Search

検索したいワードを入力してください

デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法・洗剤・柔軟剤

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

普段、私たちが日常生活の中で履いているデニム。洗濯をしたり、時間が経つと色落ちしてしまったという経験が皆さんも1度はあるのではないでしょうか。今回は、色落ち防止の洗濯方法や、デニムに最適な洗剤などを詳しくご紹介していきます。

デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法・洗剤・柔軟剤

デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法

デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法・洗剤・柔軟剤
※画像はイメージです

普段気軽に履いているデニムですが、洗濯をしたあとに、色落ちしてしまったという経験はありませんか。今回は、デニムを洗濯する時に色落ちを防ぐ方法をご紹介していきます。

最初

デニムの最初の洗い方は、以下の5点に気を付けると良いです。

1.蛍光剤(蛍光増白剤)が入っていない洗剤で洗いましょう
2.洗濯は温かいお湯で糊を溶かしましょう
3.干す時はデニムを裏返そう
4.乾燥はコインランドリーがです
5.裾上げは洗ってから仕上げましょう

ホワイトデニム

ホワイトデニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法は、安心でナチュラルなものを使うことが基本ですが、残念ながら「白さ」には関係ありません。同じ方法で挙げるとすれば、ベーキングパウダーは黄ばみに効果が期待できます。

しかし、洗いすぎるとデニムの繊維を破壊してしまい、ジーンズはダメージを受けやすくなるので頻繁に洗いすぎないようにしましょう。また、欧米では、硬水のため洗濯時に柔軟剤を入れないとしわになってしまうことや、強いカルキ成分を取り除くため、ホワイトヴィネガーを入れる方法もあります。

黒デニム

黒デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法は、ジーンズを洗濯する時にジーンズを裏返し、ボタン、ジッパーまたはボタンフライを閉じ、洗濯機のなかにお酢を少量たらしてから洗濯をします。また使用する洗剤ですが、一番ベストなのはジーンズ専用洗剤です。これは、ジーンズのために作られている洗剤なので、通常の洗剤では色落ちしてしまう最悪なケースをほぼ防いでくれます。

デニムの洗濯に洗剤

デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法・洗剤・柔軟剤
※画像はイメージです

ザ・ランドレスのデニムウォッシュ

デニムの洗濯に洗剤は、ザ・ランドレスの「デニムウォッシュ」です。

こちらの洗剤は、デニムの汚れをしっかり落とし、柔らかな手触りに仕上げてくれます。心配な色落ちも、デニム専用の洗剤を使うことで防ぐことができるでしょう。

桃太郎ジーンズ」ジーンズ用液体洗剤

デニムの洗濯に洗剤は、国産のデニムブランド「桃太郎ジーンズ」が展開しているデニム用の洗剤です。

この洗剤は、ヤシ油を原材料に使用しており、蛍光増白剤、漂白剤、柔軟剤などの添加剤を一切使用していないことでも有名です。デニムブランドが作られているだけに安心感も高く、コットン素材を自然な風合いに洗い上げてくれるのも特徴です。

おしゃれ着洗いの定番洗剤「アクロン」

デニムの洗濯に洗剤は、すでにお持ちの方もいるでしょう。おしゃれ着洗いの定番洗剤「アクロン」です。生地を傷めない中性なので、洗濯機洗いにも手洗いにも活躍します。

また、色落ちや生地の伸び縮みを防いでくれる優秀な洗剤でもあり、フローラルブーケの香りが心を落ち着かせてくれます。デニム以外にも使えるので、ご家庭に一本持っていると非常に心強いでしょう。

デニムの洗濯の方法

それでは、次にデニムの正しい洗濯の方法をご紹介していきます。

裏返してネットに入れよう

まず、デニムを洗濯するときは、過度な色落ちを防ぐため裏返しにしておきます。

また、洗濯中にデニムの金属部分が表生地を当たって傷めないように、最初からファスナーやボタンなどを閉めておくのもポイントの1つでしょう。洗濯の下準備が終わったら、折りたたんでネットに入れて洗濯機に入れます。

デニムの汚れがひどい場合は、折りたたんでしまうと汚れが落ちきらない場合があるので、そのままネットに入れて洗濯しても問題ありません。デニムは、他の洗濯物に色移りしてしまう恐れがあるので、一緒に洗わないほうが無難と言えます。

短時間で洗おう

デニムは、長い間洗い続けると表面の色が剥がれ落ちるので、5~10分程度の短時間コースで洗うことが大事です。

もし、時短コースがない場合は、5分くらい洗ったらすすぎコースに切り替えて、泡が完全になくなったのを確認して脱水を行うと良いでしょう。脱水も短時間が適しているので、30秒から1分を目安に行うとスムーズに洗えます。

