Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月20日

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

家庭の料理の残りなどででる生ごみをバイオ式や乾燥式などにより処理できる生ゴミ処理機は人気です。役所は生ごみの減量と資源の有効利用を目的に、家庭で出る生ごみを、生ごみ処理機を使って、処理する人たちに出している購入の補助金について説明します。

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

生ゴミ処理機の補助金・助成金の金額

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

家庭の料理の残りなど毎日の生活で出る生ごみを家庭で処理するための機械が生ごみ処理機になります。そしてそれを購入すると、市役所や自治体から助成金が出る場合があることをご存知ですか。ここでは生ごみ処理機の補助金制度についてお話します。まずは助成金を使って生ごみ処理機手に入れる方法からご紹介します。

助成金を使って生ごみ処理機を手に入れる方法

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

助成金を使って生ごみ処理機手に入れる方法について説明します。その前に生ごみ処理機を買うといくらの助成金がもらえるのかご存知ですか。実は助成金は全国にある自治体によって変わってきますが、半数以上の自治体で生ごみ処理機の購入に対して20,000円から75,000円の助成金を支給しています。

また助成金の支給額には上限金額が決められており最大で商品代金の半分までを助成している自治体が多くあります。

では生ごみ処理機に補助金制度がある申請方法はどのようにすればよいのでしょうか。「私立幼稚園就園奨励費補助金」や「医療補助金」などと同じように「生ごみ処理機購入助成金」として申請が必要になります。

生ごみ処理機購入助成金の申請の条件

生ごみ処理機購入助成金の申請の条件として助成金制度を導入している各自治体が治める地域に住んでいる方、定められた期間以内に助成金の交付を受けていない方、生ごみ処理機の使用によるごみの軽減・リサイクル活動ができる方など自治体によって変わってきます。

そして申請の手順としては各自治体の「生ごみ処理機購入費助成金交付申請書」に記入・押印して購入金額を証明する領収書(または写し・コピー)、生ごみ処理機の保証書の写し・コピー、市民、区民であることを証明する書類(住基カード・運転免許証・保険証など)を添付したうえで、所定の窓口へ提出します。

助成金を受け取るためのポイント

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

助成金を受け取るための申請の手順は簡単に説明しましたが、ここではさらに詳しく説明します。自治体によって助成金の規定が異なりますので、まずは助成金の上限金額や、受給条件などを調べることが大事になります。次に自治体によっては領収書や、保証書、説明書など全て必要になる場合もありますので大切に保管しておくことが重要です。

次に助成金を受け取るための申請用紙は各市町村の窓口と自治体によっては自治体HPから申請書をダウンロードすることもできます。さらに自治体によっては同一世帯全員分の住民票などが必要なところもありますので事前の調査でしっかりと確認しましょう。

助成金を受け取るためのポイントが助成金を受け取るための規定が自治体によって異なりますので事前の調査が大変重要になります。

生ごみ処理機の種類と金額

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

生ごみ処理機は一体どんなものがあって、どれくらいの価格で買えるのでしょうか。生ごみ処理機には微生物の働きで生ごみを水と炭酸ガスに分解させて処理する「バイオ型生ごみ処理機」と温風などによる加熱によって、生ごみ中の水分を蒸発させ、生ゴミを処理する「乾燥式生ごみ処理機」があります。

「バイオ型生ごみ処理機」のメリットとしては乾燥した処理物は土と混ぜ合わせて1ヶ月ほど発酵させると堆肥として活用することができます。そして価格としては手動での処理機で約2万円から4万円です。電動の処理機で約5万円から7万円になります。

一方で、「乾燥式生ごみ処理機」のメリットは室内に設置できる、機械的に蒸発を行うため手間が少ない、短時間でできるなどがあります。そして価格としては4万円から6万円ほどになります。

自治体が助成金を支給する理由

ここではなぜ生ゴミ処理機を購入すると自治体が助成金を支給する理由について説明します。家庭で出るゴミは自治体によって回収され、多くは焼却場で処理されています。可燃ゴミに含まれる生ゴミの量は30%~40%と言われており、生ゴミの量を減らすことで、ゴミを処理するコストを大幅に下げることができます。

またゴミの回収にかかるコストの削減、焼却処理にかかるコストの削減、焼却処理後の埋め立てにかかる運搬などのコストの削減ができることになります。以上のように家庭で生ゴミ処理機でごみを処理できることは自治体にとって多くのメリットがあります。

