Search

検索したいワードを入力してください

重曹を使ったトイレのつまり解消法|解消できるつまりの種類2つ

初回公開日:2018年11月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

トイレのつまりは重曹などの日常生活でつかうもので改善することが期待できます。トイレは日常でも毎日使う設備なので、早期解決が必要不可欠です。この記事では、トイレのつまりの原因や重曹を使った洗浄方法について、いくつか例を挙げながら紹介します。

重曹を使ったトイレのつまり解消法|解消できるつまりの種類2つ

重曹で解消できるトイレのつまりの種類

重曹を使ったトイレのつまり解消法|解消できるつまりの種類2つ
※画像はイメージです

トイレは一度詰まってしまうと、その後直すのが大変です。業者に依頼するというてもありますが、費用が掛かってしまうので、できるのであれば自分で直してしまうのが望ましいでしょう。

トイレのつまりは、実は重曹を使うことによって改善することができる場合があります。重曹は台所の洗浄などにも使われているので、身近なものだといえます。ここでは、重曹を使って改善することができるトイレのつまりの種類をご紹介しましょう。

種類1:大量の紙

重曹でトイレのつまりを改善できる汚れや原因の種類には限りがあります。そのため、トイレのつまりがどのような原因で起こっているかについてはあらかじめ考えておく必要があります。

重曹で改善できるトイレのつまりの原因の一つには大量の紙が挙げられます。すなわちトイレットペーパー由来であれば、重曹で改善が期待できるといえるでしょう。直近でトイレットペーパーを多く使った心あたりがあるなら一考の余地があります。

種類2:大きい便や硬い便

トイレットペーパーに限らず、大きな便や硬い便である場合に関しても、重曹を投入することで改善が期待できることがあります。特に節水モードなどの場合については、便が完全に流れない場合などもあることから、こちらの原因に心当たりがあるのであれば一考の余地があるといえるでしょう。

また便などの場合に直接見ないで投入するだけでつまりを改善できる重曹は、衛生的にもお勧めです。

重曹を使ったトイレのつまりの解消法

重曹を使ったトイレのつまり解消法|解消できるつまりの種類2つ
※画像はイメージです

重曹をつかったトイレのつまりの改善は非常に有効です。ではどのように重曹を使うことによって効果的につまりを改善できるのでしょうか。正しい方法で使わなければ逆にトイレ自体を痛めてしまう原因にもなるので注意が必要です。

ここでは、重曹を使ったトイレの洗浄方法について、いくつかの手順を踏まえて紹介します。

用意するもの

重曹を使ったトイレのつまりの解消法には、いくつか必要なものがあります。一つ目に必要なものとしては、当然重曹があります。重曹は家庭の台所の洗浄でも使用しているので、備えつている家も多くあります。

二つ目に必要なのはお湯とお酢です。こちらは、重曹と反応させて泡を出すために必要なので併せて準備しましょう。クエン酸でも代用することができますが、家庭に備え付けられているお酢の方が手に入りやすいでしょう。

手順

重曹を使ったつまり解消法では、いくつかの手順を踏む必要があります。まずはじめに必要なのはお湯の準備です。こちらは40-50度の温度のものを使用するようにしましょう。

そのあとの手順としては、便器に残っている水を取り除きましょう。水が残っていると溢れる原因にもなります。そのあとは、お湯と重曹、お酢を加えて反応させたのちに、最終的に水で流して完了になります。

注意点

重曹を利用したトイレのつまり解消法には、いくつか留意しなければならない点があります。これらの注意点を抑えておかなければ、効果的に洗浄を行えないことがあるので、注意が必要です。

ここでは、重曹を使ったトイレ洗浄における注意点についていくつか紹介します。

注意点1:お酢またはクエン酸は必ず用意する

重曹によってトイレのつまりが解消されるのは、重曹が反応することによって二酸化炭素が生成されることによる効果です。したがって、重曹を反応させるための、お酢やクエン酸については、必ず用意しておく必要があります。

特にお酢に関しては、家庭料理でも使用するため、気軽に利用することができますので、新たに購入しなくても良いのでです。

注意点2:熱湯は使わない

重曹を使った洗浄法では、お湯を使うことが必要ですが、使用するお湯の温度については注意が必要です。高温のお湯を使用してしまうと、便器の陶器の部分が破損してしまうことがあります。

使用するお湯の温度としては、40-50度の温度が望ましいといえるでしょう。

注意点3:水の量を減らす

重曹を使用する場合には、お湯を併せて使用するため、事前に便器の中に残ったお湯を減らしておくことが必要になります。そのため、実際にトイレの洗浄を行う前には、水を汲みだしておくことが必要になります。

注意点4:順番を間違えない

最後に注意が必要な点としては、洗剤を投入する順番を間違えないように注意するようにしましょう。特に重曹の投入タイミングに関しては、順番を間違えると、思わぬタイミングで反応してしまい、泡が発生してしまうので、気を付けましょう。

クエン酸はトイレのつまりに効果的

Related