Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

様々な油汚れの対処法|衣類の油汚れや台所の油汚れの除去法

この記事では、衣類や台所の油汚れの落とし方について、方法・場所別の対処方法をご紹介します。ポイントは、「つけ置き」「中和させる」「温度を上げる」ことです。家の中の油汚れを落として、心身ともにスッキリ過ごせるようにしましょう。

様々な油汚れの対処法|衣類の油汚れや台所の油汚れの除去法

スマホ一つで洋服を楽々クリーニング!

Wash Close

洋服をクリーニングに出したいけれど、クリーニング店に行くのが面倒・・・。
そんな方におすすめなのが「Wash Closet」

Wash ClosetはスマホやPCからクリーニングの申し込みをして、あとは取りに来るのを待つだけ。
クリーニングが完了した洋服は家に届けてもらうことができるので、わざわざお店に足を運ぶ必要はナシ!

しかも、最大7ヶ月間無料で保管してくれるので、変色・害虫・カビなどの様々なダメージから洋服を守ることもできます!

PC・スマホから簡単申し込み

衣類や台所の油汚れは手強い?

衣替えや年末の大掃除で苦労した経験がある方も多いと思いますが、油汚れの掃除は特に手強いと感じるのではないでしょうか?頑固にこびりついた油汚れの掃除は、根気強く対処しなければなりません。

しかし、油汚れの落とし方の基本を抑えることで、キレイな状態を保つことができます。この記事では、日常の中で簡単に実践できる油汚れを落とすポイントをご紹介します。

衣類の油汚れの落とし方は?

ちょっとした不注意で食べ物を衣類にこぼしたりしてしまうことがあります。衣類の油汚れはどのように落とすのでしょうか?ポイントは、「すぐに」「中和させて落とす」「温度を上げる」ことです。ポイントをおさえて、衣類の油汚れの落とし方について、対処法別にご紹介します。

①洗剤

衣類の油汚れを落とすには、前処理として台所用洗剤を揉み込んでおくことが有効です。油汚れは、時間が経過するほど繊維の奥まで染み込んでしまうので、汚れたらすぐに対処することが大切です。汚れが付いてしまった箇所に台所用洗剤を適量揉み込み、その後衣類用洗剤で洗濯をすると油汚れがキレイに取れます。

注意点としては、機械油などを除くマヨネーズなどの油汚れは酸性なので、反対の弱アルカリ性洗剤で中和することです。おしゃれ着洗いの中性洗剤を使わないようにしましょう。また、機械油などの場合は、作業着用の洗剤がありますので、そちらを使うと良いでしょう。

②クエン酸

衣類の油汚れを落とす時には「クエン酸」は適していません。油汚れは中和させて落とすことが基本ですが、クエン酸は酸性のため、酸性の衣類の油汚れよりアルカリ性の汚れに強いからです。石けんカスの汚れや、水垢、タバコの臭いや汚れなどに対してクエン酸を使うと効果的です。

③重曹

クエン酸とは反対に、重曹はアルカリ性のため、酸性の油汚れに効果的です。1/2〜1カップの重曹を洗剤より先に入れ、通常の7割程度の洗剤を使用していつものように洗濯をします。重曹は溶けにくいため、30℃から40℃程度のぬるま湯で洗濯することがポイントです。

また、ワイシャツの襟袖などの落ちにくい油汚れの箇所には、重曹ペーストがオススメです。重曹大さじ3に対して水大さじ1を入れ、重曹ペーストを作ります。油汚れの部分にたっぷりと乗せて30分ほど時間をおいた後、歯ブラシなどでペーストを落としてから洗濯機で普通に洗濯をします。専用洗剤を買わなくても油汚れが落ちる方法です。

④ セスキ水

油汚れの洗濯方法として、セスキ炭酸ソーダで行うものがあります。セスキ炭酸ソーダは、アルカリ剤のため、酸性の油汚れや、垢や血液、食品由来のたんぱく質の汚れも落とします。また、水に溶けやすく、すすぎ水も少なくて済むというメリットもあります。

