Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

フローリングのおすすめ掃除方法|洗剤/黒ずみ/モップ/簡単

何気なくやっているフローリングの掃除、もっと簡単にキレイにすることができたらいいと思いませんか?毎日ピカピカのフローリングで気持ちよく過ごすために、オススメのフローリングの掃除方法やお手入れ方法などをご紹介していきます。

フローリングのおすすめ掃除方法|洗剤/黒ずみ/モップ/簡単

スマホ一つで洋服を楽々クリーニング!

Wash Close

洋服をクリーニングに出したいけれど、クリーニング店に行くのが面倒・・・。
そんな方におすすめなのが「Wash Closet」

Wash ClosetはスマホやPCからクリーニングの申し込みをして、あとは取りに来るのを待つだけ。
クリーニングが完了した洋服は家に届けてもらうことができるので、わざわざお店に足を運ぶ必要はナシ!

しかも、最大7ヶ月間無料で保管してくれるので、変色・害虫・カビなどの様々なダメージから洋服を守ることもできます!

PC・スマホから簡単申し込み

教えて!フローリングのオススメの掃除方法

マンションやアパート、住宅などの床は多くの場合がフローリングになっています。ひとくちにフローリングと言ってもフローリングには大きく分けて2種類あります。それぞれのフローリングの特徴をご紹介していきますので、掃除をする時にはフローリングがどちらのタイプか確認してから掃除をしましょう。

フローリングのタイプ

無垢(単層)のフローリング

広葉樹や針葉樹を使った無垢材や細かく裁断した木材を貼り合わせた集成材を使ったフローリングのタイプです。木の種類や集成材の種類はいろいろあってバリエーションが豊かです。

無垢材のフローリングのメリット

無垢材のメリットはなんといっても木の質感や肌触りが良くて香りが良いことです。湿度を調節する機能があり、木の独特の香りが包み込んでくれます。また無垢材のフローリングに傷ができてもその部分を削れば補修できるので、長期間キレイな床を保つことができます。

無垢材は長年使ってもそれが深い味わいになるので劣化を感じずに使い続けることができます。踏んだ感触も柔らかく足への負担も少ないフローリングです。

無垢材のフローリングのデメリット

無垢材のフローリングのデメリットは、吸湿性があるので床板が縮んだり反ったりして木と木の間に隙間ができることがあることです。補修しやすい一方で水や傷に弱いのでこまめな手入れが必要です。木によって色のバラツキがあるので統一感を出すのが難しいのも無垢材のフローリングのデメリットといえます。

複合フローリング

複合フローリングとは、合板や集成材などの上に天然木や特殊なシートを貼ったものをいいます。

複合フローリングのメリット

複合フローリングのメリットは床板の反りや収縮がなく木材が安定していることです。複合フローリングは年々改良がされていて、快適に使える機能が開発されています。衝撃に強いものや摩耗に強いものなど性能を向上させたものも次々と出されています。

また表面の色やデザインもいろいろなパターンから選ぶことができるのも複合フローリングのメリットといえます。防音やアレルギーに配慮したものも開発されています。

複合フローリングのデメリット

複合フローリングは無垢材のフローリングのように簡単に補修ができません。湿度を調節する機能も基本的にはありませんので、換気などの配慮が必要です。また踏んだ感触も固くて踏み心地が気になる方もいます。

フローリングによって掃除方法を選ぶ

今回ご紹介する掃除方法などは基本的にどちらのタイプでも大丈夫ですが、フローリングのタイプによってはご紹介する掃除方法や洗剤が合わない場合もありますので、確認してから掃除などを行うようにしましょう。

フローリングの掃除方法

フローリングの掃除/毎日すること

フローリングの掃除で毎日やることは、乾いたモップやフロアワイパーなどを使ってホコリを取り除くことです。外から入ってきたホコリや砂などを放置しておくとフローリングのキズの原因にもなりますので拭き掃除は毎日やりましょう。

フローリングの掃除にフロアワイパーなどを使うことによって、手軽にキレイに掃除をすることができます。またフロアワイパーは乾いた布で掃除するよりもホコリやゴミが良く取れます。

フロアワイパーを使った掃除の方法は、まずはフローリングの板目や溝に沿って端から床を拭いていきます。その時に掃除機では入らない家具の下なども拭きましょう。フローリングを端から順番に拭いていき、ゴミを1か所に集めておきます。最後に掃除機でゴミを吸い取れば毎日の掃除は終了です。

