Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

フライパンの洗い方|ステンレス/セラミック/テフロンなど

フライパンの洗い方について書いていきます。種類ごとに材質が異なるため洗い方が難しいのもフライパンです。それぞれの特徴を知ることで汚れも落としやすくなることがあります。フライパンを長持ちさせるためには、洗い方を知り効果的な方法を実践していく必要があります。

フライパンの洗い方|ステンレス/セラミック/テフロンなど

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

フライパンの種類別の洗い方

ステンレス

材質

ステンレスのフライパンは、その材質が合金鋼でつくられています。合金鋼は、耐食性が高い性質であり、その材質には、クロムやニッケルを含んだ金属です。さらにステンレスは、熱伝導率が高いという性質も持つ特徴的な金属です。

ステンレスは、熱伝導率が高いため調理時には、食材がひっつきやすい場合や焦げ付きやすいこともあります。このような点は、ステンレㇲのフライパンを使う際に気を付けるべき点でもあるといえるでしょう。ステレンスのフライパンは、その使用方法と洗い方にも特徴的があります。

使用時には、食材の焦げ付きを防ぐために油をなじませてから使っていくようにするとよいでしょう。

ステンレスのフライパンの洗い方

ステンレスの材質のフライパンは、油をなじませてから使用するフライパンです。フライパンを洗う際には、洗剤を使わずに汚れを落とすようにしていきましょう。

また、ステンレス素材のフライパンは、焦げ付きを防ぐためにフライパンに油をなじませていることがあります。そのため、フライパンの表面についた汚れや液体を洗剤で洗い落とさないように注意して洗うようにしていきます。

ステンレスのフライパンを洗う際には、洗調理後予熱の残っている間にスポンジで汚れを落としておくようにしましょう。さらにスレンレスのフライパンの表面の汚れを洗い落としていく際には、基本的に洗剤は不要となります。 ステンレスのフライパンは、調理後の予熱の残っている状態で水を付け、汚れがこびりついてしまう前に早めに汚れを落とすようにしていきましょう。

ステンレスのフライパンを洗う際には、熱に気を付けて、洗剤を使わない状態で汚れを落とす方法で洗います。

落ちにくい汚れの落とし方

ステレンレスのフライパン洗う際に汚れが落ちにくい場合には、フライパンに水を入れて、数分間放置しておきましょう。フライパンをしばらく付け置きしておくと、水で汚れ部分がはがれていきます。フライパンを洗う際にそれでも焦げ付きなどが残ってしまう場合には、さらにフライパンに水を入れて、沸騰させるようにしていきます。

またお湯を沸騰させ、汚れ部分に水を浸す状態にして湯を沸かした後、お湯の熱を冷ましておくようにすると汚れが落ちやすくなります。さらにそのあとにスポンジでこするようにすることで落ちにくい汚れである場合にもスルッと落とすことができます。そのような方法を使っても落ちにくい頑固な汚れの場合には、クリーナーやメラミン素材のスポンジを使いましょう。

ステンレスのフライパンの汚れは、落ちにくい場合であっても洗い方を使い分けることによってその汚れ部分を落としていくことができます。

セラミック

材質

セラミックのフライパンは、その見た目の白さが特徴的なフライパンです。またセラミック素材のフライパンは、ガラスや陶器などの無機化合物などがその材質に使用されています。このセラミックの材質は、高温に強く硬い素材である点が使いやすい素材です。

またセラミック素材は、コーティング素材のフライパンと同じように表面がコーティングされている種類のフライパンです。

そのため調理時には、約400℃程度の温度まで熱することが可能であるとされています。セラミックのフライパンは、非常に丈夫な素材であるといえます。このような調理時に使いやすい丈夫な材質もセラミックのフライパンが人気なポイントのひとつです。さらにこのセラミックのフライパンを使う際には、注意点もあります。

セラミックのフライパンを熱する際には、空の状態にしフライパンを使用する空焼きを避けるようにしましょう。セラミックの材質のフライパンは、高温まで使えるフライパンであることから調理時に温度が高くなりやすいことがあると言われています。

そのためフライパンを使う際には、その材質が傷まないようにあらかじめ油を入れた状態で火をつけ、空焼きを避け調理をしていきましょう。

セラミックのフライパンの洗い方

セラミックのフライパンを洗う際には、スポンジや洗剤に研磨素材が入っているものを使って洗うことを避けるようにしましょう。このセラミックの種類のフライパンを洗う際に表面についた焦げ付きなどの汚れを落とす際には、洗剤を少量入れて付け置きし、少し時間を置いたあとで焦げ付いた部分を落としていくようにするとよいでしょう。