洗い方は、水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ20g程度が目安です。あまり多く入れると洗い上がりがベタつくので、触ってみてほんの少し指先がヌルッと感じる程度で十分です。洗濯物とセスキ炭酸ソーダを洗濯機に入れ、1分程度攪拌します。その後、3時間から一晩つけ置きをしてから洗濯機をまわします。洗い時間は短めの3分程度で十分です。

なお、この方法はつけおきに向かない素材もあるのであらかじめ確認が必要です。

⑤ 酸素系漂白剤

衣類の油汚れを落とすには、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)も有効です。特徴としては、他のアルカリ剤と比べて、油汚れを落とすだけでなく、酸素系漂白剤の持つ活性酸素が汚れを科学的に分解します。そのため、より洗浄力が高く、洗い上がりもさっぱりとします。セスキ水での浸けおきが面倒だったり、より強力な洗浄力が欲しいときにはオススメです。

洗い方は、水30Lに対して過炭酸ナトリウム約30gですが、洗濯物の汚れ具合で調整します。洗濯物を入れた後、お風呂の残り湯などを利用し、40度のお湯と過炭酸ナトリウムを入れて1〜2分攪拌します。その後、20分以上つけおきをしてから、洗い時間1〜2分で洗濯機をまわします。つけおきをしない場合は、洗い時間を15分から20分に設定します。

注意点は、過炭酸ナトリウムは、活性酸素により洗濯槽クリーナーの働きもします。そのため、洗濯槽が汚れた状態で洗濯をすると、洗濯槽の汚れが洗濯物についてしまいます。洗濯槽を掃除してから行うようにしましょう。また、手荒れしやすい人は、アルカリ剤の持つ脱脂作用を防ぐために手袋をすると良いでしょう。

⑥ クリーニング

衣類の洗濯表示を見ると、水洗いができない場合があります。そのような場合は、自宅では油汚れを落とすことができないので、クリーニング店に頼むようにしましょう。ただし、大手チェーンなどのクリーニング店の中には、手間とリスクが掛かり生地を痛めてしまう可能性があることから、十分に処理してくれないこともあります。シミ抜きが得意な個人経営のクリーニング店などは対応してくれる場合もあるので、専門店に相談するようにしましょう。

⑦ 熱湯

頑固な油汚れの場合、熱湯をうまく使うことも効果的です。例えば、厨房で使うコックコートや機械油のついた作業着などのひどい油汚れの場合、熱湯で下洗いをすると汚れが落ちやすくなります。完全には落ちないものもありますが、通常の洗濯と比べて、最大限で油汚れを落とすことができます。

やり方は、まず70〜80℃の熱湯に洗濯用洗剤を溶かし、油汚れのついた洗濯物をつけ込みます。この時、洗濯槽は熱湯に耐用がないため、熱湯に強いバケツなどを使用しましょう。時折り攪拌しながら30分ほどつけ込んだ後、軽くすすぎます。そのまま間を置かずに通常通りに洗濯機をまわします。この方法では、古い油汚れまでは落ちませんが、全体的な油汚れや臭いを取ることができるため、とても有効です。

ひどい油汚れの場合は?

熱湯での洗濯の他にも、ひどい油汚れを落とす方法があります。それは、アルカリ剤へのつけ置き後、高温タイプの石けんを使用してお湯で洗うという方法です。お湯30Lあたり大さじ山盛り2杯ほどの炭酸セスキ水を入れて1時間程度つけ込みます。この時、40℃くらいのお湯を使用するとより効果的です。

その後、2〜3分洗濯機をまわして予洗いをします。この時点で水が汚れるため、一度水を入れ替えます。そして、高温タイプの粉石けんを溶かして泡立てたものを使用し、本洗濯をします。この時も40℃程度のお湯を使用すると効果的です。牛脂、豚脂、パーム油を使用して作られている高温タイプの粉石けんは、40℃以上のお湯で洗浄力がアップします。

衣類の油汚れはついたらすぐに落とそう

衣類の油汚れは、時間が経つほどに繊維に入り込んでしまうため、油汚れを落とすためには時間との勝負です。外出先で汚れてしまった場合も、「乾いた布やティッシュで、シミの部分を叩いて油汚れを落とす」などの応急処置をすることで油汚れを落としやすくすることができます。

この時、汚れをこすらないように注意しましょう。また、水は油汚れの外側から中心部に向かって当てます。これで水と布やティッシュがあれば外出先でも対応できます。帰宅後はすぐに洗濯するようにしましょう。

台所の油汚れ掃除法は?