またフローリングの掃除は朝一番にするのがおすすめです。朝一番だと夜のうちにホコリが床に落ちているので効率良く掃除ができます。人が動き回った後やフロアワイパーよりも前に掃除機をかけてしまうとホコリが舞い上がってしまってせっかく掃除してもまた後からホコリが床に落ちてきてしまいます。

フローリングの掃除/週2~3回やること

週に2~3回はフローリングに掃除機を掛けましょう。掃除機を掛けるタイミングは、毎日の拭き掃除の後です。一か所に溜めたゴミを吸い取るついでにフローリング全体にも掃除機を掛けましょう。

掃除機を掛ける時は、ゆっくりと掃除機のヘッドを動かします。強い力で掃除機のヘッドをフローリングに押し付けるとフローリングに傷がついてしまいます。掃除機はゆっくりやさしく掛けるのがコツです。

フローリングの掃除/月1回やること

月に1度はフローリングの水拭きをしましょう。水拭きは、毎日の拭き掃除の後に掃除機を掛けてから行います。雑巾で水拭きをしていきますが、フローリングは水を吸うと変色したり変形したりすることがありますので、雑巾はなるべく固く絞りましょう。水拭きが終わったら乾拭きをして終了です。

フローリングの水拭きをする時は、晴れた日を選ぶと水分がすぐに乾くので掃除がはかどります。また水拭きの後の乾拭きが大変な時には、片手に水拭き片手に乾拭きを持って拭いていくと一度に拭き掃除を終わらせることができます。水拭きの時に自分の好みのエッセンシャルオイルなどを使うといい香りが部屋に残ってより気持ちよくなります。

フローリングの掃除にオススメの洗剤は?

重曹を使ったフローリングの掃除

重曹スプレーを作る

フローリングの汚れの原因は素足で歩いた時の足の裏の皮脂、ホコリやカビなどです。重曹を使うとフローリングについた皮脂汚れを落とすことができます。

フローリングの掃除に重曹を使う時は重曹をお湯で溶かした重曹スプレーを使って掃除しましょう。重曹スプレーは30℃ぐらいのお湯に対して小さじ1/2杯の重曹を溶かして作ります。なおお湯の温度が65℃以上になると強いアルカリ性の重曹液になってしまって皮膚トラブルの原因になります。

お湯の温度は必ず30℃ぐらいにしましょう。また重曹の量が多いとフローリングのワックスを溶かす場合もありますので重曹は入れ過ぎないように気をつけましょう。

重曹スプレーを使った掃除方法

重曹スプレーを作ったら片手にスプレーを持ち、片手に雑巾を持ちます。重曹スプレーをフローリングに吹き付けたら雑巾で手早く拭き取っていきます。直接スプレーができない場所は、雑巾に重曹スプレーを吹き着けてから拭いていきます。

重曹を使った掃除のいいところはペットや小さな子どもがいても安心して使えることです。また消臭効果もあります。ただし無垢材のフローリングに重曹スプレーを吹き付けると黒くなってしまいますので、無垢材のフローリングの場合は重曹は使わないようにしましょう。

中性洗剤を使ったフローリングの掃除

中性洗剤には住居用洗剤のほか食器洗い用の洗剤もあります。フローリングの掃除にはどちらを使っても大丈夫です。自宅にあるもので簡単に掃除ができるので、汚れが気になったらまずは中性洗剤を使った掃除をしてみましょう。

中性洗剤を使ったフローリングの掃除では、食べこぼしや油汚れを落とすことができます。(ただししつこい油汚れの掃除には向いていません。)バケツ1杯の水に小さじ1杯の中性洗剤を入れて洗剤液を作ります。中性洗剤を入れ過ぎるとベタベタしたりフローリングのぬめりの原因になりますので、洗剤の量には気をつけましょう。

洗剤液の中に雑巾を浸して固く絞り、汚れが気になるところを拭いていきます。中性洗剤を使った後に真水で絞った雑巾で拭いていけばさらにさっぱりします。余った洗剤液はサッシや網戸、ビニールクロスの壁や家具の拭き取りなどにも使えますので、無駄なく使い切ることができます。

フローリングが黒ずんでる!掃除方法は?

