Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月26日

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

台所は毎日使用する場所ですので、汚れやすい場所になります。しかし、どうせ汚れるからと汚れを放置してしまうと掃除が大変になってしまいます。今回は、台所の掃除方法やあると便利な掃除グッズをご紹介します。台所を掃除にして、気持ちよく料理をしましょう。

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

台所は汚れやすい

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

日頃から綺麗にしようと注意していたとしても、台所は料理を作るために毎日使用するので、部屋の中でも汚れやすい場所です。

台所は油や水垢などですぐに汚れてしまうので、掃除を怠ってしまいがちですが、掃除をしないと汚れが頑固にこびりついてしまうので、定期的に掃除するようにしましょう。

今回は、台所の掃除方法や台所の掃除をする時にあると便利な掃除おすすめグッズについてご紹介します。

料理や洗い物など様々な汚れ

台所が汚れてしまう原因としては、水垢汚れや油汚れ、カビによる汚れなどさまざまな汚れがあります。例えば、台所のシンクが白くくすんでいる時には、水のカルシウムなどが付着してしまっていたり、石鹸カスがついてしまっているという可能性があります。

また、台所では水分や食べ物のカスが残ってしまうことが多いので、カビや雑菌が繁殖しやすく、汚れてしまうことも多いです。

台所の掃除方法10個

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

台所を掃除する時には、まず何から始めたら良いのか迷ってしまう人も多いです。台所を掃除する方法としては、要らないものを捨てて物を減らしてから、排水溝やシンクなどを掃除していきます。

鍋や食器などが汚いと、せっかく台所の掃除をしても汚く見えてしまうので、焦げ付いた鍋や黄ばんだ食器も綺麗にしておくようにしましょう。台所の掃除方法についてくわしくご紹介します。

方法1:まず不要なものを捨てる

台所を綺麗に掃除する前に、まず要らないものを捨てて、台所をすっきりさせることから始めましょう。

台所には、賞味期限が切れてしまった調味料やもう使用していないものなど不要なものが多くあります。いつか使うかもと残しておくと、どんどん不要なものが増えていってしまうので、思い切って捨てるようにしましょう。

不要なものを捨てて台所を整理することで、台所を綺麗にするだけでなく、掃除しやすくなります。

方法2:鍋などの焦げ付きを取る

台所の掃除をする時に、鍋の焦げ付きがあっては汚く見えてしまいますので、台所を掃除する時には、鍋も綺麗にしておきましょう。

鍋の焦げ付きを取る時には、鍋の材質に注意しながら焦げ付きを取るようにします。ステンレス製の鍋であれば、重曹で焦げ付きを取りますが、アルミの鍋は重曹を使わず酢で焦げを落とすようにしてください。

方法3:食器類をキレイにする

食器の中でもプラスチックの食器は、カレーやミートソースの色が抜けずに汚くなってしまうことがあります。台所を掃除する時には、黄ばんでしまった食器も綺麗にしましょう。

食器を綺麗にする時には、漂白剤と食器洗い洗剤を使用します。綺麗にしたい食器や容器に水と1/4カップの漂白剤、食器洗い洗剤を一滴だけ入れて電子レンジに40秒程度かけ、最後にスポンジで洗うだけで綺麗な食器に戻ります。

方法4:シンクはこまめに綺麗にする

シンクは毎日水滴がつくため、水垢が多く付着しています。また、水垢だけでなく、食べ物のカスや油汚れが付着してしまう場合もあります。水垢や石鹸カスはクエン酸などの酸性の洗剤を使用すると簡単に落とすことが可能です。

シンクの汚れはすぐに蓄積していくので、2日に1回や毎日など定期的に掃除するようにしましょう。こまめに掃除を行うことで、汚れの蓄積を防ぐことができます。

方法5:換気扇を掃除する

換気扇は、揚げ物の油分や埃が混ざっているので、頑固な汚れとなっていることが多いです。換気扇の掃除をせずに放置しておくと、汚れが固くなって取りにくくなるだけでなく、換気効率が悪くなって臭いが排出されなくなりますので、換気扇の掃除を行いましょう。

換気扇は、分解してから洗剤に付けおき洗いをします。付けおきできない部分は洗剤を付けてラップでパックしておくと掃除しやすくなります。

方法6:排水溝は泡で洗う

排水溝は、ヌメリが強く触りたくないという人も多いので、掃除せずに放置されてしまうこともあります。排水溝は、重曹とクエン酸を使用することで、触らずに洗うことができます。

まずは、排水溝に重曹をかけて、その上からクエン酸をかけます。しばらくすると泡が発生して、排水溝から汚れが浮き上がってぬめりを落としてくれます。排水溝を触らずに綺麗にしたいという人は試してみましょう。

方法7:ブラシで強くこすらない

頑固な汚れがあると、スポンジやブラシで力強くこすりたくなりますが、強くこすると傷がつき、傷に汚れが入り込んでしまう可能性があります。同じ理由で研磨剤入りのクレンザーの使用は控えてください。

アルカリ性の汚れであれば、酸性の洗剤を使用して、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使用するといった風に汚れを中和させると落ちやすくなります。スポンジは柔らかい材質のスポンジを使用するようにしましょう。

