Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

エアコンクリーニングの頻度・地域ごとの価格相場・おすすめの業者

エアコンは使用していると、内部やフィルターにカビやホコリが溜まるため一定の頻度でエアコンクリーニングを行いましょう。エアコン本体の清掃は、エアコンクリーニング業者に依頼すると良いでしょう。地域の相場や価格設定を確認して、満足のいく業者を選びましょう。

エアコンクリーニングの頻度・地域ごとの価格相場・おすすめの業者

エアコンクリーニング

主に夏と冬に大活躍する家のエアコンですが、最近カビ臭くないですか。カビの臭いを感じたらそろそろお掃除の時期でしょう。エアコンクリーニングを行いましょう。しかし、エアコンクリーニングといっても、本格的にやったことのある方は多くないでしょう。

エアコンにカビやホコリが溜まると、エアコンから大量にカビが輩出されそれを吸引することで、肺疾患や喘息などの原因になる可能性があるので注意しましょう。また、カビやホコリがエアコンフィルターや内部にたまると、エアコンの効率が悪くなりより多くの電気を消費するようになるため電気代がかかります。

また、カビやホコリが溜まることにより、エアコンの作動音が大きくなることもデメリットの一つになります。このようにエアコンの掃除をさぼることにより、多くのデメリットが発生してしまうので、エアコンはできれば定期的にお掃除をするように心がけましょう。では、どのようにエアコンクリーニングを行えば良いかを解説していきます。

エアコンフィルターの掃除

エアコンのフィルターは、空気中のホコリなどをキャッチする役目があります。そのため、長期間エアコンを使用していると、フィルターにホコリがたまってしまいます。ホコリが溜まるとエアコンの空気を吸引する効率が悪くなってしまい、その分電気代が高くついてしまうので要注意です。

最近の最新型のエアコンは、エアコンクリーニング機能がついていたりします。これは、エアコンフィルターの掃除をエアコンが自動で行ってくれる機能でありがたいのですが、あくまでフィルターの掃除であるため、エアコン本体の掃除は自分で行う必要があるので注意してください。

エアコンのフィルターを掃除する場合、まずは取り扱い説明書をよく読みエアコン本体の表示に従ってフィルターを取り外し、掃除機でホコリを吸引若しくはフィルターを水洗いするなどして掃除しましょう。

水洗いした場合は、濡れたままだとカビを発生させる原因になりますので、しっかり乾かしてからエアコンに装着しましょう。また、エアコンのフィルターは小さいパーツまで取り外すようになっているので、取り付けるまで無くさないように気をつけましょう。

エアコン本体の掃除

エアコン本体とは、室内のエアコン本体と外部の室外機のお掃除のことになります。エアコンは夏場に空気を冷却するため、空気を冷やすアルミのジャバラの部分(フィン)に結露ができ、その結露がフィンに残ることでカビが発生します。

カビが発生するとやはり、冷却効率が下がるために電気を無駄に消費しやすくなります。また、エアコンからカビの嫌なにおいが発生する原因になります。

フィンの部分は、洗浄剤などを噴霧してフィンの奥まで洗浄剤を浸透させ、洗い流すことでクリーニングを行います。個人で行えるように養生キットや洗浄グッズが販売されていますが、エアコンの故障リスクがあるので、できれば業者に依頼することをお薦めします。

また、忘れてならないのが室外機ですが、これは分解洗浄することはできず、高圧洗浄機でクリーニングを行うことになります。高圧洗浄機も自宅でお持ちでない方が多いので、これもプロのエアコンクリーニング業者に依頼した方が良いでしょう。

エアコンクリーニングおすすめの頻度

気になるエアコンクリーニングの頻度ですが、どのくらいの頻度で行えば良いのでしょうか。こまめにクリーニングを行えるのであればそれに越したことはないのですが、掃除が面倒なエアコン本体やフィルターのお掃除は、できればあまり実施したくないでしょう。

エアコンの使用度合いによって掃除の頻度は変わりますが、あくまで一般的な使用条件において、どの程度の頻度でエアコンクリーニングを行えば良いか目安があります。エアコンクリーニングの目安は、エアコンフィルターかエアコン本体のクリーニングかで違うのでそれぞれについて見ていきましょう。

