Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

一人暮らしの部屋探しの仕方とコツ|広さ・大きさはどれくらい?

春になると引越しシーズンの到来です!これから一人暮らしをすると言う人も多いのではないでしょうか?そこで一人暮らし部屋を探すにはどのようにすればいいのか、そして部屋のインテリアやレイアウトなどを考える必要があります。インテリアのレイアウトが初めての人はご参考に!

一人暮らしの部屋探しの仕方とコツ|広さ・大きさはどれくらい?

一人暮らしの部屋探しのコツは?

家賃と敷金・礼金を確認

これから一人暮らしをするにあたり部屋探しはとても重要なことです。部屋探しをする際にどうしても気になる家賃や初期費用はどのくらいかかるのか…と心配されることがありますよね。もしも学生で一人暮らしをするならば親に家賃や部屋を借りる際の初期費用は出してもらえるでしょうが、社会人で今住んでる部屋から引っ越したいと言う人はご自身のお金で引越しをしなければなりませんよね。そこで家賃相場や敷金と礼金などについて調べてみました。

よく耳にするのが家賃は収入の1/3と言われますが、生活費や食費、その他衣類や交際費など何かとお金がかかってくるので収入の1/3の家賃では正直高いかもしれません。しかしそれは収入次第でも変わってきますが、20代〜30代の平均月収は約20万〜25万円ほどでしょう。もちろんそれ以下の月収の場合もありますよね。そこでより安い家賃の部屋を探すことが大切です。

敷金や礼金は家賃分取られることが多く、さらに引越し業者に依頼するにもお金がかかるため、引越しの初期費用は相当な額が必要になってきます。そのため貯金はまずしておかなければなりませんね。趣味などにお金を使っている方は極力そのお金を貯金に回して引越しの初期費用代へ回すことが先決です。

初期費用を抑えるには

どうしても初期費用は大きな出費になってしまいますよね。そこで少しでも初期費用を抑えたいと言う人はまず、敷金・礼金0円の部屋を見つけることで初期費用は抑えることが出来ます。しかし敷金は将来引っ越すときに部屋のクリーニング代などとして後々お金がかかって来てしまうため、場合によってはそのクリーニング代が敷金より高くかかってしまうこともあるので敷金0円の場合は部屋をより綺麗に保つことが重要になってきます。

引越し業者の選択も初期費用にかなり影響します。より安い引越し業者を選ぶことで、引越しの際の初期費用は少しでも押さえられるでしょう。最近では格安の引越し業者も増えており、夜間の引越しをする業者も増えているため、そう言った業者を見つけてみてはいかがでしょうか?しかし、夜間の引越しには引っ越し先のお隣さんに足音などで迷惑がかかってしまう場合があるので注意が必要です。ですが、夜間の引越し業者の作業は実はとても静かに者を運んでくれるため意外と音の心配はなさそうです。

一人暮らしの部屋の広さは?

何畳の部屋に住むかで一人暮らしの生活は変わる

一人暮らし用の部屋でまず気にしたいのが部屋の広さですよね。現在も一人暮らしをしていると言う人はまず自分の部屋の広さに対して、同じ部屋の広さで良いのか、もっと広い部屋に住んだ方が良いのか…と家賃の兼ね合いもあり悩むところですよね。しかしやっぱり一人暮らしをする上で広い方が住み心地も良いと言う人はとても多いはず。少しでも広い部屋に住み、なおかつ家賃を抑えたいと言う人はまず暮らす場所を決めることです。その土地に地域や土地によって、また部屋の広さや環境によって家賃の値段はかなり変わってきます。

例えば東京23区内に住むとしたら東京の郊外よりも2倍近く家賃が上がる可能性があります。しかし23区外であれば家賃はその分抑えることが出来るので、都内からあまり遠くなく、家賃が安い地域を見つけることが大切です。一人暮らしをする上でやっぱり家賃は収入に対してかなり大きな出費になりますし、さらに光熱費や食費なども考えなければなりません。そのため収入に対して家賃は1/3以下に抑えることが大切です。

部屋の広さはやっぱり最低でも6畳は欲しいですよね。4畳半の部屋だと一人暮らしであれ、部屋の家具やベッドでかなりスペースを取られてしまうため少なくとも6畳以上の部屋に住むことがオススメです。

