Search

検索したいワードを入力してください

洗濯の手洗い方法・脱水の方法・マーク・洗剤・柔軟剤

初回公開日:2017年12月08日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

みなさんは、手洗いで洗濯を行うときどのようなことに気をつけていますか。手洗い洗濯は大変で手間がかかるイメージがありますが、コツを掴めば簡単に行うことができます。ここでは、手洗い洗濯のコツや注意点、洗剤などをご紹介します。

洗濯の手洗い方法・脱水の方法・マーク・洗剤・柔軟剤

手洗い洗濯のメリットは?

電気代・水道代・洗剤が節約できる

手洗いで洗濯をするということは、洗濯機を使用した場合と比べてとても手間がかかります。しかし、洗濯機と違い電気を使わないので、電気代がかからないというメリットがあります。また、工夫次第で使用する洗剤の量や、水量を抑えることもできるので、洗剤や水道代の節約を節約することができます。

丁寧に優しく洗える!

人の手で手洗い洗濯をすることによって、丁寧に優しく洗うことができるため、洗濯機を使用した場合と比べて、服の生地を傷めにくいことも、メリットの一つとして挙げることができます。お気に入りの服を長持ちさせたい場合は、ぜひ、手洗い洗濯に挑戦してみるといいでしょう。

ピンポイントの汚れに対応できる

手洗い洗濯をすることによって、汚れを落としたい場所を、実際に確認しながら洗濯をすることができます。確認しながら手洗いすることによって、ピンポイントの汚れに対応することができますし、汚れている箇所を集中して洗うことができるので、洗濯機を利用した場合よりも確実にきれいに仕上げることができます。

白いワイシャツに醤油のシミがついてしまった場合などでも、適切な方法で手洗い洗濯を行うことによって、よりきれいに落とすことできる場合があります。

手洗い洗濯のやり方は?

手洗い洗濯って簡単にできるの?

みなさんは、手洗い洗濯についてどのようなイメージを持っていますか。手洗い洗濯を行うということは、洗濯機を使用した場合に比べて時間や手間が掛かるため、とても難しく大変そうなイメージを持っている方が多いでしょう。手洗い洗濯は、やり方を覚えてしまえば難しいことは一切ありません。

大切な洋服を長持ちさせたい場合や、デリケートな素材でできた洋服など、洗濯機では落ちない酷い汚れの場合は、ぜひ、手洗いにチャレンジしてみましょう。

衣服の洗い方のポイントは?

押し洗いをしよう!

押し洗いは、手洗い洗濯の基本となる洗い方です。押し洗いのやり方は、洗面器や桶などに入れた洋服を両手で上から押して洗います。生地に負担を掛けない優しい洗い方で、厚手の生地の衣服や、ウール製の衣服に向いています。

つけ置き洗い

つけ置き洗いは、手洗い洗濯における洗い方の中でも、もっとも優しく洗える方法です。洗い方は、洗剤液の中に衣服を漬けておくことによって、汚れを落とすというとてもシンプルな方法です。カシミアニットやストールなどのデリケートな衣類や、型崩れが心配な衣服はこの方法で手洗いしてみるといいでしょう。

また、汚れが付いてしばらく時間が経ってしまった衣服を洗う場合にも、つけ置き洗いは有効です。つけ置き洗いで汚れをある程度浮かせてから、こすり洗いなどで落としましょう。

振り洗い

振り洗いは、比較的優しく洗える手洗い方法になります。薄手のブラウスなど、繊細でシワになりやすいものを洗いたい時に、向いている手洗い洗濯の方法です。衣服の端を持って、桶の中で軽く衣服を振るようにして洗います。

この時、衣服を強く引っ張りすぎると、生地が伸びてしまったり、傷んでしまう場合があるので注意が必要です。振り洗いは、厚手の生地の衣服の洗濯には不向きの方法です。

アコーディオン洗い

アコーディオン洗いは、振り洗いと同じく比較的優しく手洗い洗濯できる方法になります。こちらも、ブラウスなどの薄手の衣服を洗うのに適しています。衣服の両端を持ち、洗剤液の中でアコーディオンを弾くように寄せたり、離したりすることで洗います。

揉み洗い

揉み洗いは、衣服を強く揉むようにして手洗いする方法です。頑固な泥汚れや食べ物のシミなど、汚れがひどい場合に適した手洗いの方法になります。綿や麻などの丈夫な素材の衣類で、擦ったり揉んだりしても大丈夫な衣服は、この方法で洗濯するといいでしょう。

こすり洗い

こすり洗いは、作業服などの比較的丈夫な服を洗う際に、適した手洗い洗濯の方法で、頑固な汚れをきれいに落とすことができます。洗濯物同士を押し付けるようにこすり合わせながら、汚れを落とします。薄手の衣服で、強めの力でこすり洗いを行うと、生地を傷めてしまう場合があるため、注意しましょう。

叩き洗い

たたき洗いは、ブラシやスポンジの先端に洗剤の原液をつけて、衣服の汚れている箇所を軽く叩いて汚れを落とす手洗いの方法です。こすり洗いに適していないデリケートな衣服の、部分汚れを落とすのに適しています。