毎日使う台所だからこそ、「油汚れが蓄積されてしまい気付いた時には落ちない」ということもあります。台所の油汚れはどのように落とすと良いのでしょうか?ポイントは、油汚れがつく前に掃除をすることと、こびりついてしまったら「つけおき洗い」をすることです。毎日のお手入れから、頑固な油汚れの掃除までを場所別に紹介します。

ガス周りの掃除方法 換気扇

油料理でよく使うガス周りは油汚れがつきやすいやすい場所です。例えば、換気扇の油汚れを放置しておくと、ファンの回転率が低下し、壁などに油汚れがつきやすくなってしまいます。

換気扇は内部と外側の両方共、油汚れがついていきます。換気扇のフィルターにフィルターカバーをつけて週1回程度交換する事で内部のファンも汚れにくくなり、両方の油汚れに効果があります。とはいえ、「換気扇の内部の油汚れ」の掃除は、できれば年に3〜4回行うことが理想です。年末の大掃除も良いですが、気温の高い夏場に掃除をすると油汚れがよく落ちます。冬に掃除をする場合は、お湯を使って油汚れを落とすようにしましょう。

表面から見えるレンジフード周りの掃除は、重曹スプレーなどで軽く水拭きをするだけでも良いので、毎日することが好ましいです。

換気扇の掃除方法

換気扇内部の油汚れの掃除方法ですが、つけおき洗いを行います。重曹または油汚れ用の洗剤、ゴム手袋、換気扇のファンが入る大きさのビニール袋、お湯、歯ブラシを用意します。はじめに、換気扇の取扱説明書を見ながら、分解できる所まで取り外します。

シンクにビニール袋を入れ、中に外したフィルターなどを入れます。40〜50℃のお湯を入れた後、重曹または油汚れ用の洗剤を入れて、袋をしばって放置します。洗剤の量は、重曹は1/2カップ程度でたっぷり入れましょう。油汚れ用洗剤は使用方法を参考にしましょう。10〜20分後に取り出して、浮き上がってきた汚れを歯ブラシでこすって落とします。乾燥させて元に戻して完了です。

コンロ

ガスコンロの油汚れは、「バーナー」「五徳」「天板」の3つに分けて掃除をしていきます。「バーナーは月に1回」、「五徳は週に1回」がこびりつき汚れにならない為の掃除の目安です。こまめに掃除をすると、1回の掃除に使う時間も手間も短縮できます。

掃除方法

「バーナー」は、バーナー本体やセンサーなどを柔らかい布で拭き取ります。汚れが落ちない時は、食器用中性洗剤を布につけて拭きましょう。最後に、バーナーの穴に詰まっている汚れを竹串を使ってかき出します。

「五徳」の掃除は、軽い油汚れの場合は、重曹水のスプレーを吹きかけて布で拭き取ります。こびりついてしまった油汚れの場合は、50〜60℃のお湯に五徳を浸けて、お湯1Lあたり大さじ1程度の重曹をかけます。1時間ほど放置をしたら、歯ブラシなどで油汚れをこすり落とし、すすいだ後に乾燥させます。

材質によって変わる天板の掃除方法

「天板」の油汚れの掃除は、材質ごとに掃除の方法が異なります。掃除がしやすく最近の主流になっているガラストップの天板、油をはじくフッ素コートやアルミトップの天板の場合は、スポンジに食器用中性洗剤と水を含ませたもので拭き取ります。

