Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

シンク下は、食器や調理器具を収納する場合もありますので、頻繁にお掃除をする必要があります。また、水漏れをしていたり配水管が壊れていると、湿気がたまり、カビが発生してしまいます。そうなると食器にもカビがついてしまいますので、正しいお掃除方法を覚えておきましょう。

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

キッチンのシンクの下の臭いの対策方法

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

シンク下には調味料や食用油、調理道具を収納していらっしゃる方が多くいらっしゃいます。口に入れる食べ物を調理するために使う道具が収納されている場所でもありますので、清潔に保ちたいところですが、そのシンク下から嫌な臭いがしてくることはないでしょうか。

シンク下には排水口など配管が通されていますので、湿気がたまりやすくカビが原因となって臭いが発生する場合があります。カビの菌は、そのほかのものにも移ってしまう可能性がありますので、臭いがする前に、シンク下を掃除してシンク下を清潔に保ちましょう。

シンク下のカビの原因

シンク下には配管がありますので、カビが発生しやすく、繁殖もそのほかの場所に比べ急速に数を増やしていきます。カビが繁殖してしまうと、吸入を雑巾でふいた後のような臭いがします。この臭いがするということは、カビ菌や雑菌が発生している証拠です。

シンク下の配管に隙間がある

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

シンク下には配管が通されていますが、その配管の接続部分にすき間が空いてしまっていると、水道管の中の匂いが外に漏れ出ている場合もあります。

シンク下に収納している調味料や食用油、フライパンといった調理道具を一度外に片づけて、その中を確認してみましょう。水道管の接続部分にすき間がある場合には、臭いの原因はこの水道管の臭いである可能性が高いです。

故障によるもの

シンク下をきれいに掃除しているにもかかわらず、臭いがとれないという場合には、排水管の故障や、施工する際に何か不具合があった場合が考えられます。この場合には、どんなに掃除をしても臭いを解決することはできません。

排水管の故障や、施工する際に何か不具合があった場合には、施工していただいた業者や、管理会社の方に連絡を取り修理してもらいましょう。

排水口のつまり

配水管が汚れたり、詰まっている場合にも臭いの原因になります。キッチンの排水管は、気をつけていても食べ残しの残りや、油が流れ込んでしまいますので、それが配水管の中に詰まるとぬめりが出て、そのぬめりがもとで臭いが発生する場合があります。

賃貸のマンションやアパートはカビが発生しやすいか

賃貸にお住まいの方の場合には、特に注意が必要です。例えば以前に住んでいた方は、きちんと換気を行っていなかったり、乱暴な扱い方をして、排水口や配管が故障してしまっている場合には、それが原因となってカビが発生し臭いのもととなっている場合があります。

まずシンク下を片づけて、排水管に隙間や故障している部分がないかどうかを確認しましょう。

また、シンク下は湿気がたまりやすい場所ですので、水漏れがあった場合カビが発生しています。まずは配水管を修理し、こまめに換気を行うことで、この気になる臭いを解消することが可能です。

また、しばらく空き家であった場合にも、カビがシンク下にも繁殖し、ひどい臭いがする場合があります。この場合は、扇風機やクーラーの除湿機能、換気扇をつけたりと、部屋を乾燥させ風を通す必要があります。

パテを使って隙間をふさぐ

シンク下の臭いが気になるという場合には、パテを使って配管の隙間を埋めましょう。配管の隙間をふさげば、臭いが漏れ出てくることがなくなります。パテはホームセンターでも購入することができます。

この場合、「配水管の穴埋め用」と記載がありますので、このタイプのパテを購入して下さい。パテを使って配水管の穴を埋める方法は、だれにでもできる簡単なものです。まず、穴をふさぐ前に換気をしておきましょう。

また、パテを使用する前には、説明書をよく読み、どういったものが使われているかについてチェックしておきましょう。パテを使用する前には、手に付いてしまわないよう、必ずゴム手袋を使用して下さい。

シンク下を漂白剤を使ってお掃除するには

漂白剤を用いれば、カビの臭いや雑菌の臭いを解消することができます。シンク下は配管が通っているため、湿度が高くカビや雑菌が繁殖しやすい場所です。そのため、頻繁にシンク下の扉を開けて風を通すなど、注意をしておかないとカビや雑菌があっという間に繁殖し、臭いの原因となってしまいます。

シンク下に繁殖してしまったカビを掃除するためには、漂白剤はおすすめです。漂白剤を使ってカビを掃除するときには、衣類についた場合には漂白剤のしみが付いてしまう場合がありますので、エプロンや割烹着を着用してから掃除を行ってください。