一人暮らしで出費をなるべく抑える

どうしても一人暮らしをしていると、誰かに干渉されることなく自由気ままに暮らすことが出来るため、趣味にお金を使ったり、食事を外食やコンビニ弁当で済ませてしまう人は多いかと思います。そのため貯金はおろか、生活費などにも影響してきますよね。なので極力生活費を浮かせるためには自炊をしたり趣味に使うお金を極力貯金に回すなどの工夫や我慢などが必要です。これから引越しを考えている人は引越し代やその初期費用を貯めるために貯金をすることが大事。

自炊が出来ないと言う人は出来ればお米だけは買っておいて、ご飯を自分で炊いておかずは簡単な物でも作れるようになるか、それも無理ならば惣菜だけをスーパーやコンビニで買いましょう。自分でご飯を炊いておかずだけ買うと言うだけでも出費は大分押さえられるかもしれません。

一人暮らし部屋の間取り

部屋の間取りを確認

一人暮らしの部屋の間取りを決める際には、家具や家電やベッドなどの配置決めが必要になってきます。しかし部屋の間取りが自分の部屋に合わなければレイアウトがしにくいかもしれません。最悪家具や家電やベッドだけでスペースが取られてインテリアに拘ることが出来なくなるかもしれません。そこで現在住んでいる部屋の間取りと似た間取りを選ぶか、もっと最適な間取りの部屋を見つけることが先決ですね。

部屋のインテリアは一人暮らしをより充実させるものとなるため家具や家電以外のインテリアも部屋のレイアウトをしっかり考えて、より綺麗で住み心地の良い一人暮らし部屋を実現させましょう。そして仕事疲れを癒す空間演出もとても大切なので、ソファーやクッションなどのアイテムも充実させると癒しの空間も生まれるでしょう。自分なりに落ち着きそうな間取りをしっかり見つけることが重要になってきます。

より広い部屋でより良い一人暮らしを

より広い部屋を探すとなると安い家賃でも、どうしても駅から遠かったりスーパーやコンビニなどが遠かったり不便な場合があります。しかし物件を細かく探すことによって、広くて環境の良い物件が見つかることもあります。やっぱり駅から近くてスーパーやコンビニが近いと何かと便利ですし、いざ体調不良となった時に近くに病院があると便利ですね。一人暮らしとなると看病してくれる人がいないので、病院が近くにあることはとても重要かもしれません。

一人暮らしの間取りなら基本的に1Kで十分かもしれませんが、中には趣味用の部屋や食事用の部屋など、部屋を使い分けたいと言う人もいるでしょう。そう言った場合2Kなどの部屋が必要になってきます。しかし2Kの間取りになると家賃はもっと高くなってしまうので、安い家賃の2Kの間取りを探すのはかなり困難になってきます。

そこで広い1Kの間取りの部屋を見つけて、仕切り用のシェルフや突っ張り棒のパーテーションで仕切りを利用することでより安く部屋の使い分けをすることが出来るようになるでしょう。そこでオススメグッズを紹介したいと思います!

部屋の仕切りにオススメのパーテーション3選!

1:狭い一人暮らし部屋でも仕切りが出来る突っ張り棒パーテーション

突っ張り棒で部屋の仕切りをするためのマガジンラックです。何個か利用することでより部屋の仕切りっぽさを演出することが出来ます。それに雑誌やCDなどを飾ることによってインテリアにもなりますし、お気に入りの本などをすぐに取り出すことが出来るのでとても使い勝手が良いアイテムなのではないでしょうか?

2:ハンガーラック付きパーテーション

幅が90cmもあるパーテーションなので少しでも広い仕切りが欲しいときに便利なアイテムですね!さらにハンガーラック付きなので上着やシャツをハンギングすることが出来るため、仕切りだけでなく収納アイテムとしても役に立ちます。一人暮らしの部屋にとてもオススメのパーテーションですね。

3:部屋の仕切りに圧迫感を与えないパーテーション

網目の仕切りならば一人暮らしの狭い部屋でもあまり圧迫感を与えずに、部屋の仕切りをすることが出来ます。さらにフックが6つ付いているのでバッグをかけたり上着をかけたりと色々と便利ですね!収納にも困らず、部屋自体をスッキリとさせることが出来るのでオススメです。さらにフックを100円ショップなどで買ってきて増やすことでより便利なアイテムとなるのではないでしょうか?