メーカー別生ゴミ処理機の比較

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

ここではパナソニック・スターエンジニアリング・サクラエコクリーン・島産業などのメーカー別の生ゴミ処理機を比較をしてみます。

島産業

島産業は香川県観音寺市に本社を構えて、リサイクル施設、不燃ごみ・粗大ごみ処理施設、ごみ固形燃料化施設、不燃ごみ・粗大ごみを破砕する破砕機などを開発・販売しています。生ゴミ処理機としてはコンパクトな生ゴミ処理機として「パリパリキューブライト PCL-31-BWB・BWR」、「パリパリキューブ PPC-01」などの乾燥型の生ゴミ処理機を販売しています。

この生ゴミ処理機は温風を当てることによって生ゴミを乾燥させる仕組みで、1回6時間の運転で最大約500g(約1.3L)の生ゴミを乾燥させる「標準モード」と1回9時間の運転で最大約700g(約2.0L)の生ゴミを乾燥させる「多めモード」の2つのモードが搭載されている優れた製品です。

パナソニック

パナソニックの生ゴミ処理機は「生ごみリサイクリラーMS-N23」、「生ごみリサイクリラーMS-N53」などの生ゴミ処理機を販売しています。パナソニックの「生ごみリサイクリラーMS-N53」は温風乾燥式で防水型のコンセントを採用しているので屋内はもちろん、雨ざらしになる屋外でも設置可能な製品です。

2人から6人用の生ごみが処理できる大容量設計で、1回の最大処理量は約2.0kg(約6.0L)になります。また単身者用としての「N23」は約1.0kg(約3.0L)処理能力があります。またこれらの生ゴミ処理機は処理容器には「固定刃」と「かくはん羽根」がついており、処理容器ごと洗うことが可能になっています。

スターエンジニアリング株式会社

スターエンジニアリング株式会社は茨城県日立市に本社を構えて、生ごみ処理機・バイオトイレなどを開発・販売しています。

スターエンジニアリングの生ごみ処理機「家庭用生ごみ処理機バイオクリーン(屋外型)」はバイオクリーンの分解方式で、高分解力、長寿命、臭気および環境負荷が少ないなどのアシドロ®コンポスト分解方式によって生ごみの85%以上を、24時間以内に水や炭酸ガスに分解します。

また本体はコンパクトな形で場所もとりません。しかも操作は、ふたを開けて生ごみを投入し、ふたを閉めるだけと、とてもシンプルになっています。

サクラエコクリーン

サクラエコクリーンは東京都中央区に本社を構えて、分解力に優れた自然由来のバイオ剤を使用した「家庭用の消滅型バイオ式 電動 生ごみ処理機」などを販売しています。こちらの生ゴミ処理機は安全性を最重要課題とし、20年以上の研究を重ね、病原菌などの悪性菌などを一切排除した安全なバイオ剤によりニオイも土の香り以外の嫌なニオイが出ません。

代表的な生ゴミ処理機として空気清浄機能を備え、1日あたり1キログラムから1.5キログラムの生ごみを処理する「環境エコ美人」(室内置きタイプ)があります。

肥料づくりにおすすめの生ゴミ処理機

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 3L グリーン MS-N23-G

こちらの肥料づくりにおすすめの生ゴミ処理機「パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 3L グリーン MS-N23-G 」はパナソニック独自のブラックボックス技術とプラチナパラジウム触媒でニオイをしっかりとカットしてくれます。低温で乾燥させる「ソフト乾燥モード」で熟成期間不要の速効性のある有機質肥料を作ることができます。

さらに温風乾燥機方式で生ごみの雑菌をシャットアウトします。またコンパクトサイズながら、3人家族1日分の生ごみ(平均約400グラム)を大容量タイプは100分で、7分の1に減らすことができます。また「ワンプッシュオープンふた」を採用しているので使い方も簡単です。

旧型MS-N22からの更新です。旧型は8年間使いましたが、スイッチが入らなくなりました。地元自治体から税抜購入価格の半額の補助(5年間に一度)があるため、修理は考慮せずに更新にしました。旧型にソフト乾燥モード機能が追加されているようです。就寝前に3時間タイマーで稼働させています。作動音が寝室に届くことはありません。生ゴミがないため、可燃ゴミを出す回数が圧倒的に少なくなります。また、シンク周りも清潔が保たれます。快適に使用しています。お薦めの製品です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

自作の生ゴミ処理機の作り方

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

家庭で自作できる生ごみ処理機の作り方ってありますか。安くて簡単な方法としては落ち葉などを米袋などに詰め込んで水をかけ、数ヶ月熟成させて腐葉土を作ります。使い終わった「割り箸」とアルミ箔にガスコンロを使って炭を作ります。

