Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

お風呂のカビの落とし方(掃除/洗剤/重曹)・予防方法

お風呂のカビって、落としても落としても生えてきますよね。しかし、いつも同じカビの落とし方をしているということはありませんか?実は、お風呂のカビの落とし方には様々な方法があるのです。その紹介とともに、お風呂のカビの予防方法についてもご紹介していきます。

お風呂のカビの落とし方(掃除/洗剤/重曹)・予防方法

お風呂のカビってどうやって落とせばいいの?

お風呂のカビは落としても落としても生えてくるものです。昨日はなかったのに、いつのまにか生えてる、なんてことありませんか。いたちごっこになって、「もう嫌」と思っている人も多いのではないでしょうか。でも、諦めないでください。カビを落とすには、様々な方法があります。ワンパターンのカビ落としで諦めていた、そこのあなた。他の方法も試してみませんか。

ここでは、カビの様々な落とし方、そして誰もが知りたいカビの予防方法について見ていきましょう。

掃除はいつするべきなのか

毎日入るお風呂、少しでも綺麗にしておきたいものです。でも、掃除をするのはめんどくさい。そういう時はどうすればいいのでしょうか。簡単なことです。毎日の日課にしてしまえばいいのです。毎日お風呂に入った後の数分、お掃除の時間に費やしてみませんか。

お掃除と言っても面倒なものではありません。少し排水溝をシャワーで綺麗にする。床や壁にシャワーをかけて、飛び散った洗剤を洗い流す。そんな簡単なことで良いのです。これだけでも、お風呂のカビの発生量は違ってくるでしょう。

お風呂の掃除洗剤にはどんなものがあるの?

お風呂のカビ対策の心強い味方といえばお風呂用洗剤です。今はとても便利な世の中になってきています。防カビ対策をしてくれる洗剤、消臭効果のある洗剤、良い香りのする洗剤、様々なものがあります。浴槽専門の洗剤もありますが、ほとんどが壁や床にも使える仕様になっています。

そして何より心強いのがカビ取り専用洗剤の存在です。普段使いには使えませんが、カビを落とそう。と決めたお風呂のカビ取り掃除の際には実力を発揮してくれます。

重曹ってどうやって使うの?

お風呂のカビが洗剤でも落ちない、もしくは洗剤は使いたくないという人もいるかもしれません。そんな時に効果的なのが世間でもよく知られている重曹です。重曹は色々な用途があることで近頃注目されていますが、お風呂でも効果を発揮します。

重曹を水又はぬるま湯で溶かし、霧吹きなどに入れてカビに適量ふりかけ、数時間放置します。その後、ブラシで擦れば昔から行われている伝統的なお風呂のカビ掃除の完了です。

カビ取り用洗剤の実力はいかに

お風呂掃除用の洗剤は先ほど紹介しましたが、お風呂掃除用の洗剤では、深くこびりついたカビはなかなか取ることが難しいです。そんな時に登場するのが、「カビ取り専用洗剤」です。

カビ取り用専用洗剤はカビの奥深くの根っこまで浸透し、除去してくれるので、しっかりとカビを落としたいときにオススメです。しかし、ニオイがキツイので、換気を良くして使用することをお勧めします。

知ってました?片栗粉の意外な使い道!

片栗粉とお風呂のカビにどういう関係があると思いますか。実は意外な使い道があるのです。ヒントは片栗粉特有のあの「トロトロ」です。あのトロトロがどういう効果をもたらすのでしょうか。それではみていきましょう。

お風呂のカビ取り専用洗剤は泡タイプのものが多いですが、そうでないものもありますよね。そう、液体状のものです。この、液体状の洗剤に片栗粉を混ぜることによって先ほど述べたあの片栗粉特有の「とろみ」がついてペースト状になり、せっかく洗剤をつけたのに垂れ流れてしまうといった心配がなくなります。

え?お風呂のカビにキッチンハイター?

意外なお風呂のカビ取りの方法が続きます。なんとキッチンハイターがお風呂のカビにも効果的なのです。キッチンハイターといえば、その名の通りキッチンでしか使わないイメージです。しかし、お風呂でも使える強い味方でもあるのです。

使い方は簡単。黒カビの生えている所にキッチンハイターをつけ、ブラシで擦るだけ。これだけでお風呂のカビが落ちてしまうのです。お風呂の壁にカビが生えている場合は先ほど紹介した片栗粉と併用すれば、効果はさらに大きいでしょう。

ゴムパッキンに生えたカビってどうしたらいいの?