ガラストップの天板に限り、汚れがひどい時は、専用のクリーナーやクレンザーを使用しましょう。最後に、乾いた布で拭き上げて終了です。クリームクレンザーは塗装が剥がれる恐れがあるので使用を控えましょう。

耐久性にすぐれているホーロートップやステンレストップの天板の場合は、クリームクレンザーをスポンジの柔らかい面につけ、こすって油汚れを落とします。その後、乾いた布で拭き上げます。

魚焼きグリル

魚焼きグリルは、特に油がこびりつきやすい場所です。網と受け皿は使用する度に洗うと良いでしょう。また、本体は2〜3日に1度は掃除をしましょう。時間が経つほど汚れが落ちにくくなるので、特に注意が必要です。

毎日掃除ができなくても、しつこい油汚れが落ちる方法があります。まず、網の掃除は、受け皿にお湯を張りその中に入れます。大さじ2の重曹を全体に振りかけ、10分ほどつけ置きをしたら、スポンジや歯ブラシでこすって油汚れや焦げを落とします。受け皿に網が浸からない場合は、シンクに水をためるなどして対応しましょう。

「受け皿の掃除」は、セスキ炭酸ソーダ水を吹きかけて、スポンジでこすって落とします。セスキ炭酸ソーダ水は、小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダに対して水500mlで作ります。ゴム手袋を使用して掃除をすると安心して掃除ができます。

ガス周り以外の場所はどうする?

ガス周り以外にも、「排水溝や、キッチン周りの床や壁」にも少しずつ油汚れは蓄積されていきます。では、これらの場所の油汚れにはどうアプローチしていけば良いのでしょうか?

排水溝

普段洗い物をする時に流れる油が長年蓄積されることで、排水溝がつまってしまうことがあります。古くなった油汚れは、なかなか自分で取り除くことは難しいです。排水溝がつまってしまうことを防ぐために、「重曹とお酢」を使用して排水溝の掃除をすることができます。

まず、重曹を排水溝にたっぷりと振りかけます。その上から重曹の半分程度のお酢を重曹にかかるように回し入れます。そのまま30分ほど放置をすると、重曹とお酢が反応してできた泡が油汚れを浮かせてくれるので、最後にお湯を流せば排水溝がキレイになります。

また、市販のパイプクリーナーの使用も簡単でオススメです。その際は説明書をよく読んで注意事項を守るようにしましょう。なお、どちらの方法も仕上げにお湯を使用すると効果が高まります。

調理などによって、フローリングの床が油汚れでベタベタしてしまうことがあります。これには、食べ物の油はもちろん、人の足の裏から出る油分も含まれています。水拭きだけでは落ちにくい油汚れの掃除には、「重曹」か「お酢」どちらかを使用すると効果的です。

重曹を使用する場合は重曹水を作り、重曹水スプレーにするのがオススメです。30℃くらいのお湯1カップに重曹小さじ1/2程度を溶かし、スプレーボトルに入れて床に吹きかけ、雑巾やクイックルワイパーで掃除をします。65℃以上の熱いお湯を使うとアルカリ性が強くなりすぎてしまうので注意してください。

お酢で油汚れを掃除する場合は、水1Lに対してお酢を大さじ2杯入れたもので拭き掃除をします。重曹が手元にない時にオススメの掃除方法です。また、食品なので安心して使用できます。

油汚れでベトベトしてしまった壁にも「重曹水スプレー」が活用できます。床同様に、重曹水と布巾で拭き上げることで油汚れは落ちます。床の掃除と一緒に行うのがオススメです。重曹水のスプレーを作ったら、台所を使用するごとに簡単に掃除をすることができます。

毎日掃除をしていても、意外と拭き取れていない部分もありますので、週に1回は台所の壁全体を掃除すると良いでしょう。壁全体にキッチンペーパーを当てて重曹水をスプレーします。その後、ラップを貼り付けて蒸発を抑えながら10分放置します。最後に、キッチンペーパーをはがして、雑巾で拭き取った後、軽く乾拭きをすれば終了です。