手洗い洗濯における脱水の方法

手洗い洗濯をした時に、脱水をする方法はいくつか存在します。ここでは、手洗い洗濯における脱水の方法を紹介します。

みなさんも、それぞれの脱水のコツを押さえて、素材に合わせて脱水の方法を使い分け、お気に入りの洋服をより長く着ることができるようにしてみましょう。

手で絞る

手洗いをする時の脱水の方法として、道具を使わずに手軽に行うことができるのが、手で絞るという方法です。特別な道具などを用意する必要はありませんが、しっかり絞らなければいけないため、力が必要な作業になります。特に、バスタオルなどの大きくて吸水性の良いものは大変です。

デリケートな素材の衣服は、あまり強く絞りすぎてしまうと、伸びてしまう可能性があるため、力加減に気をつけて絞るようにしましょう。

洗濯機を使う

手で絞るという脱水方法は、道具が必要なく手軽にできますが、それなりに体力と時間が必要です。洗濯物を、ひとつひとつ手で絞るのは握力が必要ですし、疲れてくると絞り方が足りなくて、しっかり脱水できない場合もあります。

手間を掛けたくないのであれば、洗濯機を使って脱水をするという選択肢もあります。脱水時間は30秒ほどを目安にして、あまり脱水しすぎないようにしましょう。デリケートな素材の衣服を洗濯機で脱水する場合は、特に注意が必要です。

タオルなどを使って脱水をする

手洗い洗濯した洋服などを、バスタオルや吸水タオルなどに挟んで脱水を行うという方法もあります。洗濯した洋服などを、乾いたタオルで挟んで上から押したり、踏んだりすることによって、水分がタオルにうつり脱水することができます。

手で絞るよりも楽に脱水することができますが、脱水したい衣服の量が多い場合は、必要なタオルの量も増えてしまいます。少量の衣服を脱水したい場合に、この方法を行うといいでしょう。

取扱い絵表示について

洗濯を行う時には、必ず「取扱い絵表示」をチェックし、衣服に応じた適切な方法で洗濯をするようにしましょう。しっかり取扱い絵表示を確認せずに洗濯を行うと、洗濯の方法によっては衣服が変色してしまったり、縮んでしまったりしてしまうこともあります。

ここでは、手洗い洗濯に関する取扱い絵表示について紹介します。みなさんも、取り扱い絵表示を参考にしながら、お気に入りの衣類を洗濯してみましょう。

手洗い30

「手洗い30」は、「30℃以下の水を使用して、弱めの力で手洗いをしてください」という意味になります。この表示が付いている衣類は、基本的に洗濯機で洗うことはできません。

「手洗いコース」「ドライコース」などの優しめに洗う洗濯コースを使用しても、衣類の色落ちや傷みの原因になってしまう場合があるため、できれば洗濯機で洗うことは避けて、手洗いで洗濯をするようにした方がいいでしょう。

水洗い不可

洗面器のマークに「×」がついたものは、「水洗い不可」の意味になります。このマークがついている衣服は、洗濯機による洗濯はもちろん、手洗い洗濯をすることもできません。水洗い不可マークの衣服は、自宅で洗濯するのではなく、クリーニング屋さんに出してドライクリーニングをしてもらうのが基本になります。

手洗い洗濯に洗剤は?

みなさんは、洗剤を選ぶときにどのように洗剤を選んでいますか。洗剤の選び方を間違えてしまうと、お気に入りの服を傷めてしまうことがあります。手洗い洗濯の場合に限らず、洗濯を行うときは、洗剤の種類や用途にも気を配ってみましょう。ここでは、液体や粉末など、各タイプの洗剤の特徴と、洗濯をするときに洗剤を紹介します。

洋服にこだわるように、さまざまな洗剤の特徴を理解して、用途や汚れによって洗剤を使い分けて、洋服の素敵な状態を保つことができるようにしましょう。

液体洗剤

液体洗剤は、粉末洗剤に比べて水に溶けやすいため、すすぎに手間が掛からないというメリットがあります。そのため、洗濯に手間を掛けたくない人には液体洗剤がです。

液体洗剤は、粉末洗剤に比べて洗浄力が劣ってしまうので、比較的汚れが少ない秋冬シーズンの洗濯に向いているといえるでしょう。しかし、日常生活でつくような軽めの汚れを落とすのであれば、基本的に液体洗剤で十分です。最近では、液体洗剤の方が粉末洗剤よりも、が高く種類も豊富です。

アクロン おしゃれ着洗剤

繊細な衣類を洗濯する時は、おしゃれ着用洗剤を使用するといいでしょう。このアクロンおしゃれ着用洗剤は、着ている時に洋服が傷んでしまうことを防いだり、脱いだ後のケアを行ってくれたりするという嬉しい効果もあります。

おしゃれ着用洗剤で迷ったら、ぜひ、アクロンを使ってみるといいでしょう。

小さい頃からおしゃれ着はアクロンするから普通の洗濯とは別にしてね!と母に言われてきたので、その頃からずっとアクロン愛用してます。
ウールやドライマーク以外でも、気に入ってる服はアクロンで洗濯しています。
ユニクロのダウンもネットに入れてアクロンで思い切って洗ってみましたが、汚れはちゃんと落ちたし、ふわふわ感は元に戻りました(^^)さすがです。
ボトルの形がいつの間にか変わっていたので、本体ごと取り換えたら使いやすかったです。香りも良いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%8... |