洗い終わりには、水気を拭き取る

セラミックのフライパンを洗ったあとは、水気を拭き取るようにしていきましょう。セラミックフライパンの表面のコーティングの下には、目に見えない小さな穴が開いていツと言われています。そのため水道水などで洗う場合には、水に含まれるカルキや塩素成分の小さな粒がこの部分に入り込むこともあると言われています。

また、そのようにカルキの成分がフライパンに入り込むことによって、加熱状態であるフライパンで料理をする場合に焦げ付いてしまうことがあります。そのため洗い終わった際には、表面の水気を拭き取るようにして、コーティング素材の下にカルキの成分が入り込むことを防ぐようにしましょう。

テフロン

テフロンのフライパンは、調理時に焦げ付きを防ぐために前面が加工されているフライパンです。また、このコーティングには、焦げ付きだけでなく、料理の際のフライパンのこびりつきを少なくするという役割もあります。そのため、その見た目の表面がツルツルとした感触や質感となっているのもテフロンのフライパンの特徴です。

テフロンのフライパンを洗うときには、スポンジに泡をつけて、優しく洗っていくようにすることで簡単に油汚れを落とすことができます。またこのような洗い方をすることで汚れを落とす際に強くこすらずに汚れを綺麗に落としていくことができます。

コーティング

フライパンの表面のコーティング素材の特徴

フライパンの種類のなかには、フッ素加工によってコーティングがされたも種類のフライパンもあります。このようなコーティング素材のフライパンを洗う際には、その特徴をよく知ったうえで洗っていくようにしていきましょう。

表面にフッ素加工のされたフライパンを洗っていく場合には、また調理後の熱の温度が残っている際に冷たい水を使って洗った場合には、急激に温度が下がってしまうこともあります。そのよう場合には、フライパンの表面の部分のコーティング素材がはがれてしまうこともあります。そのため表面の温度が急激に変化することを避けるようにすることして洗っていくことが必要です

表面の温度に気を付けて洗っていく

コーティング素材のフライパンの表面の汚れを落とす際には、食器洗い用の洗剤を含ませたスポンジを使って、フライパンを洗っていくようにしましょう。またコーティング素材のフライパンを洗う際には、表面に温度が残っているかによってその洗い方も変わってきます。

フライパンの表面に熱した際の温度がフライパンに残っている場合は、お湯を使って洗っていくようにしていきましょう。また調理後、時間が経つなどして、フライパンの温度が下がっている場合には、水を使って洗っていくようにしましょう。

さらにコーティング素材のフライパンが焦げ付いてしまった際には、重層を使うことによっても効果的に汚れを取ることができます。コーティング素材のフライパンは、その扱い方や洗い方にも特徴があります。フライパンを長持ちさせるためには、その特徴をよく知ることが必要であると言えます。そのため落としたい汚れに合った方法を試していきましょう。

南部鉄器の洗い方

材質と特徴

南部鉄器は、岩手県の伝統工芸品であるフライパンです。南部鉄器のフライパンは、鉄でつくられているために調理に使用することで鉄分の補給などもすることができるという特徴があります。また南部鉄器は、鉄でできている素材のフライパンであるために高温での調理にも対応している特徴があります。

さらに南部鉄器のフライパンは、非常に丈夫で長持ちするという特徴もあります。

特徴的な南部鉄器の洗い方

南部鉄器を使った後には、表面がサビてしまわないように気を付けることが必要です。南部鉄器のフライパンは、鉄でできているために洗った後に水を付けたまま放置しておくと錆びてしまいやすい特徴のあるフライパンです。そのため、南部鉄器のフライパンを洗った後には、乾いた布を使って必ず拭いていくようにしましょう。

南部鉄器を洗っていく際には、表面を水で濡らした布巾で拭いてくようにしましょう。フライパンを拭き終わった後にフライパンの表面に水分が残っている場合には、さらに乾いたふきんで拭いていくようにしましょう。

また、南部鉄器のフライパンは、使用していくうちにその表面の内側に赤い斑点が現れることがあります。この斑点は、南部鉄器の材質の特徴によって現れるものです。このように斑点が現れた状態のまま使用を続けることによって、湯垢の南部鉄器の内側に白い膜ができてきます。

南部鉄器は、このような状態となった際に水を沸かすことで綺麗なお湯を沸かすことができる鍋して使用することのできるフライパンです。また南部鉄器は、特徴的な使い方のある種類のフライパンであると言えます。

このように錆びてしまいやすい鉄の材質である南部鉄器は、使い方や保存方法、洗い方にも特徴があります。そのため南部鉄器を使う際には、その効果的な使い方を把握するようにして使っていくようにしていきましょう。