残念ながら、お風呂のゴムパッキンに生えたカビは、完全に落とすことができません。業者に頼んでゴムパッキンの張り替えを依頼するしかありません。しかし、黒くなってしまったゴムパッキン、気になります。そんなカビで黒くなってしまったゴムパッキン、薄くすることは可能です。

今までに紹介した落とし方で、どうにか薄くしていきましょう。頻繁に掃除をすることで、真っ黒だったゴムパッキンを少々薄くすることはできるでしょう。

消毒用エタノールも使えます!

こんなものも使えます、そう、タイトル通りの消毒用エタノール。消毒用エタノールは、カビ取り専用洗剤ほどの威力は発揮しませんが、カビの生えかけのヌメヌメしている所や、まだ薄い黒カビなどを除去するのに適しています。

使い方は簡単です。消毒用エタノールをキッチンペーパーに染み込ませてそれでお掃除をするだけです。このお掃除の仕方なら、まだカビの生えていない天井掃除にも向いています。消毒用エタノールを使ってカビの生えかけを取ってしまいましょう。

お酢の抗菌作用は効果抜群!

意外なものがたくさん登場していると思いますが、次に紹介するのがなんと「お酢」です。お酢に抗菌作用があるのは、みなさんご存知だと思います。その抗菌作用ですが、なんとお風呂のカビ掃除にも使えるのです。

使い方はとっても簡単です。水とお酢を適量で割り、霧吹き等でふきかけるだけ。しかし、やはりお酢だけでは心細いです。そこで一緒に使用すれば効果的なのが先程紹介した重曹です。お酢、重曹、お酢の順番で使えば、効果は抜群なのです。最後にお酢を使用することで、抗菌作用が発揮され、カビ防止にもなります。

ラップで今までのカビの落とし方の効果を倍増させよう!

今まで何通りかのカビの落とし方を紹介してきましたが、その効果を倍増させてくれるアイテムがあります。それが、「ラップ」です。カビ取り専用洗剤には必要ないかもしれないですが、少し心もとない重曹やハイターなどの落とし方を、心強いものにしてくれるのです。

使用方法はその名の通り、「ラップをするだけ」です。重曹やハイターを吹きかけたところにラップをすることで、浸透力が倍増します。このラップ、簡単なのにとても効果を発揮してくれるのでオススメです。ぜひ一度試してみてください。

お風呂のカビ、生える前に予防しよう!

今までたくさんのカビの落とし方を紹介してきましたが、生えたカビをせっかく落としたからには、もう生えるのを防ぎたいですよね。新しいカビを見つけてしまった時の驚きは、隠しきれません。せっかく掃除をしたのに生えてきたら、またいたちごっこになってしまいます。

これから4つのカビの予防方法を紹介しますので、ぜひご覧になってください。皆さんでカビの発生を防ぎましょう。

お風呂のコーティングはぜひ業者に依頼!

お風呂をコーティングしてしまうというのが、一番手っ取り早く、そして何より効果的な方法です。もちろんセルフでもできないことはなく、安価でできるという利点もありますが、効果が全く違います。

お金をケチってしまったあまり、またカビが生えてしまえば、せっかく掃除した意味がなくなってしまいます。日々の苦労をお金で買ったと思えば、安い物でしょう。日々少しずつ節約して、お風呂のコーティング代を稼ぐというのはいかがでしょうか。

シリコンを塗ってみる!

お風呂のコーティングが経済的に難しいという人もいるでしょう。そういう場合は、ホームセンターやネット通販で販売されているシリコン材を使ってみませんか。セルフで行う分、完全にカビを防ぐわけにはいきませんが、なにもしないよりは断然ましです。

シリコン材を使う際は、説明書をよく読み、その通りに行いましょう。

基本的、なのに忘れがちな存在って?

カビは湿度が高いと生えてきます。そんな時、お風呂の湿度を下げる方法といえば、換気扇でしょう。しかし、換気扇は何かと忘れがちです。

お風呂から上がった時には、忘れずに換気扇をつけましょう。カビは湿度を非常に好みます。この湿度の高い状況を保つのをやめることで、カビの発生率を防ぐことができます。

塗装という方法もありますが、いかに。

コーティングではなく、塗装という方法もお風呂のカビ予防になります。市販のペンキ材を塗るという方法です。しかし、セルフで塗るにはなかなか難しく、業者に頼むなら塗装よりもコーティングをオススメします。

何よりも大切なのはカビを防ぐということ。

せっかく落としたお風呂のカビがまた生えてきたら嫌なものです。毎日清潔なお風呂に入る為にもカビをしっかりと予防することが大切です。

お風呂掃除でしっかりとカビを落とした後はきちんと予防していきましょう。

Related