腐葉土と炭を混ぜ合わせて段ボール箱に入れて数日間置いて微生物を発生させれば簡単な生ゴミ処理機が完成します。また市販の園芸用腐葉土と、園芸用炭(木炭チップ、籾殻くん炭など)を購入して作ることもできます。

生ゴミ処理機にかかる電気代

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

ここでは生ゴミ処理機の電気代についてお話します。生ゴミ処理機の電気代は製品やメーカーによって大きく異なります。生ゴミ処理機の電気代はメーカーや製品によって違いますが、高めになります。多くの機種でおよそ月に1000円程度かかってしまいます。

生ゴミ処理機にかかる電気代は使用回数を減らしても安くなりません。ではなぜ電気代が安くならないのでしょうか。使用回数を減らしても1度に処理する生ゴミの量が増えれば処理する時間がかかるので結局、1回あたりの電気代が高くなります。

電気代を種類別に比較

ここでは乾燥型・バイオ型・ハイブリッド型など種類別に電気代を比較してみます。まず熱を加え水分を飛ばし、乾燥させることで生ゴミを処理する「乾燥型」は電気代が約1,000円になります。また微生物の力を使って生ゴミを水と二酸化炭素に分解する方式の「ハイブリッド型」はこちらも「乾燥型」の電気代と同じで電気代が約1,000円になります。

では微生物の力を使って生ゴミを水と二酸化炭素に分解する方式で残存物がほぼ残らない「ハイブリッド型」はどうでしょうか。こちらの電気代は約400円と3つの中で一番安いということになります。ではなぜ、「ハイブリッド型」は電気代が安いのでしょうか。「バイオ型」の構造としては微生物の活動を活発にするためにゆっくりと撹拌棒が回っているだけなので電気代は比較的安いことになります。

生ごみ処理機の選び方

ここでは生ごみ処理機の選び方について説明します。生ごみ処理機は大きく分けて「バイオ式」と「乾燥式」の2つのタイプがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知って、自分のライフスタイルにあったタイプの生ゴミ処理機を決めることが大事になります。

例えば生ごみの処理と堆肥を作りたいのであればバイオ式生ゴミ処理機がおすすめになります。設置場所で選ぶのであればバイオ式は屋外設置型、乾燥式は屋内設置型が多くなります。しかし、屋内・屋外どちらでも設置可能な生ゴミ処理機もあります。

また気軽に使いたいなら屋内型がおすすめになります。ニオイを気になるなら屋外型を選ぶのがおすすになります。また家族構成も考えて選ぶことも重要です。4人家族の場合で、1日に出る生ごみの量は約700gと言われています。なので自分のライフスタイルを考えながら適切な生ごみの量を処理できるアイテムを選ぶようにしましょう。

消費電力で選ぶなら

生ごみ処理機は基本的には毎日使うものですので消費電力が低いタイプを選びたいです。バイオ式の生ゴミ処理機は微生物の力で処理するので電気代が少な目になります。一方で、電気を多く使う乾燥式では消費電力に注意が必要になります。

おすすめの乾燥式の生ゴミ処理機

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

ここではおすすめの乾燥式の生ゴミ処理機をいくつかご紹介します。

パリパリキューブ ライト トリコロール PCL-31-BWR

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「パリパリキューブ ライト トリコロール PCL-31-BWR 」は生ごみの腐敗、悪臭やコバエの発生の原因となる水分を乾燥により抑えてくれます。処理した生ごみが1/5までになるのでごみ出しが楽になります。また乾燥処理した生ごみの乾燥物を有機肥料として使用することができるおすすめの生ゴミ処理機です。

音は静かです。 生ごみは確かに乾燥して軽くなります。 但し部屋の中に置くと少し「薩摩いも」の乾燥したような匂いがします。 そんなに気にはなりません。我が家ではマンション廊下に出して雨のかからない所に置いてあります。他の商品とは比較はできません。 使い始めて1ヶ月くらいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%B3%B6%E7%94%A3%E6%A5%AD-%E5%... |

パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS-N53-S

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS-N53-S 」はソフト乾燥モードにより有機質肥料を作れることができます。指などのワンプッシュでフタが開き、間口も広いので生ゴミを捨てやすい設計になっています。しかも生ゴミをすでに処理したものの上に追加投入をすることもできるおすすめの生ゴミ処理機です。