漂白剤は殺菌効果が高いため、カビを掃除することのほかに、カビが繁殖している部分に漂白剤を塗るだけで、除菌することができます。

漂白剤を使ってお掃除する際の注意

漂白剤は、衣類の色を落してしまうことのほか、直接手で触れてしまうと、皮膚の表面を溶かしてしまいます。そのため、漂白剤を使う場合には、必ず厚手のゴム手袋をしてから掃除を行いましょう。

まず、雑巾や付近に漂白剤を染み込ませ、シンク下をまんべんなくふき取りましょう。漂白剤を使った後は、必ず水武器をし、そのあとでから武器を行った後、扇風機や換気扇をつけ、十分に乾燥させておく必要があります。

生乾きのままシンク下の扉を閉めてしまうと、またそこにカビが繁殖してしまうことがありますので十分注意しましょう。

シンク下の臭いにおすすめの業者の選び方

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

ハウスクリーニングの業者は大手のものから個人業者まで多くのサービスを取り扱っている所があります。そのため、どういった業者にお願いすれば良いのか迷ってしまいます。もちろん、その作業内容や費用がどの程度かかるのかについても気になるところです。

できれば料金に見合った優良な業者を選びたいものですが、良い業者を選ぶためにはどういった点に注意すれば良いのでしょうか。

ホームページを持っている業者を選ぶ

ハウスクリーニングを扱っている業者を選ぶ場合、インターネットで検索をするという方がほとんどでしょう。インターネットで検索する場合には、どの業者が良いか、それぞれの業者の特徴や料金を比較した総合サイトがあります。

まずこちらを利用して、口コミを見ながら良いのかチェックしてみましょう。また、ホームページをお持ちれない業者も数多くあり、個人でハウスクリーニングを請け負うところは、素人が副業として行っている場合も多くありますので注意が必要です。

業者を探すのであれば、ホームページを持っているなるべく大きな会社にお願いすると良いでしょう。

料金設定が記載されている業者

ハウスクリーニングをお願いして、始めに伝えられた料金と違うといったトラブルも数多くあります。そのため、料金をはっきりと記載しているハウスクリーニングにお願いしましょう。また、その料金ごとにどういった作業を行ってくれるのかについて詳細を記載しているところも信用が高い業者になります。

得意分野がある

ハウスクリーニングは、その強者によって例えばキッチン周りのお掃除が得意なのか、リビングといったお部屋が得意なのか、お風呂屋をトイレといった水回りを得意としているのかそれぞれに特徴があります。

また、どの個所を専門分野としているのか紹介されている場合もありますので、それらの項目についてもチェックしておきましょう。

安全な洗剤を使っている

例えば小さなお子さんやペットを飼われている方の場合には、有毒な洗剤を利用されている業者の場合、危険があります。

そのため、ハウスクリーニングをする際に、環境に良い洗剤を利用している業者を探し、そちらを利用すると良いでしょう。洗剤を誤って口に入れてしまい、体を壊してしまってもいけません。そのため、洗剤にも注意が必要です。

見積もりをもらうこと

ハウスクリーニングをお願いする前には、きちんと見積もりをとっておきましょう。あとあと料金が違うなど、トラブルを防ぐためにも電話をかけ、見積もりを見て、どの程度の料金がかかるのか確認してからお願いするように心がけましょう。

キッチンのシンクの下はゴキブリの原因になるのか

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

ゴキブリは、暗い場所や狭いすき間、湿気の高い場所をこのみます。そのほか、暖かい所もすみかとなりますので、シンク下はうってつけの住処となってしまいます。

シンク下にゴキブリが侵入してしまう場合ももちろんあります。配水管の形によっては、ゴキブリを除去することができず、シンク下にゴキブリが潜り込んでしまう場合もあります。

そのため、シンク下の配水管の形を確認し、排水トラップが採用していない配水管の場合には、シンクに専用のネットをかぶせておくなどゴキブリ対策をしておきましょう。

ゴキブリが侵入するものとしないもの

排水口には、排水トラップが用意され、そこに水をために臭いや虫が上に来ないよう工夫がされています。そのため、排水トラップが用意されている排水口の場合には、そこからゴキブリが侵入してくるということはありません。

ですが、排水口によっては、この排水トラップが用いられておらず、ゴキブリが排水口から侵入してくる場合もあります。ご自分のシンクが、排水トラップを用いているものか、いないのかは、配水管の形を見ればすぐにわかりますので確認しておきましょう。

配水管の方が S字型のように曲がっている場合は排水トラップが採用されています。配水管の形がまっすぐなようであれば、排水トラップが採用されていないということですので、そこからゴキブリが侵入してくる場合があります。