エアコンフィルターのクリーニング頻度

エアコンのフィルターの掃除は、エアコンの使用期間中に2週間に1回行うのが目安です。春や秋などエアコンを全く使わないのであれば、その時期はクリーニングを行わなくて大丈夫です。

クリーニング頻度はあくまで目安なので、2週間に1回の頻度でお掃除ができない方は、1カ月または2カ月に1回などの頻度で行っても良いでしょう。大切なのは、エアコンクリーニングを放置せずに定期的にお掃除を行うことです。

普段のお掃除のついてでにエアコンフィルターのお掃除をしましょう。最近のエアコンは、掃除がしやすいようにフィルターが取り外しやすくなっていますので、簡単にお掃除をすることができます。なお、お掃除機能付きエアコンの場合は、フィルター掃除の必要がありませんのでクリーニングは行わなくて大丈夫です。

エアコン本体のクリーニング頻度

本体のエアコンクリーニングの頻度は、年1回を目安に実施しましょう。エアコンクリーニングは普段行わないですし汚れていることを忘れてしまうので、1年に1回クリーニングの時期を決めておくと忘れにくいのでお勧めです。

エアコンをよく使う夏前か使い終わった夏を過ぎた頃、つまり春か秋に行うのが理想的です。また、この頃になるとエアコンクリーニング業者が比較的落ち着いてくるので、予約を入れやすくなるのでお薦めです。

また、エアコンクリーニング用のスプレーやエアコンクリーニンググッズが、インターネットなどで販売されており、やろうと思えば業者に依頼せずに個人で自力でエアコンクリーニングを行うことも可能です。しかし、個人でエアコンクリーニングを行うとエアコンの故障のもとになりますので十分ご注意下さい。

また、エアコンクリーニングが中途半端になり、かえってカビが発生しやすい状況になることも多いので注意しましょう。多少お金はかかりますが、年1回なのでエアコンクリーニング業者にクリーニングを依頼することをお薦めします。

どうしても個人で行いたい場合は、まずエアコンクリーニング業者のクリーニング手順を見てから、自分でクリーニングできるのか検討してみるようにするのが良いでしょう。

エアコンクリーニング業者ごとの価格相場

エアコンクリーニング業者には、ダスキンや大手家電量販店のような大手業者をはじめ個人で請け負っている業者もあります。大手の場合は、1台当たり1万円前後で台数が増えるごとに単価が下がっていきます。例えば2台目は8,000円、3台目は6,000円などのように価格設定されています。

個人請負の場合、大手に比べると料金設定は安く1台5000円程度で行っている業者もあります。ただし、安い業者はどの程度のサービスを行っているのか、追加料金が発生するような設定になっていないかをインターネットの口コミなどを利用して事前に調べておくことをお薦めします。

なお、最新型のお掃除機能付きエアコンは構造が複雑であるため、追加料金が発生する可能性がありますので注意しましょう。また、業者によっては最悪対応できないケースもありますので業者選定は慎重に行いましょう。

エアコンクリーニング地域ごとの価格相場

エアコンクリーニング業者には若干地域ごとの価格相場に違いがあります。エアコン業者が多い都会では、業者毎の価格競争が発生するため相場が安くなる傾向にあります。一方地方の場合は、エアコンクリーニング業者が少ないため価格が高くなる傾向にあります。また、地方の場合は移動距離が長いため、出張費用が追加で発生することもあるので注意しましょう。

業者を選ぶ際は、エアコンクリーニングの基本料金とオプション料金を確認しましょう。料金に差があっても、他の業者ではオプションに含まれるものを基本料金に含めているため、その分高い価格設定になっている業者もあります。

基本料金だけ見て、単純比較をすることは避けましょう。また、エアコンクリーニングは分解清浄を行うため、エアコンの故障リスクを伴います。業者がエアコンが故障してしまった場合の保険に加入しているかどうかも重要なポイントになります。

また、小さなお子様のいる家庭では、エアコンクリーニング業者が使用している洗浄剤の成分が気になるところです。業者によっては、洗浄剤やコーディング剤に天然成分の使用に拘っている業者もありますので、そのような業者を選択しても良いでしょう。

東京

東京都内での相場としては、1台5,000円~12,000円程度がおおよその相場です。評価の高いエアコンクリーニング業者の相場は、8,000円~10,000円の価格帯が多いです。