電子レンジの掃除にも使える重曹

電子レンジの油汚れを落とすためにも重曹が大活躍します。あまり目につかない場所なので、掃除を忘れがちなところです。普段から拭き掃除をしていればそこまで汚れていないかもしれませんが、長期間掃除をしないで蓄積された油汚れあるはずです。

掃除方法

掃除方法は、まずコップに大さじ1杯程度の重曹を入れます。重曹:水が1:4になるように水を注いだ後、レンジの中央に置いて4分ほどレンジ機能で加熱します。その後、10分ほど放置をしたら、いらない布巾やキッチンペーパーで中を拭き取ります。

また、電子レンジのお盆の掃除も忘れずに行いましょう。汚れの上に重曹を多めに振りかけ、少量の水を含ませたスポンジでこすりましょう。油汚れやカビがひどい場合は、つけ置きをしてからこすると効果的です。

冬の大掃除より夏が良い!?

大掃除は年末に行うもの、という概念がある方が多いのではないでしょうか。しかし、実は大掃除、特に油汚れの掃除は夏に行う方が良いのです。理由は、夏のように気温が高い方が、油汚れの分子を緩ませることができ、同じ掃除方法でも冬より落ちやすいからです。また、気温にともなって掃除に使用する水道水の温度も夏の方が高いため、より油汚れに効果的です。

しかし、夏に掃除をするということは、部屋の温度も高いため熱中症などに注意が必要です。ポイントは、一度に全部の掃除を行おうと思わないことです。日々の掃除の中で小分けに行っていき、やり残しがあったとしても、その部分を年末の掃除で補えば良いと思って行ってください。無理をせずに少しずつキレイにしていきましょう。

簡単油汚れ掃除のポイントは?

様々な油汚れの対処法|衣類の油汚れや台所の油汚れの除去法

油汚れを落とすためのポイントをまとめてご紹介します。

状況に応じて掃除方法を変える

1.「つけ置き」換気扇などの頑固な油汚れには、洗剤や重曹をぬるま湯に溶かして、つけ置きをすることが一番効果的です。時間を味方につけて簡単に汚れを落とす方法になります。

2. 「湿布」つけ置きができないガス代周りなどの掃除に有効なのが、「湿布」です。キッチンペーパーに洗剤や重曹水を吹き付け、そのまま30分ほど放置します。その後拭き取ることで簡単に汚れを落とすことができます。

3.「ドライヤーを当てる」最後に、どうしても落ちない汚れの場合、ドライヤーを当てる方法があります。ドライヤーの熱を当てることで比較的簡単に油汚れが溶けてきます。溶けたところを布で拭くだけなので、つけ置きをする時間がない人などには有効です。

キッチンでの油汚れはこまめに落とそう!

油汚れは時間が経過するほど頑固な汚れとなります。そして、こびりついた汚れを落とすには時間と労力がかかり、掃除が億劫になります。そうならないためにも、毎日の家事の中に掃除を取り入れるようにしましょう。

例えば、電子レンジを使用したら取り出すと同時にその都度布巾で拭いたり、換気扇の外側も食器洗いの後に一緒に拭き上げたりすると良いでしょう。排水溝も、毎日洗剤で掃除するのが難しくても、重曹とその半量の酢をかけて5分放置してから流すだけでも違ってきます。ぜひとも習慣にして、台所をキレイに保ちましょう。

油汚れを落として心もすっきり!

様々な油汚れの対処法|衣類の油汚れや台所の油汚れの除去法

今回は、衣類や台所の油汚れの掃除方法についてご紹介しました。共通していることは、日々のこまめな掃除を習慣付けるということです。そうすることで、「油汚れが落ちなくて苦労する」と言った悩みを解決することができます。また、蓄積してしまった頑固な油汚れも、適切な対処によってスッキリさせることができるので、諦めず掃除をしてみましょう。

油汚れを落としてキレイな環境を保つことで、気持ちもスッキリさせることができるでしょう。みなさんも、普段のちょっとした掃除を頑張ることで、しつこい油汚れに対する不快な気持ちとはお別れしましょう。この記事を参考に、家の中でも快適な毎日を送りましょう。

Related