フローリングの黒ずみの原因には油汚れやカビ、ワックスの劣化などがあげられます。この黒ずみは放置するとフローリングの傷みや劣化の原因となりますので、取り除くことが必要です。

黒ずみの原因が油汚れのとき

黒ずみの原因が油汚れのときは、まずは中性洗剤を使って拭いてみます。それでも汚れが取れない場合はアルカリ性の洗剤を使ってみましょう。アルカリ性の洗剤を使う時はまず最初に目立たないところで試してから使うようにしましょう。

アルカリ性の洗剤を黒ずんでいるところに吹き付けてスポンジでやさしくこすります。その後すぐに固く絞った雑巾で拭き取ります。これを何回か繰り返して黒ずみを落としていきます。

黒ずみの原因がカビのとき

カビの黒ずみにはアルコールスプレーを使ってみましょう。これもまず目立たないところで試してから床の色落ちなどがないか確認してから使います。アルコールスプレーを雑巾にしみこませてからフローリングの黒ずみを拭いていきます。これを何回か繰り返して掃除していきます。

アルカリ性の洗剤もアルコールスプレーもワックスをはがしてしまいますので、黒ずみが取れた後はワックスがけをしましょう。

黒ずみの原因がワックスの劣化のとき

フローリングの黒ずみの原因がワックスの劣化のときは1度ワックスを剥がす必要があります。ホームセンターなどに売っているワックスの剥がし剤を用意します。

まず黒ずんだところに剥がし剤を塗っていきます。その後1分ほど待ってからヘラのようなものでワックスを削り落としていきます。白いカスが出てくるのですが、それが剥がれたワックスです。

ワックスを剥がす作業は時間がかかる上にヘラでワックスを落とすときにかえってフローリングを傷つける可能性もあります。黒ずみの範囲が広い時には業者に依頼するなどの方法も考えましょう。コストはかかりますが、確実にキレイになります。

超簡単なフローリングの掃除方法

1番簡単なフローリングの掃除方法は、フロアワイパーを使って毎日掃除をすることです。毎日掃除するのは面倒と思いがちですが、毎日掃除をすることで汚れが溜まりにくくなります。汚れが溜まりにくいということは、黒ずみができることもなく毎日の掃除を短い時間で終わらせることができるということです。

毎朝のフロアワイパーを使ったフローリングの掃除を日課にすれば、いつまでもキレイなフローリングで気持ちよく過ごすことができます。またフロアワイパーを使えば掃除用具は1つで済みますので、まずはフロアワイパーで掃除を始めてみましょう。

モップを使ったフローリングの掃除方法

フローリングの掃除の仕上げにモップを使うとさらにフローリングをキレイにすることができます。モップを使うにはまずは毎日のフロアワイパーを使った掃除をします。その後にウエットタイプのシートに取り替えて水拭きをします。水拭きの時はまずは四角く部屋を拭いた後に板目に沿って拭いていくと効率的です。

水拭きの後にモップを使って拭きあげていきます。モップの素材にはマイクロファイバーを使ったものもあり、拭き掃除の仕上げに使うとより効果があります。

フローリングの掃除にオススメのシートは?

乾拭きにオススメのシート

クイックルワイパー立体吸着ドライシート

フロアワイパーの定番とも言えるクイックルワイパー用のシートです。立体的なシートでハウスダストやミクロの汚れ、さらには気が付かないホコリや食べこぼしまで絡めとってくれます。フローリングの上を滑らかに動いて軽い力で使うことができます。リピーターも多く普段の拭き掃除にはオススメのフロアシートです。

拭き掃除の定番として使っている方が多いドライシートです。品質も安定しているので選ばれることが多いシートです。

フローリングのお掃除でいつも使っています!
子供がお昼寝で掃除機をかけられないときも、これがあればサッとお掃除ができるので便利です!埃も舞い上がらず、掃除機で吸い取りにくい細かいものも綺麗になります。
リピートさせていただいてます☆

出典: http://www.cosme.net |

激落ち立体ドライシート

激落ちくんシリーズのドライシートです。デコボコしたシートでキャッチしたゴミやホコリを離しません。薬剤を使っていないので小さな子どもやペットがいても安心して使えますし、家具の拭き取り用のダスターとしても使えます。ホコリがたっぷりと取れて、シートのへこんだ部分にゴミが溜まります。リーズナブルなのでたくさん買う方も多いフロアシートです。

安売りしていたのでまとめて5個、買いました!パラフィンなど薬品を使用していないのがなかなかなく、ここで買っています!にゃんこさんが居たりするのでアチコチ薬品のことを気にすることなく掃除ができるので安心できる必需品です。

出典: https://review.rakuten.co.jp |

他のシートと違って薬剤が使用されていないのがこのドライシートが選ばれている理由の1つです。ドライシートの中でも厚みがしっかりしているので使い心地が良いと感じる方も多いです。