粉末洗剤

アリエール・サイエンスプラス7

粉末洗剤は、液体洗剤よりも洗浄力が高く、しつこい汚れを落としたい場合に使用するのが良いでしょう。しかし、粉末状であるため、液体洗剤よりも水に溶けにくく、すすぎに手間が掛かるというデメリットが存在しています。粉末洗剤を手洗いで使用する場合は、しっかりお湯で溶かしきってから使用するといいでしょう。

洗濯石鹸

洗濯石鹸は、合成成分がほとんど入っていないため、肌や環境に優しいことが特徴です。敏感肌の人や、地球環境に配慮したい人にがあります。洗濯石鹸は、泥汚れや油汚れ襟や袖の汚れをよく落とすことができ、さらに40度ほどのぬるま湯で洗うことによって、洗浄力をさらに引き出すことができます。

普通の洗剤で肌荒れを起こしてしまう人や、洗濯にもっとこだわりたい人は、洗濯石鹸を試してみてはいかがでしょうか。

そよ風

粉石鹸のそよ風は、洗浄能力が高く合成界面活性剤が入っていない粉石鹸です。ミヨシ石鹸の石鹸にはさまざまな石鹸があります。香りが良いものや無添加の石鹸、昔ながらの製法で作られた石鹸など、いろいろためして好みに合わせて使用するのが良いでしょう。

柔道着の洗剤にすごくいいです!
格闘技ゆえできる汗や皮脂さらに血液を綺麗に流してくれます。サムラ◯とかいうのより格段に安いです。気に入りました!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A8%E3%82%B7%E7%9... |

東邦 ウタマロ マホー石鹸

こちらのウタマロのマホー石鹸は、洗濯機や普通の洗濯では落としにくい汚れを落とすことできる洗濯石鹸です。白いものを一層白く見せて、除菌や消臭をしっかりしてくれるので、シャツの襟首の頑固な汚れなどにもです。

特に小さなお子様の食べこぼしや、泥汚れで汚してしまった汚れの大きな味方になるでしょう。

こんなに簡単に綺麗になるなんてびっくりです!
汚れている部分にクルクルと馴染ませている時点では汚れが完全に落ちている感じはしませんが、泡を洗い流さず洗濯機にポイ!すると綺麗になっています!
小さい子がいるご家庭には是非1つ!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E9%82%A6%E9%87%91%E5%B... |

手洗い洗濯に柔軟剤は?

柔軟剤を使用すると衣服をふっくらさせることができるため、服の着心地やバスタオルの肌触りがとても良くなります。また、衣服のにおいや、冬場の静電気を防止してくれるなどのメリットもあります。

手洗いの時に使用する柔軟剤は、普段使用している好みのものを使用して構いません。柔軟剤は洗剤ではないので、柔軟剤だけで洗濯をすることはできません。近年では、柔軟剤入りの洗剤なども販売されているので、そちらを利用してみてもいいでしょう。

柔軟剤を入れるタイミングは?

手洗い洗濯を行った時、柔軟剤の効果をより発揮するために大切なのは、柔軟剤を入れるタイミングです。

柔軟剤を入れるタイミングは、洗剤をすすいだ一番最後に入れるようにしましょう。柔軟剤を入れた後は、そのまま3分ほどおいてからすすがずそのまま脱水をして乾かします。柔軟剤を入れた後にすすいでしまうと、柔軟剤の成分が流れてしまうので気をつけましょう。

手洗い洗濯は洗濯機でもできる?

名称は各メーカーによって異なりますが、近年販売されている洗濯機の中には「手洗いコース」や「ドライコース」といった機能が存在する洗濯機も多くあります。

この「手洗いコース」や「ドライコース」は、洗濯機のドラムの回転を抑えたり、優しい水流で洗ったりすることによって、衣服へ掛かる負荷を小さくすることができます。そのため、デリケートな生地のおしゃれ着やセーターなどを洗濯機で洗いたい場合は、これらのコースを使用してもよいでしょう。

手軽に利用できる洗濯機ですが、丁寧に手洗い洗濯でキレイにしたほうが衣服へのダメージも少なくて済みますし、洋服を長持ちさせることができます。

大切な衣類はぜひ手洗いで!

いかがでしたか。手洗い洗濯をするということは、大切な衣類を守るということだけでなく工夫次第で水や洗剤を節約することにもつながります。また、洗剤を用途や必要に応じて使い分けることによって、大切な洋服の適切なケアができますし、肌が敏感な人は自分の肌を守ることもできます。

また、汚れが酷い洋服や洗濯機では落とすことができない汚れも、手洗いで洗濯することによってきれい落とすことができることがあります。

みなさんも、手洗い洗濯のコツや洗剤の用途を正しく理解して、衣類に応じた適切な方法で洗濯を行い、お気に入りの服を長持ちさせましょう。

Related