Search

検索したいワードを入力してください

フライパンの洗い方|ステンレス/セラミック/テフロンなど

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フライパンの洗い方について書いていきます。種類ごとに材質が異なるため洗い方が難しいのもフライパンです。それぞれの特徴を知ることで汚れも落としやすくなることがあります。フライパンを長持ちさせるためには、洗い方を知り効果的な方法を実践していく必要があります。

フライパンの洗い方|ステンレス/セラミック/テフロンなど

フライパンの種類別の洗い方

ステンレス

材質

ステンレスのフライパンは、その材質が合金鋼でつくられています。合金鋼は、耐食性が高い性質であり、その材質には、クロムやニッケルを含んだ金属です。さらにステンレスは、熱伝導率が高いという性質も持つ特徴的な金属です。

ステンレスは、熱伝導率が高いため調理時には、食材がひっつきやすい場合や焦げ付きやすいこともあります。このような点は、ステンレㇲのフライパンを使う際に気を付けるべき点でもあるといえるでしょう。ステレンスのフライパンは、その使用方法と洗い方にも特徴的があります。

使用時には、食材の焦げ付きを防ぐために油をなじませてから使っていくようにするとよいでしょう。

ステンレスのフライパンの洗い方

ステンレスの材質のフライパンは、油をなじませてから使用するフライパンです。フライパンを洗う際には、洗剤を使わずに汚れを落とすようにしていきましょう。

また、ステンレス素材のフライパンは、焦げ付きを防ぐためにフライパンに油をなじませていることがあります。そのため、フライパンの表面についた汚れや液体を洗剤で洗い落とさないように注意して洗うようにしていきます。

ステンレスのフライパンを洗う際には、洗調理後予熱の残っている間にスポンジで汚れを落としておくようにしましょう。さらにスレンレスのフライパンの表面の汚れを洗い落としていく際には、基本的に洗剤は不要となります。 ステンレスのフライパンは、調理後の予熱の残っている状態で水を付け、汚れがこびりついてしまう前に早めに汚れを落とすようにしていきましょう。

ステンレスのフライパンを洗う際には、熱に気を付けて、洗剤を使わない状態で汚れを落とす方法で洗います。

落ちにくい汚れの落とし方

ステレンレスのフライパン洗う際に汚れが落ちにくい場合には、フライパンに水を入れて、数分間放置しておきましょう。フライパンをしばらく付け置きしておくと、水で汚れ部分がはがれていきます。フライパンを洗う際にそれでも焦げ付きなどが残ってしまう場合には、さらにフライパンに水を入れて、沸騰させるようにしていきます。

またお湯を沸騰させ、汚れ部分に水を浸す状態にして湯を沸かした後、お湯の熱を冷ましておくようにすると汚れが落ちやすくなります。さらにそのあとにスポンジでこするようにすることで落ちにくい汚れである場合にもスルッと落とすことができます。そのような方法を使っても落ちにくい頑固な汚れの場合には、クリーナーやメラミン素材のスポンジを使いましょう。

ステンレスのフライパンの汚れは、落ちにくい場合であっても洗い方を使い分けることによってその汚れ部分を落としていくことができます。

セラミック

材質

セラミックのフライパンは、その見た目の白さが特徴的なフライパンです。またセラミック素材のフライパンは、ガラスや陶器などの無機化合物などがその材質に使用されています。このセラミックの材質は、高温に強く硬い素材である点が使いやすい素材です。

またセラミック素材は、コーティング素材のフライパンと同じように表面がコーティングされている種類のフライパンです。

そのため調理時には、約400℃程度の温度まで熱することが可能であるとされています。セラミックのフライパンは、非常に丈夫な素材であるといえます。このような調理時に使いやすい丈夫な材質もセラミックのフライパンがなポイントのひとつです。さらにこのセラミックのフライパンを使う際には、注意点もあります。

セラミックのフライパンを熱する際には、空の状態にしフライパンを使用する空焼きを避けるようにしましょう。セラミックの材質のフライパンは、高温まで使えるフライパンであることから調理時に温度が高くなりやすいことがあると言われています。

そのためフライパンを使う際には、その材質が傷まないようにあらかじめ油を入れた状態で火をつけ、空焼きを避け調理をしていきましょう。

セラミックのフライパンの洗い方

セラミックのフライパンを洗う際には、スポンジや洗剤に研磨素材が入っているものを使って洗うことを避けるようにしましょう。このセラミックの種類のフライパンを洗う際に表面についた焦げ付きなどの汚れを落とす際には、洗剤を少量入れて付け置きし、少し時間を置いたあとで焦げ付いた部分を落としていくようにするとよいでしょう。

洗い終わりには、水気を拭き取る

セラミックのフライパンを洗ったあとは、水気を拭き取るようにしていきましょう。セラミックフライパンの表面のコーティングの下には、目に見えない小さな穴が開いていツと言われています。そのため水道水などで洗う場合には、水に含まれるカルキや塩素成分の小さな粒がこの部分に入り込むこともあると言われています。

また、そのようにカルキの成分がフライパンに入り込むことによって、加熱状態であるフライパンで料理をする場合に焦げ付いてしまうことがあります。そのため洗い終わった際には、表面の水気を拭き取るようにして、コーティング素材の下にカルキの成分が入り込むことを防ぐようにしましょう。

テフロン

テフロンのフライパンは、調理時に焦げ付きを防ぐために前面が加工されているフライパンです。また、このコーティングには、焦げ付きだけでなく、料理の際のフライパンのこびりつきを少なくするという役割もあります。そのため、その見た目の表面がツルツルとした感触や質感となっているのもテフロンのフライパンの特徴です。

テフロンのフライパンを洗うときには、スポンジに泡をつけて、優しく洗っていくようにすることで簡単に油汚れを落とすことができます。またこのような洗い方をすることで汚れを落とす際に強くこすらずに汚れを綺麗に落としていくことができます。

コーティング

フライパンの表面のコーティング素材の特徴

フライパンの種類のなかには、フッ素加工によってコーティングがされたも種類のフライパンもあります。このようなコーティング素材のフライパンを洗う際には、その特徴をよく知ったうえで洗っていくようにしていきましょう。

表面にフッ素加工のされたフライパンを洗っていく場合には、また調理後の熱の温度が残っている際に冷たい水を使って洗った場合には、急激に温度が下がってしまうこともあります。そのよう場合には、フライパンの表面の部分のコーティング素材がはがれてしまうこともあります。そのため表面の温度が急激に変化することを避けるようにすることして洗っていくことが必要です

表面の温度に気を付けて洗っていく

Related