シンク下の臭いを重曹でとる方法

特に梅雨の時期など、雨が続くとシンク下にも湿気がたまり、カビが発生してしまいます。一度カビが発生してしまうと、いくら換気をしても臭いが解消されません。そのため、シンク下のお掃除を行い、湿気を除去する必要があります。

重曹を使えば、シンク下に発生したカビを除去し、シンク下にこもる湿気を防ぐこともできます。重曹を使ったシンク下のお掃除は次のものになります。

排水口を掃除するには

まず重曹をワンカップとクエン酸を1/2、お水を用意して下さい。はじめに排水口のごみを取り除き、次に重曹を排水口の中にふりかけます。その上からクエン酸をふりかけると、泡が発生します。この時に発生した泡により、ぬめりや汚れを分解し、きれいに洗い落とすことができます。

30分ほど時間おき、十分にぬめりや汚れがとれたようであれば、水やぬるま湯を使ってしっかりと洗い流して下さい。泡を発泡させただけでは汚れがとれないという場合には、泡を発泡させた後で使い終えた歯ブラシなどを使い、磨いてからぬるま湯で洗い流してみましょう。

湿気を防ぐには

シンク下に湿気がたまってしまう原因は、シンク下に通された配管が主な原因です。また、シンク下にフライパンや調理器具を収納している方の場合、十分に乾燥させてからシンク下に収納しないと、そのままシンク下に湿気がこもってしまいます。

湿気を防ぐためには、除湿剤を入れておくか、お天気の良い日にはシンク下の扉をあけておく、週に一度、少なくとも月に一度はシンク下のお掃除を行うといった方法を取りましょう。

シンク下の臭いの対処方法

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

排水口に食べ物のカスが詰まって臭いの原因となっている場合には、排水口を分解し、お掃除すると良いでしょう。排水口を分間してお掃除するには、排水トラップを外して部品を分解し、一つ一つ念入りに洗浄する必要があります。

排水トラップとは、排水口に流れるごみが落ちていかないように受け止める、ごみ受けの下にある部品のことを言います。これは、水をためておくことで、下水から湧き上ってくる臭いが上に上がってこないようにするためのものです。

分解の手順

排水口を分解してお掃除するためには、まずはゴム手袋とスポンジ、使い終えた歯ブラシ、台所用洗剤を用意しましょう。

ゴム手袋を手に付けたら、カバーを外し食器用洗剤とスポンジで排水口のカバーを磨きます。次にご見受けを洗いますが、ごみ受けは、食べカスを受け止める部品でもありますので、汚れがつきやすい部分です。

ごみ受けは、食器用洗剤と歯ブラシを使って細かい部分をしっかりと洗浄して下さい。排水トラップは、軽く左に回すとロックが外れ、上に持ち上げると簡単に取り外すことができます。排水トラップもまた、食器用洗剤と歯ブラシを使ってしっかりと洗って下さい。

アルミホイルを使って臭いを消す方法

排水口の奥は、素人では分解することができないため、アルミホイルを使いましょう。まずアルミホイルを丸めてごみ受けに入れておくだけで、アルミホイルから発生する金属イオンにより、消臭効果や抗菌効果が得られます。

アルミホイルの大きさは、およそ2㎝から3㎝の大きさに丸めておき、その中に入れておくだけでOKです。

臭いを解消する二つの方法

シンク下の臭いは、排水口のつまりが原因となっている場合があります。その場合は、タオルとお湯を使って解決することができます。まず、排水口のカバーを外し、次にごみ受け取排水トラップのふたを外しましょう。

次に、配管の穴にいらなくなったタオルを詰めふたをします。こうしておくことで、水が流れてしまうのを防ぎます。きちんと線としての役割をはたしているかどうかを確認しましょう。

タオルを詰めたらシンクお湯をはりますが、お湯の温度は40度程度を目安としてください。だいたいシンクの8割ぐらいの高さまでお湯を張り、十分お湯がたまったあとで一気にタオルの引き抜き、ためたおいを流します。これは、お湯の勢いで排水口にたまった汚れを洗い流してしまうという方法になります。

洗剤を使う

洗剤は、パイプ用の専用の洗剤を使いましょう。これは、排水口の中に密着して、ぬめりのほか排水口の中にたまってしまった髪の毛なども溶かし洗い流すことができるものです。

パイプ用洗剤の中にはノズルが付いたものもあり、奥ふかくまで洗剤を流し込むことも可能です。まず、排水口のカバーとごみ受け、排水トラップのふたを外したら、その中にパイプ用の洗剤を流し入れます。