また生ゴミの量を7分の1に減らしてくれます。さらに乾燥させながら除菌もしてくれるうえに、処理中の臭いも99%もカットしてくれるおすすめの生ゴミ処理機です。

これは素晴らしい!!今までの生ゴミに対する憂鬱さがなくなり気持ちがすっきりしました。もっと早く買っておけば良かったと思います。快適です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 シルバー

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 シルバー 」は生ゴミを150℃の高温で乾燥させながら、回転刃で処理をするタイプの生ゴミ処理機になります。また150℃という高温で乾燥させるので、しっかりと除菌もしてくれるおすすめの生ゴミ処理機です。

また「ツインカッター方式」を採用によりパワフルで、しかもスピーディに生ごみを処理してくれる生ゴミ処理機です。さらに生ごみの処理中でも消臭率が99%なので室内でも使うことができるおすすめの生ゴミ処理機です。

選ぶ際に状態写真があり、大変参考になりました。中古なので見た目は悪いですが、使用は出来たので満足です。これからの時期大変重宝します。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%AB%8B-HITACHI-ECO-V... |

生ゴミ処理機の人気ランキング

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

ここでは生ゴミ処理機の人気ランキングで製品をご紹介します。

バイオ式生ごみ処理機のおすすめ人気ランキング3

伸和 家庭用 生ゴミ処理器 キッチンコンポスト グリーン

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「伸和 家庭用 生ゴミ処理器 キッチンコンポスト グリーン」は台所において、生ごみが出る都度入れて使用できるので便利な生ゴミ処理機です。臭いもほとんど漏れずにしかも、下に液肥抽出用の抽出口があるため水分や液が取り出しやすい設計になっているおすすめの生ゴミ処理機です。

さらに生ごみから肥料を作りたいという方にもおすすめできる生ゴミ処理機です。

生ごみに出す量が激減し、EM液も簡単に取り出せて便利です。特に野菜の成長の液肥として効果があります

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BC%B8%E5%92%8C-%E5%AE%B6%E5%... |

バイオ式生ごみ処理機のおすすめ人気ランキング2

スターエンジニアリング 家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「家庭用バイオ式生ごみ処理機バイオクリーンBS-02 」は長く使える強力なバイオ材を採用しているので5年10年もの間バイオ材を補充・交換しなくても使える、画期的な生ゴミ処理機です。生ごみを処理する音が静かで臭いも少ないのでマンションなどの集合住宅のベランダでも利用することができるおすすめの生ゴミ処理機です。

色々使ってみましたが、なかなか表示通りの性能のものがなく、買い替えました。バイオクリーンは絶えず動いていることもなく、それでいて短時間で分解してくれます。ただし、寒冷地でも問題ないと書いてありましたが、マイナス10℃以下になると凍結して動かなくなります。仕方なく厳寒期はガレージ内に移動しました。あと、価格がもう少し安いと助かります。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%8... |

バイオ式生ごみ処理機のおすすめ人気ランキング1

エコクリーン 家庭用 生ごみ処理機

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「エコクリーン 家庭用 生ごみ処理機 」は生ごみを投入したらハンドルをクルクル回すだけの電気代ゼロでエコで楽しい生ごみ処理機です。値段もお手頃な価格なのに1日に三角コーナー約1杯分、700gもの生ごみを処理することが可能なおすすめの生ゴミ処理機です。また臭いもほとんどないので屋内外に使用することができる生ゴミ処理機です。

これからの時期の生ゴミの処理に助かっています。定期的に処理機に投入するだけで、自然のシステムであの悪臭等の嫌な状態が半減しました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%8... |

乾燥式生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング3

島産業 パリパリキューブ ライトPCL-31

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「島産業 パリパリキューブ ライトPCL-31」は三角コーナーを置く代わりに専用バスケットをシンクにセットし、一杯になったら本体にセットして稼働させるだけで簡単に生ごみを処理してくれるおすすめの生ゴミ処理機です。活性炭を使用した脱臭ユニット付きだからニオイも気になりません。しかも音が静かなので深夜でも使うことができる生ゴミ処理機です。

紙とか燃えそうで怖かったのですが、「うちの場合は」粉の入ったコーヒーフィルター(濡れている)を試してみましたが、問題なく乾燥できていました。ただ「音」がある程度しますので、夜間に睡眠中にキッチンの近い間取りの家だと、デリケートな方は気になると思います。あと、使用中、後、しばらく乾燥機周囲の気温が上がるようなので、夏場に換気のしにくい場所に置くのはちょっと我慢が必要かも