部屋に仕切りを付けることで空間を作る

パーテーションを利用した間取り

パーテーション3選はいかがでしたか?最近では突っ張り棒を使ったパーテーションが増えているので、ベッド前に立てかけてのんびりと眠れるスペースの確保や趣味をするためのスペースの確保などと様々な使い方が出来ます。さらに収納的にも便利なアイテムが多いので是非利用してみてくださいね!そして一人暮らしの部屋でくつろげる空間演出をしてみてはいかがでしょうか?

パーテーションに限らず

先ほどまでは突っ張り棒を利用したパーテーションを紹介してきましたが、少し安っぽいと感じてしまう人も中にはいるかもしれません。そこで部屋の仕切りにパーテーション以外でどのように仕切りをすることが出来るのでしょうか。
実はオープンシェルフなどの収納家具で低い仕切りを作ることも出来ます。オープンシェルフとはつまり棚のことですが、最近では奥に壁がないシャルフもとても増えているためそれらを利用することで表裏関係なく使うことが出来て、本や写真立てなどで前から見ても後ろから見てもオシャレに一人暮らし部屋に仕切りをすることが出来ます。

部屋の仕切りにオススメのオープンシェルフ3選!

1:大型シェルフで部屋の仕切り

このようなシェルフを使用することで前から見ても後ろから見ても使い方次第ではオシャレな空間演出をすることが出来ます。16個の棚を利用して時計を置いたり本を置いたり様々な利用方法があるのでかなりオススメです。しかし狭い部屋にはちょっとサイズが大きいため、一人暮らしの部屋に圧迫感を与えてしまう可能性が大きいので、出来れば広い部屋で使用しましょう。

2:オシャレなアシンメトリースタイル

こちらのシェルフは同じシェルフをいくつか利用することでかなりオシャレなシェルフとなり、モダンな部屋にすることが出来るでしょう。縦にしても横にしても利用出来るので組み合わせ次第では部屋の仕切りとしてユニークな一人暮らし部屋になるでしょう。きっと小物や本やCDなどが多い人にはとてもピッタリなアイテムかと思います。

3:ユニークなオープンシェルフ

一人暮らし部屋の仕切りとしては値段は高過ぎますが、こう言ったユニークなシェルフもあります。どの角度から見ても置くもの次第ではかなりオシャレ度が高いですし、上方へ行くにつれて小さくなっていくこのスタイルは北欧風ですよね!しかしあくまで一人暮らし部屋に使用することを目的なので、それにしては値段が高いですけど、個性派の部屋ならこう言ったアイテムはハイセンスですね!

インテリア次第で一人暮らしの充実度は変わる

一人暮らし部屋の雰囲気を変えるインテリア

インテリアと言っても、インテリアには色々な物があります。例えばテーブルや椅子、ラグやソファーなど様々なものを指しますが、こう言ったインテリアに拘ることで一人暮らしの部屋の雰囲気はかなり変わってきます。まだ部屋の雰囲気が決まらないと言う人も多いかもしれません。そう言った時にどんな部屋なら心地良いのかを考えることがとても大切です。例えば、部屋の雰囲気を北欧風にしたいとか、カフェっぽくしたいなど思い描いている一人暮らしの部屋の様子ってあるのではないでしょうか?それを実現させるには、やっぱりインテリアを拘る必要があると思います。
テーブルにもダイニングテーブルやローテブルがあり、それによって椅子もどんなものを用意するのかが決まってきます。少しでも一人暮らしの生活を充実させるにはインテリアの選び方で大きく変わってくるでしょう。さらにソファーやベッドなどを選ぶ際にも部屋の広さを考えたりすることで、部屋の開放感も変わってきます。そのため部屋の広さに合ったインテリアを選ぶことがかなり重要になってきます。

一人暮らしにテーブルは必要?