また、デニムを短時間で洗うことのメリットは、洗濯層内での生地の摩擦や劣化、色落ちを最小限に抑えることができることです。

洗い終わったら形を整えよう

デニムの洗濯が終わったら、干す前に裏返しのままウエストや膝回りを中心に、全体を引っ張りながら形を整えると良いでしょう。この時点で、洗いシワを整えておくと、乾いたときに変なシワがつきにくくなります。デニム全体のシワがある程度延ばし終えたら、干していきましょう。

日陰で干そう

デニムは、直射日光に当ててしまうと色が変色する恐れがあります。また、風通しの良い日陰で干すことが一番の方法です。干し方は、ハンガーに通して筒状にする方法と、平らな場所に寝かせて干すのが理想的でしょう。さらに、ジーンズは生地が厚く乾きにくいので、生乾きの状態だと菌が繁殖して悪臭の原因にもなります。しっかり乾いたことを確認してから取り込むようにしてください。

デニムの間違った洗濯方法

皆さんは、デニムの間違った洗濯方法をご存知でしょうか。今回は、デニムを洗濯する時に気を付けたい手順をご紹介していきます。

漂白剤配合の洗剤は気を付けよう

まず、最初にデニムの洗濯方法で注意したいのが洗剤選びです。蛍光剤や漂白剤が配合されている洗剤を使用して、デニムを洗濯してしまうとデニム本来の色を全体的に白っぽくする危険性があります。ある程度色落ちしたデニムに使用するのは問題ありませんが、それ以外のデニムであれば、蛍光剤や漂白剤の入っていない洗剤で洗濯するのがです。

お湯に気を付けよう

次に、気をつけたい洗濯方法がデニムを洗う時に使用するお湯の温度です。洗濯機で冷たい水を使って洗う場合は問題ありませんが、手洗いで洗う時にお湯を使うのは危険です。お湯で洗ってしまうとデニムの色落ちが進んでしまうからです。皮脂汚れが気になる場合は、ぬるま湯を使ってそれ以外の洗いやすすぎは水で洗うことをします。

日光に当てるのは気を付けよう

洗濯が終わったからと油断していると間違いやすいのがデニムの干し方です。早く乾かしたいからといって直射日光が当たる場所に干すのは危険です。デニムに直射日光を当てると変色の原因になるので、風通しの良い日陰に干しましょう。生乾きのまま保管してしまうと、雑菌が発生するので、取り込むときは乾いているか確認してから取り込むのも大切です。

デニムの洗濯にネット

デニムを洗濯する時に、裏返しする作業が終わったら、次は洗濯ネットに入れます。 洗濯ネットなしでの洗濯機での洗濯は、非常に危険なので絶対にやめましょう。また、デニムの洗濯にネットは特になく、強いこだわりがなければ普通のネットでも構いません。

さらに、ネットに入れる際、そのまま入れても良いですし、綺麗にたたんで入れても良いです。いくら洗濯ネットに入れても、洗濯機は遠心力がかかるので、綺麗にたたんで入れる方がベストな方法ではありますが、汚れが落ちにくい部分が出てしまうため、極端に汚れているような場合は、洗い上がりがムラになってしまいます。

そのため、デニムが非常に汚い場合は、あえてたたまずに洗濯ネットに入れるのも良いでしょう。

デニムの洗濯に柔軟剤

デニムの洗濯での色落ちを防ぐ方法・洗剤・柔軟剤
※画像はイメージです

domal(ドマル) ブルージーンズ専用洗剤 ジーンズファッション

まず、最初にご紹介する柔軟剤は、ドイツの超有名洗剤メーカー・ドマル社が製造した洗剤です。色落ち防止剤配合で、デニムの色を保ちながら、3種類の酵素が汚れをしっかり落としてくれるブルージーンズ専用の洗剤です。成分には着色剤が含まれているので、洗うと同時に染めるという感覚でデニムの色落ちを保護してくれます。

全体的に色をキープさせたい、これ以上は白っぽく色落ちさせたくないという方には心強い見方でしょう。

ジーンズ専用洗剤ジェイウォッシャー(1L)

次にご紹介する柔軟剤は、優しく洗い上げてくれるデニム専用洗剤・Jウォッシャーです。泡が少ないので、すすぎも手早くすっきりと行うことができます。大切なデニムですから、低刺激で優しくお手入れしたい方にはピッタリの柔軟剤です。洗濯機はもちろん、手洗いする場合にもお手入れ用品です。

デニムとの上手な付き合い方

私たちが普段はいているデニムですが、正しい洗濯方法と洗剤を使用すれば、色落ちせずにそのままの状態を長く保つことができることが分かりました。なかなかお休みがない方や、子育てをしている方たちには、まとまった時間が取れなくても、正しいデニム洗濯方法を知っておくだけでも役に立つことがあるでしょう。

Related