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%B3%B6%E7%94%A3%E6%A5%AD-%E5%... |

乾燥式生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング2

島産業 パリパリキューブ PPC-01

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「島産業 パリパリキューブ PPC-01」は1回の運転で処理できる量や乾燥時間の長さを変えられる7つモードを搭載しているおすすめの生ゴミ処理機です。脱臭フィルタにより生ごみの処理中でのニオイを大幅カットできる生ゴミ処理機です。専用バスケットと受け皿は、手洗い可能なのでいつも衛生的に使うことができるおすすめの生ゴミ処理機です。

市の「ゴミ削減」補助金を利用して買いました。パリパリにしたものはコンポストにしています。室内で使用していますが、蓋を開ける時以外は匂いはありません。音もそんなに気になりません。同じ機械では作りたくないですが、ドライフルーツも作れます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%B3%B6%E7%94%A3%E6%A5%AD-%E5%... |

乾燥式生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング1

リブラン 生ゴミ処理機&乾燥機 エアドライ

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「リブラン 生ゴミ処理機&乾燥機 エアドライ」は容器を使い分けて干物やドライフラワーが作れる優れた生ゴミ処理機です。また「エアドライ」により電気代が大幅にカットできる生ゴミ処理機です。また容器が赤と青の2個セットになっているので、1つは生ごみ用に使い、もう1つは食品や衣料の乾燥用に使うことができる生ゴミ処理機です。

毎日稼働しています。蓋をしめれば匂いもほとんどせず大方乾きます。水分の多い果物の皮はかわきにくいことと、さすがに魚の残りを入れたときは匂いました。おおむねまんぞくしてます。

出典: https://www.amazon.co.jp/REBRAN%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%9... |

生ゴミ処理機は屋外で使えるのか

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

生ゴミ処理機には家庭でも設置できるものにはいろいろな種類があります。庭などに少しスペースがある環境なら屋外コンポスターがおすすめになります。屋外コンポスターは費用が安く、維持費がかかることがないおすすめの生ゴミ処理機です。

また屋外コンポスターの購入には自治体によっては補助金が発生して、半額以下で購入できる可能性があります。また生ごみ以外にも落ち葉や細い枝なども入れることができます。さらに容量があるので、毎日生ごみを投入することができるおすすめの生ゴミ処理機です。

屋外コンポスターの生ゴミ処理機は場所がかかるイメージがありますが、容器さえ置ければいいので、地面があればどこでも設置することができる生ゴミ処理機です。

ハイブリッド式の生ゴミ処理機

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

ハイブリッド式の生ゴミ処理機は有機物の酸化分解で生ごみを処理するためバイオ式に分類されます。違いは生ごみを投入した直後に空気を送り込んで乾燥を行う点です。バイオ式のタイプの物はニオイが強くて室内に置くのは難しいとされています。

そんな課題を克服したのが光触媒・マイナスイオン・空気清浄機能のトリプル消臭効果により、嫌なニオイを抑えてくれる室内型バイオ式の生ゴミ処理機です。次項でおすすめのハイブリッド式の生ゴミ処理機をご紹介します。

家庭用生ごみ処理機 MS-NH30

こちらのおすすめの生ゴミ処理機「パナソニック 家庭用生ごみ処理機」はバイオチップの補給が不要で、低コストで、送風乾燥によって嫌なニオイをが少ない(送風乾燥+バイオ処理)のハイブリッド式の生ゴミ処理機です。

生ごみ処理機、みなさんにおすすめします。この生ごみ処理機を使って1年になりますが、1度も生ごみをごみに出すことなく過ごせました!生ごみって少しでも溜まると臭って嫌じゃないですか?そんな恐怖からも脱出です!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

生ゴミ処理機でエコ生活を手に入れましょう!

生ゴミ処理機の人気ランキングと比較|パナソニック/価格

生ゴミ処理機の種類と仕組み、生ゴミ処理機の補助金・助成金の金額、生ゴミ処理機にかかる電気代、自作の生ゴミ処理機の作り方、生ゴミ処理機の価格などについて説明してきました。またおすすめの生ゴミ処理機を人気ランキング方式でご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

生ゴミ処理機といってもさまざまな種類があることがわかりました。また肥料が作れる生ゴミ処理機があることを知りました。今回紹介した生ゴミ処理機を参考に自分のライフスタイルにあった生ゴミ処理機を選んで無駄なごみを出さないエコ生活を手にいれましょう。

Related