ウェーブフロア用ドライシート

抗菌仕様で起毛のフロアシートです。ゴミ取りポケットと最長1.5㎝のファイバーで砂粒やパンくずなどの大きなゴミも絡めとって離しません。大容量のタイプもあってコスパが良いフロアシートです。またゴミの吸着力が高く、細かいゴミはもちろんペットの抜け毛もしっかり取ることができます。

フロアシートはこれ以外考えられません。
お世話になってます。
めちゃめちゃホコリや髪の毛が取れます。
ホコリがまたホコリをつけてくれる感じで、交換のタイミングに悩みます。
幅があと両側1cmほど欲しいかな。
暑さも手伝って、最近は掃除機よりこれだけで済ませてます。( ̄▽ ̄;)
取れたゴミが見えるって、とても充実感があります。隙間も掃除できますし、涼しくなるまで掃除機にはなかなか手が伸びないです。
100枚入りとかあればいいのになと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp |

枚数がたくさん入っていて気兼ねなく使えるのがこのシートの最大の魅力です。リピーターも多いドライシートです。

水拭きにオススメのシート

クイックルワイパー立体吸着ウエット

掃除機と雑巾がけが1度にできるウエットシートです。ざらつきや汚れがしっかりと落ちて除菌や消臭効果もあります。汚れの落ち方が格段に良く、拭いた後はツヤツヤしています。またウエット感が長く続くのでストレスなく広い範囲を掃除することができます。

安定のクイックルワイパー!
フローリング掃除が好きになりました!
手軽にすいすい掃除できるし、
これのお陰でとても綺麗になります(*^^*)
めちゃくちゃリピートしてます★

出典: http://www.cosme.net |

どの口コミでも高い評価を得ているウエットシートです。毎日掃除に使っていてもしっかり汚れが取れることが魅力です。

水の激落ち超厚ウエットシート

アルカリ電解水を使用したシートです。普通の水拭きでは取れない汚れもマイナスイオンの力で汚れを浮かして落としてくれます。厚手のエンボスタイプのウエットシートで丈夫で破れにくく、フローリングの皮脂汚れをすっきり落としてくれます。床以外にも家具の拭き取り用のダスターとしても使うことができます。

すっきり!
これをやるだけですっきりします!
しかも汚れを取ってくれる!重宝しています。

出典: https://product.rakuten.co.jp |

厚手で使い心地が良いウエットシートです。このシートをずっと使い続けているという方もいるぐらい、1度使うとまた使いたくなるシートです。

香りのフローリングウエットシート

掃除機と雑巾がけを1度で済ませることができます。洗浄成分を含んた立体構造のシートで、香りがついたタイプのウエットシートです。掃除する度に華やかな香りに包まれます。掃除の後のフローリングはさらさらになります。

フローリングの床で使用することで、髪の毛やホコリなどのゴミをしっかりと除去するだけでなく、拭き掃除のように床の汚れも綺麗にすることができるので掃除がとても楽になります。
また、香り成分も含まれているので、掃除をしながら室内を良い香りで満たすことができます。

出典: http://review.kakaku.com |

芳香剤とは違った強すぎない香りが好評のウエットシートです。使い終わったシートはゴミ箱に捨てておくだけで、消臭に使えます。

フローリングのワックス/掃除方法とワックスなしでキレイにする方法

ワックスがけしてあるフローリングの掃除方法

ワックスがけをしてあるフローリングの掃除は基本的には毎日のフロアワイパーでの乾拭きで大丈夫です。また掃除機を掛ける時はワックスが剝がれてしまう恐れがあるので、掃除機のヘッドは強く当て過ぎないように気をつけましょう。

またワックスがけの直前と直後は吸着剤のついたフロアシートは使わないようにしましょう。油分が付いているのでワックスがうまく塗れなくなります。

ワックスがけの後のフローリングは非常にデリケートになっています。ワックスが乾ききって本来のワックスの保護する強度が出てくるまでには数日かかりますので、ワックスがけの後は傷をつけないように注意が必要です。

がんばってワックスを塗ってピカピカにしても、傷がついてしまってはワックスがけの苦労が無駄になってしまいます。フローリングの上をスリッパで歩いただけでも傷がつくこともありますので、ものを引きずったりしないようにしましょう。

