのくもりとりや、パソコンやテレビ、電話機などの電化製品、フローリングの埃とりに大活躍してくれます。アクリルたわしにはいろいろな形状があるので使いたいものに合わせて形状を変えるといいです。

例えば、箒のような形状のアクリルたわしなら、電化製品の細かい場所までササッと一拭きするだけで埃を取ることができます。その掃除場所専用でたわしを作って置いておくと、すぐに掃除ができとても便利に使うことができます。

アクリルたわしのお手入れ

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

アクリルたわしのを使用したあとのお手入れ方法ですが、普通の食器洗いスポンジように水洗いをして使用後は、絞ったあとに日光によく当て干して、乾燥させて保管してください。

アクリルたわしは洗濯機でももちろん洗うことができますが、柔軟剤や漂白剤はアクリルたわしの汚れを落とす効力を損なってしまうため、お手入れするときには使用せずにお手入れをしてください。その他の注意は、アクリルたわしは熱に弱いのでアイロンや乾燥機も使うことはできません。

アクリルたわしの編み方

アクリルたわしのメリットの中に、簡単に作れることがあります。可愛い形のアクリルたわしを手作りするには、かぎ編みなどのテクニックが必要になりますが、簡単な形でいいのであれば簡単に作ることができます。そんな1番簡単なアクリルたわしの作り方を紹介します。

1番簡単な編み方

アクリルたわしの1番簡単な作り方は、指編みで作る方法になります。そんな指編みで作るアクリルたわしの作り方を紹介します。作る材料で用意するものは、アクリル100%の毛糸だけです。

1:毛糸の端を親指に2・3回巻き付け長い方の糸を人差し指の向こう側と、中指の手前側の交互に渡し、そのあと小指の向こう側、薬指の手前側と糸を渡していきます。
2:人差し指の向こう側からぐるりと回して、小指の手前側にもってきて親指の背後にたらす。
3:小指のところにある糸を下から引き出しながら小指にかける。薬指~人差し指もおなじように編む。
4:ある程度の長さを編み終えたら、 20センチほど糸を残して切り糸端を小指にかかっている糸に上から下へと通す。
5:これを人差し指まで繰り返す。
6:人差し指まで繰り返したら4本の指全部から糸をはずし、糸端を引っ張って編み口をとじる。好きな形に毛糸を成型したら完成。

アクリルたわしの編み図紹介

アクリルたわしの人気には、色のカラフルさと形の可愛さがあげられます。そんな人気の形のアクリルたわしの編み方を紹介します。アクリルたわしを作るのに必要な材料は、アクリル100%の毛糸になります。道具は、ほぼかぎ針で編むことができますが、最後のうずまきのアクリルたわしだけは、棒編みになります。

ワッフル

ワッフルはアクリルたわしの形の中でも、とても人気の形になります。またワッフル編みのアクリルたわしは、分厚くて硬くできているので、アクリルたわしをハードに使いたいときに適した形になります。そんな、ワッフルのアクリルたわしの編み方を紹介します。

1:まずは30目の鎖編みを編む
2:1段目は3目を立ち上げ、鎖編みと長編みを繰り返します。
3:2段目は、1段目で長編みしたところを表引き上げ編みと裏引き上げ編みを繰り返す。
4:3段目以降は前段で表引き上げ編みをしたところに、裏引き上げ編み、裏引き上げ編みしたところに表引き上げ編みを繰り返す。これを好みの大きさまで繰り返します。

フレンチクルーラー

フレンチクルーラーとは、ドーナツのフレンチクルーラーの形をしたアクリルたわしになり、見ているだけで美味しそうな見た目になります。シンプルなものが多いキッチン道具ですが、フレンチクルーラーのキュートさがキチンのアクセントになります。そんなフレンチクルーラーの作り方を紹介します。

1:20目の鎖を編み、2本ではなく奥の1本に細編みを20段編みます。形がひし形になるように、右端は1段ごとに増目し、左端は1段ごとに減目して編んでいきます。傾きは逆でも特に問題ありません。
2:編んだ両端を筒状に綴じていきます。このときの綴じ方は好きな綴じ方でかまいません。
3:両端を綴じ筒状にしたら、筒の上下を合せ長さを短くして綴じ針で縫い合わせて行きます。
4:縫い合せたら糸を留めずに、ぎゅッーと引っ張ります。引っ張ることで、フレンチクルーラーの形であるうねりができあがります。そのあとに形成して完成です。