人にもよりますが、一人暮らしにテーブルはほとんどの人が必要と思うでしょう。先ほども書いたようにテーブルにはダイニングテーブルとローテーブルがあり、それぞれによって部屋の印象や圧迫感などが変わってきます。ダイニングテーブルになると、狭い部屋に置くとなるとかなり圧迫感を与えてしまう可能性があるので、狭い部屋に住むならばローテーブルがオススメです。
しかしダイニングテーブルにもサイズは様々なので必ずしもローテーブルじゃなければならないと言うことはありません。小さなダイニングテーブルならば狭い部屋でも置けますから、まずは部屋の雰囲気やテーブルの大きさを考えることから始めましょう。

ソファーは置ける?

一人暮らしをしていく上で、やっぱりくつろげる空間って欲しいですよね。くつろげる空間と言ってもベッドで十分と言う人もいますし、ソファーでくつろぎたいと言う人もいます。テレビを置く位置やどんなテーブルを使用するかによってソファーの使い勝手は大きく左右します。ソファーも1人掛け用や1.5人掛け用や2人掛け用などサイズも様々なので部屋の広さに合ったソファーを選ぶと良いでしょう。オススメのソファーの使いかたとしてはローテーブルにソファーの組み合わせですね。ローテーブルと組み合わせることでテーブルの上のテレビのリモコンや雑誌などのアイテムを簡単に取ることも出来ますし、テレビを見ながらくつろぐことも出来ます。

ベッドの配置を考えたレイアウト

ベッドの大きさは?

ベッドにはシングル・セミダブル・ダブルなどの色々なサイズがありますが、一人暮らしと考えると多くの人がシングルベッドを選ぶでしょう。しかし一人暮らしでももっとゆったりとしたベッドが欲しいと言う人も中にはいて、セミダブルやダブルベッドを選ぶ人もいるかもしれません。しかし部屋が広ければダブルベッドを置くことも可能ですが、それほど広い部屋を借りることって難しいですよね。そのため一人暮らしにはシングルかセミダブルベッドが丁度良いでしょう。さらに収納のことまで考えているならば、ベッドの下に収納ボックスを仕舞える高さのベッドか、もしくは収納付きベッドを利用すると良いかと思います。

ベッドを置く位置は?

ベッドは基本的に壁際や窓際に置きたいところですが、もし一人暮らしの際にベランダ以外の窓がなければやはり壁際に置くしかありませんね。部屋のレイアウトによってもベッドを置く位置は変わってくるでしょう。縦長の部屋や横長の部屋など、部屋の形は様々なのでその部屋の形に合わせてベッドを置くようにしましょう。もし横長の部屋ならば部屋の隅に縦にベッドを置くことで、少し空間は広くなるかと思います。しかし縦長の部屋の場合はやはり縦にしかベッドを置けません。もしベランダに出る際にベッドを乗り越えても良いと言う場合は窓際にベッドを横にしても良いかもしれません。やっぱりベッドは窓際に置くと、朝起きた時に気持ちが良いものですからね。

一人暮らしの味方!ロフトベッド

それにしても一人暮らしでベッドをことによって部屋の幅を大きく取ってしまうため、他のインテリアを置くスペースがなくなってしまうことがよくありますよね。そこでより省スペースにベッドを置くにはロフトベッドがオススメです!ロフトベッドは背が高く、ベッドの下を収納スペースやデスクを置くスペースにもなるため、もし狭い部屋でベッドがスペースを取ってもっと狭くなってしまう…と言う人はロフトベッドを購入すると良いでしょう。

これから引越しや一人暮らしをする大切なコツ

少しでも安く引っ越すなら?

すでに一人暮らしをしている人や、もう引っ越したと言う人にとってはもう遅いかもしれませんが、春は引越しシーズン真っ只中なので引越し業者もかなり混み合っており、引越しにかかる料金も少し高くなってしまいます。では引越しをするのに少しでも安く済ませるにはいつ頃が良いのでしょうか。
実は9月〜12月までが比較的引越しする人が少ないため、その分引越し業者の料金もおのずと下がってくるようです。もしもこれから引越しや一人暮らしを考えている人は少しでも引っ越しの料金を抑えるためにも夏が過ぎてからの方が良さそうですね。

実は家賃が安くなる時期もある!