ワックスを使わずにフローリングをピカピカにする方法

ワックスを使う前に簡単な方法でフローリングをピカピカにする方法はないでしょうか。フローリングのツヤを出す方法にはいくつかの方法がありますのでご紹介しましょう。ワックスがけが面倒な方でも簡単にフローリングをピカピカにすることができます。

米のとぎ汁を使う

まずは米のとぎ汁を使う方法です。とぎ汁は1番白く濁ったものを使います。やり方は水拭きの時に米のとぎ汁を使うだけです。真水のかわりに米のとぎ汁に雑巾を浸して固く絞り、フローリングを拭いていきます。米のとぎ汁は直ぐには効果が現れませんが、何回か繰り返すうちに少しずつツヤが出てきます。

フローリング用のツヤ出し剤を使う

次の方法はフローリング用のツヤ出し洗剤を使う方法です。このツヤ出し洗剤を使うとワックス膜の表面についた汚れを取ることができてさらにワックスを長持ちさせることができます。使い方はとても簡単で、フローリングにツヤ出し剤を吹き付けてから乾拭きするだけです。

ワックスシートを使う

もう1つの方法は、ワックスシートを使う方法です。これはフロアワイパーに付けて拭くだけの簡単な方法です。最初にフロアワイパーにドライシートを着けて乾拭きし、次にウエットシートに付け替えて水拭きをします。最後にワックスシートを着けてフローリングを拭いていきます。この方法は手軽にフローリングをピカピカにすることができますのでオススメの方法です。

いつまでもキレイなフローリングを保つために、いろいろな方法を試してみて自分に合った方法を見つけましょう。

スチームを使ったフローリングの掃除方法

スチームの掃除は約100℃の高温の蒸気を使って水だけで汚れを落とす方法です。フローリングの掃除にスチーム掃除機を使う時は毎日のフロアワイパーの掃除の後に普通の掃除機を掛けてから水拭きの代わりに使いましょう。

スチーム掃除機を使う時はスチームが大変高温になっているので、やけどに気をつけるほかスチーム面を床に置きっぱなしにしないようにしましょう。スチーム面を床に置いたままにすると床が変色したりする原因になってしまいます。

スチームの掃除機にはキャニスタータイプとハンディタイプの2種類があり、場所の広さに応じて使い分けるようにします。スチームの拭き取り面に取り付ける布にはマイクロファイバーを使ったものもあり、よりキレイに汚れを拭き取る事ができます。

スチームは高温により除菌、防菌、防カビに効果があり、消臭効果もあります。使用するものは水だけですのでエコですし、小さな子どもやペットがいても安心して使うことができます。またフローリングだけではなくキッチンやトイレ、浴室や畳の部屋にも使えますので、スチーム掃除機は1台あるととても重宝します。

フローリングは毎日掃除すべき?

フローリングの掃除は毎日するべきでしょうか。答えはイエスです。フローリングを毎日掃除するのは面倒くさいと思う方も多いでしょう。しかしフローリングは思いのほか汚れています。裸足で歩いた時の皮脂汚れ、外からのホコリ、食べこぼしや油汚れ、衣類から落ちる繊維やペットの抜け毛など、これらが溜まれば大きな綿ボコリになってしまいます。

フローリングは簡単でいいので毎日乾拭きをしましょう。1日5分の簡単な掃除で毎日気持ちよく過ごせるのでぜひお試しください。そうすることで汚れが溜まりにくくなり、ひどい汚れもつきにくくなります。こまめに毎日掃除することがフローリングをキレイに保つコツです。

キレイなフローリングで毎日を気持ちよく!

フローリングのおすすめ掃除方法|洗剤/黒ずみ/モップ/簡単

フローリングを掃除する方法などをご紹介してきましたがいかがでしたか。昔の掃除と違ってフロアワイパーやいろんな種類のフロアシートができたおかげでフローリングの掃除はずいぶん楽になりました。面倒くさいと思わずに毎日掃除することでフローリングはピカピカの状態を長く保つことができます。

またフローリングのワックスがけはすごく大変そうという方には、ワックスを使わなくてもツヤを出す方法もご紹介しました。気になったところをちょこちょこ掃除したり手入れするだけで、大掛かりな掃除をしなくても済みますし、コストも安く抑えられます。

フローリングを掃除する時は、改めて掃除する時間を設ける必要はありません。例えば歯磨きをしながら、テレビを見ながらなどのながら掃除でもフローリングは十分にキレイになります。楽しくラクにフローリングを掃除して毎日を気持ちよく過ごしましょう。

Related