低価格のエアコンクリーニング業者では、抗菌・防カビコートやドレンパンのクリーニング費用がオプションとなっていたり、逆に12,000円前後の業者ではそのようなオプションを含んだ料金であったりします。エアコンクリーニングにどこまでのオプションが必要なのか、事前に決めてから業者を決定するようにすることをお薦めします。

オプション費用の相場としては、お掃除機能付きエアコンの場合、1台当たりプラス7,000円~8,500円、除菌・消臭コートが1,000円~2,000円、ドレンパン脱着洗浄が2,500円~4,000円程度と考えて良いでしょう。

なお、ドレンパンはエアコンから取り外せてクリーニングできるタイプとできないタイプがあります。パナソニック(ナショナル)・日立・三菱・コロナ・シャープ(シャープは外せない機種も有り)などのメーカーのみドレンパンの脱着ができますが、ダイキン・富士通・東芝などのメーカーは構造上脱着ができず、クリーニングが出来ないので事前にメーカーを調べておきましょう。

また、1台エアコンが増えるごとに、5%OFF程度に値下げする業者もありますが、値下げを行っていない業者もあります。クリーニング対象のエアコンが多い場合は、値下げサービスを行っている業者を中心に候補を選んでも良いでしょう。

大阪

大阪府のエアコンクリーニングの相場ですが、概ね1台当たり5,500円~12,000円前後であり、オプション料金に関しても東京とほぼ同じです。商売上手な大阪人のイメージがありますが、エアコンクリーニングに関しては大きな特徴は無いようです。

福岡

福岡県のエアコンクリーニングの相場は、5,000円~12,000円前後と東京都ほぼ同じですが、評価の高い業者の価格帯は7,000円~9,000円であり、東京や大阪より若干安い感があります。オプション料金に関して、東京や大阪とあまり差は認められませんが、1台追加毎の料金設定はリーズナブルな設定を行っている業者が多いです。

3台目は6%OFF、5台目以降は15%OFFなどのように東京、大阪ではあまり見られない価格設定にしている業者も見受けられます。エアコン台数が多いご家庭はお得です。

名古屋

名古屋のエアコンクリーニングの相場は、6,000円~11,000円前後であり、最低価格は高めですが、最高価格も東京や大阪に比べ低めであり、価格のバラツキが東京、大阪、福岡よりも小さい傾向にあります。その他オプション料金等については大きな差は認めません。

横浜

横浜のエアコンクリーニングの相場は、6,000円~13,000円前後です。最低価格は、名古屋と同じように若干高めで最高価格も高い傾向にありますが、評判の良い業者の価格帯は東京や大阪とあまり変わりません。

熊本

熊本県のエアコンクリーニングの相場は、5,000円~12,000円前後であり、東京や大阪と比べ若干低めの傾向にあります。また、福岡と同じく業者によってエアコン3台目以降から、1台当たり10~15%OFFとリーズナブルな価格設定にしている業者も多いです。

埼玉

埼玉のエアコンクリーニングの相場は、5,500円~12,000円前後であり、他の地域と大きな差は無いです。オプション料金その他についても大きな特徴はありません。

評判の高いエアコンクリーニング業者

エアコンクリーニングの頻度・地域ごとの価格相場・おすすめの業者

エアコンクリーニング業者は、個人で請け負ってやっている業者もあり、中にはプロといえない業者もあります。エアコンの内部は分かりづらいので、手を抜いて掃除を行ったり、エアコンパーツを一部破損してしまう業者もあるので注意が必要です。依頼する前には口コミなどで業者の評価を必ずチェックしましょう。

様々な業者が存在しますが、中でもダスキンのような大手は仕事のクォリティーに一定の評価があります。派遣されてくる作業員に若干の当たりはずれはあるのですが、やはり大手だけあって、作業員の教育がしっかりしており、プロの仕事と評価して良いでしょう。

価格は、1台目が12,000円と少し高めですが、2台セットで20,000円、3台目以降は1台当たり10,000円となっており、台数が多くなるほどお得になる設定になっています。

今回はエアコンクリーニングと業者について紹介させて頂きました

いかがでしたでしょうか。エアコンクリーニングはフィルター清掃以外に関しては、1年に1回を目安にプロの業者に依頼することをお薦めします。業者の選び方は、価格以外にオプションや評判を参考に選ぶと良いでしょう。また、お住いの地域によって業者の相場や価格設定が若干異なりますので、自分にのってより費用対効果の高い業者を選びましょう。

Related