引越しの料金よりも年間でかかる家賃を抑えたいと言う人もきっと多いかもしれません。実は同じ部屋でも年間を通して安くなる時期があるみたいです。それが6月〜8月だそうです。その理由は賃貸住宅の空きが多くなる時期が6月頃からと言うところが多いらしく、その分家賃を下げたり敷金礼金を下げられる場合があるのです。大家さんや不動産屋さんにとっては空き部屋は少しでも減らしたいので、家賃を安くすると言った手段に出るんでしょうね。家賃は年間通して払うものなので、引越し料金を抑えるよりも家賃を抑える方が大切かもしれません。

テーブルやソファーのレイアウト

テーブルとソファーを両方起きたい場合はやはりダイニングテーブルではなく、ローテーブルを使用しましょう。そしてソファーはローテーブル用にすることでより統一感のある部屋になり、さらにくつろぎのスペースを作りだすことが出来ます。ソファーやテーブルも他のインテリアと同じように部屋の雰囲気を大きく変えてしまうアイテムなので、より充実した一人暮らしを実現させるには、テーブルやソファーなどのアイテムも周りのインテリアに揃えることが大切です。しかしソファーはちょっと明るく差し色になるようなアイテムで、部屋にインパクトを与えるのも良いですね!
テーブルもどうしてもスペースを取ってしまう家具のひとつなので、テーブルを使う時と使わない時があるのであれば、折りたたみテーブルの購入がオススメです。折りたたみテーブルにすることによってソファーの下やベッドの下などの隙間スペースに折りたたんだテーブルを収納することが出来ます。テーブルはとても重要なアイテムなので邪魔になることがあるのであれば、折りたたみ式のテーブルはかなり便利で省スペース化にも役立てます!

部屋の広さに合わせてインテリアのレイアウト

一人暮らしや引越しをする際に、今自分が住んでいる部屋とこれから住むことになる部屋は全く同じ形や広さになることなどはほとんどありません。そのため一人暮らしの部屋にピッタリな家具や家電を選ぶことで圧迫感のない部屋にすることが出来るでしょう。
しかしどうしてもベッドは大きな幅を取ってしまいます。そう言う時には収納付きベッドや折りたたみ可能なパイプベッドなどもあるので、掃除をするや部屋を少しでも広くしたい時にはベッドを折りたためば部屋も広くなりますし、掃除をするのも楽になります。さらにより部屋のスペースを確保するためにはロフトベッドはかなり省スペースなベッドなので、狭い部屋でもベッドの下を収納スペースにしたり、ベッドの下をパソコンデスクや作業台として使うことが出来るので、ロフトベッドは一人暮らしの大きな味方になってくれるのではないでしょうか。

仕切りを作って部屋にメリハリを付ける

どうしても一人暮らしの部屋となるとワンルームになることが多いですよね。そこで仕切りを利用して部屋に間切を作ることで部屋にメリハリを付けることが出来ます。ベッドの所に仕切りを加えることで安心してくつろいで眠ることが出来ますし、キッチンに仕切りを付けることで生活感を下げることも出来ます。最近では突っ張り棒でパーテーションを加えることも出来るのでかなりお手軽に仕切りを作ることが出来るようになりました。それに突っ張り棒パーテーションに収納機能が付いていることも多いので、洋服やバッグなどを掛けるなどをすることが出来て大変便利です!

他にもオープンシェルフを利用して部屋に仕切りを作ると言う方法もあります。しかしオープンシェルフは広い部屋で使用することをオススメします。オープンシェルフは少しスペースを取ってしまい逆に部屋に圧迫感を与えてしまう可能性が高いのです。けれどもインテリアを飾るアイテムとしてはかなり有効的に利用することが出来ます。

部屋に仕切りを作りくつろぎスペースや趣味のスペースなどの確保をすることで、より一人暮らしが充実し、楽しいものになることでしょうし、いずれ恋人が出来て同棲することになってもワンルームで仕切りを作ることで程よい距離感を作りだすことも出来ます。そう言った意味ではパーテーションなどの部屋の仕切りはとても重要になってくるのではないでしょうか。

Related