花を作るのにむいている毛糸は、極太〜極々太の太い毛糸が向いています。

1:1段目は、「わ」を作りくさり編み3目で立ち上げて、長編みを19目を編み、わを引き締めて立ち上がりの頭に引き抜き編む
2:2段目は、くさり編み3目で立ち上げ、長編み4目の玉編みを編む。
3:くさり編みを4目を編み、1段目の長編みを1目飛ばし、3目めの長編みの頭に長編み5目の玉編みを編む。
5:玉編みとくさり編みを10回繰り返し、最後のくさり編みは、2段目最初の玉編みの頭に引き抜き編みをして留める
6:3段目は、くさり編み1目で立ち上げ、2段目のくさり編みを4目編み、全体をすくって「細編み1目、くさり編み1目、長編み3目、くさり編み1目、細編み1目」を編む。10回繰り返したら、3段目最初の立ち上がりに引き抜き編みをする。
7:糸を切り始末する。吊り下げ用のループは、最後の引き抜き編みのあとに鎖編みで作れます。

ハート

シンプルなハート型は、大人の生活空間にもなじみやすい形です。そんな色違いのアクリルたわしをペアで置いて、食器洗い用とシンク洗い用に使い分けてもいい可愛いです。

1:編み図1のように毛糸で編んでいきます。編み図のとおりに編むとこんな感じの形になります。
2:編み図2のように1から毛糸をつけて編んでいきます。9は編み図1の最後の段のことになります。編み図2を編むとこんな感じになります。
4:出てる糸を処理して、他の毛糸でハートの回りを細編みで編むと完成です。完成した仕上がりサイズは、10cm×12cmくらいになります。

うずまき

うずまきは、アクリルたわしの中では、とてもポピュラーな形になります。うずまきの形は、手の中にすっぽり収まる形なので、とても使いやすい形状のアクリルたわしになります。

1:棒針に作り目を16目作ります。目を作ったら裏返して2段目は、ガーター編みになるように編んでいきます。
2:3段目は色を変えて、初めに2目一度で減目をし、終わりに端から2目にして1目増やしで編み、階段状に編んでいきます。(編み方図を参照)
3:4段ごとにガーター編みを2段を編む。
4:最後の段で、円形に輪っかにしてメリヤスはぎをする。
5:両端を綴じ針ですくい、絞って丸く渦巻き状にします。ループをつけると完成です。

アクリルたわしを編むのに必要なもの

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

アクリルたわしを編むのに必要なものを紹介していきます。

毛糸

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

アクリルたわしを作るのに必要なものは、毛糸になります。ここで使う毛糸は、ウールなどの毛糸ではなく、アクリルで作られているアクリル100%の毛糸になります。アクリル性の毛糸は、1本1本の繊維が細くからみあって空間ができており、それが絡み合って毛糸ができているのが特徴になります。

その毛糸で、できているたわしで掃除をすると、たわしとたわしに触れた部分と摩擦の抵抗が大きくなり、汚れをたくさんとることができます。また、アクリルは石油製品なので親油性があり、油汚れを毛糸の表面に付着させることができます。

普通の素材なら油汚れを吸収しますが、アクリル自体に吸収する力がないので、簡単に洗い流すことができます。そして、その水分吸収率が0%なことで静電気が起こり埃などを吸着させることで、埃を取ることができます。そんな一石二鳥どころじゃないぐらいアクリルたわしは、掃除道具の優秀アイテムになります。

かぎ針

アクリルたわしの編み方・人気の編み図|ワッフル/花/ハート

アクリルたわしを編む道具は、かぎ針になります。かぎ針とは、棒状の先が鈎状になった毛糸を編む道具になります。1本の針で美しい編み地を作ることができます。かぎ針は、棒先の鈎状になっている部分に毛糸をかけ、引き出したループに1目ずつ編みながら進めていきます。