方法8:五徳や受け皿は食器洗いついでに掃除する

レンジ回りの中でも、五徳や受け皿は汚れがかたまってしまいやすい場所になります。汚れがこびりついたからといって、クレンザーでこすると傷がつくので注意します。

五徳や受け皿の汚れが酷い場合には、重曹を入れた鍋で10分ほど煮てからスポンジで優しくこすると綺麗になります。一度掃除を行い綺麗になった五徳と受け皿は、夕食の食器洗いをする時に一緒に洗ってあげると綺麗な状態をキープすることができるのでおすすめです。

方法9:掃除しやすい環境を作る

一度掃除をした後は、汚れをためてしまわないように掃除しやすい環境作りを行いましょう。掃除に時間がかかると、台所の掃除をすることを億劫に感じてしまいますが、さっと掃除をする程度であれば、面倒にならず毎日続けておくことができます。

掃除しやすい環境作りをする方法としては、手の届く範囲にウェットティッシュを置くことや必要最低限のものしか置かないようにすることなどがあげられます。

方法10:日頃から綺麗な状態を保っておく

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

油汚れや水垢は放置することで、汚れが取れにくくなり掃除が大変になりますが、日頃から綺麗な状態を保っておくことで、簡単な掃除だけで綺麗にすることができるようになります。

排水溝のゴミは、すぐ捨てるようにするとぬめりも付きにくくなります。また、調理台を拭くついでに取っ手や冷蔵庫なども拭くなど、ついでに掃除する範囲を少しずつ広げていくようにすると、台所を綺麗に保つことが可能です。

台所の掃除をしたい人ににおすすめのサービス

転職を行う時に、台所や玄関などお部屋を綺麗にする女性は多いです。転職をするのであれば、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントは、女性の転職をサポートする転職エージェントです。看護師や保育士、薬剤師などの資格を所有している人や資格を所有していない女性であっても手厚くサポートしてくれます。

入社後もしっかりフォローしてくれるので、転職後も安心できます。

あると便利な掃除おすすめグッズ

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

台所の掃除をする時には、まず掃除に必要な道具を集めましょう。台所の掃除をする時にあったら便利なグッズとしては、クエン酸やセスキ炭酸ソーダ、使い終わった歯ブラシ、キッチンペーパーなどがあげられます。

台所掃除用の洗剤やブラシを購入しても良いのですが、歯ブラシやキッチンペーパーなどを利用することで、リーズナブルに台所の掃除ができます。あると便利な掃除おすすめグッズについてご紹介します。

クエン酸

クエン酸は、お酢やレモンなどに含まれている成分で、身体に入っても問題ないので、台所の掃除に向いています。クエン酸は、台所の中でもシンクの水垢汚れを落とす時に効果を発揮します。

頑固な水垢汚れを落とす時には、汚れている部分にキッチンペーパーをかぶせて、その上からクエン酸を溶かした水溶液をかけて放置すると、汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは、家庭用の洗剤や入浴剤として使用されている成分です。さらさらしており、常温で長期保存しても固まってしまうことがありません。また、安全性が高いので、安心して使用することができます。

セスキ炭酸ソーダは、油汚れの処理に向いています。台所のべたべたとした汚れや手垢の汚れがある場合には、セスキ炭酸ソーダを利用してみましょう。

重曹

重曹は、炭化水素ナトリウムという白い粉のことを指します。シンクやコンロなどの油汚れを落とす時に重曹を使用するのがおすすめです。

重曹は、油を乳化させることで油汚れを綺麗に除去する効果があります。また、冷蔵庫や生ごみの匂いも消してくれる脱臭効果も期待できます。鍋を焦がしてしまった場合であれば、重曹を混ぜた水を鍋で熱すると、焦げを浮かして取るといった使い方も可能です。

歯ブラシ

歯ブラシは、定期的に交換しますが、古くなった歯ブラシをそのまま捨てるのではなく、台所の掃除に活用してみましょう。細かい部分はスポンジなどでは取りにくいですが、歯ブラシであれば綺麗に掃除することができます。

例えば、シンクの蛇口の隙間や排水溝の隙間に水垢が貯まっている場合は、歯ブラシを使用して綺麗にすることができるので試してみましょう。

キッチンペーパー

台所用のお掃除シートが発売されていますが、お掃除シートをわざわざ買うのは面倒という場合は、キッチンペーパーを利用してみましょう。キッチンペーパーは、ティッシュペーパーよりも破れにくく、使い捨てることができるので、掃除をする時に気軽に使用することが可能です。

軽い水垢や油汚れであれば、日常的にキッチンペーパーで綺麗にしておくと、汚れが貯まりにくくなり、掃除の手間を省くことができるようになります。

毎日つかうからこそ台所をキレイに掃除しよう

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

台所は、毎日の食事を作る大事なスペースです。毎日使用する台所は、食べ物や油の汚れがつきやすい場所ですが、その汚れを放置すると掃除が大変になります。しかし、こまめに掃除を行うことで、簡単に綺麗になるだけでなく、その状態を保持することができます。

台所を綺麗にすると、毎日気持ちよく料理をすることができるようになりますので、台所の掃除を行ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

台所の掃除方法10個|あると便利なおすすめグッズ

台所の掃除をしたら、キッチンのインテリアや収納の方法にも目を向けてみましょう。キッチンインテリアにはさまざまなコーディネートがありますので、実例を見ながらキッチンインテリアを決めていくようにしましょう。

また、キッチンインテリアを変えていく時には、生活感が出ないように収納方法にも工夫しておくことをおすすめします。以下の記事を参考にして、素敵なキッチン空間を作ってみましょう。

Related