フライパンを洗うのに役立つ道具

たわし

たわしの特徴は、スポンジと違ってその素材に硬さがある点です。硬さがあると言う点です。そのため洗っていく際には、使用できる材質のフライパンと傷がついてしまうために使用を避けた方がよいフライパンがあります。さらにフライパンを洗った際には、たわしを表面に汚れや油が残ってしまうこともあります。

そのため、たわしを使う際には、衛生面にも注意していくようにしましょう。タワシを清潔に保つため使用後は、熱湯をかけるなどして殺菌して使用することを心がけましょう。

タワシで洗うことのできるフライパンの種類

タワシを使って洗えるフライパンの種類

・鉄製のフライパン
・中華鍋

タワシで洗いにくい素材のフライパン

・フッ素加工がされているもの
・セラミック素材のフライパン
・テフロン素材のフライパン

鉄製フライパンの材質に合わせた洗い方

鉄製のフライパンは、その材質が鉄であるために丈夫であり、傷がつきにいといった特徴もあります。また鉄製の素材のフライパンは、長持ちしやすいという特徴もあります。さらに鉄製のフライパンをスポンジで洗っている際に焦げ付きがある場合やしつこい汚れなどの落ちにくい汚れがある場合にもタワシで洗っていくことが可能です。

フライパンをタワシで洗っていく際には、まずタワシで汚れ部分をこすっていき洗い終わった際には、しっかり水を使って流していくようにましょう。さらに鉄製フライパンを洗い終わり、ゆすいだ後には、表面の水分をしっかりと拭き取るようにしていきましょう。

フライパンの表面が錆びが付かないようにすることも気を付けていきたいポイントです。フライパンに残った水分をきれいに拭いていくことで水垢を防ぐこともできます。

たわしを使った鉄製フライパンの洗い方

たわしを使う際には、調理後になるべく早めに汚れを落とすようにしていきましょう。鉄製のフライパンには、焦げ付きを防ぐために油をなじませることようにして使用していきます。そのためこのような鉄製のフライパンを洗う際には、洗剤を使う必要はありません。

また鉄製フライパンを洗う際に洗剤を使うことによって、このようにフライパンに必要な油がなくなってしまうこともあります。そのためフライパンの使用後は、なるべく早く洗うようにしていきましょう。

このようにフライパンをなるべく早めに洗うことによって、汚れが落ちやすくなり、洗剤がない状態であってもフライパンに表面を綺麗に洗うことができます。そのため落ちにくい汚れである場合には、お湯を使って洗うようにしていきましょう。タワシは、同じく鉄製の素材である中華鍋を洗う際にも使うことも可能です。

スポンジ

基本的な使用方法

フライパンを洗う際にかかせないのがスポンジです。スポンジを使う際には、使い方を工夫することで汚れが落としやくなります。さらに洗い方は、スポンジの使い方を意識することで、スポンジを長持ちさせることができるようになります。

まずは、スポンジに洗剤を付け、水を含ませて泡を立てていきましょう。また落ちにくい油汚れなどを洗う際には、付け置きをして油を浮かせてから洗うと汚れが落ちやすくなります。

スポンジで落ちにくい汚れを落とす方法

スポンジで落ちにくい汚れを落とす場合には、まずフライパンの汚れ部分が浸る程度まで水をいれるようにしましょう。さらにそこに洗剤を少量入れ、20分~40分程度付け置きしておくようにします。このようにすることで洗剤の液によって油汚れを浮かせることができあるためにフライパンを綺麗に洗うことができます。

またフライパンを洗う際には、調理時に使用する際に使う表面とフライパンの裏側部分で使用する素材を変えるようにしていくとよいです。フライパンの外側部分には、汚れがこびりついているためにスポンジでは、落としにくいこともあります。

そのためフライパンの固い部分である外側部分こびりついた汚れは、スチールなどの素材を使用して洗っていくようにしましょう。フライパンを洗うスポンジは、その柔らかな素材も特徴的です。材質によって落ちにくい汚れを洗う際には、力を入れることが必要とされることもあります。そのため、スポンジ材質の性質を知り、洗う際には、素材を使い分けて洗い方をしましょう。

このようにすることで汚れを効果的に落としていくことができます。

洗剤

洗剤を使う際には、その量に気を付けて洗っていくようにしましょう。フライパンに洗剤を付けすぎてしまった場合には、かえって汚れを落としにくくなることがあります。そのためフライパンの油汚れを落とす際には、スポンジに水分を少し多めに含ませ、数回揉むこむようにして、泡立てていくようにしましょう。

またフライパンの汚れ部分を落とす際には、泡立てたスポンジでやさしく円を描くようにして、汚れ部分を落としていくようにしましょう。このように水と洗剤と混ぜることで、汚れを落とすようにして綺麗にする洗い方をしていきましょう。スポンジと洗剤の特徴を知ったうえで洗っていきましょう。