かぎ針は、帽子や編みぐるみなどの小物類、バッグ、マフラー、レース編みなどを編むことができます。少し前までは棒編みの方が人気がありましたが、近年ではハンドメイドの流行により、かぎ針1本で気軽に編むことができるかぎ針編みの人気が再燃しています。

かぎ針の素材は、竹・角・金属などの種類がありますが、現在は主に金属が好まれています。かぎ針の号数は、鈎の部分の太さを表しています。かぎ針のサイズは、1/0~10/0号とジャンボの7・8・10㎜のサイズがあります。かぎ針の号数の数字が、大きいほうが太くなります。サイズは毛糸の太さと合わせて使用します。

かぎ針のサイズ

かぎ針にはいろいろなサイズがあります。日本では針軸の直径に合わせて号数で表しています。かぎ針の大きさのサイズを紹介します。
・2号:2.0mm
・3号:2.3mm
・4号:2.5mm
・5号:3.0mm
・6号:3.5mm
・7号:4.0mm
・8号:5.0mm
・10号:6.0mm
・ジャンボ7ミリ:7.0mm
・ジャンボ8ミリ:8.0mm
ジャンボ10ミリ(10.0mm)

かぎ針の場合に合せる毛糸の太さを紹介します。

・2/0~4/0:中細の毛糸
・3/0~6/0:並太の毛糸
・5/0~:極太の毛糸
・8/0~:極々太の毛糸

大きなかぎ針を使って編むと、ザックリとした風合いで毛糸を編むことができます。

掃除場所別のアクリルたわしの使い方

キッチン、お風呂、電化製品、鏡などアクリルたわしを使って掃除の場所はたくさんあります。アクリルたわしの使用方法も、カラ拭き・ぬらして雑巾のように、スポンジのようになど掃除する場所によって使い分けましょう。

アクリルたわしの形状も、可愛いいちごやハートなどの形から、固めに編まれたワッフルタイプや、箒の先のような形など決まりがない分たくさんの形があるので、掃除場所に合わせてアクリルたわしの形を変えて使いましょう。そんな、場所によってのアクリルたわしを使った掃除の仕方を紹介します。

風呂での使い方

お風呂のお掃除にも、アクリルたわしが大活躍してくれます。浴室の掃除の仕方は、汚れを落としたいタイルの部分にシャワーをかけながら、落としたい汚れをアクリルたわしで、サラサラとなでる程度の力加減でタイルを擦るだけで、薄く生えかけているカビぐらいなら洗剤なしで落とすことができます。

アクリルたわしを使って掃除をすると、水あか汚れも綺麗に落せます。ですので、シャワーの蛇口なども一緒に洗ってあげると、ピカピカにすることができます。いつでもサッと掃除できるように、アクリルたわしを浴室に1枚常備していると、掃除がしやすくなります。

その他にもバスタブや、桶などのお掃除にも使うことができます。また、柔らかいアクリルたわしは、お風呂での身体洗いにも使うことができます。旅行先など荷物をコンパクトにしたいときなどに、身体洗い専用のアクリルたわしを持っていくと、とても便利で重宝します。

鏡への使い方

洗面所などのかがみは、どうしても水垢が付きやすい場所になります。タオルなどでゴシゴシ擦っても、水垢はなかなか落ちませんが、アクリルたわしで鏡をカラ拭きするだけで、とても綺麗にすることができます。乾拭きで落ちない場合は、少し水に付けて擦ることで綺麗になります。

もし鏡に、皮脂汚れが付いている場合は、重曹を使ってアクリルたわしでこすると、皮脂汚れも綺麗に落とすことができます。アクリルたわしは、鏡などの傷つけたくないものでも、傷つけずに綺麗に掃除をすることができます。

鏡と同じ方法で、窓ガラスや食器棚・本棚などのガラスも少しの汚れなら、アクリルたわしのみで汚れを落とせます。汚れがひどい場合は、鏡と同じように掃除をした後からアクリルたわしを堅くしぼって拭き、乾いた布でカラ拭きしましょう。そうすることで、ガラスなども綺麗にすることができます。