洗剤の量については、説明書に書かれてあるとおり、容量を守って掃除を行ってください。そのあとで、30分から1時間程度そのままにしておきます。

時間を置くことにより、排水口の中に詰まった粘り気や汚れを洗いおとしてくれます。時間がたったら、そのあとで水かぬるま湯を流して十分に洗剤を洗いおとしたらお掃除完了です。

お掃除する際の三つの注意

排水口の臭いが気になる場合には、まずきれいにお掃除をした後でまた臭いが発生しないように注意する必要があります。まず、調理をした後や食事後は食べカスやごみが排水口の中に流れてしまわないよう注意して下さい。

シンク下の臭いのもととなる食べカスを防ぐだけでも、シンク下の嫌な臭いを防ぐことができます。

お湯を流す

油はどんなに気をつけていても、排水口の中に流れ出てしまいますが、油は排水口の中に流れてしまうと、配管の中に付着してしまい、それが取れなくなってしまいます。このような油汚れは冷えると固まってしまい、固まった油はなかなか取ることができません。

そのため、油汚れをきれいに洗い流すためにも、シンクを使用した後は、ぬるま湯をシンクの中に洗い流しておくと良いでしょう。

油をシンクに流さない

油をシンクに流さないためには、例えば油を使って調理したフライパンを冷えるまでそのままにしておき、油を固めてしまいます。

油は温度が低くなると白く固形になりますので、固形になった油をスプーンを使ってすくい上げ、それを新聞紙でくるみ、ごみに捨てます。油はシンクの中に流れこんでしまうと、配管口の中で固まり、固形になってしまうと簡単に洗い落とすことができなくなります。

カビと臭いの予防法

シンク下のカビの臭いを防に、予防するためには、日ごろからしっかりとお掃除をして清潔に保つ必要があります。シンク下の臭いは、主にカビの菌が原因となっているものがほとんどです。そのため、シンク下のしけをとることから始めましょう。

シンク下のお掃除方法

シンク下のお掃除をするためには、シンク下に収納してある道具をすべて取り出した後で、ハンドクリーナーなどを使い、ごみやほこりを吸い取っておきましょう。次に新聞紙や雑巾に台所用の洗剤を含ませて中をしっかりと吹いてください。

拭き終わったら、次は乾拭きをします。新聞紙や雑巾に染み込ませた洗剤が残らないよう、しっかりとふき取っておきましょう。ふき取った後は十分に乾燥させるため、扉はあけたままにしておきます。仕上げとしてアルコールを用いた除菌スプレーをかけておくと良いでしょう。

また、湿気対策として長炭を中に入れておく方法もおすすめです。そのほか、ホームセンターやインターネットで検索すれば、湿気を取り除くためのシートやグッズが販売されていますので、それらのグッズを用いても良いでしょう。

重曹を使ってカビ予防

こまめにお掃除をする暇がないという方は、重曹を用いる方法もおすすめです。ですがこれは、まずはじめにしっかりとシンク下のお掃除をしてからにして下さい。

重曹を用いてカビを防ぐには、重曹を適当な容器の中に入れ、シンク下に入れておくだけで終了です。重曹には、湿気をとる効果のほか、消臭効果も得られますので、シンク下の臭いが気になるという方の場合でも、重曹はいやな臭いを吸い取ってくれます。

重曹は、月に一度は交換し、を時間のある時にゆっくりと念入りにシンク下のお掃除を行ってください。

シンク下の収納の臭い対策

シンク下は、お湯を使う場合もありますので、湿気がこもりやすい場所です。湿気がこもるとカビや雑菌が発生してしまうため、常に清潔に保たなければいけません。そこで、毎日の習慣としてシンク下のお掃除を心がけておけば、シンク下も清潔に保つことができますし、嫌な臭いがする心配もありません。

それでは、シンク下の収納についてはどうでしょうか。シンク下を清潔に保つための方法についてご紹介しましょう。

天気のいい日は扉をあける

シンク下は湿気がこもりやすい場所ですので、お天気のいい日はシンク下の扉をあけておきましょう。普段扉が閉まっているため、湿気がこもりやすく風を通してあげる必要があります。

お湯を使うことのほか、調理の際に使用したお湯を排水口から流してしまうと、配水管が熱をもち、シンク下が熱くなり結露が発生する場合があります。

そうなると、カビにとっては居心地の良い場所になってしまいますので、それらの湿気を防ぐためにも晴れた日だけでも構いませんので扉をあけっぱなしにしておきましょう。

除湿剤を置いておく

これは時間のない方におすすめです。まず、シンク下をきれいにお掃除した場合に限りますが、掃除した後は除湿剤を中に入れておきましょう。除湿剤はいろいろなものがありますので、用途に合ったタイプの除湿剤を選んでください。

