Search

検索したいワードを入力してください

水筒の洗い方|カバー/中栓/パッキン・洗うのに役立つ道具

初回公開日:2017年09月26日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2017年09月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

水筒は細かい溝や隙間があり、洗いにくいですよね。きちんと洗えていないと、水筒にカビや茶渋が付いてしまいます。不衛生で、見た目にも良くありません。水筒のパーツや、汚れによって洗い方は様々です。今回は、水筒の洗い方についてご紹介していきます。

水筒の洗い方|カバー/中栓/パッキン・洗うのに役立つ道具

水筒の正しい洗い方って?

水筒の洗い方|カバー/中栓/パッキン・洗うのに役立つ道具
※画像はイメージです

水筒は、飲み物を長時間保冷・保温するのに便利です。エコや節約への関心が高まり、職場へ水筒を持参する方も増えてきました。スープの持ち運びに便利なタンブラーや、オシャレなデザインのステンレスボトルなど、最近は多種多様な水筒があります。

しかし、水筒は正しい洗い方をしないと、気付かないうちに雑菌が蓄積され、非常に不衛生です。そこで今回は、正しい水筒の洗い方をご紹介します。パーツごとの洗い方や、汚れ別の洗い方など、水筒で気になる箇所があれば参考にしてみてください。

パーツ別の水筒の洗い方

本体

水筒の本体は、水を入れ、ざっと洗うだけでは汚れは落ちません。毎日水筒を使う場合でも、洗剤できちんと洗いましょう。

本体に水を入れてゆすいだら、スポンジに食器用洗剤を付けて洗います。洗い方としては難しくありませんが、水筒の形によっては、汚れが落ちていない可能性があります。

水筒の本体が長く、底までスポンジが届かない場合は、柄の長いスポンジを使って洗うのがオススメです。次の画像のような、水筒用のスポンジやブラシもありますので、活用しましょう。

柄の長いスポンジだと、汚れが溜まりやすい底もしっかりと洗えます。内側もスポンジを回しながら洗います。本体上の部分は、柄の長いスポンジだと洗いにくいため、いつも使用しているスポンジで丁寧に洗いましょう。

水筒の本体に水滴が残っていると、サビの原因となります。外側は乾いた布で拭き、内側は水をよく切って、逆さにしてしっかり乾かします。洗い方だけではなく、水滴をしっかり乾かすのも大事な点です。

中栓

水筒のパーツで「洗うのが面倒」というイメージをお持ちの方が多いのが、中栓です。いくつかの部品で構成されているため、何となく「面倒」「洗うのが大変そう」と思う方もいるでしょう。

面倒くさがって洗わずにいると、汚れがひどくなり、余計に面倒になります。正しい洗い方を知り、使う度にきちんと洗い、清潔に保ちましょう。

まず中栓の部品を分解し、洗います。食器用洗剤をスポンジに含ませて洗いましょう。中栓も、水をよく切ったらきちんと乾燥させます。

スポンジでは洗いにくい形状の中栓であれば、専用ブラシを使うと、キレイに洗えます。溝や隙間などの細かい所にもブラシが届き、隅々まで汚れを落とすのに便利です。

パッキン

パッキンは、ゴムでできているものがほとんどです。汚れが付着すると、カビが生えやすいパーツのため、中栓から外して毎回洗いましょう。

ゴムだからといって、特別な洗い方は不要です。普段は、食器用洗剤を付けたスポンジで丁寧に洗えば大丈夫です。他のパーツ同様、しっかり乾燥させます。

洗ったつもりでも、パッキンは茶渋やカビなどで汚れる場合があります。その場合は後程紹介する、「汚れ別での水筒の洗い方のコツ」を参考に洗ってください。

フタ

水筒のフタは、溝や隙間が多く、中には複雑な形状ものもあります。基本的な洗い方としては、食器用洗剤をスポンジに付けて洗います。

Related