床での使い方

フローリングなどの床掃除には、雑巾・モップのかわりにアクリルたわしでお掃除できます。埃などだけならサッと拭くだけで綺麗になります。汚れが在る場合は、重曹とアクリルたわしを一緒に使うことで綺麗に汚れを落すことができます。そのときは、重曹スプレーを作ると掃除がしやすいです。

重曹スプレーの作り方は、水500㏄に大さじ2の重曹を溶かすことで作ることができます。その重曹スプレーを床の汚れに吹きかけ、アクリルたわしで擦り、 乾拭きしてあげると汚れが綺麗に落とせます。汚れが酷いときには、重曹をそのまま振りかけてからアクリルたわしで擦ってください。

アクリルたわしの中には、クイックルワイパーなどにつけるペーパーの形状をしたアクリルたわしを作ることもできます。それのアクリルたわしを使うことで、埃などを拭き取れます。ペーパーのアクリルたわしを1つ持つと、普段の掃除を簡単にすることができます。

キッチンでの使い方

アクリルたわしを使った掃除と言われて真っ先に思い出すのは、キッチンだとおもいます。基本的に、油汚れが酷くない場合は、食器洗い洗剤をつけなくても水やお湯で汚れを落とすことができます。

茶渋やコーヒーの黒ずみや茶渋なども、アクリルたわしを使うと軽く擦るだけで、漂白剤などの洗剤を使わずに汚れを落とすことができます。その他にも、煮物などを作ったときにこびりついてしまっても、アクリルたわしを使い綺麗に落とすことができます。

食器の油よごれが強い場合は、そのまま洗っても油は落ちないので洗う前に1度キッチンペーパーで油汚れを拭き取ってから洗うか、少量の洗剤をつけて洗いましょう。その際、アクリルたわしは泡立ちませんので、洗剤の量には気をつけましょう。食器洗い用のアクリルたわしは、油汚れもの用とそうでないもの用の2枚を常備しておくと清潔に使うことができます。

その他

アクリルたわしを使ってその他の掃除の仕方をご紹介します。

・電化製品:冷蔵庫の外側や中・テレビ・パソコン・炊飯器・電子レンジ・携帯電話などの電化製品をカラ拭きすることで、汚れが取れます。
・車、バイク、自転車の洗車:洗車は車体を傷つけることなく洗え、車内の拭き掃除にも使うことができます。
・革製品、家具類など:皮製品などにも使うことができ、タンス・棚などの家具のお手入れにも使えます。
・アウトドアでの食器洗い:アウトドアで食器を洗うときに洗剤は使えません。そんなときは、洗剤を使わないアクリルたわしの出番です。アクリルたわしは、サイズも小さいので持ち運びが便利です。
・水槽のお掃除:熱帯魚の水槽など、洗剤厳禁のガラス製品の掃除にもピッタリです。
・トイレ:便座はもちろん、トイレの床や棚なども掃除ができます。水がかかって汚れがちな排水栓のボタンなども、綺麗にすることができます。

おすすめのアクリルたわし

アクリルたわしのメリットの中に、たくさんの種類の形があることです。掃除したい場所に合わせた形を選ぶことも大切なので、それでアクリルたわしを選んであげてたり、形がそんなに重要でない場合は、可愛いなどの理由で好きな形を選らんでみましょう。お子さんがいる方などでは、フレンチクルーラーの形を選び、お子さんがままごと遊びをして飽きた頃に、たわしとして利用したりと2段階に分けて使う方もいます。

なので、ご自身の生活環境に合わせたり、インテリアなどに合わせたりなど、ご自身の好きな形をたくさんあるアクリルたわしの中から選んでみましょう。

アクリルたわしで、ピカピカに

アクリルたわしのデメリットの中に、形は可愛いが使い方が分からないというものがあります。そんなアクリルたわしの使い方は、とても簡単に使うことができます。

そのとき掃除したい場所に合わせて、アクリルたわしを濡らしたり、乾拭きしたり、どうしても落ちない汚れがある場合は、洗剤を使ったりなど、掃除したい場所の状況に合わせてアクリルたわしの使い方を変えたらいいだけです。そんなアクリルたわしの使い方をしっかり覚えて、アクリルたわしを使って家中をピカピカにしましょう。

Related