このように洗剤を使って洗っていくことでスポンジの泡が油汚れを分解しながら落としてくれます。

重層

重曹でフライパンの油汚れを落としていく際の洗い方の手順です。

① フライパンの焦げ部分が浸る程度まで水を注いでいきます。
② 大さじ1杯程度の重層を入れます。
③ 2~3分程度、水を沸騰させ、お湯を沸かします。
④ 沸騰後、お湯の入った、フライパンを冷ましまていきます。
⑤ やわらかめのスポンジでフライパンを洗っていきます。
この際に重曹部分を軽くこするようにして油汚れを落としていきます。

汚れ別のフライパンの洗い方のコツ

キッチンペーパーを使って、油を拭き取っておく

油汚れのついたフライパンは、キッチンペーパーに油を含ませて、先に汚れを取るようにしてから洗っていくようにします。まずは、キッチンペーパーを1~2枚取って拭いていきましょう。はじめに油部分や調理汚れのついた部分を含ませるようにキッチンペーパーで軽く汚れを拭き取っていきます。

このような油を吸い取るキッチンペーパーの性質を利用して、あらかじめフライパンの表面について汚れを綺麗にしていくようにしましょう。さらに汚れをふき取る際には、強くこすり過ぎてしまうとフライパンを傷めてしまうことがあります。

そのためキッチンペーパーを使う際には、軽くなぞるように気を付けながら、フライパンの油汚れを取っていくようにしましょう。

スポンジの泡で油汚れを落としていく

その後、洗剤をつけ、よく泡立てたスポンジでやさしくこするようにフライパンの油を落としていきましょう。スポンジをよく泡立てることによってきめの細かい泡がつくることができます。その洗剤の泡は、油汚れを中和して落としてくれます。

さらにこのようにきめ細かい泡をたてるようにすることによって泡が汚れに吸着しやすくなります。そのため、フライパンのしつこい油汚れを洗い落とす際の負担を減らすことができます。また油を落とした後は、水で軽く流してから、すすいでいくようにしましょう。

フライパンを洗う際は、その種類によって洗い方も異なります。そのためフライパンを洗う際には、あらかじめフライパンの材質をよく確認することも重要です。またこのような正しい洗い方をすることによって、フライパンを長持ちさせることもできます。

さらにフライパンを傷つけずに洗うことで調理時には、焦げ付きにくい状態が保てるなどの利点もあります。フライパンを洗う際には、その材質に合った洗い方の方法を取るようにしていきましょう。

カラメル

重層を使って、カラメルの焦げを落としていく方法

フライパンにこびりついたカラメルの焦げを落としていく際には、重層がその効果を発揮します。

重曹を使って、カラメルの焦げを落としていく際のフライパンの洗い方です。

焦げ付きを落としていく際に用意するもの
・重曹 大さじ3~4杯程度

①まずは、フライパンに水を入れていきます。
②次に用意した重層を入れていきます。
③重曹と水の入ったフライパンを火にかけ、約10分程度沸騰させていきましょう。
④沸騰させた後は、火を止めてしばらく置いておきます。
約2~3時間程度置いていくとよいでしょつ。

このように重曹と水で付け置きしたあと、フライパンの汚れをスポンジなどで落としていきましょう。

焦げ

フライパンの焦げ部分は、時間が経つと固くなってしまい、落としにくくなってしまうことがあります。そのような場合には、あらかじめフライパンを長時間水に浸け置きておく洗い方をすることによって焦げ部分がふやかされ、汚れが落としやすくなります。

そのため、調理後に鍋やフライパンが焦げ付いてしまった際には、早めにフライパンに水を注いでフライパンに水浸しておくようにしましょう。。

長持ちさせるために材質を確認する


フライパンには、鉄製やセラミック、コーティング、テフロン加工のものなどいくつかの
種類があります。それぞれのフライパンによって、その扱い方や使用方法だけでなく洗い方も
異なっています。フライパンを長く使い続けるためには、調理時だけでなく、使い終わった後もそれぞれに合った洗い方を試していくことが重要です。

フライパンを洗う際に使われれるタワシは、亀の子タワシという名称で呼ばれることが
あります。昔話のウサギとカメの話があります。急ぐことに力を使ったウサギは、その途中過程では、疲れて休んでしまいました。一方、亀の方は、自分自身の特性や体力を考え、一定のペースで走る方法によって、ゴールを目指しました。

最短で汚れを落とすことを目指すより、物の特性を知ることで汚れも落としやすくなると
いえます。その物の特徴や使用方法を知ることは、物を愛用する極意とも言えそうです。
物を長持ちさせるためには、その特性についての情報や知識を得ることも必要です。
人生を豊かにしてくれるのは、生活の中の物でもあります。

Related