シンク下の湿気を取り除いたり、防ぐためには、除湿剤がおすすめです。除湿剤の中には備長炭や活性炭が配合されたものもありますので、炭の力で除湿ばかりでなく、いやな臭いの招集をしてくれるものもあります。

シンク下は特に湿気の多い場所であり、除湿剤をおくと、すぐに水がたまってしまいます。除湿剤には、水がたまり交換時期がすぐにわかるものもありますので、除湿剤を今まで使ったことがなく、いつ交換したら良いかわからないという方にもおすすめです。

脱臭剤と消臭剤の違いについて

脱臭剤を購入したつもりが間違えて消臭剤を購入してしまったという方や、その逆の方もいらっしゃいます。脱臭剤と消臭剤はともに臭いに対してつかわれるものですが、その違いについてはご存じでしょうか。

脱臭剤は広い室内では利用することができませんが、靴箱やシンク下といった密閉された狭い空間の中で効果を発揮します。消臭剤は脱臭材とは違い広い場所にも利用することができ、リビングやお部屋に臭いを消すために用いられるものです。

ですが、消臭剤は広範囲に効果があるため、狭い場所にも用いることができます。そのため、シンク下に消臭剤を用いても特に問題はありません。

おすすめの消臭剤

シンク下の除湿剤にも用いられる備長炭や活性炭は、消臭剤にも用いられています。これは、粉末状に加工された瓶調剤や活性炭を使った消臭剤になります。

特に油の臭いやカビの臭い、生ごみといったものにその力を発揮します。シンク下に収納した食器や、調理器具に臭いが移ってしまってもいけませんので、このような備長炭や活性炭を用いた消臭剤もおすすめです。

消臭剤や脱臭剤は手作りでも作ることができます。わざわざお店に買いに行くのがはめんどくさい、または自宅にあるものを利用して消臭剤や脱臭剤を作れるのであれば、そちらを利用したいという方はぜひお手製の消臭剤や脱臭剤をつくってみましょう。

シンクの下の変な臭い…

これを置いてからすぐになくなりました!!
びっくり!

悩んでる人はこれ置けばいいと思いますよ、本当に。
効果覿面!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJ45CRANFG4LT/ |

コーヒーを使った消臭剤

コーヒーの豆には嫌な臭いを吸収する作用があります。コーヒー豆で入れた後の残りカスを紙の上に敷き、乾燥させた後で、さらに電子レンジで水分を抜き、それをお茶のパックやガーゼ、布でくるみます。

コーヒーカスがこぼれないよう、ひもや輪ゴムを使って結わえ、臭いの気になる部分に置いておきましょう。また、コードの出し殻を瓶やプラスチックの容器に入れたものに、ガーゼでふたをしてそ、れをおいても構いません。

茶殻を用いた消臭剤

コーヒーの残りカスと同じく、茶殻もまた消臭効果の高いものです。お茶にはカテキンが含まれており、抗菌や消臭作用が期待できます。お茶を入れた後の茶殻を、コーヒーの残りカスと同じ方法で乾燥させ、ガーゼでふたをして臭いの気になるところに置いておきましょう。

食パンを用いた消臭剤

食パンを利用すれば消臭剤になるということをご存じでしょうか。食パンを焼き過ぎてしまうと、隅のように黒く焦げてしまいますが、この込めた食パンを適当な大きさにちぎり、プラスチックやガラスの容器に入れた後ガーゼでふたをして臭いの気になるシンク下といった場所に置いておけば、消臭効果が期待できます。賞味期限が切れているものや、間違えて焦がしてしまった食パンは、消臭剤として利用しても良いでしょう。

カビを防いで快適なキッチンに

キッチンのシンク下の臭いの対策方法・業者の選び方|賃貸

シンク下は湿気がこもりやすく、カビの発生しやすい場所です。そのため、カビを繁殖させないためにもカビを防ぐ方法や、カビを除去する方法について覚えておきましょう。

シンク下には、食器や調理器具を収納している方も多くいらっしゃいます。食器や調理器具は、食べ物が直接触れる道具でもありますので、カビや雑菌が触れないよう気をつけておく必要があります。

また、お掃除をしてもシンク下の臭いがとれないという方の場合には、消臭剤を利用しても良いでしょう。消臭剤はお手製でも作ることができますので、ご自宅に余った材料を使い消臭剤を作ってみるのも良いでしょう。

Related